白瓜の速攻漬け しょうが×青じそ

冷蔵1週間

白瓜の速攻漬け
今日は、白瓜の漬物のレシピをご紹介します。

このレシピは、一般的な白瓜の漬物のレシピと少し違います。
多めの塩を使って揉み込み、水でざぶざぶ洗い流してから、たっぷりの旨味と香味野菜で仕上げます。
こうすることで早く仕上がり、また、塩辛くなってしまった、という失敗もありません。
あつあつご飯やお茶漬けのお供に、酒の肴に、ぜひお試しくださいませ。

レシピについて

皮をむいた白瓜を塩で揉み込み、塩を洗い流してから味付けをします。

材料

4~5人分
白瓜 2個(300g前後×2)
 大さじ1
■合わせ調味料
昆布 10g
しょうが (すりおろす)  1片(3~4cm角)分
大葉(千切り) 10枚分
しょうゆ 小さじ1
 小さじ1
8~10人分
白瓜 4個(300g前後×4)
 大さじ2
■合わせ調味料
昆布 20g
しょうが (すりおろす)  2片(3~4cm角×2)分
大葉(千切り) 10枚分
しょうゆ 小さじ2
 小さじ2

作り方

1 白瓜はヘタの部分を切り落とし、白瓜はヘタの部分を切り落とし、

2 ピーラーで薄く皮をむきます。ピーラーで薄く皮をむきます。

3 縦半分に切ってから、縦半分に切ってから、

4 スプーンでワタの部分を取り除きます。スプーンでワタの部分を取り除きます。
白瓜の細いほうから太いほうへ向かってスプーンですくうようにすると、やりやすいです。

5 5mm程度の幅に切っていきます。5mm程度の幅に切っていきます。
人差し指の太さの1/3程度の幅を目安にするとよいです。

6 切った白瓜と塩をボウルに入れ、揉み込みます。切った白瓜と塩をボウルに入れ、揉み込みます。
白瓜は崩れやすいので、あまり力を入れる必要はありません。塩が白瓜のすみずみまで行き渡るように、よくかき混ぜるようなイメージです。

7 1~2分ほど揉んで、白瓜から水分が出てきたら、たっぷりの水を加えて塩を洗い、1~2分ほど揉んで、白瓜から水分が出てきたら、たっぷりの水を加えて塩を洗い、

8 ざるに上げます。ざるに上げます。
このとき、ボウルに残った塩が白瓜にかからないようにしましょう。もし塩がかかった場合は、流水で洗い流します。

9 保存袋に合わせ調味料と白瓜を入れ保存袋に合わせ調味料と白瓜を入れ、袋の上から軽く揉んだり、袋の底をポンポンとたたくようにして調味料を行き渡らせます。
このまま保存する場合は、平らにして、空気を抜いてから密封するとよいですが、

10 ざっと全体を混ぜ、なす全体に煮汁を行き渡らせ、2分ほど煮ます。この時点で、もうだいたい漬かっていますので、充分に消毒した保存容器に移し替えて、冷蔵庫で保存するとよいです。
保存容器のほうが取り出しやすいのと、袋の口から調味液が漏れるという事故を防ぐことができます。

作り置きのコツ

  • 白瓜を塩で揉み込む際、白瓜は崩れやすいので、あまり力を入れる必要はありません。塩が白瓜のすみずみまで行き渡るように、よくかき混ぜるようなイメージです。
  • 塩で揉み込んだ白瓜を水で洗い流してざるに上げた時、ボウルに残った塩が白瓜にかからないようにしましょう。もし塩がかかった場合は、流水で洗い流します。
  • 袋のまま保存する際は、平らにして、空気を抜いてから密封するとよいですが、だいたい漬かっていますので、充分に消毒した保存容器に移し替えて、冷蔵庫で保存するとよいです。保存容器のほうが取り出しやすいのと、袋の口から調味液が漏れるという事故を防ぐことができます。
アレンジのヒント

  • いただく際、かつお節を混ぜ込んだり、マヨネーズで和えてもおいしくいただけます。
  • 大葉を、みょうがを刻んだものに替えたり、さらに加えたりしてもよいです。
おすすめ食材、ツール
ジップロック コンテナー、現在は2016年2月のリニューアル後のものも使っています。
評判は割とけちょんけちょんで、amazonレビューは炎上気味ですが、どうなんでしょう、私はかなり機嫌良く使っています。軽い、薄い、冷蔵庫内で無理なくコンパクトに積み重ね出来るので、旧型使用時よりもさらに冷蔵庫が広々としています。
今回のようなサラダや和え物は、正方形 700mlがぴったりのサイズです。

会社員、料理家、リコーダー奏者、ランナーです。娘二人、孫一人のシングルです。詳しくはこちらからどうぞ。

本日公開レシピ

関連するレシピ