レシピ 常備菜 野菜のおかず 海藻・乾物 青のり 大豆加工品、卵 おから 冷蔵5日 冷凍1か月 ねかせておいしい 和風

健康的ジャンクフード(意味不明)おから青のりサラダ

投稿日:

冷蔵5日/冷凍1か月

おから青のりサラダ
今日は、おからを使ったレシピのご紹介です。

王道の卯の花の炒り煮もおいしいですが、もっと手軽に簡単に、そして精神的なハードルも低く食べることができれば……、と考えたレシピです。
スナック菓子感覚でいただける一品です。ぜひ、お試しくださいませ。

スポンサーリンク

レシピについて

おからパウダーを使って手軽に作ります。
生おからを使う場合は、材料欄の注釈をご参照くださいませ。

材料

4~6人分
おからパウダー 80g(1袋)
(または)生おから※ 400g
だし汁 700ml
(または) 水700ml+粉末だしの素小さじ1+1/2
■合わせ調味料A
 小さじ2
砂糖 小さじ1
 小さじ1/2
■合わせ調味料B
青のり または 青さ粉 大さじ1
マヨネーズ 大さじ2
こしょう 小さじ1/4

※生おからを使う場合は、だし汁は400mlです。
※生おからを使う場合は、フライパンで油をひかずに乾煎りしておきます。中火にかけ、鍋肌から木ベラでかき混ぜるように、7~8分間ほど、焦がさないように加熱します。おからが、ぱらぱら、さらさらの状態になり、おからを手で触ってみて、熱さを感じる程度になったら、火から下ろします。

8~10人分
おからパウダー 160g(2袋)
(または)生おから※ 800g
だし汁 1400ml
(または) 水1400ml+粉末だしの素大さじ1
■合わせ調味料A
 小さじ4
砂糖 小さじ2
 小さじ3/4
■合わせ調味料B
青のり または 青さ粉 大さじ2
マヨネーズ 大さじ4
こしょう 小さじ1/2

※生おからを使う場合は、だし汁は800mlです。
※生おからを使う場合は、フライパンで油をひかずに乾煎りしておきます。中火にかけ、鍋肌から木ベラでかき混ぜるように、7~8分間ほど、焦がさないように加熱します。おからが、ぱらぱら、さらさらの状態になり、おからを手で触ってみて、熱さを感じる程度になったら、火から下ろします。

具材 4~6人分 8~10人分
おからパウダー 80g(1袋) 160g(2袋)
(または)生おから※ 400g 800g
だし汁 700ml 1400ml
(または) 水700ml+粉末だしの素小さじ1+1/2 水1400ml+粉末だしの素大さじ1
■合わせ調味料A
小さじ2 小さじ4
砂糖 小さじ1 小さじ2
小さじ1/2 小さじ3/4
■合わせ調味料B
青のり または 青さ粉 大さじ1 大さじ2
マヨネーズ 大さじ2 大さじ4
こしょう 小さじ1/4 小さじ1/2

※生おからを使う場合は、だし汁は4~6人分400ml、8~10人分800mlです。
※生おからを使う場合は、フライパンで油をひかずに乾煎りしておきます。中火にかけ、鍋肌から木ベラでかき混ぜるように、7~8分間ほど、焦がさないように加熱します。おからが、ぱらぱら、さらさらの状態になり、おからを手で触ってみて、熱さを感じる程度になったら、火から下ろします。

作り方

1 鍋かフライパンに、おからパウダーとだし汁を入れて、強めの中火にかけます。鍋かフライパンに、おからパウダーとだし汁を入れて、強めの中火にかけます。
分離したようになり、水気がふつふつとしてきたら、

2 もったりとなるまで水分を飛ばします。弱めの中火にし、練るように全体を加熱して、もったりとなるまで水分を飛ばします。

3 合わせ調味料Aを加え、全体をよく混ぜ合わせ、粗熱を取ります。もったりとなったら、火を止め、合わせ調味料Aを加え、全体をよく混ぜ合わせ、粗熱を取ります。

4 ボウルに合わせ調味料Bを混ぜ合わせます。ボウルに合わせ調味料Bを混ぜ合わせます。

5 切ったトマトは、手順1の合わせ調味料に漬け込みます。粗熱が取れた手順3を加え、よく混ぜ合わせます。必ず粗熱が取れてから混ぜ合わせましょう。熱いうちに混ぜ合わすと、マヨネーズが分離してしまいます。

この味付けは軽めの薄味にしています。ここで味見をし、お好みでマヨネーズで調整します。

6 取り出す際に扱いやすいです。充分に消毒した保存容器に入れて、冷蔵庫で保存します。

作り置きのコツ

  • 合わせ調味料Bと混ぜ合わす際は、必ず粗熱が取れてから混ぜ合わせましょう。熱いうちに混ぜ合わすと、マヨネーズが分離してしまいます。
  • 保存容器は充分に消毒して使いましょう。
アレンジのヒント

  • お好みでコーン缶や枝豆をお好きなだけ加えてもおいしいです。
  • これをオーブンで焼いてもおいしいです。お好みで溶けるチーズを混ぜ込んだり、さらにマヨネーズを上からぐるりと絞り、オーブントースターやオーブンで焦げ目が付くまで焼きます。
  • だし汁でひと煮立ちでポタージュスープ風にいただくこともできます。お好みの濃度にだし汁を加え、塩少々で味を調整します。
おすすめ食材、ツール
いわゆる、アガるアイテムの一つです。直径50~60mm程度のアイスディッシャーは、1つ持っておくと便利です。アイスクリームをすくうのはもちろんですが、今回のようなマッシュタイプのサラダは、とても簡単に美しく盛り付けることが出来ます。おもてなしにはもちろん、普段使いとしても、綺麗に、しかも平等に取り分けることが出来ますので、何かと重宝します。

-レシピ, 常備菜, 野菜のおかず, 海藻・乾物, 青のり, 大豆加工品、卵, おから, 冷蔵5日, 冷凍1か月, ねかせておいしい, 和風

Copyright© 週末の作り置きレシピ , 2018 All Rights Reserved.