レシピ 常備菜 野菜のおかず 大根 しょうが ひき肉 冷蔵5日 冷凍1か月 時間がたってもおいしい 和風

やさしい味 大根とひき肉の煮物

更新日:

冷蔵5日/冷凍1か月


大根とひき肉の煮物

今日は、大根とひき肉の煮物のレシピをご紹介します。

大根は皮ごと薄切りにして煮込みますので、手早く仕上がり、食物繊維などの栄養も逃すことなくたっぷりといただきます。
ひき肉は下ゆでしてから調理します。このひと手間で、余分な脂やアクが落ち、雑味のない仕上がりになります。また、作り置いて冷蔵庫の中で脂が固まることも防ぎます。

レシピについて

大根を皮ごと薄切りにして煮込み、柔らかくなったら、下ゆでしたひき肉と調味料を加えて仕上げます。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • 大根 1/2本(500g~750g)
  • 豚ひき肉 200g
  • ■煮込み用調味料
  • だし汁 400ml
  • (または)水400ml+顆粒和風だしの素 小さじ2/3
  • 酒 大さじ1
  • 砂糖 大さじ1
  • ■合わせ調味料
  • しょうゆ 大さじ2
  • みりん 大さじ1
  • しょうがすりおろし 大さじ1(3~4cm角1片分)
  • ■とろみ付け
  • 水 小さじ2
  • 片栗粉 小さじ1

8人分

  • 大根 1本(1000g~1500g)
  • 豚ひき肉 400g
  • ■煮込み用調味料
  • だし汁 800ml
  • (または)水800ml+顆粒和風だしの素 小さじ1+1/3
  • 酒 大さじ2
  • 砂糖 大さじ2
  • ■合わせ調味料
  • しょうゆ 大さじ4
  • みりん 大さじ2
  • しょうがすりおろし 大さじ2(5~6cm角1片分)
  • ■とろみ付け
  • 水 小さじ4
  • 片栗粉 小さじ2

作り方

step
1
ひき肉下ゆで用のお湯(4人分で1.5リットル程度)を沸かし、とろみ付けの調味料を混ぜ合わせておきます。

手順1~2は、手順4の大根を煮込んでいる間に行うと効率良く出来ますが、無理しない程度に対応しましょう。

お湯
とろみ付け

step
2
お湯が沸騰したら、ひき肉を入れ、ほぐしながら中火で1分ほど再沸騰するまでゆで、ざるにあげておきます。

ひき肉はゆでてから調理することで、余分な脂やアクが落ち、雑味のない仕上がりになります。また、作り置いて冷蔵庫の中で脂が固まることも防ぎます。

お湯が沸騰したら
ひき肉を入れ
再沸騰
ざるにあげ

step
3
大根は皮ごといちょう切りにします。縦4つに切ってから、2~3mm幅の薄切りにします。


いちょう切り
いちょう切り
いちょう切り
いちょう切り

step
4
フライパンか鍋に1の大根、煮込み用調味料を入れ、ざっとかき混ぜてから、ふたをして強めの中火にかけ、沸騰したら弱めの中火~中火でガーッと10分ほど煮込みます。


大根
大根
ふたをして

step
5
大根に竹串がスッと通るまで煮込んだら、


煮込んだら
大根
竹串

step
6
合わせ調味料、手順2のひき肉を加え、ざっと混ぜて全体になじませて、


合わせ調味料
ひき肉
混ぜて

step
7
ふたをして、沸騰したら弱めの中火で5分ほど煮込みます。

もし煮汁が少なくなっていたら、だし汁を足しましょう。
調味料の浸透圧で、大根から水分が出ますので、50ml程度から様子を見ながら足すと良いです。

煮込みます

step
8
汁気がなくなる手前で、手順1のとろみ付けを加えてかき混ぜ、とろみをつけます。

とろみ付けは、あらかじめ合わせておくと、固まっている場合がありますので、必ず再度混ぜ合わせてから加えましょう。
フライパンの底がヘラでなぞれる程度まで、汁気を煮飛ばします。

とろみ付け
かき混ぜ
かき混ぜ
煮飛ばします

step
9
保存の際は、

粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて保存しましょう。

保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • ひき肉をゆでる工程は、手順4の大根を煮込んでいる間に行うと効率良く出来ますが、無理しない程度に対応しましょう。
  • ひき肉はゆでてから調理することで、余分な脂やアクが落ち、雑味のない仕上がりになります。また、作り置いて冷蔵庫の中で脂が固まることも防ぎます。
  • とろみ付けは、あらかじめ合わせておくと、固まっている場合がありますので、必ず再度混ぜ合わせてから加えましょう。
  • 保存の際は、粗熱を取ってから、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。

アレンジのヒント

  • 加えておいしい具材:枝豆/大豆
  • 鶏ひき肉で作っても。
  • 丼の具材にもどうぞ。
  • 卵とじにも。卵と混ぜ込んで、フライパンでほぐしながら、半熟になるまで焼きます。
  • スープとしても。お好みの量をだし汁で伸ばし、しょうゆ少量で味を整えて、溶き卵を加えます。
  • オーブン焼きにも。お好みで切ったトマトを混ぜ込み、溶けるチーズを乗せて、焦げ目が付くまで焼きます。ただし塩分にご注意くださいませ。

おすすめ食材、ツール

しょうが

しょうが大好きです。便利なチューブに頼ることもありますが、基本的には生しょうがを買い、おろしたりカットしながら使っています。

使いさしのしょうがは、水につけて冷蔵庫で保存すると、みずみずしいままずっと長持ちします。週1回水を替えれば、3~4週間は保存できます。

保存容器は、直径3~4cmなら写真のジップロック コンテナー130ml、もっと長いものならカットして長方形300mlがちょうどよいサイズです。

大根のレシピはこちらもどうぞ


やさしい味 大根とひき肉の煮物
やさしい味 大根とひき肉の煮物

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、大根とひき肉の煮物のレシピをご紹介します。 大根は皮ごと薄切りにして煮込みますので、手早く ...

【野菜ひとつ】ピリ辛 大根の豆板醤漬け
【野菜ひとつ】ピリ辛 大根の豆板醤漬け

冷蔵1週間 今日は、大根を豆板醤で浅漬けにするレシピをご紹介します。 下味用調味料で、しっかりと大根の水分を出すことで、 ...

食物繊維たっぷり 大根の梅昆布浅漬け
食物繊維たっぷり 大根の梅昆布浅漬け

冷蔵1週間 今日は、大根を梅と昆布で浅漬けにするレシピをご紹介します。 下味用調味料で、しっかりと大根の水分を出すことで ...

大根とツナの黒こしょう炒め
大根とツナの黒こしょう炒め

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、大根とツナの炒め物のレシピをご紹介します。 大根は皮ごと使い、歯ごたえよく仕上げます。 火 ...

やさしい味 塩昆布で大根なます
やさしい味 塩昆布で大根なます

冷蔵5日 今日は、大根なますを塩昆布で作るレシピをご紹介します。 味がきつくなりがちな大根なますは、塩昆布をベースに味付 ...


もっと見る

最新刊「しみこむ作り置き」詳細ご紹介

「近所の書店にない」「なかなか書店に行けない」という方々も多くいらっしゃると思います。全ページご紹介動画を作りましたので、立ち読み感覚でご覧ください。

最新刊
しみこむ作り置き

詳しくはこちら

-レシピ, 常備菜, 野菜のおかず, 大根, しょうが, ひき肉, 冷蔵5日, 冷凍1か月, 時間がたってもおいしい, 和風

Copyright© 週末の作り置きレシピ , 2018 All Rights Reserved.