【野菜ひとつ】青のりポテトサラダ

レシピ 野菜のおかず じゃがいも 青のり めんつゆ マヨネーズ 冷蔵5日 冷凍1か月 ねかせておいしい 洋風

【野菜ひとつ】青のりポテトサラダ

冷蔵5日/冷凍1か月


青のりポテトサラダ

今日は、じゃがいもと青のりで作るサラダのレシピをご紹介します。

ゆでてつぶしたじゃがいもに、たっぷりの青のりを加えた、スナック菓子感覚の味わいです。具材が少なくシンプルですので、いわゆるポテトサラダよりも作りやすいです。

そのままはもちろん、オーブントースターで焼いたり、お好みでコーンや枝豆などの野菜や、ハム、ゆで卵などを加えたりといったアレンジもできます。

レシピについて

じゃがいもを柔らかくゆでてつぶし、下味をつけてから、青のり、マヨネーズ、めんつゆで和えます。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • じゃがいも 500~600g(中4~6個、小なら8~12個)
  • ■下味用調味料
  • 酢 小さじ2
  • 砂糖 小さじ2
  • 塩 小さじ1/2
  • ■合わせ調味料
  • 青のり または 青さ粉 大さじ2
  • マヨネーズ 大さじ2
  • めんつゆ 小さじ2

8人分

  • じゃがいも 1000~1200g(中8~12個、小なら16~24個)
  • ■下味用調味料
  • 酢 小さじ4(20ml)
  • 砂糖 小さじ4
  • 塩 小さじ1
  • ■合わせ調味料
  • 青のり または 青さ粉 大さじ4
  • マヨネーズ 大さじ4
  • めんつゆ 小さじ4(20ml)

作り方

step
1
じゃがいもはよく洗い、皮ごと半分に切ります。

あらかじめ半分に切っておくことで、皮がとてもむきやすくなります。また、丸ごとゆでるよりも、5~10分程度、早くゆで上がります。

じゃがいも
じゃがいも
じゃがいも
じゃがいも

step
2
フライパンか鍋に入れ、かぶるくらいの水を注ぎ、ふたをして強火にかけます。

ゆでます
ゆでます

step
3
沸騰したら弱めの中火にし、そのままゆでます。沸騰後、15~20分程度で竹串を指してみて、抵抗なくスッと通ったら、ざるにあげます。

ゆであがりの見た目での目安は、皮のふちに少し切れ目が入ったようになる程度が目安です。

ざるにあげる際、もし粉のようにフライパンや鍋についたじゃがいもがあれば、ヘラなどを使い、ざるで受けるとよいです。これを加えたからといって、水っぽい仕上がりにはなりません。

ゆでます
ゆでます

step
4
ボウルに入れて、3分ほど置き、直接手でさわれる程度まで少し冷まします。

直接手でさわれる程度まで少し冷ますことで、皮が蒸れて、外しやすくなります。

じゃがいも

step
5
皮をむきます。皮が蒸れて、指でつまむと、カポッと外れるものが多いです。

皮や芽が残った箇所は、竹串やスプーンなどを使って、丁寧に取り除きましょう。もし緑色の箇所があれば、それは毒の塊ですので、スプーンやナイフを使い、必ずえぐり取りましょう。

じゃがいも
じゃがいも
じゃがいも

step
6
いったん粗くつぶしてから下味用調味料を加え、混ぜ込みながらさらにつぶします。

熱いうちに下味をつけることで、じゃがいも全体に味がしっかりとなじみます。砂糖と塩は、固まって味にムラができないよう、全体に振りかけるように加え、全体をよく混ぜ合わせましょう。
じゃがいもをつぶして、下味を全体になじませるとともに、粗熱を取ります。

じゃがいも
じゃがいも
じゃがいも

step
7
粗熱が取れたことを確認してから、仕上げ用調味料の材料を加え、よく混ぜ合わせます。

仕上げ用調味料は、必ず粗熱が取れてから加えましょう。熱いまま加えると、マヨネーズが分離してしまいます。

じゃがいも
じゃがいも
じゃがいも

step
8
保存の際は、

充分に消毒した保存容器に入れて、冷蔵庫で保存します。
できたてでもおいしいですが、冷蔵庫で30分以上冷やすと、よりおいしくいただけます。

保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • あらかじめ半分に切っておくことで、皮がとてもむきやすくなります。また、丸ごとゆでるよりも、5~10分程度、早くゆで上がります。
  • 直接手でさわれる程度まで少し冷ますことで、皮が蒸れて、外しやすくなります。
  • ゆであがりの見た目での目安は、皮のふちに少し切れ目が入ったようになる程度が目安です。
  • 皮や芽が残った箇所は、竹串やスプーンなどを使って、丁寧に取り除きましょう。もし緑色の箇所があれば、それは毒の塊ですので、スプーンやナイフを使い、必ずえぐり取りましょう。
  • 熱いうちに下味をつけることで、じゃがいも全体に味がしっかりとなじみます。砂糖と塩は、固まって味にムラができないよう、全体に振りかけるように加え、全体をよく混ぜ合わせましょう。
  • 仕上げ用調味料は、必ず粗熱が取れてから加えましょう。熱いまま加えると、マヨネーズが分離してしまいます。
  • 保存の際は、充分に消毒した保存容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。
  • できたてでもおいしいですが、冷蔵庫で30分以上冷やすと、よりおいしくいただけます。

アレンジのヒント

  • 一緒に和えておいしい具材:コーン/枝豆/ハム/ゆで卵/無塩ミックスナッツ/玉ねぎ(薄切りかみじん切り・水にさらす)/にんじん(千切り)
  • 耐熱容器に入れて、オーブントースターで焼いても。お好みでトッピング:バター/チーズ/マヨネーズ

おすすめ食材、ツール

愛用品です。これ一つで、つぶす、なめらかにする、混ぜる、和える、食卓の取り分けスプーンにと大活躍します。また、耐熱温度が200℃ですので、穴あきお玉としてはもちろん、揚げ物をすくう際や、炒める際の木べら代わりとしても充分に使え、食洗機でもきれいに洗える、優秀キッチンツールです。


内堀醸造の米酢は、酸味が強すぎず、まろやかで、優しいのにコクがある味ですので、口当たりがやわらかく、酢が苦手な方でも食べやすいと思います。酢の物、ドレッシングや煮物などにも、たっぷり使っても尖った味にならず、とてもまろやかな仕上がりとなります。


ファンであり、愛用品のめんつゆです。かつお風味たっぷりの濃厚つゆです。ざるそば、そうめんのつけつゆにはもちろん、和え物、冷奴、鍋物、丼物、たまごがけごはんなど、とても手軽に、あらゆる和風料理がおいしく仕上がります。この1リットルサイズは、牛乳パックより少し太め+背が低めの容器です。

じゃがいものレシピはこちらもどうぞ


【野菜ひとつ】じゃがいもの粒マスタードマリネ
【野菜ひとつ】じゃがいもの粒マスタードマリネ

冷蔵5日 今日は、じゃがいもと粒マスタードを使ったレシピをご紹介します。 粒マスタードをきかせた甘酸っぱい味わいです。じ ...

【野菜ひとつ】千切りじゃがいもの梅和え
【野菜ひとつ】千切りじゃがいもの梅和え

冷蔵5日 今日は、じゃがいもを、梅であっさりといただくレシピをご紹介します。 ノンオイルで、シャキシャキあっさり、さっぱ ...

じゃがいものツナマリネ
じゃがいものツナマリネ

冷蔵5日 今日は、じゃがいもとツナを使ったレシピをご紹介します。 じゃがいもをスライスして、さっとゆでて、ツナと調味料で ...

【野菜ひとつ】めんつゆじゃがいも
【野菜ひとつ】めんつゆじゃがいも

冷蔵4日 今日は、じゃがいもを、めんつゆでいただくレシピをご紹介します。 じゃがいもをスライスして、さっとゆでて、めんつ ...

【野菜ひとつ】千切りじゃがいものおひたし
【野菜ひとつ】千切りじゃがいものおひたし

冷蔵4日 今日は、じゃがいもを、おひたしでいただくレシピをご紹介します。 じゃがいもは千切りにすると、蒸したりゆでたりし ...


もっと見る

おせち料理特集

それぞれのレシピはもちろん、おせち作りのスケジュールと段取り、飾り切りの方法、重箱への詰め方、おもてなし料理レシピなどもご紹介しています。

新年あけましておめでとうございます 2018年1月1日の作り置き
おせち料理特集

伝統的な作り置き料理といえば、おせち料理です。 私は毎年、おせち料理を作ります。 おせち料理は、「手間がかかる」「買うと ...

続きを見る

「おせち料理特集」が一冊の本になりました

おせち作りのスケジュールと段取りはもちろん、おせちの2日目以降の食べ方やアレンジレシピ、クリスマスなど季節の行事やおもてなしにもぴったりな「ハレの日の作りおき」も充実。毎年活用できる、手作りおせちのバイブルになれば幸いです。

-レシピ, 野菜のおかず, じゃがいも, 青のり, めんつゆ, マヨネーズ, , 冷蔵5日, 冷凍1か月, ねかせておいしい, 洋風

© 2020 スガ