レシピ 野菜のおかず かぶ お肉のおかず ひき肉 柚子 冷蔵5日 ねかせておいしい 和風

ほっとする優しい味 かぶのそぼろ煮

更新日:

冷蔵5日

かぶのそぼろ煮
今回は、思わずほっとする、かぶのそぼろ煮のレシピをご紹介します。

優しい味のそぼろあんが、柔らかくトロトロのかぶにたっぷり乗った、滋味たっぷりでとても温まる冬の味覚です。

旬のかぶは、皮ごと煮込むことが出来て、しかも、とても早く火が通るので、忙しい時でもすぐにおいしく出来上がる、とても嬉しい食材です。

また、仕上がりは、素材そのものの甘味が活きて、とても柔らかく、とろみと薄味で口当たりが良いですので、お子様からお年を召した方まで、皆さんに喜んでいただけますよ。

メインのおかずとしてはもちろん、酒の肴にもぴったりなこの一品、ぜひ、お試しくださいませ。

スポンサーリンク

レシピについて

かぶは甘味がたっぷりとありますので、甘味のある調味料は控えめにすることで、かぶとそぼろの旨味を引き立てることが出来ます。
薄味仕立て、冷やしても美味しくいただけるよう見直しました。

材料

4人分
かぶ 4~6個
ひき肉(豚もしくは鶏) 200g
■合わせ調味料
 大さじ2
砂糖 小さじ2
しょうゆ 大さじ2
■煮込み用だし
だし汁 250~300cc程度(または、水250~300cc程度+和風だしの素小さじ1/2~2/3)
■仕上げ用調味料
しょうゆ 小さじ1
■とろみ用
片栗粉 大さじ1
 大さじ1
■いただく際
柚子の皮の千切り(お好みで) 1人分あたり少々(親指と人差し指でつまんだ量)
8人分
かぶ 8~12個
ひき肉(豚もしくは鶏) 400g
■合わせ調味料
 大さじ3
砂糖 大さじ1
しょうゆ 大さじ3
■煮込み用だし
だし汁 450~500cc程度(または、水450~500cc程度+和風だしの素小さじ1)
■仕上げ用調味料
しょうゆ 小さじ1.5
■とろみ用
片栗粉 大さじ1.5
 大さじ1.5
■いただく際
柚子の皮の千切り(お好みで) 1人分あたり少々(親指と人差し指でつまんだ量)

具材 4人分 8人分
かぶ 4~6個 8~12個
ひき肉(豚もしくは鶏) 200g 400g
■合わせ調味料
大さじ2 大さじ3
砂糖 小さじ2 大さじ1
しょうゆ 大さじ2 大さじ3
■煮込み用だし
だし汁 250~300cc程度(または、水250~300cc程度+和風だしの素小さじ1/2~2/3) 450~500cc程度(または、水450~500cc程度+和風だしの素小さじ1)
■仕上げ用調味料
しょうゆ 小さじ1 小さじ1.5
■とろみ用
片栗粉 大さじ1 大さじ1.5
大さじ1 大さじ1.5
■いただく際
柚子の皮の千切り(お好みで) 1人分あたり少々(親指と人差し指でつまんだ量) 1人分あたり少々(親指と人差し指でつまんだ量)

作り方

1 かぶは茎を少し残した状態で葉を切り取りきれいに洗いますかぶの下ごしらえをします。

かぶは、茎を少し残した状態で葉を切り取り、きれいに洗います。
茎の付け根に土が付いている場合、とても取れにくいので、水にざぶんと漬けてたわしなどでよく洗うか、竹串などを使って構いませんので、きれいに洗い落としましょう。
また、皮ごと煮込みますので、皮も丁寧に洗っておきましょう。

切り取った葉は、もう一品として、おひたしや、かぶの葉のふりかけへの活用がおすすめです。
または、葉は別でさっとゆでて水に取り、いただく際に一緒に付け合せてももちろんOKで、色合いもとても美しいです。しかし、作り置きにする場合、葉が2日ほどで変色し始めますので、ご予定に合わせてお使いいただければと思います。

2 皮ごと4つ割り程度に切ります洗ったかぶは、皮ごと4つ割り程度、ほぼ一口大の大きさに切ります。
3 合わせ調味料とひき肉を入れて熱します鍋に、合わせ調味料とひき肉を入れ、中火にかけます。
ひき肉は、ダマにならないよう、菜箸4~5本を使うなどして、よくほぐしながら加熱しましょう。
4 かぶを加え、ひたひたのだしを注ぎますひき肉の色が変わり、充分にほぐれたら、かぶを加え、ひたひたの量、つまり、だし汁からかぶが少し頭を出す程度の量のだし汁を注ぎます。
5 ふたをして加熱しますふたをして、中火のまま、7~8分ほど煮込みます。
途中、アクが気になるようなら、取り除きましょう。

かぶは、すぐに火が通りますので、柔らかくなり過ぎない程度に火を通しましょう。

6 しょうゆを加えますかぶが柔らかくなったら、仕上げ用調味料のしょうゆを加え、ざっと全体に混ぜます。
7 とろみ用の片栗粉を水で溶きます。とろみ用の片栗粉を水で溶きます。
8 ざっとかき混ぜてとろみを付けて出来上がりです水溶き片栗粉を加え、ざっと全体をかき混ぜて、とろみを付けて出来上がりです。
9 お好みで柚子の皮の千切りを乗せますいただく際、器に盛り、お好みで柚子の皮の千切りを乗せると、かぶの甘味ととても相性が良く、さらにおいしくいただけます。
作り置きのコツ

  • かぶはすぐに火が通ります。柔らかくなり過ぎない程度に火を通しましょう。
  • 出来立てもおいしいですが、翌日まで寝かしたほうが、より味が馴染み、さらにおいしくいただけます。翌日に召し上がる場合は、手順6でいったん寝かし、手順7以降は召し上がる際に行っても良いです。
  • 保存容器に移し変えて冷蔵庫で保存する場合は、保存容器はしっかり消毒してから使いましょう。
アレンジのヒント

  • いただく際、葉は別でさっとゆでて水に取り、一緒に付け合せても良いです。ほんのり色付いたかぶ、葉の緑色、柚子の皮の黄色がとても美しく、食欲をそそります。
  • かぶの代わりに、冬瓜を使ってもおいしくいただけます。冬瓜は皮をむいて使用しましょう。
  • お弁当にもよく合います。よく冷ましてから、紙やアルミカップの中に詰めましょう。
おすすめ食材、ツール
愛用品です。これ一つで、つぶす、なめらかにする、混ぜる、和える、食卓の取り分けスプーンにと大活躍します。
耐熱温度が200℃ですので、今回のような、ひき肉をそぼろ状に煮る場合も、手早く、ダマにならずに仕上げることが出来ます。また、鍋料理などの穴あきお玉としてはもちろん、揚げ物をすくう際や、炒める際にも充分に使え、食洗機でもきれいに洗える、優秀キッチンツールです。

最新刊「しみこむ作り置き」詳細ご紹介

「近所の書店にない」「なかなか書店に行けない」という方々も多くいらっしゃると思います。全ページご紹介動画を作りましたので、立ち読み感覚でご覧ください。

最新刊
しみこむ作り置き

詳しくはこちら

-レシピ, 野菜のおかず, かぶ, お肉のおかず, ひき肉, 柚子, 冷蔵5日, ねかせておいしい, 和風

Copyright© 週末の作り置きレシピ , 2018 All Rights Reserved.