【野菜ひとつ】めんつゆでエリンギの焼きびたし

エリンギ レシピ 野菜のおかず きのこ めんつゆ 冷蔵5日 冷凍1か月 調理時間:15分 こどもOK おつまみ お弁当のおかず 茶色のおかず 時間がたってもおいしい 和風

【野菜ひとつ】めんつゆでエリンギの焼きびたし

冷蔵5日/冷凍1か月

めんつゆでエリンギの焼きびたし

今日は、エリンギのレシピをご紹介します。

帆立の貝柱のような歯ごたえと、じゅわっと広がる旨味を堪能できる、ジューシーな食べごたえの一品です。

エリンギを蒸し焼きにして、めんつゆを加えるだけ、シンプルなレシピで、手軽に出来る一品です。

出来たてでも、よく冷やしても、どちらでもおいしいです。

もうあと一品の副菜にはもちろん、お弁当のおかず、おつまみにもどうぞ。

レシピについて

エリンギを輪切りにして、多めの油で蒸し焼きにし、めんつゆを加えてひと煮立ちさせて出来上がりです。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • エリンギ(※1) 400g
  • サラダ油(※2) 大さじ3(45ml)
  • ■合わせ調味料
  • 水 250ml
  • めんつゆ(4倍濃縮…つゆと水の比率が1:3) 50ml(大さじ3+小さじ1)

(※1)あらかじめ角切りの状態で販売されているエリンギを使っても構いません。その場合、手順1は不要です。
(※2)あればぜひ、「こめ油」を使いましょう。たっぷり使っても、作り置きしても、すっきりとした口当たりで、コクたっぷりの仕上がり、素材の味と旨味が活きます。

8人分

  • エリンギ(※1) 800g
  • サラダ油(※2) 大さじ6(90ml)
  • ■合わせ調味料
  • 水 500ml
  • めんつゆ(4倍濃縮…つゆと水の比率が1:3) 100ml

(※1)あらかじめ角切りの状態で販売されているエリンギを使っても構いません。その場合、手順1は不要です。
(※2)あればぜひ、「こめ油」を使いましょう。たっぷり使っても、作り置きしても、すっきりとした口当たりで、コクたっぷりの仕上がり、素材の味と旨味が活きます。

作り方

step
1
エリンギは2~3cm幅(指2本分の幅目安)の輪切りにします。カサの部分は2つ~4つに切ります。

きのこ類は水分を含みやすいので、水洗いをすると水気を吸ってしまい、風味が落ちてしまうため、水洗いせずに使います。
流通しているきのこ類は、基本的に無農薬栽培であること、汚れを気にする必要はない状態で栽培・出荷されていますので、水洗いしなくても使えます。

太いエリンギは縦半分に切るとよいですが、調理すると縮みますので、大きめを保ちましょう。

エリンギエリンギ
エリンギエリンギ
エリンギエリンギ

step
2
フライパンに手順1のエリンギとサラダ油を入れ、火をつけずに混ぜ合わせて、エリンギ全体にサラダ油を絡めます。

8人分の場合は、4リットル以上の深型フライパンを使うとよいです。

エリンギエリンギ
エリンギエリンギ

step
3
ふたをして、弱めの中火にかけます。充分に蒸気が出て、香りが立つまで、8〜10分ほど加熱します。

ゆっくりと加熱することで、エリンギの旨味が、より引き出されます。
加熱している間は、放置しましょう。むやみにいじると、火の通りが悪くなります。洗い物でもしておきましょう。

エリンギエリンギ

step
4
合わせ調味料の材料を加えて中火にし、再びふたをして、全体が沸騰するまで2~3分ほど加熱します。

エリンギから出ている水分には、旨味がたっぷりと含まれています。この水分も残さず、出汁として一緒にいただきましょう。
水とめんつゆを合わせてから加えるとスムーズです。

エリンギエリンギ
エリンギエリンギ
エリンギエリンギ

step
5
保存の際は、

粗熱をとってから、充分に消毒した保存容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。
温めても、冷蔵庫でよく冷やしても、どちらもおいしくいただけます。

汁気が多い仕上がりです。周りを水で冷やしながら、中身が空気にふれるようにかき混ぜて急冷することで、食中毒を防止することができます。水で冷やして10~15分ほど置いておくと、粗熱が取れます。

保存します。保存します。

作り置きのコツ・ポイント

  • きのこ類は水分を含みやすいので、水洗いをすると水気を吸ってしまい、風味が落ちてしまうため、水洗いせずに使います。
  • 太いエリンギは縦半分に切るとよいですが、調理すると縮みますので、大きめを保ちましょう。
  • ゆっくりと加熱することで、エリンギの旨味が、より引き出されます。
  • エリンギから出ている水分には、旨味がたっぷりと含まれています。この水分も残さず、出汁として一緒にいただきましょう。
  • 保存の際は、粗熱を取ってから、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。
  • 汁気が多い仕上がりです。周りを水で冷やしながら、中身が空気にふれるようにかき混ぜて急冷することで、食中毒を防止することができます。麦茶を冷やす要領で、容器の周りを水で冷やして10~15分ほど置いておくと、粗熱が取れます。

アレンジのヒント

  • いただく際、添えておいしい具材:大根おろし/一味・七味唐辛子/大葉千切り/青ねぎ小口切り
  • 麺類との相性が良いです。素麺にかけたり、冷製パスタソースとしても。
  • 冷奴、冷しゃぶにかけても。
  • お弁当に詰める際は、水気をよく切ってから詰めましょう。

おすすめ食材、ツール

お気に入りのこめ油です。たっぷり使っても、作り置きしても、すっきりとした口当たりで、コクたっぷりの仕上がり、素材の味と旨味が活きます。サラダ油に替えてこれを使うと、びっくりするほどおいしく仕上がります。クセやにおいがほとんどなく、胃もたれ・胸やけしにくい、ベタつきにくく後片付けも簡単と、すっかり惚れ込みました。


ファンであり、愛用品のめんつゆです。かつお風味たっぷりの濃厚つゆです。ざるそば、そうめんのつけつゆにはもちろん、和え物、冷奴、鍋物、丼物、たまごがけごはんなど、とても手軽に、あらゆる和風料理がおいしく仕上がります。この1リットルサイズは、牛乳パックより少し太め+背が低めの容器です。

きのこのレシピはこちらもどうぞ


きのこと鶏むね肉の味噌炒め
きのこと鶏むね肉の味噌炒め

2024/5/1

やわらか鶏むね肉に、たっぷりのきのこと、食欲をそそるにんにく風味の甘辛みそ味を絡めたボリュームおかずです。 このままメイ ...

【野菜ひとつ】えのきのおかか和え
【野菜ひとつ】えのきのおかか和え

2023/10/24

今日は、えのきのレシピをご紹介します。 かつお節の旨味と、ごはんによく合うしょうゆ味、シャキシャキとした歯ざわりで、えの ...

きのこの和風スープ
きのこの和風スープ

2023/8/31

今日は、きのこのレシピをご紹介します。 たっぷりのきのこで作る、食べる和風スープです。いろいろなきのこの食感と出汁の旨味 ...

【野菜ひとつ】めんつゆしめじ
【野菜ひとつ】めんつゆしめじ

2023/8/2

今日は、しめじのレシピをご紹介します。 しめじをめんつゆで蒸し煮にして、旨味をたっぷりと引き出して、ごはんによく合う甘辛 ...

めんつゆで きのこの焼きびたし
めんつゆで きのこの焼きびたし

2023/7/6

今日は、きのこのレシピをご紹介します。 いろいろなきのこの食感と、じゅわっと広がるコクと旨味を堪能できる、ヘルシーでジュ ...


もっと見る