【野菜ひとつ】塩昆布できゅうりの浅漬け

火を使わない レシピ 野菜のおかず きゅうり 野菜ひとつ 昆布 塩昆布 赤唐辛子 冷蔵5日 おつまみ お弁当のおかず ねかせておいしい 和風

【野菜ひとつ】塩昆布できゅうりの浅漬け

冷蔵5日

塩昆布できゅうりの浅漬け

今日は、塩昆布を使って作る、きゅうりの浅漬けのレシピをご紹介します。

ノンオイルで、すっきり、さっぱりとした味付けです。蒸し暑い日にも食べやすい、酒の肴にもぴったりな一品です。

きゅうりは、ちぎったり折ったりすることで、断面がいびつになり、表面積が大きくなりますので、味がしみ込みやすくなります。

形を気にせず、簡単に出来る一品です。さっぱりしたものが食べたい際に、ぜひご活用くださいませ。

レシピについて

きゅうりをたたいてちぎり、塩で揉み込み、水気を絞ってから、調味料を加えてもんで出来上がりです。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • きゅうり 500g(4~5本目安)
  • 塩 小さじ1
  • ■合わせ調味料
  • 塩昆布 大さじ4(20g)
  • 酢 大さじ2(30ml)
  • (お好みで)輪切り唐辛子 1本分(小さじ1)

8人分

  • きゅうり 1000g(8~10本目安)
  • 塩 小さじ2
  • ■合わせ調味料
  • 塩昆布 40g(大さじ8目安)
  • 酢 大さじ4(60ml)
  • (お好みで)輪切り唐辛子 2本分(小さじ2)

作り方

step
1
きゅうりは洗い、キッチンペーパーや乾いた清潔な布巾で、水気をよく拭き取ります。

このレシピは、加熱する工程がありません。水気は雑菌繁殖の元となり、保存の大敵ですので、しっかりと拭き取っておきましょう。
写真は特価の曲がりきゅうりです。

きゅうりきゅうり
きゅうりきゅうり

step
2
ヘタの部分を切り落とし、包丁のみね(背の部分)か、めん棒でたたき、2~3cm程度の長さに、手でちぎるように折ります。

ちぎったり折ったりすることで、断面がいびつになり、表面積が大きくなりますので、味がしみ込みやすくなります。

きゅうりきゅうり
きゅうりきゅうり

step
3
丈夫な袋にきゅうりと塩を入れ、よくもみ込み、10分ほど置きます。

袋の口は1/4ほど開けておき、空気が抜けるようにすると、もみやすいです。
時々袋の底から叩くようにすると、よく混ざります。

きゅうりきゅうり
きゅうりきゅうり
きゅうりきゅうり

step
4
水分が出てきますので、袋をねじり絞るようにして、水分を捨てます。

写真は撮影の都合から片手で行っていますが、両手を使って絞りましょう。
袋をしばらく(10~20秒ほど)下に向けていると、水分がたっぷりと落ちてきます。

きゅうり

step
5
合わせ調味料の材料を加え、全体に混ざるよう、よくもみ込みます。

塩昆布は重さを量りながら加えると、確実に味が決まります。

ここでも、袋の口は1/4ほど開けておき、空気が抜けるようにしておきましょう。
袋をもんだり、底をほぐすようにたたいて、塩昆布がダマにならないようにしましょう。

きゅうりきゅうり
きゅうりきゅうり

step
6
充分に消毒した保存容器に移し替えて、冷蔵庫で保存することをおすすめします。

袋を平らにして、空気を抜いてから密封して保存してもよいのですが、保存容器のほうが取り出しやすいのと、保存中、袋の口から調味液が漏れるという事故を防ぐことができます。
できたてでもおいしいですが、冷蔵庫で1時間ほど置くと、昆布の旨味がきゅうりにしみ込んで、よりおいしく召し上がれます。

保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • きゅうりを洗った後、水気は雑菌繁殖の元となり、保存の大敵ですので、しっかりと水気を拭き取ってから調理しましょう。
  • きゅうりは、ちぎったり折ったりすることで、断面がいびつになり、表面積が大きくなりますので、味がしみ込みやすくなります。
  • 袋をもんだり、底をほぐすようにたたいて、塩昆布がダマにならないようにしましょう。
  • 袋を平らにして、空気を抜いてから密封して保存してもよいのですが、保存容器のほうが取り出しやすいのと、保存中、袋の口から調味液が漏れるという事故を防ぐことができます。
  • できたてでもおいしいですが、冷蔵庫で1時間ほど置くと、昆布の旨味がきゅうりにしみ込んで、よりおいしく召し上がれます。保存する際は、充分に消毒した保存容器に入れて保存しましょう。

アレンジのヒント

  • 一緒に加えておいしい具材:大根/かぶ/にんじん/なす/みょうが/柑橘類の皮(ゆず、すだち、かぼすなど)
  • いただく際に添えておいしい具材:しょうがすりおろし/いりごま/大葉
  • 薄切りにして作って一緒に和えても:わかめ/かにかまぼこ/ゆでだこ
  • お弁当に詰める際は、水気を切ってから詰めましょう。

おすすめ食材、ツール

塩昆布は業務用がコストパフォーマンス良しです。ジップロックに移し替えて使っています。このお品は少し昆布が細かいのか、食材となじみやすいので気に入っています。


内堀醸造の米酢は、酸味が強すぎず、まろやかで、優しいのにコクがある味ですので、口当たりがやわらかく、酢が苦手な方でも食べやすいと思います。酢の物、ドレッシングや煮物などにも、たっぷり使っても尖った味にならず、とてもまろやかな仕上がりとなります。

塩昆布を使った浅漬けのレシピはこちら


【野菜ひとつ】塩昆布でセロリの浅漬け
【野菜ひとつ】塩昆布でセロリの浅漬け

冷蔵5日 今日は、塩昆布を使って作る、セロリの浅漬けのレシピをご紹介します。 セロリ独特の強い香りは、旨味と組み合わせる ...

続きを見る


【野菜ひとつ】塩昆布で大根の浅漬け
【野菜ひとつ】塩昆布で大根の浅漬け

冷蔵1週間 今日は、塩昆布を使って作る、大根の浅漬けのレシピをご紹介します。 薄くスライスした大根に、塩昆布の旨味を加え ...

続きを見る


【野菜ひとつ】塩昆布できゅうりの浅漬け
【野菜ひとつ】塩昆布できゅうりの浅漬け

冷蔵5日 今日は、塩昆布を使って作る、きゅうりの浅漬けのレシピをご紹介します。 ノンオイルで、すっきり、さっぱりとした味 ...

続きを見る


【野菜ひとつ】塩昆布で青梗菜の浅漬け
【野菜ひとつ】塩昆布で青梗菜の浅漬け

冷蔵5日 今日は、塩昆布を使って作る、青梗菜の浅漬けのレシピをご紹介します。 このレシピは、火を使いません。ざくざく切っ ...

続きを見る


【野菜ひとつ】塩昆布でなすの浅漬け
【野菜ひとつ】塩昆布でなすの浅漬け

冷蔵4日 今日は、塩昆布を使って作る、なすの浅漬けのレシピをご紹介します。 このレシピは、火を使いません。切ったなすを塩 ...

続きを見る


【野菜ひとつ】塩昆布でレタスの浅漬け
【野菜ひとつ】塩昆布でレタスの浅漬け

冷蔵5日 今日は、塩昆布を使って作る、レタスの浅漬けのレシピをご紹介します。 このレシピは、火も包丁も使いません。ちぎっ ...

続きを見る


【野菜ひとつ】塩昆布で小松菜の浅漬け
【野菜ひとつ】塩昆布で小松菜の浅漬け

冷蔵5日 今日は、塩昆布を使って作る、小松菜の浅漬けのレシピをご紹介します。 このレシピは、火を使いません。ざくざく切っ ...

続きを見る


【野菜ひとつ】塩昆布でキャベツの浅漬け風
【野菜ひとつ】塩昆布でキャベツの浅漬け

冷蔵5日 今日は、塩昆布を使って作る、キャベツの浅漬けのレシピをご紹介します。 このレシピは、火を使いません。ざくざく切 ...

続きを見る


【野菜ひとつ】塩昆布で白菜の浅漬け風
【野菜ひとつ】塩昆布で白菜の浅漬け

冷蔵4日 今日は、塩昆布を使って作る、白菜の浅漬けのレシピをご紹介します。 ザク切りにした白菜に塩をしてしばらく置いてか ...

続きを見る

きゅうりのレシピはこちらもどうぞ


【野菜ひとつ】きゅうりの粒マスタード和え
【野菜ひとつ】きゅうりの粒マスタード和え

冷蔵5日 今日は、きゅうりを粒マスタードで和えるレシピをご紹介します。 粒マスタードを使った、お子さんでも食べやすい、甘 ...

夏野菜の梅酢浅漬け
夏野菜の梅酢浅漬け

冷蔵5日 今日は、梅酢を使った浅漬けのレシピをご紹介します。 夏野菜を薄切りにして、梅酢に漬けて作る浅漬けです。 具材は ...

【野菜ひとつ】きゅうりのごま和え
【野菜ひとつ】きゅうりのごま和え

冷蔵4日 今日は、きゅうりを、たっぷりのごまで和えるレシピをご紹介します。 塩もみしたきゅうりを、たっぷりのすりごまで和 ...

【野菜ひとつ】きゅうりの梅和え
【野菜ひとつ】きゅうりの梅和え

冷蔵5日 今日は、きゅうりと梅を使ったレシピをご紹介します。 ノンオイルで、あっさり、さっぱりとした口当たりです。箸休め ...

山形のだし
山形の「だし」

冷蔵4日 今日は、山形の「だし」のレシピをご紹介します。 なす、きゅうり、みょうが、大葉などの夏野菜や香味野菜を細かく刻 ...


もっと見る

最新刊 2020/9/19発売

通常のレシピ本2冊分くらいのレシピを、ぎゅうぎゅうに詰め込んだ、大ボリュームの一冊です。レシピ数約300、季節ごと、週ごとの献立形式、食材リスト付きでのご紹介です。

最新刊「スガさんの 365日使えるつくりおき」出版のお知らせ
最新刊「スガさんの 365日使えるつくりおき」出版のお知らせ

続きを見る

-火を使わない, レシピ, 野菜のおかず, きゅうり, 野菜ひとつ, 昆布, 塩昆布, , 赤唐辛子, 冷蔵5日, おつまみ, お弁当のおかず, ねかせておいしい, 和風

© 2020 スガ