レシピ 野菜のおかず レタス 梅干し 野菜ひとつ 塩昆布 冷蔵5日 冷凍1か月 ねかせておいしい 和風

【野菜ひとつ】酒蒸しレタスの塩昆布梅和え

投稿日:

冷蔵5日/冷凍1か月


酒蒸しレタスの塩昆布梅和え

今日は、たっぷりのレタスを、あっさりといただくレシピをご紹介します。

レタスは酒蒸しにすることで、うんとカサが減り、たっぷりと食べられます。また、より味がしみ込みやすく、日持ちもよくなります。繊維質がしっかりしていますので、熱を加えても、シャキシャキ感が残ります。また、外葉に近い、生で食べると青臭さが残る部分も、熱を通すことで、うんと食べやすくなるなど、いいことづくめです。

作り置いて冷やしておくと、あっさりとした味わいで塩分やミネラル、繊維質が摂れますので、食が進まない際の副菜としても活用いただけます。

レシピについて

レタスを酒蒸しにして、梅肉と塩昆布で和えて、よく冷やして出来上がりです。包丁とまた板は使いません。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • レタス 1個(300~500g)
  • 酒 大さじ2
  • 塩昆布 10g(大さじ2目安)
  • 梅肉 大さじ1(梅干し2個分)

8人分

  • レタス 2個(300~500g×2)
  • 酒 大さじ4
  • 塩昆布 20g(大さじ4目安)
  • 梅肉 大さじ2(梅干し4個分)

作り方

step
1
ボウルに、塩昆布と梅肉を合わせておきます。

写真は梅干しをたたいて使用しています。
この作業は、手順4~6で、レタスを酒蒸しにしている間に行うと効率が良いですが、無理しない程度に対応しましょう。

塩昆布と梅肉

step
2
レタスの葉を1枚ずつはがして洗います。

特に暑い時期は、芯に近いところがヌルッとなっていることがありますので、念入りに洗いましょう。

レタス

step
3
4~5cm(指3本分の幅目安)角程度の大きさにちぎって、

レタスは包丁で切るよりも、手でちぎったほうが、切断面がいびつになり、味が絡みやすくなります。
レタスの芯に近い部分でキュッと固まっている部分は、よくほぐしておきましょう。固まったままですと、火の通りが悪くなります。

レタス

step
4
フライパンか鍋に入れ、酒を振り入れ、ふたをして、弱めの中火にかけます。

8人分を作る際は、4リットル以上の大鍋を使いましょう。

レタス
レタス
レタス

step
5
蒸気が充分に立ったら、いったん底からかき混ぜて、再びふたをして、


レタス
レタス
レタス
レタス

step
6
蒸気が出るまで、そのまま加熱します。

火加減は弱めの中火のままです。

レタス

step
7
ざるにあげて、水気を切ります。水にはさらしません。

水にさらすと、水っぽい仕上がりになり、栄養分もさらに抜けてしまいます。
フライパンごとドバッとざるに上げると危ないので、トングや箸を使って少しずつ上げるとよいです。

レタス
レタス

step
8
レタスが熱いうちに、水気をできるだけ絞り、手順1の梅肉、塩昆布と和え、粗熱が取れるまで冷まします。

一回り小さいボウルの上にざるを重ね、トングで端から押さえるようにすると、水気を絞りやすいです。
菜箸でほぐしながら、ゴムベラでボウルの底からしっかりと混ぜ合わせるとよいです。

レタス
レタス
レタス

step
9
冷やします。

粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて、冷蔵庫で2時間ほどよく冷やしてからいただきます。
出来たてでもおいしいですが、味が少し強めです。冷やすとちょうどよい塩梅になります。

保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • レタスは包丁で切るよりも、手でちぎったほうが、切断面がいびつになり、味が絡みやすくなります。
  • 酒蒸しにしたレタスは、水にさらしません。水にさらすと、水っぽい仕上がりになり、栄養分もさらに抜けてしまいます。
  • フライパンごとドバッとざるに上げると危ないので、トングや箸を使って少しずつ上げるとよいです。
  • しっかりめの味付けと旨味を入れていますので、神経質に絞る必要はありません。一回り小さいボウルの上にざるを重ね、トングで端から押さえるようにすると、水気を絞りやすいです。
  • 出来たてでもおいしいですが、味が少し強めです。冷やすとちょうどよい塩梅になります。
  • 冷やす際は、粗熱を取ってから、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。

アレンジのヒント

  • 一緒に加えておいしい具材:みょうが/しょうが/大葉
  • そうめん、冷やしうどんの具材にも。
  • 蒸し鶏や、冷しゃぶの付け合わせにも。

梅干しの漬け方はこちら


梅干し
ワンルームでも、きちんと作る梅干し

常温半年~ 今回は、梅干しの作り方をご紹介します。 2015年は東京で初めての夏を迎えたこともあり、東京の自宅でいただく ...

続きを見る

おすすめ食材、ツール

S&Bさんから、梅肉と塩だけの練り梅が出ています。混ざり物がないので、とてもおいしく使いやすいです。


塩昆布は業務用がコストパフォーマンス良しです。ジップロックに移し替えて使っています。このお品は少し昆布が細かいのか、食材となじみやすいので気に入っています。

レタスのレシピはこちらもどうぞ


【野菜ひとつ】レタスのレモン即席漬け
【野菜ひとつ】レタスのレモン即席漬け

冷蔵4日 今日は、レタスの即席漬けのレシピをご紹介します。 レモンの爽やかな風味を、オリーブオイルがフルーティーにまとめ ...

【野菜ひとつ】レタスと塩昆布の即席漬け
【野菜ひとつ】レタスと塩昆布の即席漬け

冷蔵4日 今日は、レタスをたっぷりいただくレシピをご紹介します。 ちぎったレタスに熱湯を回しかけて作ります。このひと手間 ...

レタスと焼き海苔の煮びたし
レタスと焼き海苔の煮びたし

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、レタスを加熱してたっぷりといただくレシピをご紹介します。 味付けはめんつゆで簡単に作ります ...

【野菜ひとつ】酒蒸しレタスの塩昆布梅和え
【野菜ひとつ】酒蒸しレタスの塩昆布梅和え

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、たっぷりのレタスを、あっさりといただくレシピをご紹介します。 レタスは酒蒸しにすることで、 ...

たっぷりレタスのひき肉味噌炒め
たっぷりレタスのひき肉味噌炒め

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、たっぷりのレタスを、ひき肉味噌で、とろとろの炒め煮にするレシピをご紹介します。 レタスは熱 ...


もっと見る

他のレシピをさがす

-レシピ, 野菜のおかず, レタス, 梅干し, 野菜ひとつ, 塩昆布, 冷蔵5日, 冷凍1か月, ねかせておいしい, 和風

Copyright© 週末の作り置きレシピ , 2019 All Rights Reserved.