レシピ 野菜のおかず 玉ねぎ にんじん りんご オリーブオイル 冷蔵1週間 ねかせておいしい 洋風 ソース・ドレッシング

にんじんとりんごのドレッシング

冷蔵1週間


にんじんとりんごのドレッシング

今日は、にんじんとりんごをすりおろしてドレッシングにするレシピをご紹介します。

砂糖は使いません。りんごのたっぷりの甘味がとても引き立つ調味料の配合です。
野菜はもちろん、グリルした肉や魚のソースとしても活用いただけます。

レシピについて

にんじん、りんご、玉ねぎをすりおろして作ります。

材料

作りやすい分量(出来上がり量:約1000ml)

  • にんじん 1本
  • りんご 1個
  • 玉ねぎ 1/2個
  • オリーブオイル(またはサラダ油)100ml
  • りんご酢(または米酢)100ml
  • しょうゆ 100ml

作り方

step
1
材料は洗い、水滴をしっかりと拭き取ります。

水滴ほ保存の大敵です。材料を生のまま使って作り置きのドレッシングを作る際は、材料を洗ったら、水滴はしっかりと拭き取りましょう。

洗い
拭き取り

step
2
にんじん、りんご、玉ねぎをすりおろします。

にんじん、りんごは皮ごとすりおろします。
フードプロセッサーを使う場合、材料は少しずつフードプロセッサーにかけ、パッキンはジュース用を使いましょう。入れ過ぎたり、通常のパッキンを使うと、中身があふれ出ることがあります。

すりおろします
すりおろします

step
3
調味料を加え、よく混ぜ合わせます。


玉ねぎ
玉ねぎ

step
4
充分に消毒した保存容器に移し替え、冷蔵庫で保存します。

出来上がりすぐよりも、冷蔵庫で30分ほど落ち着かせたほうが、より味がなじんでおいしくいただけます。
出来上がり量は約1リットルです。写真500mlのガラスびん×ちょうど2つです。

保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • 水滴ほ保存の大敵です。材料を生のまま使って作り置きのドレッシングを作る際は、材料を洗ったら、水滴はしっかりと拭き取りましょう。
  • フードプロセッサーを使う場合、材料は少しずつフードプロセッサーにかけ、パッキンはジュース用を使いましょう。入れ過ぎたり、通常のパッキンを使うと、中身があふれ出ることがあります。
  • 出来上がりすぐよりも、冷蔵庫で30分ほど落ち着かせたほうが、より味がなじんでおいしくいただけます。
  • 保存の際は、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。

アレンジのヒント

  • 野菜だけでなく、肉や魚介類ともよく合います。グリルした上からソースとして、たっぷりとかけてどうぞ。

おすすめ食材、ツール

愛用品のフードプロセッサーです。「きざむ」「する」「まぜる」「くだく」「あわだてる」「こねる」「おろす」の1台7役、低速から高速まで無段階変速で「思った通りの」仕上がりになります。また、非常に音が静かで、とても洗いやすく衛生的なのも嬉しい限りです。もっと早く買えばよかったと、使う度に後悔している逸品です。

ソース・ドレッシング・ディップのレシピはこちらもどうぞ


ねぎと胡麻たっぷり ねぎ醤油だれ
ねぎと胡麻たっぷり ねぎ醤油だれ

冷蔵1週間/冷凍1か月 今日は、長ねぎといりごまをたっぷりと使って作る、ねぎ醤油だれのレシピをご紹介します。 長ねぎ2本 ...

こってり肉味噌

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、こってり仕上げの肉味噌のレシピをご紹介します。 香味野菜と豚ひき肉を炒め煮にし、最後に味付 ...

【野菜ひとつ】生トマトで作るトマトソース
【野菜ひとつ】生トマトで作るトマトソース

冷蔵1週間/冷凍1か月 今日は、生トマトで作るトマトソースのレシピをご紹介します。 トマトソースのレシピは、トマト缶を使 ...

にんじんとりんごのドレッシング
にんじんとりんごのドレッシング

冷蔵1週間 今日は、にんじんとりんごをすりおろしてドレッシングにするレシピをご紹介します。 砂糖は使いません。りんごのた ...

【野菜ひとつ】マヨコーン
【野菜ひとつ】マヨコーン

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、コーン缶を、たっぷりめのマヨネーズで和えておくと、何かと便利です、というレシピをご紹介しま ...


もっと見る

他のレシピをさがす

-レシピ, 野菜のおかず, 玉ねぎ, にんじん, りんご, オリーブオイル, , 冷蔵1週間, ねかせておいしい, 洋風, ソース・ドレッシング