パプリカと豚こまのしょうゆ炒め

レシピ 野菜のおかず パプリカ 豚肉 豚こま切れ肉 ごま油 冷蔵5日 冷凍1か月 丼飯・のっけ弁の具材 お弁当のおかず 時間がたってもおいしい 和風

パプリカと豚こまのしょうゆ炒め

冷蔵5日/冷凍1か月

パプリカと豚こまのしょうゆ炒め

今日は、パプリカと豚こま切れ肉を使った、メインおかずのレシピをご紹介します。

パプリカは火を通すと、ぐんと甘味が増します。しょうゆ、酒、ごま油のシンプルな味付けで、豚肉の旨味とパプリカの甘味を引き立てます。

香ばしいしょうゆ味と、ごま油の香りで、ご飯が進む一品です。パプリカの彩りも華やかな一品ですので、食卓がにぎわいます。

冷めてもおいしいですので、お弁当や、のっけ弁の具材にもどうぞ。

レシピについて

豚こま切れ肉に、片栗粉をまぶして一緒に炒め、細切りにしたパプリカと調味料を加えて、ひと煮立ちさせて出来上がりです。
以前ご紹介していたレシピを見直しました。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • パプリカ 2個(150g程度×2 赤、黄1個ずつなら、よりきれいです)
  • 豚こま切れ肉 300g
  • 片栗粉 大さじ3
  • サラダ油 小さじ2(10ml)
  • ■合わせ調味料
  • しょうゆ 大さじ3(45ml)
  • 酒 大さじ3(45ml)
  • ごま油 大さじ1(15ml)

8人分

  • パプリカ 4個(150g程度×4 赤、黄2個ずつなら、よりきれいです)
  • 豚こま切れ肉 600g
  • 片栗粉 大さじ6
  • サラダ油 小さじ4(20ml)
  • ■合わせ調味料
  • しょうゆ 大さじ6(90ml)
  • 酒 大さじ6(90ml)
  • ごま油 大さじ2(30ml)

作り方

step
1
パプリカは縦半分に切り、ヘタと種を取り除きます。

手順1~2でパプリカの下ごしらえをします。これらの手順は、手順6で豚肉を炒めている間に行うと効率良く出来ますが、無理しない程度に対応しましょう。

親指でヘタを外側から押すようにすると、パキッと取れます。
ヘタと種を取ってから、きれいに水洗いしておくとよいです。

パプリカパプリカ
パプリカパプリカ

step
2
7mm程度の幅(人差し指の半分の幅目安)に縦に切ります。

大きいパプリカの場合は、長さを半分に切るか、縦ではなく、斜めに切るとよいです。

パプリカパプリカ
パプリカパプリカ

step
3
合わせ調味料を混ぜ合わせておきます。

この手順も、手順6で豚肉を炒めている間に行うと効率良く出来ますが、無理しない程度に対応しましょう。

合わせ調味料

step
4
豚こま切れ肉に、片栗粉をもみこむようにして、まぶしつけます。

手順3とは別のボウルです。

豚こま切れ肉に片栗粉をまぶすことで、豚肉にボリュームを持たせ、旨味を閉じ込めます。最後に合わせ調味料を加えて炒めると、少しとろみが付いて全体的にまとまります。作り置きして時間が経っても余分な水気が出にくくなり、また、「干し肉」状態になることを防ぎます。

写真は直接手で片栗粉をもみ込んでいますが、ポリ袋に入れて行っても構いません。

豚こま切れ肉豚こま切れ肉
豚こま切れ肉豚こま切れ肉

step
5
フライパンにサラダ油を薄くひき、手順4の豚肉をほぐし入れ、

サラダ油サラダ油

step
6
弱めの中火にかけます。2分ほどすると、「ジューッ……」という音がしてきますので、さらに5~6分ほどそのままにします。

写真のように、表面が白っぽくなるまで放置しましょう。むやみにいじると、火の通りが悪くなり、片栗粉もはがれてしまいます。洗い物でもしておきましょう。

ほったらかし

step
7
表面が白っぽくなり、フライパンに面している側に焼き色が付いたら、全体をほぐすように、ひっくり返します。

くっついている部分は、ヘラで切るか、箸でほぐすと良いですが、この後の手順でほぐれていきますので、あまり神経質になる必要はありません。

豚こま切れ肉豚こま切れ肉
豚こま切れ肉豚こま切れ肉

step
8
手順2のパプリカを加え、ざっと全体を混ぜ合わせて油を回し、手順3の合わせ調味料を加え、かき混ぜて全体になじませます。

火加減は弱めの中火のままで構いません。

パプリカパプリカ
パプリカパプリカ

step
9
ふたをして、充分に蒸気が出るまで2~3分ほどそのままにします。

火加減は弱めの中火のままで構いません。

パプリカパプリカ

step
10
煮汁の泡立ちが小さくなったら、ざっと全体を底からかき混ぜて、煮汁を具材に絡めます。

多少焦げ目が付いても構いません。そのほうがおいしいです。

仕上げ仕上げ
仕上げ仕上げ

step
11
保存の際は、

粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて冷蔵庫で保存します。

保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • 豚こま切れ肉に片栗粉をまぶすことで、豚肉にボリュームを持たせ、旨味を閉じ込めます。最後に合わせ調味料を加えて炒めると、少しとろみが付いて全体的にまとまります。作り置きして時間が経っても余分な水気が出にくくなり、また、「干し肉」状態になることを防ぎます。
  • 豚肉を炒める際は、できるだけ放置しましょう。むやみにいじると、火の通りが悪くなり、片栗粉もはがれてしまいます。
  • 仕上げの際、多少焦げ目が付いても構いません。そのほうがおいしいです。
  • 保存の際は、粗熱を取ってから、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。

アレンジのヒント

  • 一緒に加えておいしい具材(手順8で加えます):ピーマン/ししとう/万願寺唐辛子/オクラ/お好みのきのこ類
  • 一緒に加えておいしい香辛料・香味野菜(手順3で加えます):にんにく(薄切り/すりおろし)/しょうがすりおろし/輪切り唐辛子/粗挽き黒こしょう/いりごま
  • 丼飯の具材や、のっけ弁にも。

おすすめ食材、ツール

しょうゆはここ2年ほどで、「ヤマサ醤油 鮮度生活 特選丸大豆しょうゆ」に落ち着きました。使い終わりまでずっとしょうゆの色が、おろしたての淡く赤い色、旨味と香りを保つのが、とてもうれしいです。


料理酒はタカラ「料理のための清酒」を愛用、1.8リットルパックで購入しています。塩分が含まれていないこと、また、飲むお酒では抑えられている雑味の中に含まれている、調理には有効な旨味成分を引き出すよう、独自の酵母で造られた清酒ですので、味のバランスが崩れず、ふんわり、まろやかに仕上がります。

料理に使う酒は、ぜひ、アルコール入り、食塩無添加の酒を使いましょう。
酒は、材料の臭みを消したり、材料を柔らかくしたり、さっぱりとした甘味を付けたり、野菜の煮物にコクを付けたりと、その役割はとても大きいです。


最近ごま油は、こちらのお品を使っています。濃いんです。とにかく濃い。少量でごまの芳醇な香りがふわぁぁああっとなります。炒めもの、ラーメン、スープ、納豆、サラダ、おひたし、冷奴、全部幸せになります。

パプリカのレシピはこちらもどうぞ


丁寧に作るラタトゥイユ
丁寧に作るラタトゥイユ

2021/7/28

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、ラタトゥイユのレシピをご紹介します。 本来ラタトゥイユは、それぞれの野菜ごとに炒めて塩で調 ...

パプリカと玉ねぎのツナ蒸しマリネ
パプリカと玉ねぎのツナ蒸しマリネ

2021/7/4

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、パプリカと玉ねぎとツナを使ったレシピをご紹介します。 ツナのコクたっぷり、さっぱりとした味 ...

パプリカと豚こまのしょうゆ炒め
パプリカと豚こまのしょうゆ炒め

2021/6/16

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、パプリカと豚こま切れ肉を使った、メインおかずのレシピをご紹介します。 パプリカは火を通すと ...

パプリカとツナのマリネ
パプリカとツナのマリネ

2021/6/10

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、パプリカとツナを使ったレシピをご紹介します。 パプリカは火を通すと、ぐんと甘味が増します。 ...

ラタトゥイユ
お手軽ラタトゥイユ

2021/7/28

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、ラタトゥイユのレシピをご紹介します。 本来ラタトゥイユは、それぞれの野菜ごとに炒めて塩で調 ...


もっと見る

梅干しの作り方

単身赴任のワンルーム住まいなので、もちろん家もベランダも狭いのですが、昔ながらの王道の作り方で作っています。長年作ってきた失敗&成功の経験や、狭いなりの工夫を交えてご説明いたします。

梅干し
梅干しの作り方

常温半年~ 今回は、梅干しの作り方をご紹介します。 2015年は東京で初めての夏を迎えたこともあり、東京の自宅でいただく ...

続きを見る