【野菜ひとつ】なすの酢の物

レシピ 野菜のおかず なす しょうが 野菜ひとつ 冷蔵4日 おつまみ お弁当のおかず 火を使わない ねかせておいしい 和風

【野菜ひとつ】なすの酢の物

冷蔵4日

なすの酢の物

今日は、なすを酢の物でいただくレシピをご紹介します。

このレシピは、火を使いません。切って塩水にさらしたなすを、調味料で和えて出来上がりです。

なすに含まれる、たっぷりの水分を利用した味付けですので、あっさり、やさしい味わいに仕上がります。暑い日や、食欲の無い時にも食べやすい、酒の肴にもぴったりな一品です。

そのままはもちろん、お好みで、きゅうり、みょうが、大葉など、お好みの具材を加えてもおいしくいただけます。

レシピについて

なすを切って、塩水にさらし、調味料とよく混ぜ合わせて出来上がりです。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • なす 400~450g程度(4~5個目安、長なすなら2~3本)
  • ■なすをつける塩水
  • 水 1リットル
  • 塩 小さじ1
  • ■合わせ調味料
  • 酢 大さじ2(30ml)
  • しょうゆ※ 大さじ1(15ml)
  • 砂糖 小さじ2
  • 和風顆粒だしの素 小さじ1
  • しょうがすりおろし 大さじ1(3~4cm角×1片分目安)

※あればぜひ、「うすくちしょうゆ」を使いましょう。きりっとした味わい、薄くきれいな色に仕上がります。

8人分

  • なす 800~900g程度(10個目安、長なすなら4~6本)
  • ■なすをつける塩水
  • 水 2リットル
  • 塩 小さじ2
  • ■合わせ調味料
  • 酢 大さじ4(60ml)
  • しょうゆ※ 大さじ2(30ml)
  • 砂糖 小さじ4
  • 和風顆粒だしの素 小さじ2
  • しょうがすりおろし 大さじ2(5~6cm角×1片分目安)

※あればぜひ、「うすくちしょうゆ」を使いましょう。きりっとした味わい、薄くきれいな色に仕上がります。

作り方

step
1
ボウルに、なすをつける塩水を用意しておきます。

塩水

step
2
なすはガクを取り除き、

鉛筆を削るように、斜めに包丁を入れると、無駄なく使えます。
ガクを取り除いたあとは、きれいに洗い、トゲを残さないようにしましょう。

なすなす
なすなす

step
3
縦半分に切ってから、斜めに5mm幅(人差し指の1/3幅目安)に切り、切ったそばから手順1の塩水にさらし、アクを抜きます。

なす全部を水にさらしたら、キッチンペーパーで表面を覆うと良いです。まんべんなく、なすのアクを抜くことが出来ます。

なすなす
なすなす
なすなす
なすなす

step
4
ボウルに、合わせ調味料の材料を混ぜ合わせます。

合わせ調味料

step
5
手順3のなすをざるに上げてから、水気をしっかりと絞り、

写真は撮影の都合から片手ですが、両手でぎゅっと絞りましょう。

なすなす
なすなす

step
6
手順4のボウルに入れ、かさが半分くらいになるまで、底からよくかき混ぜます。

時々菜箸でほぐしながら、ゴムベラでボウルの底からしっかりと混ぜ合わせるとよいです。
手でかき混ぜてもよいですが、ギュウギュウもまないように、やさしくかき混ぜましょう。

なすなす

step
7
保存の際は、

充分に消毒した保存容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。
できたてでもおいしいですが、冷蔵庫で30分ほど冷やすと、より口当たり良く、すっきり、あっさりといただけます。

保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • なす全部を水にさらしたら、キッチンペーパーで表面を覆うと良いです。まんべんなく、なすのアクを抜くことが出来ます。
  • 仕上げの際、手でかき混ぜてもよいですが、ギュウギュウもまないように、やさしくかき混ぜましょう。
  • 保存の際は、充分に消毒した保存容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。
  • できたてでもおいしいですが、冷蔵庫で30分ほど冷やすと、より口当たり良く、すっきり、あっさりといただけます。

アレンジのヒント

  • 一緒に加えておいしい具材:きゅうり/みょうが/大葉/トマト/かつお節/刻み昆布
  • 酢の半量を、すだち、かぼすなどの果汁に差し替えても。
  • しょうがは、千切りにして加えても。
  • 冷奴にたっぷりとかけても。
  • お弁当に詰める際は、水気をよく絞ってからにしましょう。

おすすめ食材、ツール

内堀醸造の米酢は、酸味が強すぎず、まろやかで、優しいのにコクがある味ですので、口当たりがやわらかく、酢が苦手な方でも食べやすいと思います。酢の物、ドレッシングや煮物などにも、たっぷり使っても尖った味にならず、とてもまろやかな仕上がりとなります。


うすくちしょうゆはヒガシマルさんを使っています。東京にはうすくちしょうゆがなかなか売っていないので、amazonが重宝しています。


いわゆる「顆粒和風だしの素」は、味の素さんのほんだしを使っています。味の素やほんだしに対して「悪いもの」「甘え」「使ってはダメ」「手抜き」「これをおいしいと感じるのは味覚がおかしい」と、自分自身に呪いをかけている方が何と多いことか。素直に甘えれば良いのです。おいしいですよ。

なすのレシピはこちらもどうぞ


【野菜ひとつ】なすのピリ辛炒め
【野菜ひとつ】なすのピリ辛炒め

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、なすを使ったレシピをご紹介します。 香ばしくとろとろのなすに、甘じょっぱいピリ辛味が絡む、 ...

【野菜ひとつ】なすの即席浅漬け
【野菜ひとつ】なすの即席浅漬け

冷蔵4日 今日は、なすの即席浅漬けのレシピをご紹介します。 塩もみしたなすを、昆布だしと酢で和える、やさしい味わいの浅漬 ...

具だくさんグリーンカレー
具だくさんグリーンカレー

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、グリーンカレーのレシピをご紹介します。 具だくさんのグリーンカレーです。水は使わず、たっぷ ...

なすとピーマンの味噌炒め
なすとピーマンの味噌炒め

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、なすとピーマンを使ったレシピをご紹介します。 野菜だけなのに、コクたっぷり、こってりとした ...

【野菜ひとつ】なすの煮びたし
【野菜ひとつ】なすの煮びたし

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、なすを煮びたしにするレシピをご紹介します。 めんつゆを使って手軽に、ノンオイルであっさりと ...


もっと見る

© 2021 スガ