火を使わない レシピ 野菜のおかず にんじん 野菜ひとつ レモン 赤唐辛子 冷蔵5日 おつまみ お弁当のおかず ねかせておいしい 中華・エスニック

【野菜ひとつ】にんじんのアジアンサラダ

冷蔵4日


にんじんのアジアンサラダ

今日は、にんじんをアジアンテイストでいただくレシピをご紹介します。

このレシピは、火を使いません。味付けにはナンプラーを用い、あっさりノンオイル、さっぱりとした味で、時間が経つほどおいしい作り置きメニューとして活躍します。

食材は、作りやすいにんじんのみでご紹介しています。お好みで、香菜はもちろん、ナッツ類や乾燥えびなどの乾物、きゅうり、トマト、玉ねぎなどの野菜、ゆでたひき肉をたっぷり加えたりと、さまざまなアレンジでもお楽しみいただけます。

レシピについて

にんじんを皮ごとスライサーで千切りにし、調味料で和えて出来上がりです。
色々な具材が合いますので、後述の「具材のバリエーション」もご参照くださいませ。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • にんじん 中2本(150~200g×2)
  • ■合わせ調味料
  • レモン果汁 または ライム果汁 大さじ2
  • ナンプラー 小さじ4(20ml)
  • 砂糖 小さじ2
  • 鶏がらスープの素 小さじ1
  • (お好みで)輪切り唐辛子 小さじ1(赤唐辛子 または 青唐辛子 1本分)

8人分

  • にんじん 中4本(150~200g×4)
  • ■合わせ調味料
  • レモン果汁 または ライム果汁 大さじ4(60ml)
  • ナンプラー 大さじ2+小さじ2(40ml)
  • 砂糖 小さじ4
  • 鶏がらスープの素 小さじ2
  • (お好みで)輪切り唐辛子 小さじ2(赤唐辛子 または 青唐辛子 2本分)

作り方

step
1
にんじんは洗い、キッチンペーパーや乾いた清潔な布巾で、水気をよく拭き取ります。

皮ごと使いますので、流水でよく洗いましょう。
水気は雑菌繁殖の元となり、保存の大敵ですので、しっかりと拭き取っておきましょう。

にんじん
にんじん
にんじん

step
2
スライサーなどで、皮ごと千切りにします。

8人分以上など、大量になると、カットするだけで大変です。手伝ってもらったり、時間を作って休憩をしながら、無理をしないように仕込みましょう。無理をするとトラウマになるぐらい疲れます。

にんじん

step
3
全部カットすると、写真のような感じになります。

半調理として、この状態で保存容器に入れ、一晩ほど置いてから次の手順を進めると、にんじんの余分な水分が抜け、より味が馴染みます。

にんじん

step
4
ボウルに、合わせ調味料の材料をよく混ぜ合わせます。


合わせ調味料

step
5
手順3のにんじんをすべて加え、よく和えます。

菜箸でほぐしながら、ゴムベラでボウルの底からしっかりと混ぜ合わせるとよいです。

にんじん
にんじん

step
6
保存の際は、

充分に消毒した保存容器に入れて保存しましょう。
できたてでもおいしいですが、冷蔵庫で30分以上冷やすと、よりおいしくいただけます。

保存します。

具材のバリエーション

アジアンサラダは、色々な具材がよく合います。私が試して、おいしくいただけた具材、そして、それぞれの具材についての補足をメモしておきます。ご参考になれば幸いです。

たとえば、香菜(パクチー)は香りが強いために苦手な方もいらっしゃるかと思いますが、パクチーと、これまた香りの強いセロリとの組み合わせをナンプラーで味付けすると、驚くほど、まとまります。また、大葉は、ナンプラーとの相性も、びっくりするほど良いです。大葉を加えると鶏肉を入れたくなります。

追加具材の分量により、調味料は上記記載の配合を等倍にして加えるとよいです。また、肉類、魚介類を加える際は、鶏ガラスープの素は加えなくて構いません。旨味がぶつかって、「飽きる味」になってしまうためです。

玉ねぎ類
玉ねぎ/赤玉ねぎ・紫玉ねぎ(アーリーレッド、くれない、湘南レッドなど)

もし安価に入手できれば、ぜひ赤玉ねぎ・紫玉ねぎを使いましょう。あの色味は、ブルーベリーなどでおなじみの「アントシアニン」です。
ですので、彩りがとてもきれいなこと、もちろん害はありませんし、煮込んでも色が溶け出すことがなくいただけますので、残りは、今回のサラダやマリネはもちろん、カレーやシチュー、ミネストローネなどの洋風煮込み料理にも、たっぷりとお使いいただけます。

野菜(強い香り)
香菜(パクチー)/セロリ/大葉

上記にも記載しましたが、香りの強いパクチーとセロリとの組み合わせをナンプラーで味付けすると、驚くほど、まとまります。
セロリは葉だけでもOKです。むしろ葉だけでも構いません。他の料理で余ったセロリの葉があれば、ぜひこのサラダで、おいしくいただきましょう。

また、パクチーやセロリとはガラッと変わりますが、大葉も合います。千切りもしくはみじん切りにして、たっぷり加えると良いです。4人分で10枚目安です。

野菜(赤)
トマト/ミニトマト/パプリカ

パプリカは芯や種を取り除き、4~5mm幅に切ります。4人分で1/2個目安です。黄色を使ってもきれいです。
にんじんはスライサーで千切りにするか、ピーラーでごく薄く切って使うと良いです。4人分で1/2本目安です。

野菜(白)
大根/かぶ/じゃがいも

大根、かぶは、にんじんと同様に千切りにします。
じゃがいもは千切りにし、さっとゆでてから、流水でよく洗ってぬめりを取ってから使います。

野菜(緑・ねぎ)
万能ねぎ/あさつき/青ねぎ/長ねぎ(白ねぎ)

緑色で細いねぎならOKです。
もし、長ねぎ(白ねぎ)を使用するのであれば、緑色の部分を、ごく細い3~4cm長さの斜め切りにして使うと良いです。

野菜(緑・その他)
きゅうり/ピーマン/水菜/かいわれ大根/プリーツレタス/グリーンリーフ

きゅうりはスライサーで千切りにて使うと良いです。4人分で1本目安です。
ピーマンは芯や種を取り除き2~3mm幅に切ります。水菜、かいわれ大根は3~4cm長さにカット、プリーツレタス、グリーンリーフは3~4cm角程度の大きさに手でちぎると良いです。

肉類
豚肉/鶏肉

豚肉、鶏肉、いずれも合います。ひき肉、こま切れとも4人分で100g目安です。沸騰したお湯で3~4分ほどゆでて、しっかりと火を通してから、ざるに上げます。

また、ひき肉に替えて、鶏皮をキッチンバサミで1~2cm角に切ったものでもOKです。少ない量で、とてもコクと旨味が出て、美味しく仕上がります。つくねや蒸し鶏で余った皮の、有効活用にもなります。

魚介類
えび、いか、たこ

えびは殻付きを使う場合は、頭と殻を取って、100gあたり大さじ1程度の片栗粉と大さじ1~2の水でこするようにして洗い、水でざっと汚れが落ちるまで洗うと良いです。
いかは内臓を取って1cm厚さに切り、たこは2~3mm厚さに切ります。
いずれも沸騰したお湯で2~3分ほどゆでて、ざるに上げます。
もちろんお好み焼きに入れるような乾燥小エビでもおいしいです。

中華食材
きくらげ/緑豆春雨/クコの実/松の実など

乾燥きくらげは戻して使いましょう。沸騰したお湯で1~2分ほどゆでると臭みが取れます。
いずれも4人分で大さじ1が目安です。

ナッツ類
カシューナッツ/ピーナッツ/くるみ/アーモンド/ミックスナッツなど

食塩無添加のナッツを、包丁で粗く切るようにして砕いて使うと良いです。4人分1/4カップ程度が目安です。

香辛料
青唐辛子/にんにく

加えなくても充分おいしくいただけますので、小さいお子さんがいらっしゃったり、刺激物を控えたい際は、加えなくても問題ありません。

唐辛子を加える場合は、もし入手できれば、青唐辛子をみじん切りにして加えましょう。さわやかで、それほど辛さが前面に出ず、とてもおいしくいただけます。
にんにくは、お好みで4人分1片程度を、みじん切りかすりおろして加えると良いです。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • 8人分以上など、大量になると、カットするだけで大変です。手伝ってもらったり、時間を作って休憩をしながら、無理をしないように仕込みましょう。無理をするとトラウマになるぐらい疲れます。
  • 保存容器は充分に消毒して使いましょう。
  • できたてでもおいしいですが、冷蔵庫で30分以上冷やすと、よりおいしくいただけます。

アレンジのヒント

  • ライスペーパーで包んでお手軽ゴイクン(生春巻き)。スイートチリソースでどうぞ。
  • あっさりとした食感ですので、グリルや照り焼きといった肉料理、カツや唐揚げなど揚げ物の付け合わせによく合います。
  • サンドイッチの具材(+ロールパン、照り焼きチキン、大葉)にもどうぞ。バインミーのような仕上がりです。

おすすめ食材、ツール

愛用品です。きゅうり、にんじん、しょうがなどの千切りが、即効で美しく出来るスライサーです。セラミック製ですので、錆びずに、まるごと漂白消毒できるのでありがたいです。


天秤マークが目印のバランスのナンプラーは、アンチョビの旨味が芳醇で、ヤムウンセンはもちろん、タイカレーの仕上げや、肉の漬け汁、野菜炒めの隠し味などに加えると、仕上がりの印象がぐっと良くなります。ナンプラーが苦手という方でも、これまでの認識が変わるくらい、とてもおいしくいただけます。


100%ライム果汁です。アジアン料理に使うと、手軽に本格的な味が楽しめます。また、ウォッカと炭酸とコレで幸せになれます。


ユウキの無添加鶏がらスープの素は、顆粒タイプでサッと調味料や具材に溶けて馴染むので、とても使いやすく、クセがなく素材の味が引き立ち、旨味とコクが出ますので重宝しています。ガラス瓶ではなくプラスチックの容器ですので、軽く扱いやすい商品です。

私はこちらの700g袋入りをamazon定期おトク便で購入し、上記の容器に詰め替えて使っています。詰め替えた残りは冷凍庫に保存しています。

にんじんのレシピはこちらもどうぞ


【野菜ひとつ】にんじんの梅和え

冷蔵1週間 今日は、にんじんを梅で和えるレシピをご紹介します。 にんじんの甘味を活かした、ノンオイルであっさり、甘酸っぱ ...

えびのエスカベッシュ風

冷蔵4日 今日は、えびを使ったレシピをご紹介します。 エスカベッシュとは、地中海料理のひとつで、野菜を使ったソースで魚や ...

にんじんとオレンジのマリネ

冷蔵4日 今日は、にんじんとオレンジを使ったサラダのレシピをご紹介します。 ジューシーなオレンジが、にんじんの甘さを引き ...

【野菜ひとつ】にんじんと塩昆布の酢の物

冷蔵5日 今日は、にんじんの酢の物のレシピをご紹介します。 塩昆布を使った酢の物です。ノンオイル、調味料控えめでも、しっ ...

にんじんとりんごのサラダ

冷蔵4日 今日は、にんじんとりんごを使ったサラダのレシピをご紹介します。 自然な甘味たっぷり、あっさり、さっぱりとした口 ...


もっと見る

最新刊 2020/9/19発売

通常のレシピ本2冊分くらいのレシピを、ぎゅうぎゅうに詰め込んだ、大ボリュームの一冊です。レシピ数約300、季節ごと、週ごとの献立形式、食材リスト付きでのご紹介です。

最新刊「スガさんの 365日使えるつくりおき」出版のお知らせ

発売予定日は2020年9月19日、予約注文が開始しました。全国の書店さんには9月20日頃から順次配送→陳列していただける ...

続きを見る

-火を使わない, レシピ, 野菜のおかず, にんじん, 野菜ひとつ, レモン, 赤唐辛子, 冷蔵5日, おつまみ, お弁当のおかず, ねかせておいしい, 中華・エスニック

© 2020 スガ