レシピ 常備菜 野菜のおかず きゅうり 野菜ひとつ いりごま めんつゆ 冷蔵5日 ねかせておいしい 和風

【野菜ひとつ】ごまきゅうり

更新日:

冷蔵5日

ごまきゅうり
今日は、ごまたっぷりの、きゅうりの即席浅漬けのレシピをご紹介します。

できるだけ洗い物が少なく、でもしっかりおいしくなる手順をご説明します。
味付けは手軽なめんつゆベースです。

スポンサーリンク

レシピについて

きゅうりを塩で揉み込み、水気を絞ってから、調味料を絡めて完成です。

材料

4人分
きゅうり 4本(5本まで漬けられます)
 小さじ1/2
いりごま 大さじ2
■合わせ調味料
めんつゆ(3倍濃縮推奨) 小さじ4
酢(米酢がおすすめ) 小さじ2
ごま油 小さじ1
8人分
きゅうり 8本(10本まで漬けられます)
 小さじ1
いりごま 大さじ4
■合わせ調味料
めんつゆ(3倍濃縮推奨) 大さじ2+小さじ2
酢(米酢がおすすめ) 小さじ4
ごま油 小さじ2

作り方

1 きゅうりはヘタの部分を切り落とし、きゅうりはヘタの部分を切り落とし、

2 包丁のみね(背の部分)か、めん棒でたたき、包丁のみね(背の部分)か、めん棒でたたき、

3 2~3cm程度の長さに、手でちぎるように折ります。2~3cm程度の長さに、手でちぎるように折ります。
ちぎったり折ったりすることで、断面がいびつになり、表面積が大きくなりますので、味が染み込みやすくなります。

4 丈夫な袋にきゅうりと塩を入れ、丈夫な袋にきゅうりと塩を入れ、よくもみ込み、10分ほど置きます。
5 水分を捨てます水分が出てきますので、袋をねじり絞るようにして、水分を捨てます。
写真は撮影の都合から片手で行っていますが、両手を使って絞りましょう。
6 合わせ調味料を加え、軽くもみ込みます。合わせ調味料を加え、全体に混ざるよう、軽くもみ込みます。

7 保存よく消毒した保存容器に移し替えて、いりごまを混ぜ合わせ、冷蔵庫で保存します。
いりごまは袋の中に入れて混ぜると、袋の中にたくさん残ってしまいますので、移し替えてから混ぜ込むとよいです。

作り置きのコツ

  • いりごまは袋の中に入れて混ぜると、袋の中にたくさん残ってしまいますので、移し替えてから混ぜ込むとよいです。
  • 保存容器は充分に消毒してから使いましょう。
アレンジのヒント

  • 一緒に混ぜ込む&添えておいしい具材:カリカリにあぶった油揚げ/輪切り唐辛子/わかめ/トマト/ゆでだこ/ラー油
おすすめ食材、ツール
いりごまはこちらを愛用しています。amazon定期おトク便で1kg689円という圧倒的なコストパフォーマンスです。南米産、香りがとても良いです。

内堀醸造の米酢は、酸味が強すぎず、まろやかで、優しいのにコクがある味ですので、口当たりがやわらかく、酢が苦手な方でも食べやすいと思います。酢の物、ドレッシングや煮物などにも、たっぷり使っても尖った味にならず、とてもまろやかな仕上がりとなります。

ファンであり、愛用品のめんつゆです。かつお風味たっぷりの濃厚つゆです。ざるそば、そうめんのつけつゆにはもちろん、和え物、冷奴、鍋物、丼物、たまごがけごはんなど、とても手軽に、あらゆる和風料理がおいしく仕上がります。この1リットルサイズは、牛乳パックより少し太め+背が低めの容器です。

最新刊「しみこむ作り置き」詳細ご紹介

「近所の書店にない」「なかなか書店に行けない」という方々も多くいらっしゃると思います。全ページご紹介動画を作りましたので、立ち読み感覚でご覧ください。

最新刊
しみこむ作り置き

詳しくはこちら

-レシピ, 常備菜, 野菜のおかず, きゅうり, 野菜ひとつ, いりごま, めんつゆ, 冷蔵5日, ねかせておいしい, 和風

Copyright© 週末の作り置きレシピ , 2018 All Rights Reserved.