【野菜ひとつ】お鍋ひとつでレタスのおひたし風

冷蔵5日/冷凍1か月

レタスのおひたし風
今日は、レタスのおひたしのレシピをご紹介します。

おひたしと言いつつ、別ゆでせず、レタスの水分を利用して、ひとつのお鍋で作りますので、手間なくすぐに出来上がります。包丁まな板いりません。
仕上げに、たっぷりのかつお節と、香りづけのしょうゆを垂らすのがポイントです。
キンキンに冷やして、旨味たっぷりのつゆごとお召し上がりくださいませ。

レシピについて

レタスを手でちぎり、煮汁で煮て出来上がりです。

材料

3~4人分
レタス 大1個
かつお節 小袋2パック(2.5g~3g×2袋)
しょうゆ(できれば薄口) 小さじ1/2
■合わせ調味料
だし汁 100ml
(または) 水100ml+顆粒だしの素小さじ1/4
しょうゆ(できれば薄口) 大さじ1
みりん 大さじ1
7~8人分
レタス 大2個
かつお節 10~12g(小袋4パック(2.5g~3g×4袋))
しょうゆ(できれば薄口) 小さじ1
■合わせ調味料
だし汁 200ml
(または) 水200ml+顆粒だしの素小さじ1/2
しょうゆ(できれば薄口) 大さじ1
みりん 大さじ1

作り方

1 レタスは洗い、手でちぎります。レタスは洗い、手でちぎります。
サラダを食べるときにちぎる程度の大きさで構いません。

2 フライパンか大きめの鍋に、合わせ調味料の材料を煮立てて、フライパンか大きめの鍋に、合わせ調味料の材料を煮立てて、

3 手順1のレタスを入れ、手順1のレタスを入れ、

4 ふたをして、中火で加熱します。ふたをして、中火で加熱します。

5 厚手のフライパンか鍋に合わせ調味料を入れて火にかけます。1分ほどで少ししんなりしますので、鍋底からざっと全体をかき混ぜ、レタスから水分が出て全体がしんなりとしたら、

6 かつお節を加え、かつお節を加え、

7 かつお節をほぐすようにざっと混ぜて、火を止めます。かつお節をほぐすようにざっと混ぜて、火を止めます。

8 しょうゆを加えて、全体を混ぜ合わせます。しょうゆを加えて、全体を混ぜ合わせます。

9 充分に消毒した保存容器に入れて、冷蔵庫で保存します。充分に消毒した保存容器に入れて、冷蔵庫で冷やします。
冷蔵庫に入れる際は、急冷するなどして、粗熱が充分に取れてから入れましょう。

作り置きのコツ

  • 冷蔵庫に入れる際は、急冷するなどして、粗熱が充分に取れてから入れましょう。
  • 保存容器は充分に消毒して使いましょう。
アレンジのヒント

  • 温かいまま、煮びたしとしてもいただけます。王道の薄揚げを加える場合は、油抜きをしなくても、かえってコクが出ておいしいです。キッチンバサミで1cm幅、4~5cm長さ程度に切って、手順3でレタスと一緒に煮立てます。
  • いろいろなトッピングが合います。乾燥ちりめんじゃこ/刻みのり/いりごま/かつお節/七味唐辛子/しょうがすりおろし
おすすめ食材、ツール
薄口しょうゆはヒガシマルさんを使っています。東京では薄口しょうゆをほとんど見かけないので、amazonで3本セットを購入しています。

ジップロック コンテナー、現在は2016年2月のリニューアル後のものも使っています。
評判は割とけちょんけちょんで、amazonレビューは炎上気味ですが、どうなんでしょう、私はかなり機嫌良く使っています。軽い、薄い、冷蔵庫内で無理なくコンパクトに積み重ね出来るので、旧型使用時よりもさらに冷蔵庫が広々としています。
青菜1把分の煮びたし/おひたし等は、正方形 700mlがぴったりのサイズです。もちろん今回のレタス大1個分もこれに収まります。というか、こんなサイズに収まってしまうレタスすごい。

会社員、料理家、リコーダー奏者、ランナーです。娘二人、孫一人のシングルです。詳しくはこちらからどうぞ。

本日公開レシピ

関連するレシピ