玉ねぎと鶏むね肉のガリバタしょうゆ

レシピ 野菜のおかず 玉ねぎ にんにく お肉のおかず 鶏肉 鶏むね肉 バター 冷蔵5日 冷凍1か月 丼飯・のっけ弁の具材 時間がたってもおいしい 和風

玉ねぎと鶏むね肉のガリバタしょうゆ

冷蔵5日/冷凍1か月

玉ねぎと鶏むね肉のガリバタしょうゆ

今日は、たっぷりの玉ねぎと鶏むね肉を使った、メインおかずのレシピをご紹介します。

バターとにんにく、黒こしょうでパンチをきかせたしょうゆ味が、とろとろの玉ねぎとともに絡み、淡白な鶏むね肉をボリュームたっぷり、食べごたえのある味わいに引き立てます。

玉ねぎの甘味を活かしますので、甘味調味料はごく控えめですが、しっかりと甘いです。

玉ねぎと鶏肉からたっぷりと出るスープごと、つゆだくでいただきます。そのままはもちろん、ご飯にたっぷりとかけて、丼飯やワンプレートにもどうぞ。

レシピについて

そぎ切りにした鶏むね肉に、片栗粉をまぶしてゆっくりと焼き、薄切りにした玉ねぎを加えて、最後に調味料を加えてひと煮立ちさせて、とろとろの炒め煮にします。
鶏むね肉は、ゆっくりと焼くことで、柔らかく仕上がります。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • 玉ねぎ(または新玉ねぎ) 2個(200~300g×2)
  • 鶏むね肉 2枚(300g目安×2)
  • 片栗粉 大さじ2
  • サラダ油 小さじ2
  • バター 30g
  • ■合わせ調味料
  • しょうゆ 大さじ3(45ml)
  • みりん 大さじ1(15ml)
  • すりおろしにんにく 小さじ1(1片分)
  • 粗挽き黒こしょう 小さじ1/2

8人分

  • 玉ねぎ(または新玉ねぎ) 4個(200~300g×4)
  • 鶏むね肉 4枚(300g目安×4)
  • 片栗粉 大さじ4
  • サラダ油 小さじ4
  • ■合わせ調味料
  • しょうゆ 大さじ6(90ml)
  • みりん 大さじ2(30ml)
  • すりおろしにんにく 小さじ2(2片分)
  • 粗挽き黒こしょう 小さじ1

作り方

step
1
玉ねぎは半分に切り、繊維に沿って、5mm幅程度(人差し指の幅の1/3目安)に切ります。

玉ねぎの皮は、皮ごと半分に切ってから、上下を切り落とし、下側から皮をむくと、比較的むきやすいです。
この作業は、手順9で鶏肉を炒めている間に行うと効率が良いですが、無理しない程度に対応しましょう。

玉ねぎ玉ねぎ
玉ねぎ玉ねぎ
玉ねぎ玉ねぎ
玉ねぎ玉ねぎ

step
2
合わせ調味料を混ぜ合わせておきます。

この手順も、手順9で鶏肉を炒めている間に行うと効率良く出来ますが、無理しない程度に対応しましょう。

合わせ調味料

step
3
鶏肉は流水で洗い、水気を拭き、

鶏肉は、水洗いして水気を拭いてから調理すると、臭みが取れます。

鶏肉鶏肉

step
4
皮は、はいでからひと口大に切ります。キッチンバサミを使うと切りやすいです。

皮を料理に含めるのは苦手という方も、捨てるのではく、ぜひ、別の料理に活用しましょう。鶏皮を使った作り置きレシピはこちらでご紹介しています。

皮は冷凍することも出来ます。水分をキッチンペーパーで拭き取り、ラップにぴっちりと包み平らにしてから急速冷凍すると良いです。

鶏肉鶏肉

step
5
鶏肉の繊維を断ち切るように、1.5cm程度(人差し指の幅目安)の厚さ、ひと口大のそぎ切りにします。包丁の刃を右側に寝かせるように当てて、手前に引くようにして切ります。

厚みがとてもある場合は、いったん全体をそぎ切りにして開いてから、ひと口大に切るとよいです。

「そぎ切り」とは、厚みのある材料を、そぐように切って、厚みをそろえる切り方のことです。
今回のように鶏むね肉をカットする際や、野菜では、キャベツの芯に近い硬い部分や、同様に白菜の芯に近い白い部分をカットする際は、ぜひ、この「そぎ切り」をおすすめします。

鶏むね肉鶏むね肉
鶏むね肉鶏むね肉

step
6
鶏むね肉に、片栗粉をもみこむようにして、まぶしつけます。

他のレシピよりも多めの片栗粉です。鶏むね肉に片栗粉をまぶすことで、鶏むね肉にボリュームを持たせ、旨味を閉じ込めます。最後に合わせ調味料を加えて炒めると、少しとろみが付いて全体的にまとまります。作り置きして時間が経っても余分な水気が出にくくなり、また、「硬い干し肉」状態になることを防ぎます。
写真は直接手で片栗粉をもみ込んでいますが、ポリ袋に入れて行っても構いません。

鶏むね肉鶏むね肉
鶏むね肉鶏むね肉

step
7
ここまでの手順で、鶏肉に付着しているカンピロバクターが飛散しています。食中毒を防ぐため、シンク、まな板はしっかりと洗浄し消毒しましょう。

鶏肉を洗った際にシンクに飛び散ったり、まな板に付着していますので、しっかりと洗い、消毒しましょう。消毒は熱湯を回しかけるか、手軽で確実なアルコール消毒がおすすめです。

鶏肉鶏肉

step
8
フライパンにサラダ油をひき、手順7の鶏むね肉を広げ入れます。

8人分を作る場合は、フライパン2台で作るか、2回に分けて加熱するほうが無難です。
まだ火はつけません。
多少くっついたり重なったりしても構いません。あとの工程で、はがれます。

サラダ油鶏むね肉

step
9
ふたをして弱火にかけます。2~3分ほどすると、「ジューッ……」という音がしてきますので、そのままさらに8~9分ほどほったらかしにします。

鶏むね肉は急激に火を通すと、硬くなってしまいます。できるだけ、ゆっくり、じっくりと加熱しましょう。
炒めている間は、放置しましょう。むやみにいじると、火の通りが悪くなり、片栗粉もはがれてしまいます。洗い物でもしておきましょう。

ほったらかしほったらかし

step
10
表面が白っぽくなり、フライパンに面している側に焼き色が付いたら、全体をほぐすように、ひっくり返します。

くっついている部分は、ヘラで切るか、箸でほぐすと良いです。
玉ねぎを加え、調味料を絡める際にほぐれていきますので、あまり神経質になる必要はありません。

鶏むね肉鶏むね肉
鶏むね肉鶏むね肉

step
11
手順1の玉ねぎを加え、ざっと全体を混ぜ合わせて油を回し、

玉ねぎ玉ねぎ
玉ねぎ玉ねぎ

step
12
手順2の合わせ調味料とバターを加え、全体を混ぜ合わせてなじませて、ふたをします。この時点でバターが溶けていなくても問題ありません。

合わせ調味料全体になじませたら
煮ます煮ます

step
13
3~4分ほど経ち蒸気が充分に出たら、ざっと全体を混ぜ合わせてバターを混ぜ込み、再びふたをして、さらに7~8分ほど炒め煮にします。

火加減はずっと弱火のままです。ここまでの手順でフライパンが充分に温まっていますので、中火以上でガーッと煮ると、焦げ付いてしまいます。
玉ねぎの甘味を引き出してとろとろにし、鶏肉にしっかりと火を通します。
焦げ付きが気になるようなら、途中1度かき混ぜるとよいです。

合わせ調味料全体になじませたら
煮ます煮ます
煮ます煮ます

step
14
玉ねぎがお好みの柔らかさのとろとろ具合になったら、ざっと全体を底からかき混ぜ、煮汁を具材に絡めます。

煮汁は煮切る必要はありません。写真4枚目のように、ヘラでフライパンの底がなぞれて、すぐに戻る程度の煮詰め具合が目安です。
見た目のかさよりも実際は煮詰まっていますので、焦がさないように注意しましょう。とはいえ、多少の焦げは、とてもおいしいです。

玉ねぎや鶏肉の分量によっては水分が多く出る場合があります。味見をして、もし薄いようなら、しょうゆを小さじ1/2ずつ加えて調整しましょう。

仕上げ仕上げ
仕上げ仕上げ

step
15
保存の際は、

粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて冷蔵庫で保存します。
保存後、バターや、玉ねぎのとろとろが固まることがありますが、温めると元に戻ります。

保存します。

補足:バターの有塩・無塩

バターは有塩推奨ですが、無塩バターでも構いません。また、無塩バターを使う際、塩を無理に入れる必要はありません。理由と、塩分の目安をご説明します。

有塩バターの塩分は、バター100gあたり約1.5g程度です。バター10gに換算すると、塩分は0.15gですので、このレシピでは、4人分バター30gで0.45g、8人分バター60gで0.9gです。
塩は小さじ1で6gですので、小さじに換算すると、4人分で小さじ1/13(なんやそれ)、8人分でようやく小さじ1/6(ひとつまみ:親指と人差し指と中指の3本でつまんだ量程度)です。

無塩バターを使う際、塩を無理に入れる必要はありません。このレシピの場合、味見をして、もし物足りないようなら、少量のしょうゆで調整する程度で構いません。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • 玉ねぎの皮は、皮ごと半分に切ってから、上下を切り落とし、下側から皮をむくと、比較的むきやすいです。
  • 鶏肉は水洗いして水気を拭いてから調理すると、臭みが取れます。
  • 鶏肉の皮は、キッチンバサミを使うと切りやすいです。
  • 「そぎ切り」とは、厚みのある材料を、そぐように切って、厚みをそろえる切り方のことです。今回のように鶏むね肉をカットする際は、ぜひ、この「そぎ切り」をおすすめします。
  • 鶏むね肉に片栗粉をまぶすことで、鶏むね肉にボリュームを持たせ、旨味を閉じ込めます。最後に合わせ調味料を加えて炒めると、少しとろみが付いて全体的にまとまります。作り置きして時間が経っても余分な水気が出にくくなり、また、「硬い干し肉」状態になることを防ぎます。
  • 鶏むね肉は急激に火を通すと、硬くなってしまいます。できるだけ、ゆっくり、じっくりと加熱しましょう。またその際、できるだけ放置しましょう。むやみにいじると、火の通りが悪くなり、片栗粉もはがれてしまいます。
  • 煮汁は煮切る必要はありません。写真4枚目のように、ヘラでフライパンの底がなぞれて、すぐに戻る程度の煮詰め具合が目安です。見た目のかさよりも実際は煮詰まっていますので、焦がさないように注意しましょう。
  • 保存の際は、粗熱を取ってから、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。

アレンジのヒント

  • 一緒に加えておいしい具材:お好みのきのこ類/じゃがいも/スナップえんどう
  • たっぷりの千切りキャベツを添えたり、リーフレタスをしいた上に盛り付けても。
  • 丼飯や、のっけ弁の具材にも。卵でとじると、親子丼風の具材になります。
  • オーブン焼きの具材にも。耐熱容器に入れ、たっぷりとチーズを混ぜ込んで焼きます。
  • 鶏ガラスープやコンソメスープでのばすと、スープとしてアレンジできます。

おすすめ食材、ツール


しょうゆはここ2年ほどで、「ヤマサ醤油 鮮度生活 特選丸大豆しょうゆ」に落ち着きました。使い終わりまでずっとしょうゆの色が、おろしたての淡く赤い色、旨味と香りを保つのが、とてもうれしいです。


みりんは、タカラの本みりんを愛用しています。スーパーで安価に入手できて、まろやかな甘味や照りが付くので、ずーっと使用しています。


にんにくすりおろしは、これを使っています。普段使いにスプーンで簡単に計量することができて便利な、使いごたえのある1kgです。amazon定期おトク便購入です。

鶏むね肉のレシピはこちらもどうぞ


鶏むね肉の南蛮漬け
鶏むね肉の野菜たっぷり南蛮漬け

冷蔵5日 今日は、鶏むね肉を南蛮漬けでいただくレシピをご紹介します。 たっぷりの玉ねぎとにんじんを使った南蛮酢です。酢の ...

鶏むね肉のひとくちピリ辛四川風
鶏むね肉のひとくちピリ辛四川風

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、鶏むね肉で作る、メインおかずのレシピをご紹介します。 豆板醤のきいたシャープな辛さと、トロ ...

鶏むね肉のひとくちごま照り焼き
鶏むね肉のひとくちごま照り焼き

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、鶏むね肉で作る、メインおかずのレシピをご紹介します。 にんにくとこしょうのきいたジャンクな ...

鶏むねチャーシュー
鶏むねチャーシュー

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、鶏むね肉をチャーシュー風にしていただくレシピをご紹介します。 素材が持つおいしさを活かす、 ...

レタスと鶏むね肉の旨塩炒め
レタスと鶏むね肉の旨塩炒め

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、たっぷりのレタスと鶏むね肉を使った、メインおかずのレシピをご紹介します。 レタスは熱を加え ...


もっと見る

ワンルームでも、きちんと作る梅干し

単身赴任のワンルーム住まいなので、もちろん家もベランダも狭いのですが、昔ながらの王道の作り方で作っています。長年作ってきた失敗&成功の経験や、狭いなりの工夫を交えてご説明いたします。

梅干し
ワンルームでも、きちんと作る梅干し

常温半年~ 今回は、梅干しの作り方をご紹介します。 2015年は東京で初めての夏を迎えたこともあり、東京の自宅でいただく ...

続きを見る

-レシピ, 野菜のおかず, 玉ねぎ, にんにく, お肉のおかず, 鶏肉, 鶏むね肉, バター, 冷蔵5日, 冷凍1か月, 丼飯・のっけ弁の具材, 時間がたってもおいしい, 和風

© 2020 スガ