いちごのアイスクリーム

レシピ レモン チーズ 生クリーム 火を使わない 時間がたってもおいしい 洋風 お菓子

いちごのアイスクリーム

冷凍1週間

いちごのアイスクリーム

今日は、アイスクリームのレシピをご紹介します。

アイスクリームメーカーは使わず、しっかりと泡立てたメレンゲの力で、アイスクリームを作ります。

いちごがゴロゴロ入って食べごたえ満足、たっぷりサイズ1.8リットルの濃厚アイスクリームです。

レシピについて

生クリーム、卵黄をそれぞれ泡立て、柔らかくしたクリームチーズと混ぜ合わせてから、メレンゲにした卵白、粗く刻んだいちごを加えて冷やし固めます。

スポンサーリンク

材料

1.8リットル容器1つ分

  • いちご 2パック(正味500g)
  • クリームチーズ 200g
  • 生クリーム※ 200ml
  • 卵 2個
  • グラニュー糖 50g
  • レモン果汁 大さじ1

※加熱せず作るレシピです。材料は、できるだけ新鮮なものを使いましょう。
※生クリームは動物性脂肪をおすすめします。段違いにおいしいです。

作り方

step
1
いちごはヘタを切り落として、粗く刻みます。

写真はヘタを切り落としてから量ったものです。

1粒を4~6つ程度に切るとよいです。

フードプロセッサーにかけると、果汁が出て食感が変わってしまいますので、包丁で切りましょう。

いちごいちご
いちごいちご

step
2
耐熱容器にクリームチーズとレモン果汁を入れ、湯せんにかけて柔らかくし、クリームチーズがなめらかになるまで、ゴムベラでよく練ります。

【電子レンジの場合】ラップをかけて200Wで様子を見ながら30秒〜1分加熱ずつ加熱しましょう。

クリームチーズクリームチーズ

step
3
グラニュー糖を量っておきます。

グラニュー糖

step
4
きれいなボウルに卵白を入れ、ボウルを湯せんにかけながらハンドミキサーで泡立てます。

ボウルはきれいに洗って水分をよく拭き取り、乾燥させてから使いましょう。卵や生クリームは調理器具に水分や油分が付着していると、泡立ちません。

卵黄は後で使いますので、別のボウルに取っておきましょう。

卵卵
卵卵

step
5
気泡が細かくなり、全体が白っぽくなったら、湯せんを冷水に替えて、さらに泡立てます。

卵白は、最初は湯せんにかけて、温度を少し高めにすることで泡立てやすくなりますが、温度が高いままでは気泡が安定しませんので、冷水に替えて泡立ちを安定させます。

卵卵
卵卵

step
6
ハンドミキサーの跡が残るくらいまで泡立ったら、グラニュー糖の1/3量を加えてさらに泡立てます。ハンドミキサーを持ち上げて、角がピンと立つまで泡立てます。

1/3量は、目分量で構いません。砂糖を加えることで泡立ちが良くなり、さらに安定するため、砂糖を加えます。

これでメレンゲの完成です。

卵卵

step
7
ハンドミキサーは洗わずそのまま使用します。別のボウルに生クリーム、グラニュー糖の残りのうち半量を入れ、ボウルを氷水に当てながらハンドミキサーで泡立て、七分立てにします。

七分立ては、ハンドミキサーを持ち上げて、生クリームがとろりとボウルに落ち、ゆっくりと消えるようになる程度です。

六分立て(ハンドミキサーを持ち上げたらとろとろと落ちて、落ちた跡がすぐ消える)からは、泡立ちやすく、すぐに角が立ちますので、こまめに様子を見ながら泡立てましょう。うっかり角が立つまで泡立ててしまっても構いませんが、それ以上泡立てると速攻でボソボソに分離してしまいますので、すぐに泡立てを止めましょう。

生クリーム生クリーム
生クリーム生クリーム

step
8
ハンドミキサーは洗わずそのまま使用します。手順4で取っておいた卵黄に、残りのグラニュー糖を全て加えて、白っぽくなるまで泡立てます。

卵卵

step
9
手順8の卵黄、手順7の生クリーム、手順2のクリームチーズをよく混ぜ合わせてから、最後に手順6のメレンゲを加えて、切るように混ぜ合わせます。

できるだけメレンゲの角が消えないように、先に卵黄、生クリーム、クリームチーズを混ぜ合わせてから、卵白を加えて、ゴムベラで切るように混ぜ合わせましょう。

卵卵

step
10
手順1のいちごの半量を加えて、ざっくりと混ぜ合わせます。

卵卵

step
11
充分に消毒した保存容器に入れて、残りのいちごを加え、しっかりとふたをして、冷凍庫で6時間以上冷やし固めます。

アイスクリームは、冷凍庫の匂いが移りやすいので、容器はしっかりとふたをして保存しましょう。

写真は1.8リットル容器を使用していますが、小さな容器に小分けにして保存しても構いません。

いただく際、容器ごと少し電子レンジで加熱すると、ちょうどよい柔らかさになり、扱いやすくなります。取り分ける際は、ディッシャーや大きめのスプーンで、表面を削るようにすくうとよいです。

保存します。保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • 加熱せず作るレシピです。材料は、できるだけ新鮮なものを使いましょう。
  • いちごはフードプロセッサーにかけると、果汁が出て食感が変わってしまいますので、包丁で切りましょう。
  • ボウルはきれいに洗って水分をよく拭き取り、乾燥させてから使いましょう。卵や生クリームは調理器具に水分や油分が付着していると、泡立ちません。
  • 生クリームは角が立つまで泡立ててしまっても構いませんが、それ以上泡立てると速攻でボソボソに分離してしまいますので、すぐに泡立てを止めましょう。
  • できるだけメレンゲの角が消えないように、先に卵黄、生クリーム、クリームチーズを混ぜ合わせてから、卵白を加えて、ゴムベラで切るように混ぜ合わせましょう。
  • アイスクリームは、冷凍庫の匂いが移りやすいので、容器はしっかりとふたをして保存しましょう。

アレンジのヒント

  • 加えておいしい具材:ブルーベリー/ミックスベリー
  • 大人の方は、いただく際にリキュールをかけても。

おすすめ食材、ツール

愛用品のゴムべらです。スケッパーの刃先のような薄さ、弾力性としなやかさがあり、また、耐熱温度が200℃なので、木ベラ代わりに炒め・かき混ぜに使え、また、こびりつきがちな調味料も、熱いうちに根こそぎ残らずいただくことができる、素晴らしい逸品です。

お菓子のレシピはこちらもどうぞ


いちごのアイスクリーム
いちごのアイスクリーム

2021/1/8

冷凍1週間 今日は、アイスクリームのレシピをご紹介します。 アイスクリームメーカーは使わず、しっかりと泡立てたメレンゲの ...

キウイ寒天
キウイ寒天

2020/7/28

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、キウイを使ったデザートのレシピをご紹介します。 キウイをたっぷりと使った一品です。一般的な ...

【野菜ひとつ】にんじんもち
【野菜ひとつ】にんじんもち

2020/3/27

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、にんじんもちのレシピをご紹介します。 すりおろしたにんじんに、塩と片栗粉を加えて混ぜ、バタ ...

マーブル模様の生チョコ
オーブンなしのバレンタインレシピ マーブル模様の生チョコ

2015/3/20

冷蔵4日/冷凍1か月 今回は、リクエストにお応えして、マーブル模様が美しい、ブラックチョコとホワイトチョコが二層になった ...


もっと見る

梅干しの作り方

単身赴任のワンルーム住まいなので、もちろん家もベランダも狭いのですが、昔ながらの王道の作り方で作っています。長年作ってきた失敗&成功の経験や、狭いなりの工夫を交えてご説明いたします。

梅干し
梅干しの作り方

常温半年~ 今回は、梅干しの作り方をご紹介します。 2015年は東京で初めての夏を迎えたこともあり、東京の自宅でいただく ...

続きを見る