もやしとわかめの酢の物

レシピ 野菜のおかず もやし しょうが 海藻・乾物 わかめ 冷蔵5日 冷凍1か月 調理時間:10分 おつまみ お弁当のおかず 黒色のおかず 包丁いらず 時間がたってもおいしい 和風

もやしとわかめの酢の物

冷蔵5日/冷凍1か月

もやしとわかめの酢の物

今日は、もやしとわかめの酢の物のレシピをご紹介します。

年中安価な食材と、入手しやすい調味料を使った、ミネラル豊富でヘルシーな一品です。

しょうがをきかせた爽やかな風味、ノンオイルで、あっさり、さっぱりとした口当たりです。

お好みで、大葉や柚子の皮などの香味野菜を添えてもおいしくいただけます。

もうあと一品の副菜に、お弁当のおかずに、酒の肴に、ぜひご活用くださいませ。

レシピについて

さっとゆでて水気を切ったもやしと、水で戻したわかめを、調味料で和えて出来上がりです。4人分で、もやし2パック目安です。
ひげ根は取るにこしたことないですが、取らなくても臭みが気にならない方法をご説明します。
以前よりご紹介しているレシピを、一部見直しました。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • 緑豆もやし または 大豆もやし 2袋(200g×2)
  • 乾燥わかめ(※1) 大さじ4(12g)
  • 水 400ml(2カップ)
  • 酢(※2) 大さじ1(15ml)
  • ■合わせ調味料
  • 酢 大さじ3(45ml)
  • しょうゆ 大さじ2(30ml)
  • 砂糖 大さじ1
  • 顆粒和風だしの素 小さじ1/2
  • しょうがすりおろし 大さじ1(3~4cm角×1片分目安)

(※1)塩蔵わかめを使う場合は、40g目安です。
(※2)出来上がりに酢の味は残りません。

8人分

  • 緑豆もやし または 大豆もやし 4袋(200g×4)
  • 乾燥わかめ(※1) 24g(大さじ8)
  • 水 800ml(4カップ)
  • 酢(※2) 大さじ2(30ml)
  • ■合わせ調味料
  • 酢 大さじ6(90ml)
  • しょうゆ 大さじ4(60ml)
  • 砂糖 大さじ2
  • 顆粒和風だしの素 小さじ1
  • しょうがすりおろし 大さじ2(5~6cm角×1片分目安)

(※1)塩蔵わかめを使う場合は、80g目安です。
(※2)出来上がりに酢の味は残りません。

作り方

step
1
わかめは製品の表記に従い、水か湯につけて戻し、ざるに上げておきます。

この作業は、手順4で、もやしをゆでている間に行うと効率が良いですが、無理しない程度に対応しましょう。

たっぷりの水につけて5分程度が目安です。
わかめは、熱湯に1~2分ほどつけて戻してから冷水にさらすと、とても色鮮やかに仕上がります。余裕のある方は、ぜひお試しくださいませ。

わかめわかめ
わかめわかめ

step
2
ボウルに、合わせ調味料の材料を混ぜ合わせます。

この作業も、手順4で、もやしをゆでている間に行うと効率が良いですが、無理しない程度に対応しましょう。

合わせ調味料

step
3
もやしを洗います。もやしは、たっぷりの水につけて洗い、すくうようにして、ざるにあげます。

もやしはひげ根を取るのがおいしく仕上がるコツですが、面倒な方(私とか)は、このようにするとよいです。
たっぷりの水に浸して洗い、ざるに上げる際は、すくうようにして上げ、ゆでる時に酢を加えると、クセがだいぶ抑えられます。また、水からゆでることで、シャキッと仕上がります。

汚れや臭みの部分は、ボウルの中に残ります。

もやしもやし
もやしもやし

step
4
フライパンか鍋に、もやし、水、酢を入れ、ふたをして強火にかけます。

8人分は4リットル以上の大鍋を使用するとよいです。

もやしもやし
もやしもやし

step
5
沸騰して充分に蒸気が立ったら、緑豆もやしはすぐに火を止めて、大豆もやしなら追加で1分加熱し、ざるにあげます。

水からゆでて、余熱で仕上げることで、作り置きをしても、シャキシャキの歯ざわりでいただくことができます。
水にさらすと水っぽい仕上がりになりますので、水にはさらしません。

もやしもやし
もやしもやし

step
6
手順1のわかめの水気をぎゅっと絞り、手順2の合わせ調味料が入ったボウルにほぐしながら入れて、

写真は撮影の都合から片手ですが、両手を使ってしっかりと絞りましょう。

わかめわかめ

step
7
手順5のもやしの水気をできるだけ切って加え(絞りません)、よく和えます。

菜箸でほぐしながら、ゴムベラでボウルの底からしっかりと混ぜ合わせるとよいです。

もやしもやし

step
8
保存の際は、

充分に消毒した保存容器に入れて冷蔵庫で保存します。

保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • わかめは、熱湯に1~2分ほどつけて戻してから冷水にさらすと、とても色鮮やかに仕上がります。余裕のある方は、ぜひお試しくださいませ。
  • もやしは水からゆでて、余熱で仕上げること、できるだけ水気を切ってから(絞りません)調味料と和えましょう。
  • ゆでたもやしは水にさらすと水っぽい仕上がりになりますので、水にはさらしません。
  • わかめは、熱湯で戻してから冷水にさらすと、とても色鮮やかに仕上がります。
  • 保存の際は、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。

アレンジのヒント

  • 一緒に和えておいしい具材:きゅうり(薄切り)/緑豆春雨(ゆで)/切干大根/乾燥ちりめんじゃこ/かにかまぼこ(細かく裂く)/薄焼き卵(細切り)
  • 一緒に和えておいしい香味野菜・香辛料:大葉/みょうが/柚子の皮/青ねぎ小口切り/いりごま
  • 酢の半量を、レモン、すだち、かぼすなど、お好みの柑橘類の果汁と差し替えても。
  • 焼き魚と相性が良いです。
  • お弁当に詰める際は、水気をよく切ってから詰めましょう。

おすすめ食材、ツール

内堀醸造の米酢は、酸味が強すぎず、まろやかで、優しいのにコクがある味ですので、口当たりがやわらかく、酢が苦手な方でも食べやすいと思います。酢の物、ドレッシングや煮物などにも、たっぷり使っても尖った味にならず、とてもまろやかな仕上がりとなります。


しょうゆはここ2年ほどで、「ヤマサ醤油 鮮度生活 特選丸大豆しょうゆ」に落ち着きました。使い終わりまでずっとしょうゆの色が、おろしたての淡く赤い色、旨味と香りを保つのが、とてもうれしいです。


いわゆる「顆粒和風だしの素」は、味の素さんのほんだしを使っています。味の素やほんだしに対して「悪いもの」「甘え」「使ってはダメ」「手抜き」「これをおいしいと感じるのは味覚がおかしい」と、自分自身に呪いをかけている方が何と多いことか。素直に甘えれば良いのです。おいしいですよ。

もやしのレシピはこちらもどうぞ


【野菜ひとつ】もやしの胡麻和え
【野菜ひとつ】もやしの胡麻和え

2021/10/17

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、もやしの和え物のレシピをご紹介します。 ごまの香りとコク、ノンオイルで、もやしがたっぷりと ...

【野菜ひとつ】もやしの梅昆布和え
【野菜ひとつ】もやしの梅昆布和え

2021/10/17

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、もやしの和え物のレシピをご紹介します。 さっとゆでたもやしを、梅と塩昆布で和えて出来上がり ...

【野菜ひとつ】もやしのゆかり和え
【野菜ひとつ】もやしのゆかり和え

2021/10/1

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、もやしの和え物のレシピをご紹介します。 材料は、もやしと、ゆかりふりかけのみ、さっと作れる ...

もやしとわかめの酢の物
もやしとわかめの酢の物

2021/9/22

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、もやしとわかめの酢の物のレシピをご紹介します。 年中安価な食材と、入手しやすい調味料を使っ ...

【野菜ひとつ】もやしのコチュジャン和え
【野菜ひとつ】もやしのコチュジャン和え

2021/8/26

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、もやしの和え物のレシピをご紹介します。 コチュジャンの甘辛さと、ごまのプチプチとした歯ざわ ...


もっと見る