レシピ 常備菜 野菜のおかず ピーマン 梅干し 野菜ひとつ かつお節 冷蔵5日 冷凍1か月 時間がたってもおいしい 和風

【野菜ひとつ】ピーマンの梅おかか和え

更新日:

冷蔵5日/冷凍1か月

ピーマンの梅おかか和え
今日は、ピーマンを梅とかつお節で和えるレシピをご紹介します。

細切りにしたピーマンを、さっとゆでて和えて出来上がりです。
ピーマンの苦味が、梅とかつお節で和えると旨味に変わり、口に含むとフフフとなります。

スポンサーリンク

レシピについて

ピーマンをゆでて和えます。
梅が「強い」こと、味付けが加熱なしでOKですので、酒蒸しではなく、ゆでることでさらに手軽に作ります。

材料

3~4人分
ピーマン 5~6個
かつお節 10g(小袋なら4袋(2.5~3g×4))
■合わせ調味料
梅肉 大さじ1(梅干し大2個分)
砂糖 小さじ1/2
昆布だしの素 または 昆布茶 小さじ1/2
6~8人分
ピーマン 10~12個
かつお節 20g
■合わせ調味料
梅肉 大さじ2(梅干し大4個分)
砂糖 小さじ1
昆布だしの素 または 昆布茶 小さじ1

作り方

1 ピーマンは縦半分に切り、ピーマンは縦半分に切り、

2 ヘタを取ります。ヘタを取ります。
親指でヘタを外側から押すようにすると、パキッと取れます。

3 半分に切るピーマンの長さが4~5cm以上(指3本分の幅以上)ある場合は、食べやすいよう、半分に切っておきましょう。

4 4~5mm幅の細切りにします。4~5mm幅の細切りにします。
人差し指の太さの1/3程度の幅を目安にするとよいです。

5 1リットル程度のお湯を沸騰させます。1リットル程度のお湯を沸騰させます。火は強めの中火です。

6 ピーマンを入れ、再び沸騰したら、ピーマンを入れ、再び沸騰したら、

7 ざるにあげます。ざるにあげます。水にはさらさず、このまま予熱で火を通します。

8 ボウルに合わせ調味料の材料を混ぜ合わせます。ボウルに合わせ調味料の材料を混ぜ合わせます。

9 よく混ぜ合わせて手順7のピーマンとかつお節を加えて、ほぐしながら、よく混ぜ合わせて出来上がりです。

10 冷蔵庫で保存します。保存する場合は、充分に消毒した保存容器に入れ、冷蔵庫で保存します。

作り置きのコツ

  • ピーマンはゆでたら水にさらしません。水にさらすと水っぽくなってしまいます。
  • 和えるときは、梅肉、かつお節をよくほぐしながら混ぜ合わせるとよいです。
  • 保存する際は、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫に入れましょう。
アレンジのヒント

  • 一緒に揉み込んでも&食べる際に添えても:みょうがスライス/刻んだ大葉/いりごま/乾燥ちりめんじゃこ
  • ごま油をかけてもおいしいです。
  • 冷奴のっけ、そうめん、お茶漬けの具材としてもどうぞ。
おすすめ食材、ツール
昆布だしはこちらを愛用しています。たっぷり1kg、グルタミン酸の宝庫です。浅漬けやドレッシング、煮物など、和食から洋食、中華、韓国、エスニックまで、幅広く活躍します。

最新刊「しみこむ作り置き」詳細ご紹介

「近所の書店にない」「なかなか書店に行けない」という方々も多くいらっしゃると思います。全ページご紹介動画を作りましたので、立ち読み感覚でご覧ください。

最新刊
しみこむ作り置き

詳しくはこちら

-レシピ, 常備菜, 野菜のおかず, ピーマン, 梅干し, 野菜ひとつ, かつお節, 冷蔵5日, 冷凍1か月, 時間がたってもおいしい, 和風

Copyright© 週末の作り置きレシピ , 2018 All Rights Reserved.