食物繊維たっぷり!切干大根とほうれん草のごま和え

冷蔵5日/冷凍1か月

切干大根とほうれん草のごま和え
今回は、切干大根とほうれん草を甘辛く和えた一品をご紹介します。

切干大根や青菜って地味なんですが、にんじんを加えるので、見た目にも鮮やかです。また、淡白な食材たちですが、油揚げが加わることで、コクのあるおかずに仕上がります。

ちょこんと盛っても、野菜の栄養がぎゅっと詰まっていますので、お弁当にはもちろん、ご飯のお供に、酒の肴に、ぜひ、お試しくださいませ。

スポンサーリンク

レシピについて

「味が濃い!」「水っぽく仕上がる」というご意見をたくさんいただいていましたので、見直しました。
また、合わせ調味料が具材に混ざりにくかったり、にんじんや切干大根への火の通りがわかりづらかった点も見直しています。

材料

具材 たっぷり4~5人分 たっぷり8~10人分
ほうれん草(または小松菜、菜の花) 1把(約200g) 2把(約400g)
切干大根 20g 40g
にんじん 1/2本 1本
油揚げ 1枚 2枚
いりごま 大さじ1 大さじ2
■ほうれん草をゆでる時に使用
2カップ(400cc) 4カップ(800cc)
小さじ1 小さじ2
■合わせ調味料
だし汁 100cc程度(または、水100cc程度+和風だしの素小さじ1/4) 200cc程度(または、水200cc程度+和風だしの素小さじ1/2)
しょうゆ 大さじ1 大さじ2
みりん 小さじ2 大さじ1+小さじ1
砂糖 小さじ1 小さじ2

作り方

1 切干大根は水に10分ほど浸けて戻し、ぎゅっと絞って水気を切っておきます切干大根は水に10分ほど浸けて戻し、ぎゅっと絞って水気を切っておきます。
長さが長い場合は、3~4cm長さに切っておきます。

2 油揚げは熱湯に30秒ほど浸けて油抜きをしてから、水気を絞り、半分に切ってから1cm幅に切りそろえます油揚げは熱湯に30秒ほど浸けて油抜きをしてから、水気を絞り、半分に切ってから1cm幅に切りそろえます。

3 にんじんは千切りにしますにんじんは千切りにします。
千切り用のスライサーを使うと、細かく簡単に千切りに出来ますよ。

4 鍋で作る方法和え衣を作ります。
鍋と電子レンジ、2つの方法をご説明します。

【鍋で作る方法】
鍋に、合わせ調味料の材料を入れて中火にかけ、砂糖が溶けたら、切干大根、油揚げ、にんじんを加えます。
沸騰したら弱火にし、全体がしんなりとなるまで、3~4分ほど煮ます。その後、ごまを加えます。

メリットは、にんじんや切干大根、油揚げに確実に火が通ります。また、だし汁を加えますので、優しい味に仕上がり、この後の工程で、ほうれん草とも和えやすいです。
デメリットは、お鍋なので面倒に思えるかもしれないところですね。

5 にんじんは千切りにします【電子レンジで作る方法】
耐熱容器に合わせ調味料(だし汁または水は無し、表記の「だしの素」を加えます)と、切干大根、にんじん、油揚げを入れて、全体をよく混ぜ合わせてから、ゆるくラップをかけ、レンジ600Wで2分加熱後、ごまを入れて混ぜ合わせます。

メリットは、電子レンジで手軽に思えるところではあるのですが、
デメリットは、電子レンジの「くせ」に左右されるところです。電子レンジによっては、具材に火が充分に通らなかったり、調味料が焦げた(燃えた)、部分的に乾燥してバリバリになった、この後ほうれん草と和えにくかった、等というご意見を伺っています。
電子レンジの場合、次のことを心がけると良いです。

  • 全体をよく混ぜ合わせてから加熱する。
  • 特に砂糖、しょうゆは熱が集中し、焦げやすいです。合わせ調味料はくれぐれもよく溶かしてから加熱することが大事です。
  • ラップは、ゆるめにかける。
  • 途中1分ほどで様子を見て、一度全体を混ぜ合わせる。
  • その際、水分が少ないようなら、大さじ1杯~2杯の水を加え、全体をよく混ぜてから、ふんわりラップをして、様子を見ながら加熱する。
6 ほうれん草は、ゆでて水気をしっかり絞り、3~4cm幅に切りそろえてから、さらに水気をしっかり絞りますほうれん草は、ゆでて水気をしっかり絞り、3~4cm幅に切りそろえてから、さらに水気をしっかり絞ります。

絞り方がゆるいと、仕上がりの味がぼけて残念な感じになり、また、余分な水分を含んでしまうことから、作り置きにも向きません。

7 まず、手順4の中身を、ボウルに移します仕上げます。
まず、手順4の中身を、ボウルに移します。
このとき、手順4の中身は、完全に粗熱が取れてから、次の手順に進みましょう。温かいまま手順を進めると、ほうれん草との温度差で、水っぽい仕上がりになり、また、傷みやすくなります。

8 一回り大きい鍋などの容器に氷水を入れて、その中にボウルを入れる手順4の中身の粗熱が取れていない場合は、一回り大きい鍋などの容器に氷水を入れて、その中にボウルを入れると、確実に進めることが出来ます。

9 手順5のほうれん草を加えて、よく和えて出来上がりです手順5のほうれん草、いりごまを加えて、よく和えて出来上がりです。

ほうれん草のゆで方

1 ほうれん草は茎と葉の真ん中で半分に切っておきますほうれん草をゆでます。

ほうれん草は茎と葉の真ん中で、半分に切っておきましょう。こうすると、とてもゆでやすいです。

2 ほうれん草を茎の部分から入れ、ふたをして火にかけますフライパンに水を入れて沸騰させ、塩を加えます。
ほうれん草を茎の部分から入れ、ふたをして火にかけます。

水の量は少ないように感じるかもしれませんが、フライパンを利用し、ふたをしてゆでることで、少な目の水の量で、短時間でしっかりとゆでることが出来ます。
塩の量は、なめてしっかりと味がする量です。青菜をゆでる際は、この程度の塩の量でゆでることで、色よくゆで上がりますよ。

3 30秒ほどゆでたら、少ししんなりしてきます30秒ほどゆでたら、少ししんなりしてきます。

4 葉の部分を入れてふたをします葉の部分を入れてふたをします。時々、菜箸でざっと混ぜ、まんべんなくお湯がほうれん草に行き渡るようにすると、むらなく仕上がります。

5 あと30秒くらいすると、全体がしんなりしてきますので、火を止めますあと30秒くらいすると、全体がしんなりしてきますので、火を止めます。

6 たっぷりの冷水にとってさらしますたっぷりの冷水にとってさらします。

ほうれん草はアクが強く、アク抜きが弱いと味にえぐみが出てしまいます。たっぷりの冷水によくさらして、えぐみを残さないようにしましょう。

7 ほうれん草の水気をしっかり絞り、3~4cm幅に切りそろえますほうれん草の水気をしっかり絞り、3~4cm幅に切りそろえます。

8 3~4cm幅に切りそろえたら、さらにぎゅっと絞ります3~4cm幅に切りそろえたら、さらにぎゅっと絞ります。

絞り方がゆるいと、仕上がりの味がぼけて残念な感じになり、また、余分な水分を含んでしまうことから、作り置きにも向きません。

作り置きのコツ

  • ほうれん草は、1)調味料が染み込んでも柔らかくなり過ぎないよう、茹で過ぎないこと、2)水にしっかりさらしてアクを抜くこと、3)水分をぎゅっと絞ること、この3つのポイントを守るとおいしく仕上がります。
  • 冷凍する場合は、1食分ずつアルミカップかシリコンカップに小分けして冷凍すると、そのままお弁当に使えます。
アレンジのヒント

  • ほうれん草の他に、小松菜、菜の花でも美味しく出来ます。
  • 混ぜご飯、おにぎりにもよく合います。
  • 卵ともよく合います。玉子焼きなら、卵液と混ぜ合わせて焼いても、芯にしてもおいしいです。
    小さな耐熱カップ(マグカップでもいいですよ)に好きな量を入れ、卵を割り入れて混ぜてからオーブントースターで3~4分加熱で、簡単和風ココットが出来上がります。朝ごはんや小腹が空いたとき、お酒のアテにどうぞ。
おすすめ食材、ツール
愛用品です。にんじん、きゅうり、しょうがなどの千切りが、即効で美しく出来るスライサーです。セラミック製ですので、錆びずに、まるごと漂白消毒できるのでありがたいです。
キャベツや玉ねぎの千切りには、こちらがおすすめです。

こちらのレシピもどうぞ

夏野菜たっぷりラタトゥイユ

お手軽に本場の味!夏野菜たっぷりラタトゥイユ

冷蔵1週間/冷凍1か月 汗ばむ陽気が続いたら、そろそろラタトゥイユの季節到来です。 なす

レシピをみる

高野豆腐の含め煮

おせち料理にもどうぞ ほっとする味 高野豆腐の含め煮

冷蔵5日 今回は、高野豆腐の含め煮のレシピをご紹介します。 だしの味が優しく染み渡った高

レシピをみる

本格ハッシュドビーフ

休日に作る本格ハッシュドビーフ(ハヤシライス)

冷蔵5日/冷凍1か月 ハインツのデミグラスソース1缶+赤ワイン1/2カップで、炒めた玉ねぎ、き

レシピをみる

スイートチリソース

速攻完成!スイートチリソースが大好きになったレシピ

冷蔵1か月 今回は、私がスイートチリソースが大好きになったレシピをご紹介します。 昔、甘

レシピをみる

ほろ苦いのに柔らかな味 ふきの葉みそ

冷蔵1週間 今回は、ふきの葉を使った、ふきの葉みそのレシピをご紹介します。 ふきの煮

レシピをみる

鳥もつ煮(鶏レバーの甘辛煮)

食べ過ぎ注意!鳥もつ煮(鶏レバーの甘辛煮)

冷蔵1週間 今回は、元気が出る食材のうちの一つ、鶏レバーを甘辛く煮た、鳥もつ煮のレシピをご紹介

レシピをみる

さつまいもとベーコンのオイマヨ

ハマる組み合わせ さつまいもとベーコンのオイマヨ

冷蔵5日 今回は、さつまいもが苦手な私が、作った初日に、酒の肴としてうっかり完食してしまったレ

レシピをみる

のし鶏

のし鶏 おせち料理にも お弁当にもどうぞ

冷蔵4日 今回は、のし鶏のレシピをご紹介します。 鶏ひき肉を使い、ほんのりと、みそとしょ

レシピをみる

最強飯

主食はこれで決まり!「最強飯」

冷蔵2日/冷凍1か月 今回は、私の主食をご紹介します。 それは、酒です。 ……と言いたいと

レシピをみる

もっとお手軽 切干大根の煮物

もっとお手軽 切干大根の煮物

冷蔵5日 今回は、切干大根の煮物のレシピをご紹介します。 何を作ろうかな、そろそろ涼しく

レシピをみる

Comment

  1. まこ より:

    いつも参考にさせてもらってます!
    家の常備菜の殆どがこちらのものです(^^)

    このレシピも気に入ってたんですがかなり変わってしまいショックです。

    レンジでチン!でとても気に入ってました。

    調味料の所の水を無しでチンすれば前のレシピになりますか?

    • スガ より:

      まこさん
      スガです!コメントありがとうございます!!(´∀`人)

      えらいごめんなさいでした(´Д` ) 大幅なチェンジとなり申し訳ない次第です。。
      電子レンジ加熱の内容も復活し、併記しました。調味料についてはご認識の通りで、その内容も併記しています。
      加えて、レンジ加熱の際の注意点も色々と加筆しています。

      結構、電子レンジって、各ご家庭によって、かなりのクセがあるようでして、特に砂糖やしょうゆを使うこのレシピについては、結構「危険」な目に遭われた方もいらっしゃったりしたので、鍋の方法メインの記載に変更した、、という次第でした。

      きっとまこさんは、お料理上手なんやと思います。素敵に電子レンジを扱っておられるんやと思います。
      本当、レシピをご紹介して苦労する一番が、電子レンジやなぁと痛感しています。

      私も電子レンジをもっと研究して、みなさんがご納得、そしてうまくいく(燃えるとかナシ!)レシピをご紹介できるように精進します。

      今回はありがとうございました。
      どうかこれに懲りず、今後ともご覧いただければ幸いです(´Д` )
      どうぞよろしくお願いします(´∀`)ノ

      • まこ より:

        わぁ!
        レンジのレシピも載せてくださって本当にありがとうございます!!

        凄く助かります!

        これ本当に美味しいですよね!
        大好きです!
        なのに残念ながらレシピが覚えられない…😭

        お忙しい中ありがとうございました!

        • スガ より:

          わぁまこさん!
          スガです(´∀`)ノ ご丁寧にご返信をいただいておきながら、すっかり書き込みが遅くなりまして恐縮です><

          いえいえ、こちらこそです!
          これからも、お気付きのことなどありましたら、ぜひお気軽にお申し付けくださいませ~(´∀`)

          ありがとうございました!
          ではまた(´∀`)ノ

  2. […] ほうれん草 味付けした切り干し大根煮と和えて。コチラのレシピのごまなし版。一緒にごま和え作ってるので、ごま被りを回避。 […]

  3. […] ほうれん草 味付けした切り干し大根煮と和えて。コチラのレシピのごまなし版。一緒にごま和え作ってるので、ごま被りを回避。 […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

身につく作り置き
新刊「身につく作り置き」出版のお知らせ

新刊「身につく作り置き」出版のお知らせです。 発売予定日

2017年1月22日の作り置き(12品)
2017年1月22日の作り置き(12品)

めずらしく炊き込みご飯を作りました。 うまく仕上がったのです

簡単!すぐ完成 大根の皮の漬物
簡単!食感よし、香りよし!大根の皮の漬物

冷蔵1週間 今回は、たくさんの方々からリクエストをいただいていた

2017年1月14日の作り置き(12品)
2017年1月14日の作り置き(12品)

寒いですね。 風邪やインフルエンザが流行っていますが、み

2017年1月9日の作り置き(11品)
2017年1月9日の作り置き(11品)

昨日やっと年賀状を投函しました。 年末年始がもう半年くら

→もっとみる

スポンサーリンク
ぜんぜん おしゃれじゃない
Instagramやってます @sgmy
  • にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へTop Food Blog