キャベツと豚こまのオイスターソース炒め

レシピ 野菜のおかず キャベツ お肉のおかず 豚こま切れ肉 オイスターソース 冷蔵5日 冷凍1か月 調理時間:20分 こどもOK 丼飯・のっけ弁の具材 時間がたってもおいしい 中華・エスニック

キャベツと豚こまのオイスターソース炒め

たっぷりのキャベツと豚肉に、中華風の甘辛味がトロッと絡んで、ごはんが進みます。

メインのおかずにはもちろん、丼飯や、のっけ弁の具材にもどうぞ。

レシピについて


片栗粉をまぶした豚肉を炒め、ざく切りにしたキャベツを加えて蒸し煮にし、調味料を加えて炒め合わせて出来上がりです。

📅保存期間:冷蔵5日冷凍1か月
⏱調理時間:20分

材料




  • キャベツ 1/2個(600~900g目安 巻きのゆるい春キャベツなら1個)
  • 豚こま切れ肉 300g
  • 片栗粉 大さじ3
  • サラダ油 小さじ2(10ml)
  • 酒 大さじ3(45ml)
  • ■合わせ調味料
  • しょうゆ 大さじ2(30ml)
  • オイスターソース 大さじ2
  • にんにくすりおろし 小さじ1(1片分)

  • キャベツ 1個(1200~1800g目安 巻きのゆるい春キャベツなら2個)
  • 豚こま切れ肉 600g
  • 片栗粉 大さじ6
  • サラダ油 小さじ4(20ml)
  • 酒 大さじ6(90ml)
  • ■合わせ調味料
  • しょうゆ 大さじ4(60ml)
  • オイスターソース 大さじ4
  • にんにくすりおろし 小さじ2(2片分)

スポンサーリンク

作り方

step
1
合わせ調味料を混ぜ合わせておきます。

この作業は、手順7で豚肉を炒めている間か、手順10でキャベツを蒸し焼きにしている間に行うと効率が良いですが、無理しない程度に対応しましょう。

合わせ調味料

step
2
キャベツの芯は取り除きます。キャベツの芯は、使用しません。芯の形に沿って、包丁の先で深く切れ目を入れると、うまくくり抜くことが出来ます。

手順2~4でキャベツの下ごしらえをします。これらの作業は、手順6~7で豚肉を炒めている間に行うと効率が良いですが、無理しない程度に対応しましょう。

キャベツキャベツの芯
キャベツの芯キャベツの芯

step
3
芯に近い固い部分は、そぎ切りにしていただきます。包丁の刃を右側に寝かせるように当てて、手前に引くようにして切ります。

「そぎ切り」とは、厚みのある材料を、そぐように切って、厚みをそろえる切り方のことです。
今回のようなキャベツの芯に近い固い部分や、同様に白菜の芯に近い白い部分、また、鶏むね肉をカットする際は、ぜひ、この「そぎ切り」をおすすめします。

そぎ切り

step
4
ひと口大(3~4cm角目安)の、ざく切りにします。

3~4cm幅は、指2本分の幅を目安にすると良いです。キャベツ1/2個なら、端から指2本分の幅を目安に切っていき、90度回転させ、端から同様に切っていくと、だいたい大きさのそろったひと口大になります。

キャベツキャベツ
キャベツキャベツ
キャベツキャベツ

step
5
豚こま切れ肉に、片栗粉をもみこむようにして、まぶしつけます。

手順1とは別のボウルです。

豚こま切れ肉に片栗粉をまぶすことで、豚肉にボリュームを持たせ、旨味を閉じ込めます。最後に合わせ調味料を加えて炒めると、少しとろみが付いて全体的にまとまります。作り置きして時間が経っても余分な水気が出にくくなり、また、「干し肉」状態になることを防ぎます。
写真は直接手で片栗粉をもみ込んでいますが、ポリ袋に入れて行っても構いません。

豚こま切れ肉豚こま切れ肉
豚こま切れ肉豚こま切れ肉

step
6
フライパンにサラダ油を薄くひき、手順5の豚肉をほぐし入れ、

8人分を作る際は、4リットル以上の深型フライパンか鍋を用意するか、4人分ずつ2回に分けて作るほうが賢明です。

サラダ油豚こま

step
7
弱めの中火にかけ、そのまま7~8分ほど加熱します。

写真のように、表面が白っぽくなるまで放置しましょう。むやみにいじると、火の通りが悪くなり、片栗粉もはがれてしまいます。洗い物でもしておきましょう。

ほったらかし

step
8
表面が白っぽくなり、フライパンに面している側に焼き色が付いたら、全体をほぐすように、ひっくり返します。

くっついている部分は、ヘラで切るか、箸でほぐすと良いですが、後の工程でほぐれますので、神経質になる必要はありません。

豚こま切れ肉豚こま切れ肉
豚こま切れ肉豚こま切れ肉

step
9
手順4のキャベツをほぐして加え、

特に、キャベツの芯に近い部分は、よくほぐしておきましょう。固まったままですと、火の通りが悪くなり、キャベツ嫌いを生むひとつの要因になります。

キャベツキャベツ

step
10
酒を全体に振りかけて、ふたをして蒸し焼きにします。

火加減はずっと弱めの中火のままです。
もし焦げ付きが気になるようなら、フライパンの底から豚肉をはがすようにしてヘラを入れて、こすっておいてから、ふたをするとよいです。

酒ふた

step
11
9~10分程度蒸し焼きにして、充分に蒸気が立ち、キャベツがしんなりとしたら、全体を混ぜ合わせ、

キャベツキャベツ
キャベツキャベツ

step
12
手順1の合わせ調味料を回し入れて、全体を混ぜ合わせながら1~2分ほど炒め、味を絡めます。

合わせ調味料が残らないように、ヘラでかき出しましょう。
多少焦げ目が付いても構いません。そのほうがおいしいです。

キャベツキャベツ
キャベツキャベツ

step
13
保存の際は、

粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて冷蔵庫で保存します。

保存します。

作り置きのコツ・ポイント

  • 豚こま切れ肉に片栗粉をまぶすことで、豚肉にボリュームを持たせ、旨味を閉じ込めます。最後に合わせ調味料を加えて炒めると、少しとろみが付いて全体的にまとまります。作り置きして時間が経っても余分な水気が出にくくなり、また、「干し肉」状態になることを防ぎます。
  • 8人分を作る際は、4リットル以上の大鍋を用意するか、4人分ずつ2回に分けて作るほうが賢明です。
  • 豚肉を炒める際は、表面が白っぽくなるまで放置しましょう。むやみにいじると、火の通りが悪くなり、片栗粉もはがれてしまいます。洗い物でもしておきましょう。
  • キャベツを加える際は、特に、キャベツの芯に近い部分は、よくほぐしておきましょう。固まったままですと、火の通りが悪くなり、キャベツ嫌いを生むひとつの要因になります。
  • 保存の際は、粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて冷蔵庫で保存します。

アレンジのヒント

  • 一緒に加えておいしい具材:長ねぎ/ピーマン/たけのこ/しいたけ/きくらげ/もやし/にんじん
  • 一緒に加えておいしい香味野菜・香辛料:しょうが(すりおろし/千切り)/輪切り唐辛子
  • ご飯の上にたっぷりと乗せて、丼飯や、のっけ弁にも。
  • レタスで包んでも。
  • 卵で閉じても。

ひとこと

キャベツと豚こまのオイスターソース炒め

今日は、たっぷりのキャベツと豚こま切れ肉を使った、メインおかずのレシピをご紹介しました。

安価な豚こま切れ肉とキャベツ、簡単味付けで、ボリュームたっぷりのメインおかずが出来上がります。

お好みの具材を加えても、おいしくいただけます。

キャベツの一番人気レシピ


キャベツと豚こまの生姜炒め
キャベツと豚こまの生姜炒め

今日は、たっぷりのキャベツと豚こま切れ肉を使った、メインおかずのレシピをご紹介します。 安価な豚こま切れ肉とキャベツ、し ...

続きを見る

キャベツのレシピ一覧


豚こま切れ肉の一番人気レシピ


白菜と豚こまの旨塩煮
白菜と豚こまの旨塩煮

今日は、白菜と豚こまを使ったレシピをご紹介します。 たっぷりの白菜と豚こまを、ごま油と生姜をきかせたコク旨の塩味でとろと ...

続きを見る

豚こま切れ肉のレシピ一覧



おすすめ食材、ツール

私の使っているオイスターソースは、李錦記一択です。オイスターソースは中華調味料で、グルタミン酸の宝庫です。これをイノシン酸の旨味を含む肉料理や魚料理に加えると、こめかみが痛くなるほどの旨味になります。李錦記はおいしく安定の仕上がりになります。


しょうゆはここ2年ほどで、「ヤマサ醤油 鮮度生活 特選丸大豆しょうゆ」に落ち着きました。使い終わりまでずっとしょうゆの色が、おろしたての淡く赤い色、旨味と香りを保つのが、とてもうれしいです。