白菜と手羽元のコラーゲンスープ

圧力鍋で作る レシピ 野菜のおかず 白菜 お肉のおかず 鶏肉 手羽 冷蔵4日 冷凍1か月 時間がたってもおいしい 中華・エスニック スープ・汁物

白菜と手羽元のコラーゲンスープ

冷蔵4日/冷凍1か月


白菜と手羽元のコラーゲンスープ

今日は、白菜と鶏手羽元を使ったスープのレシピをご紹介します。

ザク切りにした白菜と手羽元をじっくりと煮込み、白菜の水分を最大限に活かして作ります。

作り置いて冷蔵保存すると、スープ全体がゼリー状に固まるほど、手羽元のコラーゲンがたっぷりと溶け込んだスープです。冷めにくく、温かさが長持ちします。

味付けはシンプルな塩こしょうです。お好みで色々なきのこや野菜、春雨などを加えてもおいしくいただけます。もちろん、鍋料理としても活用できます。

レシピについて

ざく切りにした白菜と手羽元をじっくりと煮込み、白菜の水分と、手羽元のコラーゲンを引き出します。
作り置いて冷蔵保存すると、スープがゼリー状に固まりますが、温めるとスープ状になります。
「コラーゲンたっぷり」=「とろみのあるスープ」ではありません。とろみのない仕上がりです。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • 白菜 1/4個(650g目安)※
  • 手羽元 8~12本(1人2~3本)
  • ■煮込み用調味料
  • 水 400ml
  • 酒 大さじ2
  • 鶏ガラスープの素 大さじ1
  • 塩 小さじ1
  • ■仕上げ用調味料
  • こしょう 小さじ1/4

※白菜は1.5倍程度の分量まで使用できます。

8人分

  • 白菜 1/2個(1300g目安)※
  • 手羽元 16~24本(1人2~3本)
  • ■煮込み用調味料
  • 水 800ml
  • 酒 大さじ2
  • 鶏ガラスープの素 大さじ1
  • 塩 小さじ1
  • ■仕上げ用調味料
  • こしょう 小さじ1/4

※白菜は1.5倍程度の分量まで使用できます。

作り方

step
1
鶏肉は流水で洗い、水気を拭き、

鶏肉は、水洗いして水気を拭いてから調理すると、臭みが取れます。

鶏肉鶏肉

step
2
フライパンまたは煮込み鍋に並べ入れます。

8人分を作る際は、5リットル以上の大鍋を用意しましょう。
まだ火はつけません。

鶏肉

step
3
ここまでの手順で、鶏肉に付着しているカンピロバクターが飛散しています。食中毒を防ぐため、シンク、まな板はしっかりと洗浄し消毒しましょう。

鶏肉を洗った際にシンクに飛び散ったり、まな板に付着していますので、しっかりと洗い、消毒しましょう。消毒は熱湯を回しかけるか、手軽で確実なアルコール消毒がおすすめです。

シンクまな板

step
4
白菜は芯を取り除きます。白菜の芯は、使用しません。芯の形に沿って、包丁の先で深く切れ目を入れると、うまくくり抜くことが出来ます。


白菜の芯白菜の芯

step
5
芯の近くは、特に泥が付いていることが多いです。芯を取り除いたら、今一度、よく洗い流しましょう。


洗い流し

step
6
端から4~5cm幅程度(指3本分の幅目安)のザク切りにし、


白菜白菜

step
7
手順2の煮込み鍋に半量ほど入れ、合わせ調味料の材料を加え、残りの白菜をすべて乗せます。

白菜の白い部分は、鍋肌の円形に沿うように、立てて並べるとよいです。

白菜白菜
白菜白菜

step
8
ふたをして、強めの中火にかけます。

白菜のカサが多く、ふたが閉まりにくい場合は、柄付きの重めの丼やスープボウルなどを被せておくとよいです。その際、蒸気をふさがないようにしましょう。

煮込み煮込み

step
9
充分に蒸気が立ったら弱火にし、そのまま20分ほど煮込みます。

ふたに蒸気口が無い場合は、少しずらすとよいです。

煮込み煮込み

step
10
ざっと全体をかき混ぜ、仕上げ用のこしょうを加えて、全体に行き渡るように混ぜ、1~2分煮込んで出来上がりです。

最後に味をみて、薄いようなら塩(分量外)で整えます。塩はほんの少量でとても味が濃くなりますので、少々(親指と人差し指でつまんだ量:小さじ1/8~1/6目安)を振り入れて、全体をかき混ぜてなじませてから、味をみて調整しましょう。

煮込み煮込み
煮込み煮込み

step
11
保存の際は、

粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。

スープですので、汁気が多い仕上がりです。周りを水で冷やしながら、中身が空気にふれるようにかき混ぜて急冷することで、食中毒を防止することができます。水で冷やして10~15分ほど置いておくと、粗熱が取れます。

冷蔵保存をすると、スープがゼリー状に固まりますが、加熱すると元に戻ります。

保存します。保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • 「コラーゲンたっぷり」=「とろみのあるスープ」ではありません。とろみのない仕上がりです。
  • 最後に味をみて、薄いようなら塩(分量外)で整えます。塩はほんの少量でとても味が濃くなりますので、少々(親指と人差し指でつまんだ量:小さじ1/8~1/6目安)を振り入れて、全体をかき混ぜてなじませてから、味をみて調整しましょう。
  • 保存の際は、粗熱を取ってから、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。
  • スープですので、汁気が多い仕上がりです。周りを水で冷やしながら、中身が空気にふれるようにかき混ぜて急冷することで、食中毒を防止することができます。
  • 冷蔵保存をすると、スープがゼリー状に固まりますが、加熱すると元に戻ります。

アレンジのヒント

  • 一緒に加えておいしい具材:お好みのきのこ類(しいたけの薄切りが特におすすめ)/長ねぎ/青梗菜/にんじん/豆腐/厚揚げ/薄揚げ/緑豆春雨/糸こんにゃく/お好みの魚介類
  • 一緒に加えておいしい香辛料・香味野菜:にんにく/赤唐辛子
  • 仕上げに加えても:ごま油/ラー油/一味唐辛子/青ねぎ小口切り
  • 手羽元と差し替えても:手羽先/鶏もも肉/鶏団子
  • 合う麺類:緑豆春雨/うどん
  • 麦飯か玄米(白米や緑豆春雨でも)を入れて、お好みでごま油をかけると、ビタミンB群とコラーゲンたっぷり、旨味がしみ込んだ軽食が出来ます。酔い覚めや、夜食によく合います。
  • 薄めの塩加減にして、ポン酢でいただいても。その場合、仕上げのこしょうは加えません。この場合に添えておいしい香味野菜:大根おろし/一味唐辛子/柚子胡椒/柚子の皮/青ねぎ小口切り
  • 圧力鍋でも作れます。その場合、水の分量は1/4に減らします。4人分100ml、8人分200ml、高圧にセットし、加圧時間は1分を超えないようにしましょう。1分以上加圧すると、白菜がへにゃっへにゃ、手羽元は軟骨まで柔らかくなり、身がはがれます。でもこれはこれで、お好みで。

おすすめ食材、ツール


私のお気に入り、赤穂の天塩です。以前、スーパーで特価していたのでたまたま購入し、おにぎりや焼き魚に使ってみると、後味で甘み・旨味があり、それ以来ファンになり、あらゆる料理に使っています。特に、味付けがシンプルな料理に使う際には、とても頼りになります。

スープ・汁物のレシピはこちらもどうぞ


キャベツとひき肉の旨塩スープ
キャベツとひき肉の旨塩スープ

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、キャベツと豚ひき肉を煮込んで作るスープのレシピをご紹介します。 私が「ずるい味付け」と称し ...

白菜とひき肉のコンソメスープ
白菜とひき肉のコンソメスープ

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、白菜をたっぷりいただくスープのレシピをご紹介します。 たっぷりの白菜と豚ひき肉をコンソメス ...

圧力鍋で作る 白菜と豚バラブロックのトマト煮
圧力鍋で作る 白菜と豚バラブロックのトマト煮

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、たっぷりの白菜と、豚バラ肉ブロックを、圧力鍋で煮込んで作るレシピをご紹介します。 一滴の水 ...

圧力鍋で作る ポークシチュー
圧力鍋で作る ポークシチュー

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、圧力鍋で煮込んで作るポークシチューのレシピをご紹介します。 塩こしょうした豚ロースかたまり ...

圧力鍋で作る 鶏もも肉とキャベツのトマトシチュー

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、鶏もも肉とキャベツを、圧力鍋で煮込んで作るシチューのレシピをご紹介します。 一滴の水も加え ...


もっと見る

最新刊「もっとラクする!一生使えるつくりおきBEST」発売

使う食材や調味料も少なく、体にも優しく、時間もお金もかからず、手軽につくれるものなどを厳選して一冊にまとめました。

-圧力鍋で作る, レシピ, 野菜のおかず, 白菜, お肉のおかず, 鶏肉, 手羽, 冷蔵4日, 冷凍1か月, 時間がたってもおいしい, 中華・エスニック, スープ・汁物