レシピ 野菜のおかず 小松菜 かまぼこ かつお節 すりごま ごま油 冷蔵4日 冷凍1か月 時間がたってもおいしい

小松菜とかまぼこの胡麻味噌和え

投稿日:

冷蔵4日/冷凍1か月


小松菜とかまぼこの胡麻味噌和え

今日は、小松菜とかまぼこを使ったレシピをご紹介します。

さっとゆでた小松菜と、ごま油で焼いたかまぼこを、旨味たっぷりの胡麻味噌で和えます。

甘味と旨味をしっかり加えた硬めの和え衣と、あえて肉厚に大きく切って焼いた香ばしいかまぼこが、小松菜の辛味とクセを抑え、たっぷりモリモリとお召し上がりいただけます。

これ一品で、たっぷりの野菜とたんぱく質が摂れる和え物です。もうあと一品の副菜に、お弁当のおかずに、ぜひ活用いただけますと幸いです。

レシピについて

ごま油でこんがりと焼いたかまぼこと、ゆでた小松菜を、調味料と和えて出来上がりです。
小松菜はあらかじめ切ってからゆでることで、ゆで時間を短く、手早く仕上げます。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • 小松菜 2把(200g目安×2)
  • かまぼこ 1本(130~160g目安×1)
  • ごま油 小さじ1
  • かつお節 小袋2袋(2.5~3g×2)
  • ■合わせ調味料
  • みそ 小さじ2
  • しょうゆ 小さじ2
  • 砂糖 小さじ2
  • すりごま 大さじ2

8人分

  • 小松菜 4把(200g目安×4)
  • かまぼこ 2本(130~160g目安×2)
  • ごま油 小さじ2
  • かつお節 10g(小袋なら4袋(2.5~3g×4))
  • ■合わせ調味料
  • みそ 小さじ4
  • しょうゆ 小さじ4(20ml)
  • 砂糖 小さじ4
  • すりごま 大さじ4

step
1
かまぼこを板から外します。かまぼこは立てて置き、包丁のみね(刃の反対側の、背の部分)を、かまぼこと板の間に入れ、下ろします。

包丁の刃を使うと、よく切れることから、弾力性のあるかまぼこの身まで切れてしまい、板に残ることがあるため、みねを使います。
立てて外すのは、横置きよりも安定すること、包丁の刃渡りが短くても難なく外すことが出来るためです。

かまぼこ
かまぼこ
かまぼこ

step
2
1cm幅(人差し指の2/3幅目安)に切ります。


かまぼこ
かまぼこ

step
3
フライパンにごま油を薄くひき、手順2のかまぼこを並べ入れて、


かまぼこ
かまぼこ

step
4
中火にかけます。1~2分ほどすると、「ジューッ……」という音がしてきますので、さらに1~2分ほど経ったら様子をみて、焼き色がついていたらひっくり返します。


かまぼこ

step
5
もう片面にも焼き色がついたら、火を止めて、そのまま冷ましておきます。

早く冷ましたい場合は、バットや保存容器等に入れ、あれば保冷剤の上に乗せておくとよいです。

かまぼこ

step
6
たっぷりのお湯を沸かし始めます。小松菜2把で2リットル程度目安です。

小松菜のシャキシャキ感を活かしますので、塩は入れません。

お湯

step
7
小松菜は根元を切り落としてから、


小松菜2把
小松菜は根元を切り落としてから、

step
8
流水もしくは、たっぷりの水に浸け込んでよく洗い、根元や葉に付いている土を落とします。

特に根元に土が付いていることがありますので、しっかり洗いましょう。

土を落とします

step
9
4~5cm程度の長さに切ります。指3本分の幅が目安です。

切ったら、茎と葉を分けておくと良いです。だいたいで構いません。

4~5cm程度の長さ
4~5cm程度の長さ
4~5cm程度の長さ

step
10
お湯がしっかりと沸騰したら、強めの中火にし、


沸騰

step
11
できるだけ茎の部分→葉の部分の順に入れます。

だいたいで構いません。
沸騰したお湯に茎の部分から入れ、すぐにお湯がふつふつとなりますので葉の部分を入れ、菜箸などで全部をお湯につけます。

茎の部分
葉の部分
葉の部分

step
12
葉も入ってから1分ほどして、再度ぐらぐら、ふつふつと沸騰してきたら、ざるに上げて、

いわゆる「グラッとした」状態です。

再度沸騰
ざるに上げて

step
13
水にさらして冷やし、すぐにざるに上げます。

暑い時期や、暖房がきいた場所であれば、水は2~3回替え、手早くしっかりと冷やしましょう。栄養価が流れ出ないように、水にさらす時間は2分以内にしましょう。
もちろん氷水を使っても構いません。

水にさらして冷やし
ざるに上げて
水にさらして冷やし
ざるに上げて

step
14
ボウルに合わせ調味料の材料を混ぜ合わせます。

みそがダマにならないよう、しっかりと混ぜ合わせましょう。硬めの和え衣ですが問題ありません。

合わせ調味料

step
15
手順13の小松菜の水気をぎゅっと絞り、

写真は、撮影の都合から片手ですが、両手を使ってしっかりと絞りましょう。
ゆでた小松菜はしっかりと水気を絞ってから調味料と和えましょう。水気が多いままですと、味がぼけ、また、作り置きにも向きません。

ぎゅっと絞ります

step
16
手順14のボウルに入れ、手順4のかまぼこと、かつお節も加え、よく和えます。

かまぼこは粗熱が取れていることを確認してから加えましょう。人肌程度の温度になっていれば問題ありません。
菜箸でほぐしながら、ゴムベラでボウルの底からしっかりと混ぜ合わせて、調味料をまんべんなく小松菜に絡めましょう。

和えます
和えます
和えます

step
17
保存の際は、

充分に消毒した保存容器に入れて冷蔵庫で保存します。
保存容器に移し替える際は、ゴムベラを使うと無駄なく移し替えやすいです。

保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • かまぼこを板から外す際は、包丁の刃を使うと、よく切れることから、弾力性のあるかまぼこの身まで切れてしまい、板に残ることがあるため、みねを使います。
  • 小松菜は根元を切り落としてから、流水もしくは、たっぷりの水に浸け込んでよく洗い、根元や葉に付いている土を落としましょう。
  • 合わせ調味料は、みそがダマにならないよう、しっかりと混ぜ合わせましょう。硬めの和え衣ですが問題ありません。
  • ゆでた小松菜はしっかりと水気を絞ってから調味料と和えましょう。水気が多いままですと、味がぼけ、また、作り置きにも向きません。
  • 保存容器に移し替える際は、ゴムベラを使うと無駄なく移し替えやすいです。
  • 保存の際は、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。

アレンジのヒント

  • 一緒に和えておいしい具材:にんじん(千切り・ゆで)/お好みのきのこ類(ゆで)/砕いたナッツ類/お好みの豆類/ゆで卵/しょうがすりおろし
  • 卵で閉じたり、和風オープンオムレツの具材としても。
  • 耐熱容器に入れ、すりおろした長芋と、お好みでマヨネーズや溶けるチーズを混ぜたものをかけて、オーブントースターで焼いても。

おすすめ食材、ツール


しょうゆはここ2年ほどで、「ヤマサ醤油 鮮度生活 特選丸大豆しょうゆ」に落ち着きました。使い終わりまでずっとしょうゆの色が、おろしたての淡く赤い色、旨味と香りを保つのが、とてもうれしいです。


愛用品のゴムべらです。スケッパーの刃先のような薄さ、弾力性としなやかさがあり、また、耐熱温度が200℃なので、木ベラ代わりに炒め・かき混ぜに使え、また、こびりつきがちな調味料も、熱いうちに根こそぎ残らずいただくことができる、素晴らしい逸品です。

小松菜のレシピはこちらもどうぞ


小松菜とかまぼこの胡麻味噌和え
小松菜とかまぼこの胡麻味噌和え

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、小松菜とかまぼこを使ったレシピをご紹介します。 さっとゆでた小松菜と、ごま油で焼いたかまぼ ...

【野菜ひとつ】小松菜のカレーマヨ和え
【野菜ひとつ】小松菜のカレーマヨ和え

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、小松菜を、カレーマヨ味でいただくレシピをご紹介します。 カレーマヨ味は、一般的にはカレー粉 ...

【野菜ひとつ】小松菜のわさび風味おひたし
【野菜ひとつ】小松菜のわさび風味おひたし

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、小松菜を、わさび風味をきかせた、旨味たっぷりのおひたしでいただくレシピをご紹介します。 小 ...

【野菜ひとつ】小松菜の練りごま和え
【野菜ひとつ】小松菜の練りごま和え

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、小松菜を練りごまで和えるレシピをご紹介します。 練りごまとだし汁を合わせて作りますので、と ...

ひじきと小松菜のツナごま和え
ひじきと小松菜のツナごま和え

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、ひじきと小松菜を使ったレシピをご紹介します。 ひじきと小松菜を、ツナと、たっぷりのごまで和 ...


もっと見る

他のレシピをさがす

-レシピ, 野菜のおかず, 小松菜, かまぼこ, かつお節, すりごま, ごま油, 冷蔵4日, 冷凍1か月, 時間がたってもおいしい

Copyright© 週末の作り置きレシピ , 2019 All Rights Reserved.