抱えて食べたい もやしの中華ピリ辛和え

冷蔵1週間

もやしの中華ピリ辛和え
今回は、もやしのレシピをご紹介します。

食材はもやしだけで、さっと作れて保存が効き、アレンジしやすい一品です。
にんにくを使っていませんので、お弁当のおかずにも◎です。

もやしだけなのに、あっさりでコクたっぷり、飽きの来ない味に仕上げましたので、野菜不足解消の手助けに、もうあと一品の副菜に、麺類や丼のトッピングに、ぜひ、お試しくださいませ。

レシピについて

もやしをゆでて、調味料で和えて完成です。
出来立てでも、日にちが経ってねかせた状態でも、どちらでもおいしくいただけます。

材料

4人分
大豆もやし または もやし 2袋(400g)
 200ml(1カップ)
■合わせ調味料
ごま油 大さじ2
しょうゆ 大さじ1
米酢 大さじ1
豆板醤 小さじ2
めんつゆ(何倍でもOK) 小さじ2
いりごま 大さじ1
8人分
大豆もやし または もやし 4袋(800g)
 400ml(2カップ)
■合わせ調味料
ごま油 大さじ4
しょうゆ 大さじ2
米酢 大さじ2
豆板醤 小さじ4
めんつゆ(何倍でもOK) 小さじ4
いりごま 大さじ2

具材 4人分 8人分
大豆もやし または もやし 2袋(400g) 4袋(800g)
200ml(1カップ) 400ml(2カップ)
■合わせ調味料
ごま油 大さじ2 大さじ4
しょうゆ 大さじ1 大さじ2
米酢 大さじ1 大さじ2
豆板醤 小さじ2 小さじ4
めんつゆ(何倍でもOK) 小さじ2 小さじ4
いりごま 大さじ1 大さじ2

作り方

1 フライパンか大きめの鍋に、もやしを入れ、水を注ぎますフライパンか大きめの鍋に、もやしを入れ、水を注ぎます。
2 ふたをして、強火にかけますふたをして、強火にかけます。
3 充分に沸騰し湯気が出てきたら、火を止め、充分に沸騰し湯気が出てきたら、火を止め、
4 ざるにあけますざるにあけます。

水からゆでて、余熱で仕上げることで、作り置きをしても、シャキシャキの歯ざわりでいただくことができます。

5 ボウルに合わせ調味料をよく混ぜ合わせますボウルに合わせ調味料をよく混ぜ合わせます。
6 ゆでたもやしの水気をできるだけ絞って、手順5のボウルに入れ、よく混ぜ合わせて出来上がりですゆでたもやしの水気をできるだけ切って、手順5のボウルに入れ、よく混ぜ合わせて出来上がりです。

よく消毒した保存容器に移し替えて、冷蔵庫で保存しましょう。

作り置きのコツ

  • 合わせ調味料はあらかじめよく混ぜ合わせてから、もやしと和えましょう。
  • もやしは水からゆでて、余熱で仕上げること、できるだけ水気を切ってから調味料と和えましょう。
  • 酢、豆板醤を加えた日持ちするレシピですが、保存容器は充分に消毒してから使いましょう。
アレンジのヒント

  • 照り焼きチキン、大葉と一緒に、ロールパンにはさむと、バインミーのようなおいしい何かが出来上がります。
  • ラーメン、スープなどのトッピングにもどうぞ。
  • にんにくを入れていませんので、お弁当に合います。よく水気を切ってから詰めましょう。
おすすめ食材、ツール
内堀醸造の米酢は、酸味が強すぎず、まろやかで、優しいのにコクがある味ですので、口当たりがやわらかく、酢が苦手な方でも食べやすいと思います。酢の物、ドレッシングや煮物などにも、たっぷり使っても尖った味にならず、とてもまろやかな仕上がりとなります。

ファンであり、愛用品のめんつゆです。かつお風味たっぷりの濃厚つゆです。ざるそば、そうめんのつけつゆにはもちろん、和え物、冷奴、鍋物、丼物、たまごがけごはんなど、とても手軽に、あらゆる和風料理がおいしく仕上がります。この1リットルサイズは、牛乳パックより少し太め+背が低めの容器です。

会社員、料理家、リコーダー奏者、ランナーです。娘二人、孫一人のシングルです。詳しくはこちらからどうぞ。

本日公開レシピ

関連するレシピ