れんこんと豚こまの甘辛炒め煮

レシピ 野菜のおかず れんこん お肉のおかず 豚こま切れ肉 冷蔵5日 冷凍1か月 調理時間:20分 こどもOK 丼飯・のっけ弁の具材 お弁当のおかず 茶色のおかず 時間がたってもおいしい 和風

れんこんと豚こまの甘辛炒め煮

冷蔵5日/冷凍1か月

れんこんと豚こまの甘辛炒め煮

今日は、れんこんと豚こま切れ肉を使った、メインおかずのレシピをご紹介します。

食べごたえのあるれんこんに、豚肉のコクと旨味、だししょうゆの香ばしい甘辛味が絡んだ、ごはんが進む和食です。

れんこんは薄切りではなく乱切りにしますので、ボリュームたっぷり、れんこんの歯ざわりも存分に味わえます。

メインのおかずにはもちろん、お弁当のおかずにもどうぞ。

レシピについて

豚こま切れ肉に片栗粉をまぶして炒め、乱切りにしたれんこんを加え、調味料で煮て出来上がりです。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • れんこん 400g(2節目安)
  • 豚こま切れ肉 300g
  • 片栗粉 大さじ3
  • サラダ油 小さじ2(10ml)
  • ■合わせ調味料
  • だし汁 200ml
  • (または)水200ml+顆粒和風だしの素 小さじ1/2
  • しょうゆ 大さじ3(45ml)
  • みりん 大さじ1(15ml)
  • 砂糖 大さじ1

8人分

  • れんこん 800g(4節目安)
  • 豚こま切れ肉 600g
  • 片栗粉 大さじ6
  • サラダ油 小さじ4(20ml)
  • ■合わせ調味料
  • だし汁 400ml
  • (または)水400ml+顆粒和風だしの素 小さじ1
  • しょうゆ 大さじ6(90ml)
  • みりん 大さじ2(30ml)
  • 砂糖 大さじ2

作り方

step
1
合わせ調味料を混ぜ合わせておきます。

この手順は、手順5で豚肉を炒めている間に行うと効率が良いですが、無理しない程度に対応しましょう。

合わせ調味料

step
2
れんこんは端の硬い部分は切り落とし、ピーラーで皮をむいてから、ひと口大の乱切りにします。

この手順も、手順5で豚肉を炒めている間に行うと効率良く出来ますが、無理しない程度に対応しましょう。

れんこんの皮は食べられますが、加熱すると表面に黒い斑点が浮き上がります。大きめに切ったり、煮物などに使う際は、皮をむいたほうがきれいに仕上がります。ピーラーで薄く削る程度で構いません。

乱切りは「回し切り」ともいいます。親指と人差し指でOKを作ったサイズを目安に、回しながら切っていくとよいです。
大きめのれんこんを使う場合は、縦4つ程度に切ってから乱切りにしていくとよいです。

れんこんれんこん
れんこんれんこん
れんこんれんこん
れんこんれんこん

step
3
豚こま切れ肉に、片栗粉をもみこむようにして、まぶしつけます。

手順1とは別のボウルです。

豚こま切れ肉に片栗粉をまぶすことで、豚肉にボリュームを持たせ、旨味を閉じ込めます。最後に合わせ調味料を加えて炒めると、少しとろみが付いて全体的にまとまります。作り置きして時間が経っても余分な水気が出にくくなり、また、「干し肉」状態になることを防ぎます。

写真は直接手で片栗粉をもみ込んでいますが、ポリ袋に入れて行っても構いません。

豚こま切れ肉豚こま切れ肉
豚こま切れ肉豚こま切れ肉

step
4
フライパンにサラダ油を薄くひき、手順3の豚肉をほぐし入れ、

サラダ油サラダ油

step
5
弱めの中火にかけます。2分ほどすると、「ジューッ……」という音がしてきますので、さらに5~6分ほどそのままにします。

写真のように、表面が白っぽくなるまで放置しましょう。むやみにいじると、火の通りが悪くなり、片栗粉もはがれてしまいます。洗い物でもしておきましょう。

ほったらかし

step
6
表面が白っぽくなり、フライパンに面している側に焼き色が付いたら、全体をほぐすように、ひっくり返します。

くっついている部分は、ヘラで切るか、箸でほぐすと良いですが、この後の手順でほぐれていきますので、あまり神経質になる必要はありません。

豚こま切れ肉豚こま切れ肉
豚こま切れ肉豚こま切れ肉

step
7
手順2のれんこんを加え、ざっと全体を混ぜ合わせて油を回し、手順1の合わせ調味料を加え、かき混ぜて全体になじませたら、

合わせ調味料を加える際は、砂糖が残らないように、ヘラでかき出しましょう。

れんこんれんこん
れんこんれんこん

step
8
ふたをします。全体が沸騰して蒸気が出たら、弱めの中火のまま、さらに8~9分ほど煮ます。

れんこんれんこん

step
9
煮汁の泡立ちに少しとろみが出たら、ざっと全体を底からかき混ぜて、煮汁を具材に絡めます。

一見たっぷりの煮汁でも、結構煮詰まっています。ヘラで全体をかき混ぜると、すぐに煮汁が全体に絡み、煮詰まります。
多少焦げ目が付いても構いません。そのほうがおいしいです。

仕上げ仕上げ
仕上げ仕上げ

step
10
保存の際は、

粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて冷蔵庫で保存します。

保存します。

作り置きのコツ・ポイント

  • れんこんの皮は食べられますが、加熱すると表面に黒い斑点が浮き上がります。大きめに切ったり、煮物などに使う際は、皮をむいたほうがきれいに仕上がります。ピーラーで薄く削る程度で構いません。
  • 豚こま切れ肉に片栗粉をまぶすことで、豚肉にボリュームを持たせ、旨味を閉じ込めます。最後に合わせ調味料を加えて炒めると、少しとろみが付いて全体的にまとまります。作り置きして時間が経っても余分な水気が出にくくなり、また、「干し肉」状態になることを防ぎます。
  • 豚肉を炒める際は、できるだけ放置しましょう。むやみにいじると、火の通りが悪くなり、片栗粉もはがれてしまいます。
  • 仕上げの際、多少焦げ目が付いても構いません。そのほうがおいしいです。
  • 保存の際は、粗熱を取ってから、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。

アレンジのヒント

  • 一緒に加えておいしい具材:にんじん/ごぼう/さやいんげん/ゆでたけのこ
  • いただく際に添えておいしい具材:いりごま/青ねぎ小口切り/しょうが千切り
  • 丼飯の具材としても。
  • オーブンで焼いても。お好みで溶けるチーズをたっぷりと混ぜ込むか乗せます。その際、ゆでたほうれん草などの青菜を加えても。

おすすめ食材、ツール

しょうゆはここ2年ほどで、「ヤマサ醤油 鮮度生活 特選丸大豆しょうゆ」に落ち着きました。使い終わりまでずっとしょうゆの色が、おろしたての淡く赤い色、旨味と香りを保つのが、とてもうれしいです。


みりんは、タカラの本みりんを愛用しています。スーパーで安価に入手できて、まろやかな甘味や照りが付くので、ずーっと使用しています。

れんこんのレシピはこちらもどうぞ


【野菜ひとつ】れんこんの甘酢炒め
【野菜ひとつ】れんこんの甘酢炒め

2022/12/4

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、れんこんのレシピをご紹介します。 食欲をそそる甘辛酸っぱいタレを絡めた、ごはんによく合うシ ...

れんこんと鶏もも肉の甘辛炒め煮
れんこんと鶏もも肉の甘辛炒め煮

2022/11/23

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、れんこんと鶏もも肉を使った、メインおかずのレシピをご紹介します。 相性の良いれんこんと鶏も ...

れんこんと豚こまの甘辛炒め煮
れんこんと豚こまの甘辛炒め煮

2022/11/18

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、れんこんと豚こま切れ肉を使った、メインおかずのレシピをご紹介します。 食べごたえのあるれん ...

【野菜ひとつ】れんこんの甘辛炒め
【野菜ひとつ】れんこんの甘辛炒め

2022/12/4

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、れんこんのレシピをご紹介します。 れんこんのシャキシャキとした食感に、甘辛いタレを絡めた、 ...

れんこんとひじきとツナのマスタードマヨサラダ
れんこんとひじきとツナのマスタードマヨサラダ

2021/12/15

冷蔵5日/冷凍1か月 今回は、れんこんとひじきを使ったサラダのレシピをご紹介します。 れんこんのシャキシャキとした歯ざわ ...


もっと見る