人気検索ワードめんつゆなすピーマン

レシピ 野菜のおかず 白菜 かつお節 すりごま マヨネーズ 冷蔵5日 時間がたってもおいしい 和風 洋風

白菜大量消費レシピの決定版!白菜が丸ごと食べたくなる簡単サラダ

更新日:

冷蔵5日

白菜が丸ごと食べたくなる簡単サラダ
今回は、クックパッドのつくれぽ13,020件超え(2015年1月8日時点)という、白菜を使ったサラダの、すごいレシピをご紹介します。

最初に作った時は、「えっ!白菜って、こんなにカサが減るの??」と、その出来上がりの量に驚き、そして最初に食べた時は、大皿に出したのに2分ほどで完食されてしまった、その美味しさに驚き、すっかりファンになってしまいました。

簡単に美味しくできる神レシピですが、一番の注意点は、せっかく作り置きとして作ったのに、味見で完食してしまうことです。

もてあましている白菜の救済レシピとしても、ぜひ、お試しくださいませ。

スポンサーリンク

レシピについて

Cpicon 白菜が丸ごと食べたくなる♪簡単サラダ♪ by ハニー1003
このレシピを参考に作っています。この記事ではたっぷり4人分、8人分を掲載しています。

材料

4人分
白菜 1/2玉
すりごま 大さじ2
マヨネーズ 大さじ5~6
かつお節 10g(小袋なら5g×2)
■下味用調味料
和風だしの素 大さじ2
砂糖 大さじ2
 小さじ1/2
8人分
白菜 1玉
すりごま 大さじ4
マヨネーズ 大さじ8~9
かつお節 20g(小袋なら5g×4)
■下味用調味料
和風だしの素 大さじ4
砂糖 大さじ4
 小さじ2/3

具材 4人分 8人分
白菜 1/2玉 1玉
すりごま 大さじ2 大さじ4
マヨネーズ 大さじ5~6 大さじ8~9
かつお節 10g(小袋なら5g×2) 20g(小袋なら5g×4)
■下味用調味料
和風だしの素 大さじ2 大さじ4
砂糖 大さじ2 大さじ4
小さじ1/2 小さじ2/3

作り方

1 白菜はざく切りにします白菜は洗い、すごく太めの千切りにするようなイメージで、ざく切りにします。
2 沸騰したお湯に芯の部分を入れます鍋にたっぷりのお湯を沸かし、沸騰したお湯に、まず芯に近い部分を入れます。
3 再び沸騰したら再び沸騰するまで、しばらくそのまま熱します。
4 葉の部分を入れます全体が再び沸騰したら、残りの、葉に近い部分を入れます。
5 白菜1玉分ちなみに白菜1玉分なら、5.5リットルの鍋で、写真のようにギリギリゆでることが出来ます。
6 ざるにあけて荒熱を取ります葉に近い部分を加えたら、グラッと沸騰しかかったタイミングで、すぐにざるにあけましょう。余熱で充分に火が通ります。

大鍋で大量にゆでた場合は、トングや穴じゃくしなどを使って、ざるにあけるようにしましょう。鍋ごとざるに受けると、思わぬ方向に中身が一気に出て手を火傷するなどの恐れがあり(というか、しました)、とても危険です。

このまま、手で扱うことができる程度に、荒熱が取れるまで冷まします。
室温と白菜の量にもよりますが、冷めるまで30分ほど、1玉なら1時間ほどかかります。
途中、菜箸や木ベラなどで全体を返すようにざっと混ぜておくと、早く冷めますよ。

7 ぎゅっと絞って水分を切ります手で扱える程度に荒熱が取れたら、ぎゅっと絞って水気を切ります。
8 これくらいのかさになります水気を切った白菜は、ボウルに入れます。
この時点で、相当カサが減っています。
9 下味用調味料を加えて、揉むようによく混ぜ合わせます水気を切った白菜は、ボウルに入れ、下味用調味料を加えて、揉むようによく混ぜ合わせます。
10 冷まします下味用調味料を白菜に混ぜ合わせたら、そのまま完全に冷めるまで、置いておきます。

こうすることで、白菜に下味が染み込むとともに、さらに白菜の余分な水分がどんどん出てきます。

11 さらに水分を絞ります白菜が完全に冷めたら、さらに水分をぎゅっと絞ります。

水気を絞った白菜は、写真のように、さらにワンサイズ小さいボウルに移し変えることが出来ます。

12 すりごまとマヨネーズで和えます水気を絞った白菜は、すりごまとマヨネーズでよく和えます。
13 かつお節を加えてざっと混ぜて出来上がりです最後に、かつお節を加えて、全体をざっと混ぜて出来上がりです。
14 よく消毒した保存容器に入れます容器に移して冷蔵庫で保存します。保存容器はしっかり消毒してから使いましょう。
作り置きのコツ

  • 白菜をゆでる時は、まず芯の近くの固い部分から熱湯に入れ、いったん沸騰してから葉の部分を入れ、さっとゆでる程度でざるにあけ、余熱で火を通すと、ちょうど良い仕上がりになります。
  • 下味用調味料を加えて冷ました後は、両手で水気をギュッと絞りましょう。水気が多いままですと、水っぽい仕上がりになり、また、作り置きにも向きません。
  • 保存容器はしっかり消毒してから使いましょう。日持ちの日数が違ってきます。
アレンジのヒント

  • 仕上げに、いりごまや、こしょうをかけても、とてもおいしくいただけます。いりごまはプチプチ感、こしょうはより洋風寄りの独特の風味に進化します。
  • まさに和洋折衷な味ですので、パンに挟んだり、ご飯に乗せてもおいしくいただけます。パンは食パンでサンドイッチ、チーズやレタスを一緒に挟んでもおいしいです。ご飯なら、だししょうゆなどを少し垂らし、お好みでさらにかつお節をかけると、温かいご飯と冷たく冷えて歯ざわりの良い白菜との対比、かつお+しょうゆ+マヨの最強コラボで、とてもおいしくいただけます。
  • お弁当にもよく合います。詰める際は、水気をよく切ってから、他のおかずが冷めてから詰めましょう。
おすすめ食材、ツール
単身赴任後、こちらのごますり器を購入しました。他社のごますり器と違うなと思う点は、1)粗さ調節機能が付いていること、2)セラミック刃、3)その刃は簡単に取り外せて目詰まりなくきれいに洗えること、です。
また、ガラス製なので、静電気もなく、すったごまが出てこないといったこともありません。
これまでは大量にごまをする必要があったので、当然のようにすり鉢ですっていましたが、こんなに簡単に大量に、しかも粗さも調節出来てごますりが出来ると知っていれば、もっと以前に買っていました。すりたてのごま、とても美味しいですね。

-レシピ, 野菜のおかず, 白菜, かつお節, すりごま, マヨネーズ, 冷蔵5日, 時間がたってもおいしい, 和風, 洋風

Copyright© 週末の作り置きレシピ , 2018 All Rights Reserved.