アレンジいろいろ 切干大根のトマト煮

冷蔵5日/冷凍1か月

切干大根のトマト煮
今日は、切干大根をトマトで煮るレシピをご紹介します。

切干大根は戻さずそのまま使い、ノンオイルで仕上げます。
切干大根のたっぷりな旨味をそのまま使うので、野菜だけなのに、なかなか強い味わいです。って、毎回書いてますね。切干大根の旨味と甘味は、もっと評価されるべきやと思うんです。

材料を煮るだけで完成し、温かくても冷たくても、また、パンに乗せたり、グラタンソースとして焼いたりしても使えますので、いろいろお試しいただけますと幸いです。

レシピについて

切干大根は戻さずそのまま使い、煮込むだけで仕上がります。
シンプルな具材ですが、切干大根の旨味で強くはっきりとした味わいに仕上がりますので、いろいろなアレンジで活用できます。

材料

4人分
切干大根 40g
にんにく 1片
白ワイン または 酒 大さじ2
トマト缶 1缶(400g)
 小さじ1/4
黒こしょう 小さじ1/4
(お好みで)オレガノ、チリペッパー 小さじ1/3
8人分
切干大根 80g
にんにく 2片
白ワイン または 酒 大さじ4
トマト缶 1缶(400g)※
 小さじ1/3
黒こしょう 小さじ1/3
(お好みで)オレガノ、チリペッパー 小さじ2/3

※トマト缶は8人分でも1缶です。

具材 4人分 8人分
切干大根 40g 80g
にんにく 1片 2片
白ワイン または 酒 大さじ2 大さじ4
トマト缶 1缶(400g) 1缶(400g)※
小さじ1/4 小さじ1/3
黒こしょう 小さじ1/4 小さじ1/3
(お好みで)オレガノ、チリペッパー 小さじ1/3 小さじ2/3

※トマト缶は8人分でも1缶です。

作り方

1 切干大根は、水にさっとくぐらせて洗い、表面のごみなどを取り除きます切干大根は、水にさっとくぐらせて洗い、表面のごみなどを取り除きます。

2 もし長ければ、キッチンバサミで食べやすい大きさに切っておきます。もし長ければ、キッチンバサミで食べやすい大きさに切っておきます。トーストのトッピングやグラタン、キッシュ等に展開する場合は、2cm程度の長さに切っておくと食べやすいです。

3 にんにくは皮をむいて薄切りにします。多少厚くても構いません。にんにくは皮をむいて薄切りにします。多少厚くても構いません。

4 鍋またはフライパンに、切干大根、にんにく、白ワイン、トマト缶を入れ、ざっと混ぜて切干大根がトマト缶に浸かるようにします。鍋またはフライパンに、切干大根、にんにく、白ワイン、トマト缶、お好みでオレガノ、チリペッパーを入れ、ざっと混ぜて切干大根が煮汁に浸かるようにします。

塩、こしょうはまだ加えません。切干大根の旨味を充分に引き出すため、味付けは最後です。

5 ふたをして、強火にかけます。ふたをして、強火にかけます。

8 煮立ったら、弱火にします煮立ったら、弱火にします。

弱火は、コンロとフライパンの半分くらいの間に炎の先がある程度です。
家庭用のガスコンロは、炎からフライパンや鍋に当たる距離が短いため、弱火でも充分に火が通ります。

6 塩、こしょうを加え、全体をざっとかき混ぜ、5~6分ほど煮ます(8人分の場合は2~3分)。塩、こしょうを加え、全体をざっとかき混ぜ、5~6分ほど煮ます(8人分の場合は2~3分)。切干大根に煮汁が行き渡り、全体がフツフツとして鍋底に煮汁が残る程度です。

ここで味見をし、薄いようなら塩で調整します。切干大根に煮汁が行き渡り、全体がフツフツとして鍋底に煮汁が残る程度になったら火を止めます。

粗熱を取ってから、しっかり消毒した保存容器に入れて冷蔵庫で保存します。出来立てもおいしいですが、時間が経つと、さらに味がなじんでおいしく召し上がれます。

7 盛り付ける際に、さらにオレガノやチリペッパーを1振りほどかけてもよいです盛り付ける際に、さらにオレガノやチリペッパーを1振りほどかけてもよいですが、かけすぎに注意しましょう。オレガノは薬臭くなりますし、チリペッパーはかけるほど当然辛くなりますし、舌に粒が残ってしまい、口当たりが悪くなります。

作り置きのコツ

  • 切干大根の旨味を充分に引き出すため、味付けは最後です。オレガノやチリペッパーといった香辛料は煮込みの最初から加え、煮込みの終わりがけに塩、こしょうで味付けして味見をすると良いです。
  • トーストのトッピングやグラタン、キッシュ等に展開する場合は、切干大根は2cm程度の長さに切っておくと食べやすいです。
  • 保存容器は充分に消毒してから使いましょう。
アレンジのヒント

  • 具材を足してもおいしいです。なす/きのこ類/鶏もも肉/豚こま切れ肉/ひき肉/ベーコン/ウインナーが合います。
  • ツナやコンソメスープの素は、味がくどくなり、飽きる味になりますので、加えないことをおすすめします。
  • いろいろなアレンジに展開できます。下記、ご参考になれば幸いです。
グラタンソースとして
食べやすい大きさに切った野菜と、ひき肉またはベーコンを炒めて火を通し、塩・こしょうで軽く下味を付けます。
それらを耐熱容器に入れ、その上に溶けるチーズ、切干大根のトマト煮、粉チーズの順に重ね、230度のオーブンで焦げ目が付くまで焼きます。
野菜は、なす/セロリ/トマト/玉ねぎ/ほうれん草/じゃがいも/きのこ類などが合います。
ひき肉はどの種類でも使えますので、余ったひき肉をご活用くださいませ。

キッシュ風
ベーコン1枚とほうれん草1/2把を炒めて塩・こしょうで軽く下味を付けます。
卵2個、切干大根のトマト煮カップ1、溶けるチーズ30gを混ぜ込み、耐熱容器に入れて、220度に予熱したオーブンで20分ほど焼きます。
表面が焦げそうなら、途中でアルミホイルをかぶせるとよいです。
余った生クリームがあれば、ぜひ混ぜ込んで焼きましょう。

グリルした肉のソースとして
肉は、鶏もも肉/豚肉肩ロース肉が使いやすいです。
フライパンで肉を焼いて火を通し、最後に切干大根のトマト煮をたっぷりと加えて、ソースとして絡めます。皿に盛る際、ベビーリーフやフリルレタスをたっぷりと敷くと、おかずサラダとしてもいただけます。

ホイル焼き
切り身魚、きのこ類、切干大根のトマト煮、溶けるチーズをアルミホイルで包み込み、フライパンに乗せてふたをして、中火で5~6分加熱します。

スペイン風オムレツ
玉ねぎ1/2個、じゃがいも1個は皮をむいて3cm程度の乱切りにします。
フライパンにオリーブオイル大さじ1とともに入れ、ふたをして弱めの中火にかけ、火をしっかりと通し、塩・こしょうで軽く下味を付けます。
卵3個、切干大根のトマト煮カップ1に混ぜ込み、フライパンで両面を焼きます。

ココット
切干大根のトマト煮大さじ1、卵1個をココット皿に入れ、マヨネーズを卵の周りにぐるりとかけ、オーブントースターで4~5分ほど、卵が固まるまで焼きます。お好みでパセリのみじん切りを添えます。

トースト
トーストに煮汁ごと塗るように置き、溶けるチーズをかけ、オーブントースターでチーズが溶けるまで焼きます。

おすすめ食材、ツール
味、香り、歯ごたえがしっかりしていておいしい宮崎県産の切干大根です。使いごたえのある500gです。
私はよく大豆と一緒に購入しています。

会社員、料理家、リコーダー奏者、ランナーです。娘二人、孫一人のシングルです。詳しくはこちらからどうぞ。

本日公開レシピ

関連するレシピ