【野菜ひとつ】たたきれんこんのスープ

レシピ 野菜のおかず れんこん 野菜ひとつ コンソメ・ブイヨン 冷蔵4日 冷凍1か月 時間がたってもおいしい 洋風 スープ・汁物

【野菜ひとつ】たたきれんこんのスープ

冷蔵4日/冷凍1か月


たたきれんこんの黒こしょう炒め

今日は、れんこんをたたいて作るスープのレシピをご紹介します。

たっぷりのれんこんをたたいて、調味料で煮たら出来上がりです。

包丁が苦手でも、たたけばOKなのが、れんこんのいいところです。すりおろしたれんこんもいいですが、とろとろ、つぶつぶ、色々な食感が、簡単に出来るのも、たたきれんこんのいいところです。

コンソメにバターと粗挽き黒こしょうをきかせた、ポタージュ風の味付けに仕上がります。

レシピについて

れんこんを皮ごとたたいてから、調味料で煮て出来上がりです。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • れんこん 400g
  • ■合わせ調味料
  • 水 600ml
  • 顆粒コンソメスープの素 小さじ4
  • バター 20g
  • ■仕上げ用調味料
  • 粗挽き黒こしょう 小さじ1/4

8人分

  • れんこん 800g
  • ■合わせ調味料
  • 水 1200ml
  • 顆粒コンソメスープの素 大さじ2+小さじ2
  • バター 40g
  • ■仕上げ用調味料
  • 粗挽き黒こしょう 小さじ1/2

作り方

step
1
このレシピでは、れんこんの皮はむきませんが、むかずに加熱すると、写真のような斑点模様が皮全体に浮かび上がります。この斑点模様がぞわぞわして苦手という方は、皮をむきましょう。ピーラーで薄くで構いません。

れんこんの皮

step
2
れんこんはよく洗って水気をふき、ポリ袋に入れて、軽く空気を抜き、

写真は大きいサイズのままポリ袋に入れていますが、縦半分または4つに切ってからのほうが割りやすいです。
ポリ袋がない場合は、大きめの清潔な布巾に包むとよいです。

れんこん
よく洗い
よく洗い
ポリ袋

step
3
包丁のみね(刃の反対側)か、めん棒などでたたいて、ひと口大~粉々に割ります。

多少粉々になっても構いませんので、大き過ぎるものを残さないようにしましょう。火の通りが悪くなってしまいます。

れんこん
れんこん
れんこん

step
4
フライパンか鍋に手順3のれんこん、合わせ調味料の材料を入れ、ふたをして強火にかけます。


具材
具材
具材
具材
具材

step
5
沸騰し、充分に蒸気が立ったら弱めの中火にして、5~6分ほど煮込みます。

煮込み

step
6
仕上げの粗挽き黒こしょうを加えて全体をかき混ぜて、30秒ほど加熱します。

もしこのタイミングで、大きすぎるれんこんが発掘された場合は、キッチンバサミで切るとよいです。

最後に味をみて、薄いようなら塩(分量外)で整えます。塩はほんの少量でとても味が濃くなりますので、少々(親指と人差し指でつまんだ量:小さじ1/8~1/6目安)を振り入れて、全体をかき混ぜてなじませてから、味をみて調整しましょう。

仕上げ
仕上げ
仕上げ
仕上げ

step
7
保存の際は、

粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。
スープですので、汁気が多い仕上がりです。周りを水で冷やしながら、中身が空気にふれるようにかき混ぜて急冷することで、食中毒を防止することができます。水で冷やして10~15分ほど置いておくと、粗熱が取れます。

保存します。
保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • このレシピでは、れんこんの皮はむきませんが、むかずに加熱すると、斑点模様が皮全体に浮かび上がります。この斑点模様がぞわぞわして苦手という方は、皮をむきましょう。ピーラーで薄くで構いません。
  • 写真は大きいサイズのままたたいていますが、縦半分または4つに切ってからのほうが割りやすいです。
  • 多少粉々になっても構いませんので、大き過ぎるものを残さないようにしましょう。火の通りが悪くなってしまいます。
  • 最後に味をみて、薄いようなら塩(分量外)で整えます。塩はほんの少量でとても味が濃くなりますので、少々(親指と人差し指でつまんだ量:小さじ1/8~1/6目安)を振り入れて、全体をかき混ぜてなじませてから、味をみて調整しましょう。
  • 保存の際は、粗熱を取ってから、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。
  • スープですので、汁気が多い仕上がりです。周りを水で冷やしながら、中身が空気にふれるようにかき混ぜて急冷することで、食中毒を防止することができます。

アレンジのヒント

  • 一緒に加えておいしい具材:お好みのきのこ類/にんじん/かぶ/じゃがいも/里芋/麦(大麦/もち麦)
  • いただく際にトッピングしておいしい具材:パセリ/粉チーズ

おすすめ食材、ツール


コンソメは顆粒タイプが味の調整がしやすく、いちいちあの銀紙をむかずに済みますのでストレスフリーです。おなじみ味の素のコンソメを使用していますが、最近、初回開封時の中の封が開けやすくなり、ますますストレスフリーになりました。amazonではスーパーでの販売サイズの倍量サイズが安価に入手できます。

スープ・汁物のレシピはこちらもどうぞ


白菜とソーセージのコンソメスープ
白菜とソーセージのコンソメスープ

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、白菜をたっぷりといただくスープのレシピをご紹介します。 白菜とソーセージを煮込んだら出来上 ...

白菜と鶏肉のトマト煮込み
白菜と鶏肉のトマト煮込み

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、白菜をたっぷりといただく煮込み料理のレシピをご紹介します。 水も酒も加えません。トマト缶と ...

白菜の鶏塩スープ
白菜の鶏塩スープ

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、白菜をたっぷりといただくスープのレシピをご紹介します。 水は加えず、こんがり焼いた鶏もも肉 ...

キャベツとソーセージのコンソメスープ
キャベツとソーセージのコンソメスープ

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、キャベツとソーセージを煮込んで作るスープのレシピをご紹介します。 ざく切りにしたキャベツと ...

白菜と鶏もも肉の酒蒸し和風スープ
白菜と鶏もも肉の酒蒸し和風スープ

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、白菜をたっぷりといただくスープのレシピをご紹介します。 たっぷりの白菜と鶏もも肉を酒蒸しに ...


もっと見る

おせち料理特集

それぞれのレシピはもちろん、おせち作りのスケジュールと段取り、飾り切りの方法、重箱への詰め方、おもてなし料理レシピなどもご紹介しています。

新年あけましておめでとうございます 2018年1月1日の作り置き
おせち料理特集

伝統的な作り置き料理といえば、おせち料理です。 私は毎年、おせち料理を作ります。 おせち料理は、「手間がかかる」「買うと ...

続きを見る

「おせち料理特集」が一冊の本になりました

おせち作りのスケジュールと段取りはもちろん、おせちの2日目以降の食べ方やアレンジレシピ、クリスマスなど季節の行事やおもてなしにもぴったりな「ハレの日の作りおき」も充実。毎年活用できる、手作りおせちのバイブルになれば幸いです。

-レシピ, 野菜のおかず, れんこん, 野菜ひとつ, コンソメ・ブイヨン, 冷蔵4日, 冷凍1か月, 時間がたってもおいしい, 洋風, スープ・汁物

© 2020 スガ