レシピ 冷凍1か月 時間がたってもおいしい 中華・エスニック インド料理 主食

お手軽簡単おうちナン。冷凍OK、ピザ生地にも!

更新日:

冷凍1か月

ナン
インドカレーとナンがあれば、おうちでもおいしいインド料理店気分が楽しめます。

ナンは、本格的に作ると、半日がかりのようです。材料をこねて、数時間かけて一次発酵させ、整形して二次発酵後、薄く伸ばして300~500℃の石窯で焼き上げる。

これが王道本格の手順のようですが、今回は、おうちですごく簡単においしく出来るレシピをご紹介します。

焼いておけば冷凍OK、ノンオイルでヘルシーですので、たくさん焼いて食パン代わりにも使えます。シンプルな生地ですので、大きめに作るとピザ生地として使えます。
ホームベーカリーがなくても簡単に作ることができますよ。

スポンサーリンク

レシピについて

強力粉とイーストを使って作っていたのですが、以前、強力粉が切れた時に、薄力粉を少し混ぜて作ってみると、モチフワしておいしかったので、きっちりと計り直しました。
強力粉:薄力粉を7:3の割合で混ぜると、とてもおいしくいただけます。

材料

【5~6枚分】
強力粉 175g
薄力粉 75g
ドライイースト 小さじ1(4g)
砂糖 大さじ1(9g)
塩 小さじ1/2(3g)
35度くらいのぬるま湯(夏場は水でOK) 150cc
サラダ油 大さじ1/2程度
【10~12枚分】
強力粉 350g
薄力粉 150g
ドライイースト 小さじ2(8g)
砂糖 大さじ2(18g)
塩 小さじ1(6g)
35度くらいのぬるま湯(夏場は水でOK) 300cc
サラダ油 大さじ1程度

具材 5~6枚分 10~12枚分
強力粉 175g 350g
薄力粉 75g 150g
ドライイースト 小さじ1(4g) 小さじ2(8g)
砂糖 大さじ1(9g) 大さじ2(18g)
小さじ1/2(3g) 小さじ1(6g)
35度くらいのぬるま湯(夏場は水でOK) 150cc 300cc
サラダ油 大さじ1/2程度 大さじ1程度

作り方

1 ボウルにぬるま湯、ドライイースト、砂糖を入れて混ぜておきます。生地を作ります※

ボウルにぬるま湯、ドライイースト、砂糖を入れて混ぜておきます。

※1~7の手順は、ホームベーカリーがあれば、サラダ油以外の全ての材料を入れてスイッチONで完了すると思います。

2 耐熱ボウルに粉と塩を入れ、ざっと混ぜます耐熱ボウルに粉と塩を入れ、ざっと混ぜます。
3 こねます2のボウルに1を入れ、混ぜ合わせて、こねます。

最初はベタついていますが、だんだんと、ひとまとまりになりますので、そのまま10分ほどよくこねます。

4 両手で油を移しますこね上がったら、両手にサラダ油を取り、まんべんなく塗り付けます。

こうしておくと、発酵後、ボウルやラップにくっつかず、簡単に工程を進めることができます。

5 ふんわりラップをかけ、38℃で発酵させますふんわりラップをかけ、38℃で40分~1時間ほど置いて発酵させます。

発酵は、電子レンジの発酵機能を使うと便利ですし、ボウルを湯せんしても良いです。暑い時期なら、室温に置いていても、よく発酵します。直射日光が当たっても問題ないですよ。

発酵させている間に、インドカレーを作っておくと良いですね。

6 2~3倍に膨れます2~3倍に膨れたらOKです。
7 くっつかず、きれいにはがれます手順4で油を塗っておくと、このようにラップにもくっつかず、つるんと簡単きれいにはがすことが出来ます。
8 12等分します生地を10~12等分します。
9 アルミホイルに並べます生地を手で1cmくらいの厚さに伸ばし、焼きます。

私は魚焼きグリルを使って焼いています。フライパン用ホイルを敷いて焼くと、油をひかなくてもくっつかず、きれいに焼くことができます。

フライパンでも焼くことができます。鉄鍋かフッ素加工のフライパンを空焼きして熱し、油をひかずに中火~強火で片面ずつ焼きます。

10 1分ほどで片面が焼けます1分ほどで片面が焼けますので、ひっくり返します。
11 焼き上げますひっくり返して30秒~1分ほど焼いて、薄く色付いたら出来上がりです。
12 チキンカレーとぜひ、インドカレーと一緒にいただきましょう。
こちらのインドカレーは簡単おいしくできますよ。スパイスを使って体においしい!本格インド料理のチキンカレー | 週末の作り置きレシピ

シンプルな生地が、スパイス豊かなインドカレーと、本当に良く合います。

作り置きのコツ

  • 最初の1枚目は多少時間がかかるかもしれませんが、次を焼く時は温度が高くなっているので、本当にすぐに焼けます。油断するとすぐに炭状態になるので、注意しましょう。
  • 私は、焼いている間に次の生地を伸ばしています。このほうが手際良く、時間短縮ができます。
  • 冷凍する際は、1枚ずつラップに包んでから、冷凍用の保存袋に入れます。冷めたものを冷凍する際は、霧吹きで少し水分を与えてからラップに包むと、よりふんわりいただくことができます。解凍は、凍ったままオーブントースターで温めるとOKです。
  • 涼しい時期なら、焼いた翌日までは室温ラップ保存で問題ありません。オーブントースターで軽く温めるとOKです。
アレンジのヒント

  • ピザとしてもおいしくいただけます。お好みの大きさをクッキングシートに乗せ、めん棒で丸型に2~5mm厚さくらいに薄く伸ばし、トマトソース、お好みの具、とろけるチーズをかけ、220℃に温めたオーブンで15分ほど焼くと完成です。
  • ピザクラストとして冷凍するには、何もかけず、10分素焼きして、温かいうちにラップで包んで、粗熱が取れたら一気に冷凍しましょう。使う際は、220℃に温めたオーブンでいったん3分ほど素焼きしてから、ソース、具材、チーズを乗せて焼くと、生焼けにならず、おいしくいただけます。
  • ナンを焼く際、生地を伸ばした後に、クミンシードを振りかけたり、溶かしバターを塗ってから焼いても、とてもおいしいですよ。クミンシードバージョンは、焼いている時の香りだけで食欲をそそられます。
  • ノンオイルで砂糖や塩分ひかえ目、消化も良いので、食べ過ぎ・飲み過ぎの翌朝、食パン代わりにして、ヨーグルトとフルーツを混ぜたものに合わせてつまむと、調子良く1日をスタートできますよ。
おすすめ食材、ツール
愛用品です。これが1枚あると無いとで大違いです。ぶりの照り焼きや、鰆や豚の味噌焼きなど、焦げやすく身が剥がれやすい料理でも、焦げ付かず、形が崩壊することもなく、きれいにおいしく仕上げることができます。オムレツも形良くふんわり作れますし、油なしで美しくおいしく調理でき、洗い物がとんでもなく楽なのがうれしいです。また、これでホイル焼きを作ると、焦げ付いて残ることもありません。大判30cm幅なので、大きめのフライパンでの調理はもちろん、ナンやトルティーヤを焼くときにも重宝しています。

最新刊「しみこむ作り置き」詳細ご紹介

「近所の書店にない」「なかなか書店に行けない」という方々も多くいらっしゃると思います。全ページご紹介動画を作りましたので、立ち読み感覚でご覧ください。

最新刊
しみこむ作り置き

詳しくはこちら

-レシピ, 冷凍1か月, 時間がたってもおいしい, 中華・エスニック, インド料理, 主食

Copyright© 週末の作り置きレシピ , 2018 All Rights Reserved.