レシピ 野菜のおかず なす しょうが 野菜ひとつ 冷蔵5日 冷凍1か月 ねかせておいしい 和風

【野菜ひとつ】なすのとろとろしょうが焼き

冷蔵5日/冷凍1か月


なすのとろとろしょうが焼き

今日は、なすをとろとろのしょうが焼きにするレシピをご紹介します。

薄切りにしたなすに片栗粉をまぶしてじっくりと炒め、つけ汁ごと絡めて作ります。フライパンひとつ、下ごしらえをしたらほとんどほったらかしで作ります。

とろとろになったなすに、しょうがの爽やかな風味の甘辛いタレがよく絡んだ、とてもご飯が進む、なすだけなのに食べごたえのある一品です。

できたてはもちろん、よく冷やしてもおいしくいただけます。そのままはもちろん、丼飯や麺類の具材にもどうぞ。

レシピについて

なすを薄切りにして、片栗粉をまぶして、ゆっくりと炒めます。最後に調味料を絡めて出来上がりです。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • なす 400~450g程度(4~5個目安、長なすなら2~3本)
  • 片栗粉 大さじ2
  • サラダ油 大さじ3
  • ■合わせ調味料
  • だし汁 100ml
  • (または)水100ml+顆粒和風だしの素 小さじ1/4
  • しょうゆ 大さじ2
  • みりん 小さじ2
  • 砂糖 小さじ2
  • しょうがすりおろし 大さじ1(3~4cm角1片分)

8人分

  • なす 800~900g程度(8~10個目安、長なすなら4~6本)
  • 片栗粉 大さじ4
  • サラダ油 大さじ6
  • ■合わせ調味料
  • だし汁 200ml
  • (または)水200ml+顆粒和風だしの素 小さじ1/2
  • しょうゆ 大さじ4(60ml)
  • みりん 小さじ4(20ml)
  • 砂糖 小さじ4
  • しょうがすりおろし 大さじ2(5~6cm角1片分)

作り方

step
1
ボウルに合わせ調味料の材料を混ぜ合わせておきます。

この作業は、手順7~9でなすを炒めている間に行うと効率が良いですが、無理しない程度に対応しましょう。

合わせ調味料

step
2
なすはガクを取り除きます。鉛筆を削るように、斜めに包丁を入れると、無駄なく使えます。

ガクを取り除いたあとは、きれいに洗いましょう。

なす
なす
なす

step
3
1.5cm幅(人差し指の幅目安)の斜め切りにします。

家庭菜園など、大ぶりのなすの場合は、縦半分に切ってから切るとよいです。

なす
なす

なすはアクが強いので、切り口が空気に触れると茶色く変色し、そのまま料理をするとえぐみが出て、仕上がりの色が青色や黒色に変色してしまいます。
切ったらすぐに水につけて10分ほど置いてアクを抜くと良いですが、切ってすぐに使うときは水にさらさなくても構いません。

step
4
なすの表面の水気を拭き取ります。

ここでしっかりと水気を拭き取ることで、この後の手順の片栗粉を、なすにしっかりとまぶしつけることができます。

なす

step
5
ボウルに片栗粉と手順4のなすを入れ、しっかりとまぶしつけます。

写真は直接手で片栗粉をもみ込んでいますが、ポリ袋に入れて行っても構いません。

なす
なす
なす

step
6
フライパンにサラダ油を入れ、手順5のなすを入れ、

多少くっついたり重なったりしても構いません。
8人分を作る場合は、フライパン2台で作るか、2回に分けて加熱しましょう。

なす
なす

step
7
中火にかけます。ふたはしません。2分ほどすると、「ジューッ……」という音がしてきますので、そのまま4~5分ほどほったらかしにします。

炒めている間は、放置しましょう。むやみにいじると、火の通りが悪くなり、片栗粉もはがれてしまいます。洗い物でもしておきましょう。

なす

step
8
フライパンに接しているなすの表面に、水分と油分がにじんできたら、いったん全体をかき混ぜて、


なす
なす
なす

step
9
さらに4~5分ほどそのままにし、なすに焼き色がつき、全体的にしんなりとしたら、全体をざっとかき混ぜて、

なす
なす

step
10
手順5の合わせ調味料を加えて、全体になじませます。このまま1分ほど加熱したら火を止めます。

合わせ調味料を加えると、「ジュワーーーッ!!!!!」と一気に勢いよく沸騰します。この沸騰が苦手な方は、火を止めてから調味料を加え、弱火にかけてから、1分ほど沸騰させるとよいです。

なす
なす
なす

step
11
冷めるにつれ、煮汁がどんどんなすにしみ込みます。

保存の際は、粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて、冷蔵庫で保存します。
できたてでもおいしいですが、粗熱を取ってから、冷蔵庫で2時間以上よく冷やしても、おいしくいただけます。

保存します。
保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • なすはアクが強いので、切り口が空気に触れると茶色く変色し、そのまま料理をするとえぐみが出て、仕上がりの色が青色や黒色に変色してしまいます。切ったらすぐに水につけて10分ほど置いてアクを抜くと良いですが、切ってすぐに使うときは水にさらさなくても構いません。
  • なすを炒める際は、できるだけ放置しましょう。むやみにいじると、火の通りが悪くなり、片栗粉もはがれてしまいます。
  • 合わせ調味料を加えると、「ジュワーーーッ!!!!!」と一気に勢いよく沸騰します。この沸騰が苦手な方は、火を止めてから調味料を加え、弱火にかけてから、1分ほど沸騰させるとよいです。
  • 保存の際は、粗熱を取ってから、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。
  • できたてでもおいしいですが、粗熱を取ってから、冷蔵庫で2時間以上よく冷やしても、おいしくいただけます。

アレンジのヒント

  • 一緒に加えておいしい具材:ピーマン/ししとう/オクラ/豚薄切り肉/にんにくの芽/にんにく
  • いただく際に添えても:青ねぎの小口切り/いりごま/しょうが千切り
  • ご飯にタレごとたっぷりとかけて、丼飯としても。
  • のっけ弁の具材としても。
  • そうめんの具材としても。

おすすめ食材、ツール

しょうゆはここ2年ほどで、「ヤマサ醤油 鮮度生活 特選丸大豆しょうゆ」に落ち着きました。使い終わりまでずっとしょうゆの色が、おろしたての淡く赤い色、旨味と香りを保つのが、とてもうれしいです。


みりんは、タカラの本みりんを愛用しています。スーパーで安価に入手できて、まろやかな甘味や照りが付くので、ずーっと使用しています。


しょうが

しょうが大好きです。便利なチューブに頼ることもありますが、基本的には生しょうがを買い、おろしたりカットしながら使っています。

使いさしのしょうがは、水につけて冷蔵庫で保存すると、みずみずしいままずっと長持ちします。週1回水を替えれば、3~4週間は保存できます。

保存容器は、直径3~4cmなら写真のジップロック コンテナー130ml、もっと長いものならカットして長方形300mlがちょうどよいサイズです。

なすのレシピはこちらもどうぞ


なすと豚もも肉のとろとろ味噌炒め
なすと豚もも肉のとろとろ味噌炒め

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、なすと豚もも肉ブロックを使ったレシピをご紹介します。 あっさりとした豚もも肉に、トロトロに ...

【野菜ひとつ】蒸しなすの柚子胡椒和え
【野菜ひとつ】蒸しなすの柚子胡椒和え

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、なすを柚子胡椒風味でいただくレシピをご紹介します。 なすは蒸して水に取ることで、えぐみなど ...

【野菜ひとつ】なすのとろとろしょうが焼き
【野菜ひとつ】なすのとろとろしょうが焼き

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、なすをとろとろのしょうが焼きにするレシピをご紹介します。 薄切りにしたなすに片栗粉をまぶし ...

なすと鶏むね肉のとろとろ炒り煮
なすと鶏むね肉のとろとろ炒り煮

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、なすと鶏むね肉を使ったレシピをご紹介します。 たっぷりのなすと鶏むね肉を一緒にじっくりと炒 ...

【野菜ひとつ】なすのとろとろ南蛮
【野菜ひとつ】なすのとろとろ南蛮

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、なすをとろとろの南蛮漬けでいただくレシピをご紹介します。 薄切りにしたなすに片栗粉をまぶし ...


もっと見る

他のレシピをさがす

-レシピ, 野菜のおかず, なす, しょうが, 野菜ひとつ, 冷蔵5日, 冷凍1か月, ねかせておいしい, 和風