レシピ 常備菜 野菜のおかず さつまいも お肉のおかず 豚こま切れ肉 冷蔵5日 時間がたってもおいしい 和風

コクと旨味とボリュームたっぷり さつまいもと豚肉の甘辛炒め煮

更新日:

冷蔵5日

さつまいもと豚肉の甘辛炒め煮
今回は、さつまいもレシピです。

何度も書いていますが、私は甘いものが苦手で、いわゆる「いもくりなんきん」が苦手です。

でも、さつまいもは、ビタミンCや食物繊維もとても多く、身体にとても良いんです。
そして、この甘味を活かすことで、調味料を控えめに、旨味たっぷりのおかずに仕上がることが出来る、とても優秀な食材です。

和食の基本の調味料だけを用いていますが、安価な豚こま切れと炒め煮にすることで、コクと旨味たっぷりの、ボリュームのあるおかずに仕上がります。

さつまいもはご飯のおかずにならない。ましてや酒のアテになるわけがない。パートナーがさつまいもに手を付けない。
そんな方に、ぜひ、お試しいただきたいレシピです。

スポンサーリンク

レシピについて

さつまいもを切ってから下ゆでし、豚肉と炒め煮にします。
炒め煮とはいえ、さつまいもの下ゆで後は、かなりサッと出来上がりますよ。

材料

4人分
さつまいも 大1本(300g前後)
豚こま切れ肉 100g
■合わせ調味料
だし汁 50cc
(または) 水50cc+顆粒だしの素ひとつまみ(親指・人さし指・中指の3本の指先でつまんだ量)
しょうゆ 大さじ1
砂糖 小さじ1
みりん 小さじ1
8人分
さつまいも 大2本(600g前後)
豚こま切れ肉 200g
■合わせ調味料
だし汁 100cc
(または) 水100cc+顆粒だしの素小さじ1/4
しょうゆ 大さじ2
砂糖 小さじ2
みりん 小さじ2

具材 4人分 8人分
さつまいも 大1本(300g前後) 大2本(600g前後)
豚こま切れ肉 100g 200g
■合わせ調味料
だし汁 50cc 100cc
(または) 水50cc+顆粒だしの素ひとつまみ(親指・人さし指・中指の3本の指先でつまんだ量) 水100cc+顆粒だしの素小さじ1/4
しょうゆ 大さじ1 大さじ2
砂糖 小さじ1 小さじ2
みりん 小さじ1 小さじ2

作り方

1 3~4cm幅に切りそろえますこのレシピでは、「1.5cm幅」という大きさがよく出てきます。

計り方は、1回1回定規で計るわけにはいきませんので、自分の「人差し指の幅」を覚えておくと、何かと便利です。
たとえば、私の人差し指の幅はだいたい1.5cmですので、「1.5cm幅に切る」という場合は、自分の人差し指の幅を目安にしています。

2 さつまいもは、まず1.5cm程度の厚さに輪切りにしますさつまいもを太めの千切りにします。

さつまいもは、まず、皮つきのまま1.5cm程度の厚さに輪切りにします。
輪切りにする際、少し斜めに切って、4cm程度の長さになるようにすると良いです。

3 輪切りにしたさつまいもは、1.5cm程度の細切りにしていきます輪切りにしたさつまいもは、1.5cm程度の細切りにしていきます。

4 さつまいもは、切ったらすぐ、たっぷりの水に放ちましょうさつまいもは、アクが強いので、切るとすぐに変色します。
切ったらすぐ、たっぷりの水に放ちましょう。

5 切ったさつまいもをゆでます切ったさつまいもをゆでます。

・お鍋でゆでる場合:手順4のさつまいもの水気を切って鍋に入れ、ひたひたの水(さつまいもがかぶるより、少し少な目の水)を加え、ふたをして強火にかけます。沸騰したら弱めの中火にかけ、竹串がスッと通るまでゆでます。

・電子レンジでゆでる場合:手順4のさつまいもの水気を軽く切って、耐熱皿にぬらしたキッチンペーパー(電子レンジ使用可のもの)を敷いた上に置き、できるだけ平らになるように包みます。その上から、ゆるめにラップをかけ、600Wで3~4分ほど加熱します。ラップとキッチンペーパーを開けて竹串を刺して、スッと通ればOKです。硬い場合は、様子を見ながら10~20秒ほど加熱しましょう。加熱しすぎると、パッサパサになったり、ガムみたいになったりします。。

6 お鍋でゆでた場合は、ざるにあけて、水気を切っておきましょうお鍋でゆでた場合は、ざるにあけて、水気を切っておきましょう。
電子レンジの場合は、ラップとキッチンペーパーで包んだ状態そのままでOKです。水分がどんどん逃げていくためです。

7 中火にしますフッ素加工のフライパンに豚肉を入れ、中火にかけます。

中火は、写真のように、炎の先がフライパンの底にちょうど当たって、炎が折れ曲がらない程度です。

コンロによっては、目盛りの半分の位置よりは、かなり弱めの位置になると思います。

8 写真のように、豚肉が白っぽくなり、脂がにじみ出てきたら写真のように、豚肉が白くなるまで加熱し、脂がにじみ出てきたら、

9 手順6のさつまいもを加え、豚肉と脂を絡めます手順6のさつまいもを加え、豚肉と脂を絡めます。

10 合わせ調味料を加え合わせ調味料を加え、

11 全体をかきませながら、汁気がなくなるまで、炒め煮にして出来上がりです全体をかきませながら、汁気がなくなるまで、炒め煮にして出来上がりです。

12 作り置きとして、すぐにいただかない場合は、できるだけ急速に冷ましてから、よく消毒した保存容器に移し替えて、冷蔵庫で保存しましょう作り置きとして、すぐにいただかない場合は、できるだけ急速に冷ましてから、よく消毒した保存容器に移し替えて、冷蔵庫で保存しましょう。

一回り大きい鍋やボウル、シンクに水をはったところに、調理した鍋ごと入れて、氷+流水で、かき混ぜながら冷まします。もちろん、はった水に、氷をたくさん入れてもいいですよ。4~8人分程度でしたら、10~15分くらいで粗熱が取れます。

急冷することで、食中毒の予防にもなります。詳しくは、食中毒を防止するために 知識と実践をご参照くださいませ。

作り置きのコツ

  • さつまいもはアクが強いので、切るとすぐに変色します。切ったらすぐ、たっぷりの水に放ちましょう。
  • さつまいもは必ず竹串がスッと通るまで下ゆでしてからフライパンで調理しましょう。フライパンに移してからは、ほとんど火が通りません。
アレンジのヒント

  • さやいんげん、アスパラガスを加えてもおいしくいただけます。塩ゆでし、斜め切りにしてから加えると良いです。
  • 豚肉は安価なこま切れ肉を使いましたが、バラ肉でもおいしくいただけます。
  • 冷めてもおいしくいただけますので、お弁当のおかずとしてもどうぞ。
おすすめ食材、ツール
盆ざるは持っておくと、干し野菜や梅干しなどを作るのはもちろん、野菜をゆでて冷ましたり水気を切ったりする際や、おもてなし用のざるそばやそうめんを盛ったりと、調理でも食卓でも大活躍しますよ。
私は3枚持っています。

最新刊「しみこむ作り置き」詳細ご紹介

「近所の書店にない」「なかなか書店に行けない」という方々も多くいらっしゃると思います。全ページご紹介動画を作りましたので、立ち読み感覚でご覧ください。

最新刊
しみこむ作り置き

詳しくはこちら

-レシピ, 常備菜, 野菜のおかず, さつまいも, お肉のおかず, 豚こま切れ肉, 冷蔵5日, 時間がたってもおいしい, 和風

Copyright© 週末の作り置きレシピ , 2018 All Rights Reserved.