レシピ 玉ねぎ しょうが にんにく お肉のおかず 鶏肉 ヨーグルト カレー粉 冷蔵1週間 冷凍1か月 ねかせておいしい 中華・エスニック インド料理

作り置きに最適!放置でお手軽!本格タンドリーチキン

更新日:

冷蔵1週間/冷凍1か月


タンドリーチキン

タンドリーチキンは、漬け込む時間が長いほどおいしい料理です。

でも、時間はかかっても、手間はかかりません。
漬け込んでおけば、食べたい時に食べることが出来て、作っておけば日持ちします。
たとえば、週末に漬け込んでおけば、平日いつでも焼くだけで完成し、平日特価の日に鶏肉を買って漬け込んでおけば、コストパフォーマンス良く週末を迎えられます。

漬け込むほどスパイスが染み込んで、しかも柔らかくなり、漬け込み時点でも完成しても冷凍保存が可能。
こんなに作り置きに向いている料理はないと思います。

今回は、本格的なインド料理のタンドリーチキンを、お手軽に作ることができるレシピをご紹介します。

スポンサーリンク

レシピについて

調味料の材料と分量を現在のベストに見直しました。

材料

4人分

  • 鶏もも肉 または 鶏むね肉 2枚(1枚あたり250~350g目安)
  • (または)手羽先・手羽元 8個
  • ■下ごしらえ用調味料
  • 塩 小さじ1
  • レモン汁 大さじ2
  • ■漬け置き用調味料
  • 玉ねぎすり下ろし 1/2個分(小1個分)
  • にんにくすり下ろし 2片分
  • しょうがすり下ろし 1/2片分(直径3~4cm)
  • カレー粉 大さじ1+小さじ1
  • (または) ガラムマサラ大さじ1+ターメリック小さじ1
  • カイエンペッパー※ 小さじ1
  • ヨーグルト(無糖) 大さじ4(60g)
  • ■加えるとさらに美味しい香辛料
  • クミン・コリアンダー・カルダモン・シナモン 合計小さじ1/2まで(これ以上加えると、薬臭い仕上がりになってしまいます)

※カイエンペッパーは、一味唐辛子、またはチリペッパーで代用できます。
チリパウダーは別物で、乾燥香味野菜や塩が含まれていることから、このレシピでは不向きです。

8人分

  • 鶏もも肉 または 鶏むね肉 4枚(1枚あたり250~350g目安)
  • (または)手羽先・手羽元 16個
  • ■下ごしらえ用調味料
  • 塩 小さじ2
  • レモン汁 大さじ4
  • ■漬け置き用調味料
  • 玉ねぎすり下ろし 1個分(小2個分)
  • にんにくすり下ろし 4片分
  • しょうがすり下ろし 1片分(直径5~6cm)
  • カレー粉 大さじ2+小さじ2
  • (または) ガラムマサラ大さじ2+ターメリック小さじ2
  • カイエンペッパー※ 小さじ2
  • ヨーグルト(無糖) 大さじ8(120g)
  • ■加えるとさらに美味しい香辛料
  • クミン・コリアンダー・カルダモン・シナモン 合計小さじ1まで(これ以上加えると、薬臭い仕上がりになってしまいます)

※カイエンペッパーは、一味唐辛子、またはチリペッパーで代用できます。
チリパウダーは別物で、乾燥香味野菜や塩が含まれていることから、このレシピでは不向きです。

作り方

step
1
鶏肉はよく洗い、キッチンペーパーで水分を拭き取ります。


鶏肉はよく洗い

step
2
フォークや包丁、竹串の先で、皮の表面にいくつか穴を開けます。

こうすることで、縮みにくく、より柔らかく仕上がります。また、皮の表面だけでなく、おおざっぱで良いので、鶏肉一面にたくさん穴を開けましょう。鶏むね肉や、手羽元・手羽先の場合は、もう容赦なくプスプス刺しましょう。
鶏むね肉の場合は、特に味が染み込みにくいですので、包丁の「みね」(刃の反対側の部分)で、皮以外の部分を両面ともまんべんなく格子状に叩き、全体の厚みが平らになるくらいまで充分に叩くと良いです。

穴を開けます

これらのことを行うことで、より味が染み込みやすくなります。

step
3
袋に鶏肉と、下ごしらえ用調味料を入れ、よく揉み込みます。

20分ほど冷蔵庫でねかせます。漬け置き用調味料の準備が出来るまで、冷蔵庫に入れておくと、ちょうど良いくらいになります。

よく揉み込みます

step
4
漬け置き用調味料を合わせ、手順1の鶏肉の水分を軽く切ったものを加え、全体が混ざるように、よく揉み込みます。

これで仕込み完了です。最低一昼夜(24時間)は漬け込みましょう。
この時点で冷蔵1週間、冷凍1か月間保存OKです。ただし、解凍肉を使う場合は、再冷凍になり、仕上がりがパサついておいしさが半減しますので、冷凍保存は避けましょう。

揉み込みます

私は日曜日に漬け込み、冷蔵庫で保存し、次の日曜日に焼くことが多いです。むね肉でも全くパサつかず、味が充分に染み込み、確実に柔らかくジューシーに仕上がります。

step
5
天板に網を乗せ、漬け汁を除いた鶏肉を乗せます。

鶏肉は、ゆっくりと加熱するほど、柔らかく仕上がるため、できれば、鶏肉は焼く3時間ほど前に冷蔵庫から出し、常温に戻しておくと、より柔らかく仕上がります。前の手順で冷凍していた場合は、焼く48~24時間前から冷蔵庫に移し、ゆっくりと解凍します。

鶏肉を乗せます

step
6
220℃に温めたオーブンで、20~30分ほどじっくり焼きます。

ご家庭のオーブンによって、焼き時間は加減しましょう。途中20分ほどで、上からアルミホイルを乗せましょう。それ以上焦げ目が付かず、温度だけをゆっくりと行き渡らせることができます。

焼きます

うまく焼けているかを確認するには、竹串を刺してみて、透明な肉汁が出たらOKです。

step
7
肉が盛り上がり、表面はパリっと、中はふっくら仕上がります。


仕上がり

step
8
キッチンバサミ等で、適当な大きさに切り分けます。

焼き上がってからも、冷蔵庫で1週間、冷凍庫で1か月間、保存可能です。
ただし、手順2で冷凍した場合は再冷凍になりますので、肉がパサつき、おいしさが半減しますので、その場合は冷凍保存は避けましょう。

焼き上がり

保存の際は、充分に消毒した保存容器に入れて冷蔵庫で保存します。

作り置きのコツ・ポイント

  • 手順の節目で、冷蔵、冷凍がきく嬉しいレシピですが、先述のように、再冷凍になると、肉がパサついて、おいしさが半減しますので、その点は注意しましょう。
  • 鶏肉はよく洗い、よく水分を拭き取り、手順1で塩とレモン汁をよく揉み込み、その後20分ほど置いてから表面の水分を軽く切ってから漬け汁に加えると、臭みが消えます。
  • もちろん、お好みの大きさに切ってから漬けて焼いても問題ありません。その場合は、一口大ではなく、1枚を4~5等分程度に大きめに切ったほうが、肉汁が逃げずにおいしく仕上がります。
  • 最低一昼夜(24時間)は漬け込んでから焼きましょう。30分くらいでも実はおいしいですが、仕上がりの風味と柔らかさが断然違います。
  • フライパンでもおいしく仕上がります。中火で温めたフライパンにオリーブオイル(4人分小さじ2目安)を熱し、皮目を下にして4~5分ほど焼いてまず焼き色を付け、ひっくり返して、弱火にし20分ほど焼き、竹串を刺して透明な肉汁が出たら完成です。
  • 魚焼きグリルでも焼けます。網の上に皮目を上にして置き、4~5分ほど焼いて焼き色を付けたら、ひっくり返して上からアルミホイルをかぶせて、出来るだけ弱火で(難しければ普通の火加減で構いません)15~20分ほど加熱します。竹串を刺して透明な肉汁が出たら完成です。魚焼きグリルの場合、アルミホイルは必ずかぶせましょう。炭か!という位に真っ黒焦げになります。
  • 保存の際は、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。

アレンジのヒント

  • 簡単にブリトーが楽しめます。レタスやキャベツの千切り、トマトなどの野菜と、スライスチーズと一緒にトルティーヤで挟んで完成です。もちろん、パンに挟んでもおいしいですよ。
  • 焼く際に、残り5~10分の時点でチーズをかけて焼いてもおいしいです。
  • お弁当にもどうぞ。小さめの一口大に切り分けておくと、隙間にさっと詰めることができます。
  • 一緒に違う食材を漬けて焼いてもおいしいです。おすすめはウインナー、ゆで卵、玉ねぎ(クシ型に切る)、じゃがいも(1cm程度の厚さに薄切り)です。ゆで卵は、あらかじめ火が通っているとはいえ、漬けてからそのままではなく、軽く焼いてくださいませ。
  • 漬け汁は、あと1回程度は再利用できます。ただし、私のように1週間つけ置く場合は、再利用しないほうが懸命かと思います。
  • 漬け汁でインドカレーを作ることもできます。フライパンにオリーブオイル大さじ2とクミン小さじ1を熱し、漬け汁、砂糖小さじ1、トマト缶1缶を加え、フライパンで加熱しながら水分を飛ばし、粘り気が出るまで加熱したら、一口大の鶏肉もしくはタンドリーチキンを加え、ひと煮立ちさせ、味をみて塩こしょうを加えれば完成です。
  • 漬け汁はカレーうどんやカレー鍋にもできます。漬け汁、トマト缶1缶をフライパンで加熱しながら水分を飛ばし、粘り気が出るまで加熱したら、お好みの量のめんつゆ+水(かけつゆ濃度より少し薄めの量)で伸ばしてひと煮立ちさせます。そこにお好みの具材やうどんを入れると、格別な一品が完成します。

おすすめ食材、ツール

カレー粉はインデアンカレーを愛用しています。15種類のスパイスが配合されていますので、インドカレーはもちろん、カレーピラフやドライカレーの味が確実においしく決まります。また、スパイスがたくさん含まれていますので、洋風料理の下味や仕上げに、ほんの少し隠し味に使うと、風味良く、キレのある味に仕上がりますので重宝しています。

スパイス

スパイス専門店の神戸アールティーが、Amazonプライム対応になっていました。
神戸アールティーの香辛料は、香り高く豊かに、素晴らしく美味しく仕上がるのがとても嬉しく、ずっと愛用しています。これらの香辛料は、一般の瓶入り15~20g前後で250~350円しますので、私のように大量に使う場合は、袋入で購入するほうが、かなりお得です。

スパイス小分け

それぞれ小分けにし、すぐ使う小分け分を冷蔵庫に、残りの大袋は冷凍庫に保存しています。

関西にいた際は、神戸長田の同系列店舗(KOBE SPICE(神戸スパイス):いつも使用している調味料 ~洋・中・エスニック料理編~にて写真をご紹介していますが、ラベルが違います)でお得に大量購入していたのですが、東京に越して、どうしようかなぁと思ってたので、本当に嬉しい限りです。

ありがとうございます神戸アールティーさん&神戸スパイスさん。この場を借りて、お礼申し上げます。

鶏肉のレシピはこちらもどうぞ


鶏肉とピーマンのカレー炒め
食欲刺激 鶏肉とピーマンのカレー炒め

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、鶏むね肉とピーマンを使ったレシピをご紹介します。 タレがしっかりと絡んだピーマンは、苦味と ...

食欲刺激 レッドホットチキンナゲット
食欲刺激 レッドホットチキンナゲット

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、辛いチキンナゲットのレシピをご紹介します。 チリパウダーや唐辛子を使い、スパイシーに仕上げ ...

鶏むね肉のにんにく照り焼き
手早くやわらか 鶏むね肉のにんにく照り焼き

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、鶏むね肉を使ったレシピをご紹介します。 固くなりがちな鶏むね肉は、いろいろな調理方法があり ...

誘惑の脂 鶏皮ねぎ酢
誘惑の脂 鶏皮ねぎ酢

冷蔵1週間/冷凍1か月 今日は、鶏皮をたっぷりのねぎで和えた酢の物のレシピをご紹介します。 鶏皮がカリカリになるまでじっ ...

鶏むね肉のハニーナンプラー
クセになる甘辛味 鶏むね肉のハニーナンプラー

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、鶏むね肉をナンプラーとはちみつで仕上げるレシピをご紹介します。 むね肉に片栗粉をまぶしてゆ ...


もっと見る

最新刊「しみこむ作り置き」詳細ご紹介

「近所の書店にない」「なかなか書店に行けない」という方々も多くいらっしゃると思います。全ページご紹介動画を作りましたので、立ち読み感覚でご覧ください。

最新刊
しみこむ作り置き

詳しくはこちら

-レシピ, 玉ねぎ, しょうが, にんにく, お肉のおかず, 鶏肉, ヨーグルト, カレー粉, 冷蔵1週間, 冷凍1か月, ねかせておいしい, 中華・エスニック, インド料理

Copyright© 週末の作り置きレシピ , 2018 All Rights Reserved.