めんつゆで夏野菜の揚げない揚げびたし

レシピ 野菜のおかず なす いんげん パプリカ ズッキーニ かぼちゃ 冷蔵5日 冷凍1か月 調理時間:25分 こどもOK おつまみ お弁当のおかず 緑色のおかず 黄色のおかず オレンジ色のおかず 赤色のおかず ねかせておいしい 和風

めんつゆで夏野菜の揚げない揚げびたし

冷蔵5日/冷凍1か月

めんつゆで夏野菜の揚げない揚げびたし

今日は、夏野菜を使った揚げびたしのレシピをご紹介します。

本来、揚げびたしは、それぞれの野菜を素揚げして、合わせ調味料に漬け込む、という手間のかかる料理です。

このレシピは、多めの油で野菜を一気に蒸し焼きにしてから、めんつゆを加えて沸騰させて仕上げます。こうすることで、手間なく作れるだけでなく、野菜の旨味を逃すことなく仕上がります。

シンプルなレシピで、手軽に出来る一品です。出来たてでも、よく冷やしても、どちらでもおいしいです。

そのままはもちろん、お好みで、ピーマンやオクラなどの野菜を加えたり、ご紹介する具材と差し替えても、おいしくいただけます。

レシピについて

切った野菜を多めの油で蒸し焼きにし、めんつゆを加えてひと煮立ちさせて出来上がりです。
だし汁、しょうゆ、みりんで作るレシピは、こちらをご参照くださいませ。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • なす 2個(100g程度×2)
  • ズッキーニ 1本(160~200g×1)
  • パプリカ(何色でも構いません) 1個(150g程度×1)
  • かぼちゃ 1/8個(150~200g程度)
  • いんげん 8本(100g程度)
  • サラダ油※ 大さじ4(60ml)
  • ■合わせ調味料
  • 水 400ml
  • めんつゆ(3倍濃縮のもの) 80ml

※あればぜひ、「こめ油」を使いましょう。たっぷり使っても、作り置きしても、すっきりとした口当たりで、コクたっぷりの仕上がり、素材の味と旨味が活きます。

8人分

  • なす 4個(100g程度×4)
  • ズッキーニ 2本(160~200g×2)
  • パプリカ(何色でも構いません) 2個(150g程度×2)
  • かぼちゃ 1/4個(300~400g程度)
  • いんげん 16本(200g程度)
  • サラダ油※ 120ml(大さじ8)
  • ■合わせ調味料
  • 水 800ml
  • めんつゆ(3倍濃縮のもの) 160ml

※あればぜひ、「こめ油」を使いましょう。たっぷり使っても、作り置きしても、すっきりとした口当たりで、コクたっぷりの仕上がり、素材の味と旨味が活きます。

作り方

step
1
パプリカは縦半分に切り、種ごと2~3cm角に切ります。

野菜はすべてよく洗い、洗った後は、水気をよく拭き取りましょう。このあとの手順での油はねを、最小限に抑えることができます。
ヘタの黒ずんだ部分があれば取り除くとよいです。

パプリカパプリカ
パプリカパプリカ
パプリカパプリカ
パプリカパプリカ

step
2
ズッキーニは両端を切り落とし、7mm幅(人差し指の1/2幅目安)の輪切りにします。

ズッキーニズッキーニ
ズッキーニズッキーニ
ズッキーニズッキーニ
ズッキーニズッキーニ

step
3
かぼちゃは種とワタを取り除き、皮ごと1片の幅が4~5cm程度(指3本分の幅目安)になるように切り、7mm幅(人差し指の1/2幅目安)に切ります。

大きい状態のかぼちゃを切る際は、切断面を下に、皮を上にして、皮のほうから包丁を入れましょう。ぐらぐらせず安定し、空洞が下になるため、切りやすいです。

かぼちゃかぼちゃ
かぼちゃかぼちゃ
かぼちゃかぼちゃ

step
4
いんげんはヘタと先端の尖った部分を切り落とし、半分の長さに切ります。

いんげんいんげん
いんげんいんげん
いんげんいんげん

step
5
なすはガクを取り除き、縦4つに切り、2~3cm角に切ります。

ガクを取り除く際、鉛筆を削るように、斜めに包丁を入れると、無駄なく使えます。ガクを取り除いたあとは、きれいに洗い、トゲを残さないようにしましょう。
なすは切ったらすぐに水につけて10分ほど置いてアクを抜くと良いですが、切ってすぐに使うときは水にさらさなくても構いません。

なすなす
なすなす
なすなす
なすなす

step
7
フライパンか鍋に、これまでの手順で切った具材をすべて入れ、サラダ油を加え、火をつけずに具材全体にサラダ油が絡むよう、よく混ぜ合わせます。

8人分の場合は、4リットル以上の大鍋を使うとよいです。

蒸し焼き蒸し焼き
蒸し焼き蒸し焼き

step
8
ふたをして弱めの中火にかけます。10分ほど経ち、充分に蒸気が出てきたら、さらに1~2分そのまま加熱します。

野菜の水分と旨味をじっくりと引き出します。蒸し焼きにしている間は、放置しましょう。むやみにいじると、火の通りが悪くなります。洗い物でもしておきましょう。

蒸し焼き蒸し焼き

step
9
フライパンに面している側に、軽く焼き色が付いたら、ひっくり返すように全体を混ぜ合わせ、

蒸し焼き蒸し焼き
蒸し焼き蒸し焼き

step
10
ふたをして、再び蒸気が出るまで4~5分ほど加熱します。かぼちゃに竹串が通ることが確認できたら、

蒸し焼き蒸し焼き
蒸し焼き蒸し焼き

step
11
合わせ調味料の材料を加えて全体を混ぜ合わせ、弱めの中火のまま、全体が沸騰するまで2~3分ほど加熱します。

水とめんつゆを合わせてから加えるとスムーズです。

仕上げ仕上げ
仕上げ仕上げ

step
12
保存の際は、

粗熱をとってから、充分に消毒した保存容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。
温めても、冷蔵庫でよく冷やしても、どちらもおいしくいただけます。

汁気が多い仕上がりです。周りを水で冷やしながら、中身が空気にふれるようにかき混ぜて急冷することで、食中毒を防止することができます。水で冷やして10~15分ほど置いておくと、粗熱が取れます。

保存します。保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • 野菜はすべてよく洗い、洗った後は、水気をよく拭き取りましょう。このあとの手順での油はねを、最小限に抑えることができます。
  • 大きい状態のかぼちゃを切る際は、切断面を下に、皮を上にして、皮のほうから包丁を入れましょう。ぐらぐらせず安定し、空洞が下になるため、切りやすいです。
  • なすはガクを取り除く際、鉛筆を削るように、斜めに包丁を入れると、無駄なく使えます。ガクを取り除いたあとは、きれいに洗い、トゲを残さないようにしましょう。
  • 野菜の水分と旨味をじっくりと引き出します。蒸し焼きにしている間は、放置しましょう。むやみにいじると、火の通りが悪くなります。洗い物でもしておきましょう。
  • 保存の際は、粗熱を取ってから、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。
  • 汁気が多い仕上がりです。周りを水で冷やしながら、中身が空気にふれるようにかき混ぜて急冷することで、食中毒を防止することができます。麦茶を冷やす要領で、容器の周りを水で冷やして10~15分ほど置いておくと、粗熱が取れます。

アレンジのヒント

  • 一緒に加えて・差し替えておいしい具材:ピーマン/オクラ/アスパラガス/とうもろこし/ししとう/れんこん/ごぼう/さつまいも/じゃがいも/鶏もも肉/厚揚げ
  • いただく際、添えておいしい具材:大根おろし/青ねぎ小口切り/一味・七味唐辛子
  • 麺類との相性が良いです。素麺にかけたり、冷製パスタソースとしても。
  • 丼飯の具材としても。
  • 冷しゃぶにかけても。
  • お弁当に詰める際は、水気をよく切ってから詰めましょう。

おすすめ食材、ツール

ファンであり、愛用品のめんつゆです。かつお風味たっぷりの濃厚つゆです。ざるそば、そうめんのつけつゆにはもちろん、和え物、冷奴、鍋物、丼物、たまごがけごはんなど、とても手軽に、あらゆる和風料理がおいしく仕上がります。この1リットルサイズは、牛乳パックより少し太め+背が低めの容器です。

なすのレシピはこちらもどうぞ


【野菜ひとつ】なすのマリネサラダ
【野菜ひとつ】なすのマリネサラダ

2022/8/3

冷蔵4日 今日は、なすのマリネのレシピをご紹介します。 なすを生のままスライスして作るマリネです。ほんのりフルーティー、 ...

【野菜ひとつ】なすの焼きマリネ
【野菜ひとつ】なすの焼きマリネ

2022/7/28

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、なすのマリネのレシピをご紹介します。 なすにオリーブオイルを絡めて蒸し焼きにし、調味料で和 ...

【野菜ひとつ】なすの梅漬け
【野菜ひとつ】なすの梅漬け

2022/7/22

冷蔵5日 今日は、なすの浅漬けのレシピをご紹介します。 梅の酸味をしっかりときかせた、ご飯によく合う、さっぱりとした、な ...

めんつゆで夏野菜の揚げない揚げびたし
めんつゆで夏野菜の揚げない揚げびたし

2022/7/17

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、夏野菜を使った揚げびたしのレシピをご紹介します。 本来、揚げびたしは、それぞれの野菜を素揚 ...

夏野菜の揚げない揚げびたし
夏野菜の揚げない揚げびたし

2022/7/17

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、夏野菜を使った揚げびたしのレシピをご紹介します。 本来揚げびたしは、それぞれの野菜を素揚げ ...


もっと見る