きゅうりとわかめと春雨の酢の物

レシピ 野菜のおかず きゅうり しょうが 春雨 わかめ 冷蔵4日 おつまみ 時間がたってもおいしい 和風

きゅうりとわかめと春雨の酢の物

冷蔵4日

きゅうりとわかめと春雨の酢の物

今日は、きゅうりとわかめと春雨を使った酢の物のレシピをご紹介します。

しょうがをきかせた爽やかな風味、ノンオイルで、あっさり、さっぱりとした口当たりです。

春雨とわかめは一緒に戻して、手早く作ります。

お好みで、大葉やみょうがなどの香味野菜を添えてもおいしくいただけます。

もうあと一品の副菜に、箸休めに、ぜひご活用くださいませ。

レシピについて

薄切りにして塩もみしたきゅうりと、ゆでて水に放った春雨とわかめを、調味料で和えて出来上がりです。
以前よりご紹介しているレシピを、より作りやすく見直しました。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • 緑豆春雨※ 40~50g
  • きゅうり 中2本(1本100~130g前後×2本)
  • 乾燥わかめ 大さじ2(6g)
  • 塩 小さじ1/4
  • ■合わせ調味料
  • 酢 大さじ2(30ml)
  • しょうゆ 大さじ2(30ml)
  • 砂糖 大さじ1
  • 顆粒和風だしの素 小さじ1/2
  • しょうがすりおろし 大さじ1(3~4cm角×1片分目安)

※春雨の原料は、かんしょ澱粉や、ばれいしょ澱粉ではなく、緑豆のものを使いましょう。緑豆が原料の春雨は、コシがあり、のびにくく、保存中のゴワつきが少ないのでおすすめです。かんしょ澱粉などから作る春雨は、柔らかめのため作り置きには向きません。

※春雨はあらかじめ5~10cm程度の長さにカットされているものが、扱いやすくおすすめです。

8人分

  • 緑豆春雨※ 80~100g
  • きゅうり 中4本(1本100~130g前後×4本)
  • 乾燥わかめ 大さじ4(12g)
  • 塩 小さじ1/2
  • ■合わせ調味料
  • 酢 大さじ4(60ml)
  • しょうゆ 大さじ4(60ml)
  • 砂糖 大さじ2
  • 顆粒和風だしの素 小さじ1
  • しょうがすりおろし 大さじ2(5~6cm角×1片分目安)

※春雨の原料は、かんしょ澱粉や、ばれいしょ澱粉ではなく、緑豆のものを使いましょう。緑豆が原料の春雨は、コシがあり、のびにくく、保存中のゴワつきが少ないのでおすすめです。かんしょ澱粉などから作る春雨は、柔らかめのため作り置きには向きません。

※春雨はあらかじめ5~10cm程度の長さにカットされているものが、扱いやすくおすすめです。

作り方

step
1
きゅうりは洗い、キッチンペーパーや乾いた清潔な布巾で、水気をよく拭き取ります。

水気は雑菌繁殖の元となり、保存の大敵ですので、しっかりと拭き取っておきましょう。

きゅうりきゅうり
きゅうりきゅうり

step
2
ヘタの部分を切り落とし、端から1~2mm幅程度の輪切りにし、ボウルに入れます。

写真は包丁を使っていますが、スライサーを使っても構いません。

きゅうりきゅうり
きゅうりきゅうり

step
3
塩をふりかけ、もみ込むようにして、塩をきゅうり全体に行き渡らせます。このまま10分ほど置きます。

ギュンギュンにもみ込む必要はありません。塩をきゅうり全体に行き渡らせることを意識し、あとはほったらかしておきましょう。その間に、次以降の手順を対応したり、洗い物でもしておきましょう。

きゅうりきゅうり
きゅうりきゅうり

step
4
お湯を沸かし始めます。4人分で1.5リットル程度目安です。充分に沸騰したことを確認したら、火加減は中火にします。

お湯お湯

step
5
緑豆春雨を入れ、菜箸で混ぜます。1分30秒経ったら乾燥わかめを加え、さらに30秒沸騰させます。

春雨春雨
春雨春雨

step
6
ざるに取り、水に放ち、流水で冷やすように全体を洗って急冷し、ざるに上げておきます。

春雨を流水で急冷して締めることで、保存中にボソボソとゴワついた状態になることを、できるだけ抑えます。
わかめは熱湯で戻してから水に放つことで、みずみずしい色になります。

もし長い春雨を使っている場合は、5~10cm程度の長さに切りましょう。

春雨とわかめ春雨とわかめ
春雨とわかめ春雨とわかめ
春雨とわかめ春雨とわかめ

step
7
ボウルに、合わせ調味料の材料を混ぜ合わせます。

合わせ調味料

step
8
手順6の春雨とわかめのざるを斜めにし、さらに余分な水気を捨ててから、手順7のボウルに加え、

春雨とわかめ春雨とわかめ

step
9
手順3のきゅうりの水気をぎゅっと絞って加え、全体をよく和えます。

かなりの水分が出ます。写真は、撮影の都合から片手ですが、両手を使ってしっかりと絞りましょう。

菜箸でほぐしながら、ゴムベラでボウルの底からしっかりと混ぜ合わせると良いです。

きゅうりきゅうり
きゅうりきゅうり

step
10
保存の際は、

充分に消毒した保存容器に入れて、冷蔵庫で保存します。

冷えると春雨が固まることがありますが、品質には問題ありません。室温にしばらく置いておくと、ほぐれやすくなります。

保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • きゅうりを洗った際、水気は雑菌繁殖の元となり、保存の大敵ですので、しっかりと拭き取っておきましょう。
  • きゅうりを塩もみする際、ギュンギュンにもみ込む必要はありません。塩をきゅうり全体に行き渡らせることを意識し、あとはほったらかしておきましょう。その間に、次以降の手順を対応したり、洗い物でもしておきましょう。
  • 春雨を流水で急冷して締めることで、保存中にボソボソとゴワついた状態になることを、できるだけ抑えます。
  • わかめは熱湯で戻してから水に放つことで、みずみずしい色になります。
  • 保存の際は、充分に消毒した保存容器に入れて、冷蔵庫で保存します。
  • 冷えると春雨が固まることがありますが、品質には問題ありません。室温にしばらく置いておくと、ほぐれやすくなります。

アレンジのヒント

  • 一緒に和えておいしい具材:薄焼き卵(細切り)/きくらげ(細切り)/もやし(ゆで)/ゆでだこ/乾燥ちりめんじゃこ/かにかまぼこ(細かく裂く)
  • 一緒に加えて・添えておいしい香辛料・香味野菜:いりごま/大葉/みょうが/柚子の皮
  • 酢の半量を、レモン、すだち、かぼすなど、お好みの柑橘類の果汁と差し替えても。
  • サンドイッチの具材(+ロールパン、照り焼きチキン、大葉)にもどうぞ。バインミーのような仕上がりです。
  • 焼き魚と相性が良いです。

おすすめ食材、ツール

内堀醸造の米酢は、酸味が強すぎず、まろやかで、優しいのにコクがある味ですので、口当たりがやわらかく、酢が苦手な方でも食べやすいと思います。酢の物、ドレッシングや煮物などにも、たっぷり使っても尖った味にならず、とてもまろやかな仕上がりとなります。


しょうゆはここ2年ほどで、「ヤマサ醤油 鮮度生活 特選丸大豆しょうゆ」に落ち着きました。使い終わりまでずっとしょうゆの色が、おろしたての淡く赤い色、旨味と香りを保つのが、とてもうれしいです。


いわゆる「顆粒和風だしの素」は、味の素さんのほんだしを使っています。味の素やほんだしに対して「悪いもの」「甘え」「使ってはダメ」「手抜き」「これをおいしいと感じるのは味覚がおかしい」と、自分自身に呪いをかけている方が何と多いことか。素直に甘えれば良いのです。おいしいですよ。

きゅうりのレシピはこちらもどうぞ


切干大根のごまマヨサラダ
切干大根のごまマヨサラダ

冷蔵4日 今日は、切干大根を使ったサラダのレシピをご紹介します。 たっぷりのかつお節と、ごまの風味を活かしたマヨだれを使 ...

【野菜ひとつ】きゅうりのにんにく醤油漬け
【野菜ひとつ】きゅうりのにんにく醤油漬け

冷蔵5日 今日は、きゅうりの浅漬けのレシピをご紹介します。 ごま油とにんにくの風味をきかせた、さっぱりとした味付けで、つ ...

【野菜ひとつ】きゅうりの柚子胡椒漬け
【野菜ひとつ】きゅうりの柚子胡椒漬け

冷蔵5日 今日は、きゅうりの浅漬けのレシピをご紹介します。 柚子胡椒を使った浅漬けです。柚子胡椒の爽やかな辛味をきかせた ...

きゅうりの佃煮
きゅうりの佃煮

冷蔵1週間/冷凍1か月 今日は、きゅうりの佃煮のレシピをご紹介します。 しょうがをたっぷりと加えた、きゅうりの佃煮です。 ...

きゅうりとわかめと春雨の酢の物
きゅうりとわかめと春雨の酢の物

冷蔵4日 今日は、きゅうりとわかめと春雨を使った酢の物のレシピをご紹介します。 しょうがをきかせた爽やかな風味、ノンオイ ...


もっと見る

梅干しの作り方

単身赴任のワンルーム住まいなので、もちろん家もベランダも狭いのですが、昔ながらの王道の作り方で作っています。長年作ってきた失敗&成功の経験や、狭いなりの工夫を交えてご説明いたします。

梅干し
梅干しの作り方

続きを見る

© 2021 スガ