レシピ 野菜のおかず きゅうり じゃがいも 玉ねぎ にんじん 冷蔵5日 時間がたってもおいしい 洋風

アレンジ、リメイクも満載!野菜たっぷりポテトサラダ

更新日:

冷蔵5日

野菜たっぷりポテトサラダ
今回は、たっぷりの野菜で和えたポテトサラダのレシピをご紹介します。

来客時にはよく作ります。下ごしらえをした状態で、これが冷蔵庫にあると、副菜がさっと準備できて、とても便利なのです。

おかずに、付け合わせに、酒の肴に、アレンジやリメイクがきいて、何通りにもおいしさが楽しめる優秀な一品です。
ぜひ、お試しくださいませ。

スポンサーリンク

レシピについて

じゃがいもは塩ゆでし、熱いうちに酢とこしょうで下味をつけ、野菜は塩でもみます。それぞれの具材に下味をつけておいてから和え、ゆで卵でコクを加えるので、味がしっかりと決まります。特に、酢と玉ねぎが良い仕事をしますので、もし単品では苦手でも、ぜひ加えましょう。

レシピを全体的に見直し、マヨネーズ控えめ、そして半調理として作り置きをするポイントも併せて記載しました。

材料

【3~4人分】
じゃがいも 3~4個(400g)
 2個
玉ねぎ 1/4個
きゅうり 1本
にんじん 1/3本
■じゃがいもの下ゆで用
 じゃがいもがかぶる程度
 小さじ1
■じゃがいもの下味用※
米酢 小さじ2
砂糖 小さじ2/3
 少々(親指・人さし指・中指の3本の指先でつまんだ量)
■生野菜の下ごしらえ用
 小さじ1/4
■仕上げ用調味料
マヨネーズ 大さじ2~3
こしょう 2~3振り

※もし「すし酢」があれば、小さじ2で代用できます。

【7~8人分】
じゃがいも 7~8個(800g)
 4個
玉ねぎ 1/2個
きゅうり 2本
にんじん 2/3本
■じゃがいもの下ゆで用
 じゃがいもがかぶる程度
 小さじ1.5
■じゃがいもの下味用※
米酢 大さじ1+小さじ1
砂糖 小さじ1+1/3
 小さじ1/4
■生野菜の下ごしらえ用
 小さじ1/3
■仕上げ用調味料
マヨネーズ 大さじ4~5
こしょう 4~5振り

※もし「すし酢」があれば、大さじ1+小さじ1で代用できます。

具材 3~4人分 7~8人分
じゃがいも 3~4個(400g) 7~8個(800g)
2個 4個
玉ねぎ 1/4個 1/2個
きゅうり 1本 2本
にんじん 1/3本 2/3本
■じゃがいもの下ゆで用
じゃがいもがかぶる程度 じゃがいもがかぶる程度
小さじ1 小さじ1.5
■じゃがいもの下味用※
米酢 小さじ2 大さじ1+小さじ1
砂糖 小さじ2/3 小さじ1+1/3
少々(親指・人さし指・中指の3本の指先でつまんだ量) 小さじ1/4
■生野菜の下ごしらえ用
小さじ1/4 小さじ1/3
■仕上げ用調味料
マヨネーズ 大さじ2~3 大さじ4~5
こしょう 2~3振り 4~5振り

※もし「すし酢」があれば、3~4人分小さじ2、7~8人分大さじ1+小さじ1で代用できます。

作り方

1 じゃがいもは皮を取り、縦半分に切って2cm厚さに切りますじゃがいもは皮を取り、縦半分に切って2cmくらいの厚さに切ります。
2 鍋に入れてひたひたの水と塩を加えますじゃがいもを鍋に入れ、じゃがいもがかぶる程度の水と、じゃがいもの下ゆで用の塩を加え、ゆでます。
3 竹串がスッと通るまでゆでますじゃがいもは竹串がスッと通るまでゆでます。
4 ゆで上がったら湯切りしますゆで上がったじゃがいもは、ざるにあけて、湯切りします。
5 中火で1~2分、水分を飛ばしながら潰します湯切りしたじゃがいもを鍋に戻し、中火に1~2分ほどかけ、水分をしっかり飛ばしながら潰します。
6 じゃがいもの下味用の調味料を加えて混ぜ合わせます火を止め、熱いうちに、すぐにじゃがいもの下味用の調味料を加え、全体を混ぜ合わせます。
下味用の調味料は、味見をして、酸っぱすぎない程度に加えるようにしましょう。

ポテトサラダに使うじゃがいもは、ホクホクして調味料と良くなじむ男爵がおすすめですが、今回ご紹介する、じゃがいもをあらかじめ切っておいてからゆで、湯切りをし、水分をしっかり飛ばしながら潰して下味を付ける方法では、メークインでもキタアカリでも、とてもおいしく仕上がりました。

作り置きの際、半調理として保存する場合は、この時点で保存します。粗熱が取れたら、よく消毒した保存容器に入れて保存します。

7 ゆで卵を作りますゆで卵を作ります。

ゆで卵は、卵のとがっていないほうに画鋲やキリで浅く穴を開けてから、お湯に酢を少量入れてゆで、ゆで上がったらすぐに写真のように氷水に粗熱が取れるまでつけておくと、とても簡単に殻をむくことができます。

作り置きの際、半調理として保存する場合は、この時点で保存します。

8 野菜は薄切りにし、塩でもみます野菜はスライサーで薄く切り、生野菜の下ごしらえ用の塩でもんでしんなりさせます。

しんなりしたら、水に放って余分な塩分を洗い、水気をぎゅっと絞っておきます。
作り置きの際、半調理として保存する場合は、この時点で保存します。次の手順に進む際、今一度よく水気を切ってから、じゃがいもと和えると良いです。

9 ゆで卵は粗くつぶしますゆで卵をボウルに入れ、粗くつぶします。
10 じゃがいもと卵をよく混ぜ合わせますじゃがいも、ゆで卵の粗熱が完全にとれたら、仕上げに入ります。

まずは、じゃがいもと卵をよく混ぜ合わせます。

11 野菜を加えて和えます今一度よく水気を切った野菜とマヨネーズ、こしょうを加え、全体をよく混ぜ合わせて出来上がりです。

マヨネーズを加える際は、少し少なめの量でいったん味見をするようにしましょう。器ごとキッチンスケールに乗せて、量をはかりながら加えると調整がしやすく、自分の好きな味の目安が良くわかりますよ。

作り置きのコツ

  • 半調理としての作り置きがとても便利で、美味しく仕上がります。じゃがいもの下ゆでと味付け、ゆで卵、生野菜の下ごしらえまでしておき、それぞれを冷蔵庫で保存します。いただく際に、ゆで卵をつぶし、生野菜の水分を今一度よく切ってから、すべての材料とマヨネーズを和えると、余分な水分や熱が飛び、失敗なく、とても美味しくいただけますよ。
  • じゃがいもが熱いうちにマヨネーズと和えると、マヨネーズが分離してしまいますので、じゃがいもの粗熱がとれてから、マヨネーズと和えましょう。
  • 野菜の水気は、両手でぎゅっと絞っておきましょう。絞り方が甘い場合、時間が経つと、だんだん余分な水分が出てしまい、水っぽいサラダになってしまいます。
アレンジのヒント

  • 具材は、ハムやコーン、たらこなども良く合います。たらこは日持ちしませんので、その点はご留意くださいませ。
  • にんじんは生ではなく、ゆでて加えてもおいしいです。その場合、ピーラーで皮を取ってから、じゃがいもと同様に切り、じゃがいもと一緒にゆで、以降は同じ手順でOKです。
  • クレソンとも合います。2cm長さ程度に刻んだお好みの量のクレソンを手順11で和えます。その際、粒マスタードを4人分あたり小さじ1程度加えると、とてもよく合いますよ。余ったクレソンがあれば、ぜひお試しくださいませ。
  • ポテサラは作っておくと、いろいろな料理にアレンジ、リメイクできます。
    • ココット:ココット皿にポテサラを入れ、真ん中にくぼみを作り、卵を割り入れて、オーブントースターで7~8分ほど焼いて出来上がりです。
    • グラタン:耐熱皿にポテサラを敷き、コーンととろけるチーズをかけ、レンジで温めてから、オーブントースターで2分ほど焼き、お好みでパセリをふりかけて出来上がりです。
    • オープンサンド:バケットを1cm幅に斜めに薄切りにし、ポテサラ、お好みでとろけるチーズを乗せ、オーブントースターで焼いて出来上がりです。もちろん食パンでも。
    • サンドイッチ:サンドイッチ用食パンを焼き、粗熱が取れてからマスタード、レタス、ポテサラを挟んで、食べやすい大きさに切って出来上がりです。
    • オムレツ:フライパンにオリーブオイルとにんにくみじん切りを入れて弱火にかけて香りを出し、卵3~4個と、おたま一杯分のポテサラを混ぜ合わせたものを、両面こんがりと焼き、食べやすい大きさに切り分けて出来上がりです。
    • ベーコン巻き:ポテサラをベーコンでくるくる巻いて、熱したフライパンに巻き終わりの部分を下にして焼き、焼き目が付いたら転がしながらこんがりと焼いて出来上がりです。お弁当にどうぞ。
    • 生鮭と:耐熱皿にバターを塗り、塩こしょうした生鮭の上にポテサラを乗せ、アルミホイルを被せてオーブントースターで10分ほど焼き、お好みでパセリをふりかけて出来上がりです。
    • ドリア:耐熱皿にサラダ油を塗り、ご飯、ポテサラお玉半分、カレーお玉半分、とろけるチーズの順にかけてレンジで温めてから、パン粉少々をかけ、オーブントースターで2分ほど焼いて出来上がりです。
    • おつまみ:ポテサラお玉1杯、角切りにしたチーズをよく混ぜ合わせ、餃子の皮で包んで、やや高温の油でカラッと揚げて油を切って出来上がりです。カレー粉小さじ1を混ぜ込んでもおいしいですよ。
おすすめ食材、ツール
愛用品です。これ一つで、つぶす、なめらかにする、混ぜる、和える、食卓の取り分けスプーンにと大活躍します。また、耐熱温度が200℃ですので、穴あきお玉としてはもちろん、揚げ物をすくう際や、炒める際の木べらとしても充分に使え、食洗機でもきれいに洗える、優秀キッチンツールです。

おせち料理特集

それぞれのレシピはもちろん、事前の段取りから、飾り切りの方法、重箱への詰め方、2日目以降のおせち料理のいただき方などもご紹介しています。

おせち料理特集

詳しくはこちら

他のレシピをさがす

-レシピ, 野菜のおかず, きゅうり, じゃがいも, 玉ねぎ, にんじん, 冷蔵5日, 時間がたってもおいしい, 洋風

Copyright© 週末の作り置きレシピ , 2018 All Rights Reserved.