人気検索ワードめんつゆなすピーマン

レシピ 常備菜 野菜のおかず セロリ 野菜ひとつ ナンプラー 冷蔵5日 ねかせておいしい 中華・エスニック

【野菜ひとつ】セロリ大量消費 セロリのナンプラー漬け

投稿日:

冷蔵5日

セロリのナンプラー漬け
今日は、セロリをナンプラーで漬けたレシピをご紹介します。

セロリとナンプラー、この主張の強い個性をぶつけ合わせると、おどろくほど、丸くまとまります。
これらの独特の香りが苦手という方にも、ぜひお試しいただきたいレシピです。
セロリのかさがうんと減りますので、大量消費にも役立ちます。

スポンサーリンク

レシピについて

セロリを切って調味料に揉み込むと完成します。

材料

4人分
セロリ 200~300g(2~3本程度)
■合わせ調味料
ナンプラー 大さじ1
レモン果汁(あればライム果汁) 小さじ2
 小さじ1
砂糖 小さじ1
(お好みで)輪切り唐辛子 小さじ1(1本分)~
8人分
セロリ 500~600g(5~6本程度)
■合わせ調味料
ナンプラー 大さじ2
レモン果汁(あればライム果汁) 小さじ4
 小さじ2
砂糖 小さじ2
(お好みで)輪切り唐辛子 小さじ2(2本分)~

作り方

1 セロリ200gはこの写真の量です。セロリ200gはこの写真の量です。割とかなりの分量です。4人分の調味料で300g程度まで漬けることができます。

2 セロリの根元の硬い部分は切り落とし、セロリの根元の硬い部分は切り落とし、

3 セロリは、茎の太い部分は4~5mm幅の斜め切りにしていきます。茎の太い部分は4~5mm幅の斜め切りにしていきます。
セロリは斜めに切ることで、筋を取らなくても筋を断ち切ることができます。

4 葉はザク切りにしていきます。葉はザク切りにしていきます。

5 保存袋に切ったセロリと合わせ調味料を入れ、よくもみ込みます。保存袋に切ったセロリと合わせ調味料を入れ、よくもみ込みます。

6 このまま保存する場合は、平らにして、空気を抜いてから密封するとよいですが、このまま保存する場合は、平らにして、空気を抜いてから密封するとよいですが、

7 合わせ調味料を一気に加え、この時点で、もうだいたい漬かっており、さらにセロリからどんどん水分が出てきますので、充分に消毒した保存容器に移し替えて、冷蔵庫で保存するとよいです。
保存容器のほうが取り出しやすいのと、袋の口から調味液が漏れるという事故を防ぐことができます。

作り置きのコツ

  • セロリは斜めに切ることで、筋を取らなくても筋を断ち切ることができます。
  • 袋のまま保存する際は、平らにして、空気を抜いてから密封するとよいですが、だいたい漬かっており、さらにセロリからどんどん水分が出てきますので、充分に消毒した保存容器に移し替えて、冷蔵庫で保存するとよいです。保存容器のほうが取り出しやすいのと、袋の口から調味液が漏れるという事故を防ぐことができます。
アレンジのヒント

  • 香菜または大葉を刻んだものを一緒に漬けてもおいしいです。または、食べる際に添えてもよいです。
  • 牛切り落とし肉と炒め合わせると、とても合います。
おすすめ食材、ツール
天秤マークが目印のバランスのナンプラーは、アンチョビの旨味が芳醇で、ヤムウンセンはもちろん、タイカレーの仕上げや、肉の漬け汁、野菜炒めの隠し味などに加えると、仕上がりの印象がぐっと良くなります。ナンプラーが苦手という方でも、これまでの認識が変わるくらい、とてもおいしくいただけます。

-レシピ, 常備菜, 野菜のおかず, セロリ, 野菜ひとつ, ナンプラー, 冷蔵5日, ねかせておいしい, 中華・エスニック

Copyright© 週末の作り置きレシピ , 2018 All Rights Reserved.