レシピ しょうが 豚肉 豚かたまり肉 豚ロース肉 冷蔵5日 冷凍1か月 ねかせておいしい 和風

フライパンで豚肩ロース焼き豚

冷蔵5日/冷凍1か月


豚肩ロース焼き豚

今日は、豚肩ロース肉をフライパンで焼き豚にするレシピをご紹介します。

材料は、豚肩ロース、しょうが、酒、しょうゆ、これだけです。甘味調味料は使用しません。豚肩ロース肉は、肉そのものがとても芳醇で美味ですので、素材が持つおいしさを活かす、ごくシンプルな味付けで仕上げます。

豚肩ロースブロックの表面をフライパンで焼き、しょうがスライス、たっぷりの酒、しょうゆを加え、そのままふたをして、弱火でじっくりと蒸し煮にしたら出来上がりです。

たこ糸は使いません。圧力鍋や保温鍋も使いません。たっぷりの煮汁で長時間煮込むこともありません。材料とふた付きの深型フライパンがあれば簡単に出来ます。豚肩ロース肉ならではの芳醇で上品な味わいを、お手軽に堪能いただけます。

レシピについて

豚肩ロースブロックの表面をフライパンで焼き、しょうがスライス、たっぷりの酒、しょうゆを加えてふたをして、蒸し煮にします。
保存時は、必要分のみ切り分け、かたまりのまま、ソースと一緒に保存します。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • 豚肩ロース肉ブロック 500g
  • サラダ油 小さじ2
  • しょうが 5~6cm角×1片
  • ■蒸し煮用調味料
  • 酒 100ml
  • しょうゆ 大さじ2

8人分

  • 豚肩ロース肉ブロック 1kg
  • サラダ油 小さじ4
  • しょうが 5~6cm角×2片
  • ■蒸し煮用調味料
  • 酒 200ml
  • しょうゆ 大さじ4(60ml)

作り方

step
1
豚肩ロース肉ブロックです。かたまりが分かれていても問題ありません。合計で指定分量になれば良いです。


豚肩ロース肉ブロック

step
2
しょうがは皮ごと2~3mm幅にスライスします。多少厚めでも構いません。

この作業は、手順4で豚肉を焼いている間に行うと効率が良いですが、無理しない程度に対応しましょう。
皮ごと使いますので、よく洗ってから切りましょう。

しょうが
しょうが
しょうが

step
3
フライパンにサラダ油を薄くひき、中火にかけます。


フライパン

step
4
フライパンをそのまま2分ほど熱したら豚肉を置き、1分ずつを目安に、それぞれの面に軽く焼き色が付くまで焼きます。

フライパンを充分に熱して温度を高くしてから豚肉を焼くことで、表面のたんぱく質を急激に固め、旨味を逃さず調理を進めます。
すべての面をまんべんなく焼きましょう。そして旨味を閉じ込めましょう。

本手順以降の写真はすべて8人分です。

豚肩ロース肉ブロック
豚肩ロース肉ブロック
豚肩ロース肉ブロック
豚肩ロース肉ブロック
豚肩ロース肉ブロック

step
5
いったん火を止めてから、蒸し煮用調味料と、手順1のしょうがを加えます。まず酒を加えてから、手順1のしょうが、残りの調味料を加え、ざっと全体をなじませます。

調味料を加えるのは、火を止めてから、しばらく経ってからでも構いません。火を止めてすぐに酒を加えると、ジュワァァアアァアア!!!!! と激しい音が立ち、強い湯気が立ちます。これが苦手という方は、火を止めてから1分以上経ってから調味料を加えるとよいです。

調味料
調味料

step
6
ふたをして、弱火にかけます。4~5分ほど経ち、充分に蒸気が立ったら、そのままさらに10分ほど加熱します。

ふたに蒸気口がない場合は、ふたを少しずらすとよいです。

蒸し煮
蒸し煮

step
7
蒸気が立ってから10分後、ふたを開け、豚肉の上下を返します。

豚肩ロース肉ブロック
豚肩ロース肉ブロック

step
8
再びふたをして、弱火のまま、さらに15分ほど、じっくりと蒸し煮にします。

蒸し煮の間は、さわらず何もせず、放置で構いません。洗い物でもしておきましょう。

蒸し煮

step
9
ふたを開け、豚肉の向きを変えながら、煮汁が豚肉になじむように、煮汁を豚肉すべての面につけます。

煮汁はサラサラの状態に仕上がります。

豚肩ロース肉ブロック

step
10
ふたをして、再び沸騰したら火を止め、粗熱が取れるまで置きます。

余熱調理で、全体がしっとりと落ち着きます。

置きます

step
11
完全に粗熱が取れてから、切り分けます。お好みで煮汁をかけていただきます。5mm厚さ程度(人差し指の1/3幅目安)が食べやすい厚さです。

熱いうちに切ると、肉の繊維がモロモロになってしまいますので、必ず冷めてから切りましょう。
しょうがは食べられますので、お好みでどうぞ。

豚肩ロース肉ブロック
切り分け

step
12
余った分は煮汁と一緒に保存します。かたまりのまま保存し、いただく際に切り分けることで、新鮮味を保てます。

充分に消毒した保存容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。
冷えると、煮汁がゼリー状に固まることがあります。これはコラーゲンやゼラチンのはたらきですので、軽く温めると元に戻ります。

保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • 豚肩ロースブロック肉は、かたまりが分かれていても問題ありません。合計で指定分量になれば良いです。
  • 調味料を加えるのは、火を止めてから、しばらく経ってからでも構いません。火を止めてすぐに酒を加えると、ジュワァァアアァアア!!!!! と激しい音が立ち、強い湯気が立ちます。これが苦手という方は、ぜひ火を止めてから1分以上経ってから調味料を加えるとよいです。
  • 熱いうちに切ると、肉の繊維がモロモロになってしまいますので、冷めてから切りましょう。
  • 冷えると、煮汁がゼリー状に固まることがあります。これはコラーゲンやゼラチンのはたらきですので、軽く温めると元に戻ります。
  • 保存の際は、粗熱を取ってから、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。
  • 余った分は煮汁と一緒に保存します。かたまりのまま保存し、いただく際に切り分けることで、新鮮味を保てます。

アレンジのヒント

  • 蒸し煮にする際に加えておいしい具材:長ねぎ/にんにく/お好みの根菜/卵
  • いただく際に添えておいしい具材:練り辛子/マヨネーズ
  • そのままはもちろん、ラーメンの具材、炒飯の具材、野菜炒めやスープの具材としても。
  • 丼飯にも。

おすすめ食材、ツール

しょうゆはここ2年ほどで、「ヤマサ醤油 鮮度生活 特選丸大豆しょうゆ」に落ち着きました。使い終わりまでずっとしょうゆの色が、おろしたての淡く赤い色、旨味と香りを保つのが、とてもうれしいです。


料理酒はタカラ「料理のための清酒」を愛用、1.8リットルパックで購入しています。塩分が含まれていないこと、また、飲むお酒では抑えられている雑味の中に含まれている、調理には有効な旨味成分を引き出すよう、独自の酵母で造られた清酒ですので、味のバランスが崩れず、ふんわり、まろやかに仕上がります。

料理に使う酒は、ぜひ、アルコール入り、食塩無添加の酒を使いましょう。
酒は、材料の臭みを消したり、材料を柔らかくしたり、さっぱりとした甘味を付けたり、野菜の煮物にコクを付けたりと、その役割はとても大きいです。

豚かたまり肉を使ったレシピはこちらもどうぞ


フライパンで豚肩ロース焼き豚
フライパンで豚肩ロース焼き豚

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、豚肩ロース肉をフライパンで焼き豚にするレシピをご紹介します。 材料は、豚肩ロース、しょうが ...

あっさり上品 大根と豚バラ肉の和風スープ
あっさり上品 大根と豚バラ肉の和風スープ

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、豚バラ肉と大根を、あっさり上品なスープでいただくレシピをご紹介します。 豚バラ肉ブロックを ...

フライパンで豚バラ角煮
フライパンで豚バラ角煮

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、豚バラ肉をフライパンで角煮にするレシピをご紹介します。 豚バラ肉ブロックをフライパンで焼い ...

長ねぎと豚もも肉のオイスターソース炒め
長ねぎと豚もも肉のオイスターソース炒め

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、豚もも肉ブロックと長ねぎを使った、メインおかずのレシピをご紹介します。 あっさりとした豚も ...

フライパンで豚ももチャーシュー
フライパンで豚ももチャーシュー

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、豚もも肉をフライパンでチャーシューにするレシピをご紹介します。 豚ももブロックの表面をフラ ...


もっと見る

他のレシピをさがす

-レシピ, しょうが, 豚肉, 豚かたまり肉, 豚ロース肉, 冷蔵5日, 冷凍1か月, ねかせておいしい, 和風