【野菜ひとつ】ほうれん草のおひたし

レシピ 野菜のおかず ほうれん草 野菜ひとつ 冷蔵4日 冷凍1か月 おつまみ お弁当のおかず 時間がたってもおいしい 和風

【野菜ひとつ】ほうれん草のおひたし

冷蔵4日/冷凍1か月

ほうれん草のおひたし

今日は、ほうれん草のおひたしのレシピをご紹介します。

だし汁、しょうゆ、砂糖を使った基本のおひたしです。みりんや酒を使っていませんので、煮切らずに手早く作ることが出来ます。

アクが強いほうれん草は、たっぷりの旨味や香りを加えると、ほうれん草独特の風味と掛け合わさることで、よりお互いが引き立ちます。いただく際は、お好みでかつお節やすりごまなどを添えると、さらにおいしくいただけます。

手軽に出来る、ビタミン、鉄分豊富な副菜です。もうあと一品に、お弁当のおかずに、ぜひご活用くださいませ。

レシピについて

ほうれん草をゆでて、調味料と和えて出来上がりです。
ほうれん草はあらかじめ切ってからゆでることで、ゆで時間を短く、手早く仕上げます。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • ほうれん草 2把(180~200g目安×2)
  • ■合わせ調味料
  • だし汁 200ml
  • (または)水200ml+顆粒和風だしの素 小さじ1/2
  • しょうゆ※ 大さじ2(30ml)
  • 砂糖 小さじ2

※あればぜひ、「うすくちしょうゆ」を使いましょう。きりっとした味わい、薄くきれいな色に仕上がります。

8人分

  • ほうれん草 4把(180~200g目安×4)
  • ■合わせ調味料
  • だし汁 400ml
  • (または)水400ml+顆粒和風だしの素 小さじ1
  • しょうゆ※ 大さじ4(60ml)
  • 砂糖 小さじ4

※あればぜひ、「うすくちしょうゆ」を使いましょう。きりっとした味わい、薄くきれいな色に仕上がります。

作り方

step
1
たっぷりのお湯を沸かし始めます。ほうれん草2把で2リットル程度目安です。

ほうれん草の歯ざわりを活かしますので、塩は入れません。

たっぷりのお湯を沸かし始めます

step
2
ほうれん草はよく洗い、4~5cm幅(指3本分の幅目安)に切ります。

特に根元に土が付いていることがありますので、しっかり洗いましょう。

切ったら、茎と葉を分けておくと良いです。だいたいで構いません。

根元を食べる場合、旬の時期の根元は太いですので、縦2つ~4つ程度に切っておくと食べやすいです。

ほうれん草ほうれん草
ほうれん草ほうれん草
ほうれん草ほうれん草
ほうれん草ほうれん草

step
3
お湯が充分に沸騰したことを確認し、火加減は強めの中火にし、

沸騰

step
4
沸騰したお湯に茎の部分から入れ、すぐにお湯がふつふつとなりますので葉の部分を入れ、菜箸などで全部をお湯につけます。

ほうれん草ほうれん草
ほうれん草ほうれん草

step
5
10秒ほどで、すぐに再度沸騰しようとしてきますので、ざるに取り、水に放ち、水を2~3回替えて冷まし、ざるに上げておきます。

「グラッとくる」という状態です。あらかじめ切っておいたほうれん草は速攻でグラッときます。
水は氷水である必要はありません。

ほうれん草はアクが強いので、たっぷりの水にさらしてアクを抜きますが、水につけておく時間は3分以内を目安にしましょう。それ以上つけると、栄養分も流れ出てしまいます。

ほうれん草ほうれん草
ほうれん草ほうれん草
ほうれん草ほうれん草

step
6
ボウルに、合わせ調味料の材料を混ぜ合わせます。

合わせ調味料

step
7
ほうれん草の水分を、しっかりとぎゅっと絞ります。

写真は撮影の都合から片手ですが、両手を使ってぎゅっと絞りましょう。

ゆでたほうれん草はしっかりと水気を絞ってから調味料と和えましょう。水気が多いままですと、味がぼけ、また、作り置きにも向きません。

ほうれん草

step
8
手順6の合わせ調味料のボウルに、ほうれん草をほぐしながら加え、全体をほぐすようにして和えます。

菜箸でよくほぐしながら、ゴムベラでボウルの底からしっかりと混ぜ合わせると良いです。

ほうれん草

step
9
保存の際は、

充分に消毒した保存容器に入れて保存しましょう。

保存します。

step
10
いただく際は、お好みでかつお節や、すりごまなどを天盛り(盛り付けた上に乗せること)にすると、さらにおいしくいただけます。

アクが強いほうれん草は、たっぷりの旨味や香りを加えると、ほうれん草独特の苦味と掛け合わさることで、よりお互いが引き立ちます。後述「アレンジのヒント」もご参照くださいませ。

ほうれん草

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • ほうれん草をあらかじめ切ってからたっぷりのお湯でゆでることで、手早くゆでます。ほうれん草は速攻でグラッときますので、葉をつけたら10秒ほどでざるに上げると良いです。
  • ほうれん草はアクが強いので、しっかりと水にさらしてアクを抜きますが、水につけておく時間は3分以内を目安にしましょう。それ以上つけると、栄養分も流れ出てしまいます。
  • 和える際は、菜箸でほぐしながら、ゴムベラでボウルの底からしっかりと混ぜ合わせると良いです。
  • 保存の際は、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。

アレンジのヒント

  • いただく際に添えておいしい具材:かつお節/すりごま/いりごま/刻みのり/乾燥ちりめんじゃこ/乾燥えび/松の実/砕いたミックスナッツ(無塩)/一味唐辛子
  • 一緒に和えておいしい具材:にんじん(千切り・ゆで)/焼きのり/しいたけ(薄切り・ゆで)
  • お好みで細かく刻み、卵焼きやココットの具材にもどうぞ。
  • 混ぜご飯、おにぎり、お茶漬けの具材にも。
  • お弁当に詰める際は、水気をよく切ってからにしましょう。

おすすめ食材、ツール

愛用品のゴムべらです。スケッパーの刃先のような薄さ、弾力性としなやかさがあり、また、耐熱温度が200℃なので、木ベラ代わりに炒め・かき混ぜに使え、また、こびりつきがちな調味料も、熱いうちに根こそぎ残らずいただくことができる、素晴らしい逸品です。


うすくちしょうゆはヒガシマルさんを使っています。東京にはうすくちしょうゆがなかなか売っていないので、amazonが重宝しています。

ほうれん草のレシピはこちらもどうぞ


【野菜ひとつ】ほうれん草のマスタードマヨ和え
【野菜ひとつ】ほうれん草のマスタードマヨ和え

2021/4/24

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、ほうれん草の和え物のレシピをご紹介します。 マヨネーズ&しょうゆベース、粒マスタードの風味 ...

ほうれん草とコーンのサラダ
ほうれん草とコーンのサラダ

2021/4/9

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、ほうれん草とコーンで作るサラダのレシピをご紹介します。 ゆでたほうれん草を、たっぷりのコー ...

【野菜ひとつ】ほうれん草のごまマヨ和え
【野菜ひとつ】ほうれん草のごまマヨ和え

2021/4/27

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、ほうれん草の和え物のレシピをご紹介します。 たっぷりのすりごまを使った、しょうゆマヨネーズ ...

ほうれん草とツナのごましょうが和え
ほうれん草とツナのごましょうが和え

2021/3/23

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、ほうれん草とツナを使ったレシピをご紹介します。 ほうれん草とツナを、たっぷりのすりごまと、 ...

【野菜ひとつ】ほうれん草のナムル
【野菜ひとつ】ほうれん草のナムル

2021/3/17

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、ほうれん草の和え物のレシピをご紹介します。 ごま油の香りが、ほうれん草の風味とよく合います ...


もっと見る

梅干しの作り方

単身赴任のワンルーム住まいなので、もちろん家もベランダも狭いのですが、昔ながらの王道の作り方で作っています。長年作ってきた失敗&成功の経験や、狭いなりの工夫を交えてご説明いたします。

梅干し
梅干しの作り方

常温半年~ 今回は、梅干しの作り方をご紹介します。 2015年は東京で初めての夏を迎えたこともあり、東京の自宅でいただく ...

続きを見る