作り置きに最適!放置でお手軽!本格タンドリーチキン

冷蔵1週間/冷凍1か月

タンドリーチキン
タンドリーチキンは、漬け込む時間が長いほどおいしい料理です。

でも、時間はかかっても、手間はかかりません。
漬け込んでおけば、食べたい時に食べることが出来て、作っておけば日持ちします。
たとえば、週末に漬け込んでおけば、平日いつでも焼くだけで完成し、平日特価の日に鶏肉を買って漬け込んでおけば、コストパフォーマンス良く週末を迎えられます。

漬け込むほどスパイスが染み込んで、しかも柔らかくなり、漬け込み時点でも完成しても冷凍保存が可能。
こんなに作り置きに向いている料理はないと思います。

今回は、本格的なインド料理のタンドリーチキンを、お手軽に作ることができるレシピをご紹介します。

スポンサーリンク

レシピについて

全体的に見直しました。材料の分量、下ごしらえの際の漬け込み時間と手順がわかりづらいというご意見、また、他に香辛料を加える場合の内容と分量についてのご質問をいただいていましたので反映し、また、調味料の材料と分量を現在のベストに見直しました。

材料

具材 4人分 8人分
鶏もも肉 または 鶏むね肉 2枚(1枚あたり250~350g目安) 4枚(1枚あたり250~350g目安)
(または)手羽先・手羽元 8個 16個
■下ごしらえ用調味料
小さじ1 小さじ2
レモン汁 大さじ2 大さじ4
■漬け置き用調味料
玉ねぎすり下ろし 1/2個分(小1個分) 1個分(小2個分)
にんにくすり下ろし 2片分 4片分
しょうがすり下ろし 1/2片分(直径3~4cm) 1片分(直径5~6cm)
カレー粉 大さじ1+小さじ1 大さじ2+小さじ2
(または) ガラムマサラ大さじ1+ターメリック小さじ1 ガラムマサラ大さじ2+ターメリック小さじ2
カイエンペッパー※ 小さじ1 小さじ2
ヨーグルト(無糖) 150g 300g
■加えるとさらに美味しい香辛料
クミン・コリアンダー・カルダモン・シナモン 合計小さじ1/2まで(これ以上加えると、薬臭い仕上がりになってしまいます!) 合計小さじ1まで(これ以上加えると、薬臭い仕上がりになってしまいます!)

※カイエンペッパーは、一味唐辛子、またはチリペッパーで代用できます。
チリパウダーは別物で、乾燥香味野菜や塩が含まれていることから、このレシピでは不向きです。

作り方

1 鶏肉はよく洗い、キッチンペーパーで水分を拭き取りますまず、鶏肉の臭み抜きを行います。ここからご説明する手順1~3は、鶏肉の臭み抜きです。

鶏肉はよく洗い、キッチンペーパーで水分を拭き取ります。

2 皮に穴を開けますフォークや包丁、竹串の先で、皮の表面にいくつか穴を開けます。こうすることで、縮みにくく、より柔らかく仕上がります。

また、皮の表面だけでなく、おおざっぱで良いので、鶏肉一面にたくさん穴を開けましょう。鶏むね肉や、手羽元・手羽先の場合は、もう容赦なくプスプス刺しましょう。

鶏むね肉の場合は、特に味が染み込みにくいですので、包丁の「みね」(刃の反対側の部分)で、皮以外の部分を両面ともまんべんなく格子状に叩き、全体の厚みが平らになるくらいまで充分に叩くと良いです。

これらのことを行うことで、より味が染み込みやすくなります。

3 ビニール袋に鶏肉と、下ごしらえ用調味料を入れ、よく揉み込みますビニール袋に鶏肉と、下ごしらえ用調味料を入れ、よく揉み込みます。
鶏肉1枚または手羽4つあたり、塩小さじ1/2、レモン汁大さじ1が目安です。

20分ほど冷蔵庫でねかせます。この後、漬け置き用調味料の準備が出来るまで、冷蔵庫に入れておくと、ちょうど良いくらいになります。

4 鶏肉を調味料に漬けます丈夫な保存用袋か保存容器に、漬け置き用調味料を合わせ、手順1の鶏肉の水分を軽く切ったものを加え、全体が混ざるように、よく揉み込みます。

これで仕込み完了!です。最低一昼夜(24時間)は漬け込みましょう。
この時点で冷蔵1週間、冷凍1か月間保存OKです。ただし、解凍肉を使う場合は、再冷凍になり、仕上がりがパサついておいしさが半減しますので、冷凍保存は避けましょう。

私は日曜日に漬け込み、冷蔵庫で保存し、次の日曜日に焼いています。むね肉でも全くパサつかず、味が充分に染み込み、柔らかく、とてもジューシーに仕上がりますよ。

5 天板に網を乗せ、鶏肉を乗せます焼きます。
天板に網を乗せ、漬け汁を除いた鶏肉を乗せます。

鶏肉は、ゆっくりと加熱するほど、柔らかく仕上がるため、できれば、鶏肉は焼く3時間ほど前に冷蔵庫から出し、常温に戻しておくと、より柔らかく仕上がります。

前の手順で冷凍していた場合は、焼く48~24時間前から冷蔵庫に移し、ゆっくりと解凍します。

6 220℃に温めたオーブンで焼きます鶏肉は、弱火でじっくりと焼くのが、おいしく焼き上げるコツです。

220℃に温めたオーブンで、30~40分ほどじっくり焼きます。ご家庭のオーブンによって、焼き時間は加減しましょう。途中20分ほどで、上からアルミホイルを乗せましょう。それ以上焦げ目が付かず、温度だけをゆっくりと行き渡らせることができます。

うまく焼けているかを確認するには、竹串を刺してみて、透明な肉汁が出たらOKです。

7 焼き上がり完成です。

肉が盛り上がり、表面はパリっと、中はふっくら仕上がります。

8 切り分けます適当な大きさに切り分けます。

焼き上がってからも、冷蔵庫で1週間、冷凍庫で1か月間、保存可能です。

ただし、手順2で冷凍した場合は再冷凍になりますので、肉がパサつき、おいしさが半減しますので、その場合は冷凍保存は避けましょう。

作り置きのコツ

  • 手順の節目で、冷蔵、冷凍がきく嬉しいレシピですが、先述のように、再冷凍になると、肉がパサついて、おいしさが半減しますので、その点は注意しましょう。
  • 鶏肉はよく洗い、よく水分を拭き取り、手順1で塩とレモン汁をよく揉み込み、その後20分ほど置いてから表面の水分を軽く切ってから漬け汁に加えると、臭みが消えます。
  • もちろん、お好みの大きさに切ってから漬けて焼いても問題ありません。その場合は、一口大ではなく、1枚を4~5等分程度に大きめに切ったほうが、肉汁が逃げずにおいしく仕上がります。
  • 最低一昼夜(24時間)は漬け込んでから焼きましょう。2時間くらいでも実はおいしいですが、仕上がりの風味と柔らかさが断然違います。
  • フライパンでもおいしく仕上がります。中火で温めたフライパンにオリーブオイル(4人分小さじ2目安)を熱し、皮目を下にして4~5分ほど焼いてまず焼き色を付け、ひっくり返して、弱火にし20分ほど焼き、竹串を刺して透明な肉汁が出たら完成です。私はいつも2~3kgを一気に焼いているので、オーブンに入りきらない場合は、フライパンとオーブン両方を使って焼いています。
  • 魚焼きグリルでも焼けます。網の上に皮目を上にして置き、4~5分ほど焼いて焼き色を付けたら、ひっくり返して上からアルミホイルをかぶせて、出来るだけ弱火で(難しければ普通の火加減で構いません)15~20分ほど加熱します。竹串を刺して透明な肉汁が出たら完成です。魚焼きグリルの場合、アルミホイルは必ずかぶせましょう。炭か!という位に真っ黒焦げになります。
アレンジのヒント

  • 簡単にブリトーが楽しめます。レタスやキャベツの千切り、トマトなどの野菜と、スライスチーズと一緒にトルティーヤで挟んで完成です。もちろん、パンに挟んでもおいしいですよ。
  • 焼く際に、残り5~10分の時点でチーズをかけて焼いてもおいしいです。
  • お弁当にもどうぞ。小さめの一口大に切り分けておくと、隙間にさっと詰めることができます。
  • 一緒に違う食材を漬けてもおいしいです。おすすめはウインナー、ゆで卵、玉ねぎ(クシ型に切る)、じゃがいも(1cm程度の厚さに薄切り)です。ゆで卵は、あらかじめ火が通っているとはいえ、漬けてからそのままではなく、軽く焼いてくださいませ。
  • 漬け汁は、あと1回程度は再利用できます。ただし、私のように1週間つけ置く場合は、再利用しないほうが懸命かと思います。
  • 漬け汁でインドカレーを作ることもできます。フライパンにオリーブオイル大さじ2とクミン小さじ1を熱し、漬け汁、砂糖小さじ1、トマト缶1缶を加え、フライパンで加熱しながら水分を飛ばし、粘り気が出るまで加熱したら、一口大の鶏肉もしくはタンドリーチキンを加え、ひと煮立ちさせ、味をみて塩こしょうを加えれば完成です。
  • 漬け汁はカレーうどんやカレー鍋にもできます。漬け汁、トマト缶1缶をフライパンで加熱しながら水分を飛ばし、粘り気が出るまで加熱したら、お好みの量のめんつゆ+水(かけつゆ濃度より少し薄めの量)で伸ばしてひと煮立ちさせます。そこにお好みの具材やうどんを入れると、格別な一品が完成します。
おすすめ食材、ツール
カレー粉はいつもインデアンカレーを愛用しています。15種類のスパイスが配合されていますので、インドカレーはもちろん、カレーピラフやドライカレーの味が確実においしく決まります。また、スパイスがたくさん含まれていますので、洋風料理の下味や仕上げに、ほんの少し隠し味に使うと、風味良く、キレのある味に仕上がりますので重宝しています。

スパイス
スパイス専門店の神戸アールティーが、最近いつの間にかAmazonプライム対応になっていました。つまり通常配達無料です。
これは激しくお得です。しかも私のようなAmazonプライム会員なら、加えてお急ぎ便・配達日時指定無料と、とんでもなくお得で嬉しいことになっています。

何より、神戸アールティーの香辛料は、薫り高く豊かに、素晴らしく美味しく仕上がるのがとても嬉しく、ずっと愛用しています。

ちょうど香辛料が切れていたので、たくさん購入しました。
左から、ターメリック1kg(1,150円)、ガラムマサラ400g(1,200円)、クミンパウダー500g(1,100円)です。比較のための左端の料理酒は一升(1.8リットル)です。

これらの香辛料は、一般の瓶入り15~20g前後で250~350円しますので、私のように大量に使う場合は、もうばかばかしくて、スーパーなどで買えません。

スパイス小分け
それぞれ小分けにし、すぐ使う小分け分を冷蔵庫に、残りの大袋は冷凍庫に保存しています。

関西にいた際は、神戸長田の同系列店舗(KOBE SPICE(神戸スパイス):いつも使用している調味料 ~洋・中・エスニック料理編~にて写真をご紹介していますが、ラベルが違います)でお得に大量購入していたのですが、東京に越して、どうしようかなぁと思ってたので、本当に嬉しい限りです。

ありがとうございます神戸アールティーさん&神戸スパイスさん!この場を借りて、お礼申し上げます。

こちらのレシピもどうぞ

蒸し鶏の梅和え

さっぱり&旨味たっぷり!蒸し鶏の梅和え

冷蔵4日 今回は、蒸し鶏の梅和えのレシピをご紹介します。 私は東京で単身赴任生活をしてお

レシピをみる

切干大根と大豆のサラダ

体においしい!切干大根と大豆のサラダ

冷蔵1週間 食物繊維たっぷり、日持ちする優秀な和風サラダです。しょうがの風味、ごまの香りと

レシピをみる

やみつき!ピーマンしらたき

やみつき!ピーマンしらたき

冷蔵5日 今回は、ピーマンを使ったレシピのご紹介です。 「ピーマンは苦くて嫌いだったけど

レシピをみる

大粒苺の濃厚アイスクリーム

果肉ごろごろ!大粒苺の濃厚アイスクリーム

冷凍1週間 たっぷりの苺がごろごろ入ったアイスクリームのレシピです。 アイスクリームメー

レシピをみる

おからの煮物(卯の花の炒り煮)

しっとりノンオイル おからの煮物(卯の花の炒り煮)

冷蔵5日/冷凍1か月 今回は、だしをたっぷりときかせた、体にやさしい、おからの煮物のレシピをご

レシピをみる

コクと旨味たっぷり さつまいもと豚肉の甘辛炒め煮

コクと旨味とボリュームたっぷり さつまいもと豚肉の甘辛炒め煮

冷蔵5日 今回は、さつまいもレシピです。 何度も書いていますが、私は甘いものが苦手で、い

レシピをみる

甘さほんのり 黒豆の赤ワイン煮

甘さほんのり 黒豆の赤ワイン煮

冷蔵1週間/冷凍1か月 今回は、黒豆を赤ワインで煮た、甘さ控え目、つやつやに仕上がるレシピをご

レシピをみる

炒土豆絲(じゃがいもの細切り炒め)

じゃがいも嫌いの方におすすめ!炒土豆丝(じゃがいもの細切り炒め)

冷蔵4日 今回は、じゃがいも嫌いの私が、これならむしゃむしゃ食べてしまう、じゃがいもの細切り炒

レシピをみる

うどのきんぴら

絶賛の歯ごたえと香り!うどのきんぴら

冷蔵1週間 今回は、うどのきんぴらのレシピをご紹介します。 私は、うどは、「もしかしてき

レシピをみる

鮭あらの旨煮

骨までほろっほろ 臭みなし 鮭あらの旨煮

冷蔵5日/冷凍1か月 今回は、安価な鮭のあらを、ほろほろに柔らかく煮付けたレシピをご紹介します

レシピをみる

Comment

  1. くろしば より:

    ここ1カ月位、我が家ではこちらのサイトのレシピにはまって、本当にお世話になっています。

    タンドリーチキンは三回つくりました^_^
    残った汁を再利用してカレーにして二度楽しんでいます。

    我が家は共働き、私(妻の方)はフルタイムで出張なども多く、子供たちは
    食べ盛りなので、
    料理をするのは、好きな方ですが、
    それでも、
    短時間で、栄養バランス良く、ヘルシーで、コストをかけすぎずに、料理するのは、毎日大変です。

    このサイトに出会ってから、
    少し作り置きができるようになり、
    特に野菜料理が家に一品あるだけで、夕方忙しい時でも
    ほっとした気持ちになり、助かっています。

    あと、食材の買い方(ひじきなど)、道具の選び方、容器の消毒の仕方など、とても参考になりました!即実践しました。

    私の実家が自営業であったため、小学生の頃から、
    家族の食事作りをしてきて、
    料理は一通りできると思い込んでいたのですが、
    このサイトを見ると、
    まだまだ工夫できる点が多くみつかり、
    家族は健康的な食事がとれ、
    本当にありがたい限りです。

    タンドリーチキンの他、
    レタスサラダ、キャロットラペ、
    ひじき高野、などが家族に好評です

    引き続き、参考に
    レシピを見させて頂きます^_^

    • スガ より:

      くろしばさん
      スガです(´∀`)ノ まーなんとまぁ嬉しいコメントをいただきまして、ありがとうございます!

      わぁ(´∀`人)
      タンドリーチキン、3回も作っていただいたんですね!!
      しかも、カレーへの再利用もされたとのこと!感動です(*´∀`人)
      そうなんです、これ1回で2度も3度も美味しいので、重宝するんですよね~
      スパイスたっぷりなので、これからの暑い時期には、とても元気の出るメニューの一つになりますので、ぜひぜひ、これからもご活用いただければ幸いです!!(´∀`)ノ

      くろしばさんは、フルタイム&ご出張も多いとのこと、食べ盛りのお子さんもいらっしゃるということですので、いやー、それは毎日がなかなか戦争気味やと思います(´Д` )
      でも、コメントを拝読して、きっとすごくエレガントに何でもバリバリこなされているんやなぁ、素敵やなぁ(*´∀`人)と思いました!

      あー野菜料理
      そうなんですよ野菜、副菜料理が少しあるだけでも、もーのーすーごーく、気分的にラクになるんですよね~(´∀`人)
      もし時間があれば、新鮮な魚や肉を焼いたり蒸したりして、ソースっぽいものをかけて、冷蔵庫の副菜を添えて、少しアレンジすれば、子供たちは「わーい!」、酒もうまい!なものが、気分的にちょいちょいと用意できるのが、本当に嬉しいですよね。お弁当もそうですし。野菜ばんざい!って感じですね。

      いやーでも何といっても、くろしばさんは、なんと小学生の頃から、ご家族の食事作りを担ってこられたとのこと!素晴らしいです!
      私もですねー、作ってたことは作ってたんですが、当時、丸美屋や永谷園、日清、ヒガシマルの「○○の素」を”勝手に”使って、「なかなか親が帰ってこないから、自分だけてきとーに」作っていて、というより荒らしていて、よう怒られてましたわ(ノ∀`) うーん、書きながら、雲泥の差ですね……^_^;

      あっ!でも、ひとつだけ絶賛品がありましたよ!
      今でも覚えていますが、千切りにんじん+玉ねぎみじん切り+ツナ缶+マヨに、大量のポテトチップスを砕いて混ぜるんです。
      失敗無く、とんでもなくウマいんですが、今書きながら思いましたね……なぜ大人になってから作らないか。これは、確実に太りますね(ノ∀`)

      やーでもきっと、くろしばさんのほうが、とてもすごく、素敵にお料理できはるんちゃうかなーと思いますよ(´∀`人)
      そんなくろしばさんに、色々なことを、即実践!していただいたとは!
      なんかもう、めっさ嬉しいです(ノ∀`)

      いやー私は、根がどーもズボラでございまして(ノ∀`)
      毎日少しでもラクをしたいからと、あわよくば、食べるだけで体調整ったらえぇなぁとか思うて、こんなことばっかりやっていましてですね、こちらこそ、色々と教えてもらわんとあかんなーと思うている次第ですので、よろしければ、色々、教えていただければ幸いです(´∀`人)

      ありがとうございました!
      こちらこそ、どうぞよろしくお願いします(´∀`)ノ

  2. くろしば より:

    スガさんにそう言って頂いて、き、恐縮すぎでございます。。

    そういえば、なめたけと、玉ねぎドレッシングも作りました。どんなに忙しくても、美味しい野菜料理を作るのは楽しいですね^_^

    昭和の実家では、
    母の実家が農家だったため、野菜料理が多かったのと、
    実家母が、働きながらも、なんでも手作りをしていまして、
    豆やら乾物やらいつも大量に使っていて、
    そういう食生活が、健康に良かったんだなぁ、と中年になって実感する次第です。

    暑くなりました、、スガさん、ご自愛下さいませ。
    また、楽しい作り置きレポートを楽しみにしています!

    • スガ より:

      くろしばさん
      スガです(´∀`)ノ ご丁寧なご返信をいただきまして、ありがとうございます!!(´∀`人)

      お母様のご実家が農家さんやったんですね(*´∀`人)
      なるほど~!
      豆やら乾物……あー、私、子供らが小さい頃は、「勝手に」敬遠していたところがあります(´Д` )「きっと嫌いちゃうかなー」って。
      でも、意外と食べてくれたし、毎日続けていたら、確実に子供たちも、そして私も、丈夫、というより頑丈になっていったことを思い出しました(ノ∀`)

      そして、温かいお言葉、ありがとうございます!
      最近は猛暑、そして台風で湿気&気圧の変化&雨風、すごいですよね……^_^;
      くろしばさんも、どうぞご自愛くださいませ(´∀`)
      作り置きレポート、次回は連休なので、来週月曜日予定です。

      ありがとうございました!
      ではまた(´∀`)ノ

  3. くろしば より:

    スガさん

    お忙しい中嬉しいコメントありがとうございます

    そういえば、実家母が、30年位、ワイドパンと同じメーカーの圧力鍋を愛用してまして
    圧力鍋で豆入り玄米を炊いていましたので、
    その写真も、とても、勝手に親近感を持ってしまいました

    チキンナゲット、チキン南蛮など、
    食べ盛りの子供達が夏休みに突入たので余計、本当に助かってます。
    また、これからも、レシピを参考に
    させて頂きます!

    • スガ より:

      くろしばさん
      スガです(´∀`)ノ こちらこそ、ご丁寧なご返信をいただきまして、ありがとうございます!!(´∀`人)
      ご返信がすっかり遅くなってしまいましてごめんなさい……(´Д` )

      うわぁ
      お母さまは30年くらい、あの圧力鍋を使われていたとのこと!!
      しかも、豆入り玄米!!いやー恐れ入りました!と同時に、なんだかすごく嬉しいです!!(´∀`人)
      玄米に豆を混ぜて炊き込むと、本当に美味しくて、元気が出るんですよね~!

      あーお子さまたちは、夏休み到来ですね (つ∀`)
      ちょっとだいぶ相当、家事&何より毎食調理がすごく大変(実は回数・頻度が変わらなくても、なんか気分的に大変……^_^;)なんですが、「チキンねた」を活用いただいているとのこと、お役に立てて良かったです!(´∀`人)
      安価でウケが良く、高たんぱくな鶏肉、これからもぜひ活用いただければ幸いです!!

      レシピは遅筆ですが^_^; また、夏に活躍するレシピ、少しずつ上げていきますね(´∀`)

      ありがとうございました!
      ではまた(´∀`)ノ

  4. ちはる より:

    いつも美味しいレシピにお世話になっています。

    私は鶏むね肉が大好きなのでこちらの鶏むね肉レシピも色々と作らせていただいて
    何度もリピしているのですが
    玉ねぎに弱くとんでもなく目が痛くなってしまうので
    タンドリーチキンだけは敬遠していたのですが
    美味しい鶏むね肉が激安で手に入ったのでチャレンジしてみました!
    キンキンに冷やした玉ねぎを休み休みすりおろしてなんとか下ごしらえした甲斐があって
    感激の美味しさでした!
    がんばって良かった!
    これからも絶対リピしたいのでフープロ購入を検討中です。

    • スガ より:

      ちはるさん
      スガです(´∀`)ノ とても素敵なコメントをいただきまして、ありがとうございます!(´∀`人) ご返信が遅くなりましてごめんなさい><

      わー
      玉ねぎが目にめっさしみる方なんですね……(´Д` )
      なのに、玉ねぎを冷やしながら、作っていただいたとのこと!
      ほんまに、ありがとうございます!!(つД`)
      美味しく召し上がっていただいたとのこと、本当に良かったです!!

      そうなんです
      美味しいんですが、確かに「すりおろす」って、アカン方には、きっついですよね……。
      フープロは確かにラクですし、ちょっとぶつ切りにしてガーと回せばOKですので、時間短縮がハンパないです。おすすめですね(´∀`)

      ちなみに私は、ハードコンタクトのせいか、玉ねぎや、ものを焼いた際の煙に、すごく強いです。。
      全然違いますが、とても若い頃、揚げ物や、中華料理のような油を多く使う炒め物が怖くてですね、水泳のでかいゴーグルを使っていたことがあります(ノ∀`)

      ありがとうございました!!
      また、色々お作りいただけますと幸いです(´∀`人)
      ではまた(´∀`)ノ

  5. さりょう より:

    こんばんは!はじめまして!
    いつも拝見しています。
    初めてタンドリーチキンを作ってみました。
    漬け込みは冷凍より冷蔵の方が味が染み込んでより美味しいのでしょうか?
    ヨーグルトは水切りした方が良いのでしょうか?
    作ってみて美味しいと旦那は言ってくれたのですが、中まで味が馴染んでないような気がして、もっと美味しく作りたいです(^^)

    • スガ より:

      さりょうさん
      はじめまして(´∀`)ノ スガです!コメントありがとうございます!また、お問い合わせをいただいておきながら、ものすごーーーーーーくご返信が遅くなりまして、本当にごめんなさい!!(´Д` )

      タンドリーチキン、作っていただきまして、ありがとうございます!!(´∀`人)
      さてお問い合わせをいただいた、「中まで味が馴染んでいないようなので、もっと美味しく作るには?」について、ご説明いたします。

      まずは、ご説明不足、申し訳ございませんでした。
      鶏肉は、皮の表面だけでなく、おおざっぱで良いので、鶏肉一面にたくさん穴を開けましょう。鶏むね肉や、手羽元・手羽先の場合は、もう容赦なくプスプス刺しましょう。

      鶏むね肉の場合は、特に味が染み込みにくいですので、包丁の「みね」(刃の反対側の部分)で、皮以外の部分を両面ともまんべんなく格子状に叩き、全体の厚みが平らになるくらいまで充分に叩くと良いです。

      これらのことを行うことで、より味が染み込みやすくなります。
      手順2に追記いたしました(´Д` )

      鶏肉は何となく柔らかいイメージがあるかもしれませんが、

      ・表面に薄い皮(鶏皮とは別)が覆っていて、これが調味料の染み込みをさえぎったり、
      ・繊維質がとても多く(特にむね肉)、生の状態だと「ふんわり」っぽいのに、加熱してみると、「ほぐせるような繊維」が走っている

      上記のことが、おわかりいただけると思います。ですので、フォークや包丁で容赦なく叩きます。

      タンドリーチキンは、下味で臭み消し&塩分追加の後、玉ねぎの酵素、そしてヨーグルトの乳酸が、たんぱく質を分解しようとして鶏肉そのものを柔らかくし、そして柔らかくなると同時に香辛料を染み渡らせようとする、という調理法なのです。

      ですので、もし味が染みていないようにお感じでしたら、鶏肉そのものを充分に穴を開けたり、叩いたり、観音開き(切れ目を入れて三面鏡のように開くことです。もしおわかりづらければ、またコメントいただければと思います><)にしてから、漬け汁に漬け込むと良いですよ(´∀`)

      長くなりましたが、お読みいただきありがとうございます!
      といいますか、書き連ねてしまいましたので、読みづらいかと思います。ご不明な点がありましたら、どうぞご遠慮なくお申し付けくださいませ!

      ありがとうございました
      ではまた(´∀`)ノ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

身につく作り置き
新刊「身につく作り置き」出版のお知らせ

新刊「身につく作り置き」出版のお知らせです。 発売予定日

2017年1月22日の作り置き(12品)
2017年1月22日の作り置き(12品)

めずらしく炊き込みご飯を作りました。 うまく仕上がったのです

簡単!すぐ完成 大根の皮の漬物
簡単!食感よし、香りよし!大根の皮の漬物

冷蔵1週間 今回は、たくさんの方々からリクエストをいただいていた

2017年1月14日の作り置き(12品)
2017年1月14日の作り置き(12品)

寒いですね。 風邪やインフルエンザが流行っていますが、み

2017年1月9日の作り置き(11品)
2017年1月9日の作り置き(11品)

昨日やっと年賀状を投函しました。 年末年始がもう半年くら

→もっとみる

スポンサーリンク
ぜんぜん おしゃれじゃない
Instagramやってます @sgmy