大根とツナの甘辛煮

レシピ 野菜のおかず 大根 ツナ 冷蔵5日 冷凍1か月 調理時間:20分 こどもOK おつまみ お弁当のおかず 茶色のおかず 時間がたってもおいしい 和風

大根とツナの甘辛煮

冷蔵5日/冷凍1か月

大根とツナの甘辛煮

今日は、大根とツナを使ったレシピをご紹介します。

大根にツナの旨味をたっぷりとしみ込ませて、ご飯を頬張りたくなる、しっかり濃いめの甘辛味に仕上げます。

水は使わず、大根とツナを酒蒸しにしますので、下ゆでなしでも大根の臭みが抜け、旨味がぎゅっと濃縮されます。

大根は皮ごと薄切りにし、下ゆでなしで作りますので、手早く仕上がり、食物繊維などの栄養も逃すことなくたっぷりといただきます。

レシピについて

皮ごと薄切りにした大根とツナを酒蒸しにし、調味料を加えて煮て出来上がりです。
以前よりご紹介しているレシピを改めて整理しました。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • 大根 1/2本(500g~750g)
  • ツナ缶(ノンオイル、油漬け、どちらでも構いません/缶汁ごと使います) 2缶(70g×2)
  • 酒 大さじ2(30ml)
  • ■合わせ調味料
  • しょうゆ 大さじ3(45ml)
  • 砂糖 小さじ4
  • みりん 大さじ1(15ml)

8人分

  • 大根 1本(1000g~1500g)
  • ツナ缶(ノンオイル、油漬け、どちらでも構いません/缶汁ごと使います) 4缶(70g×4)
  • 酒 大さじ4(60ml)
  • ■合わせ調味料
  • しょうゆ 大さじ6(90ml)
  • 砂糖 大さじ2+小さじ2
  • みりん 大さじ2(30ml)

作り方

step
1
大根は皮ごと7mm幅の(人差し指の1/2幅目安)いちょう切りにします。

念のため重さを量るとよいです。このおかずなどの煮物や汁物、大根の水気を切って仕上げる漬物やなますなどのおかずの場合は、多少重めでも問題はありません。とはいえ、5割増程度までにとどめたほうが、味付けがぼやけることがなく、うまく仕上がります。
皮ごと使いますので、よく洗いましょう。

扱いやすい長さに切ってから、縦4つに切り、端から7mm幅に切っていくと、いちょう切りになります。

大根大根
大根大根
大根大根

step
2
合わせ調味料を混ぜ合わせておきます。

この手順は、手順4で大根とツナを酒蒸しにしている間に行うと効率が良いですが、無理しない程度に対応しましょう。

合わせ調味料

step
3
フライパンに手順1の大根、酒、ツナを缶汁ごと加え、よく混ぜ合わせてから、

大根大根
大根大根

step
4
ふたをして弱めの中火にかけ、蒸気が充分に出るまで7~8分ほど加熱します。

加熱している間は放置しましょう。むやみにいじると、火の通りが悪くなります。洗い物でもしておきましょう。

大根大根

step
5
手順2の合わせ調味料を加え、かき混ぜて全体になじませたら、

合わせ調味料を加える際は、砂糖が残らないように、ヘラでかき出しましょう。

大根大根
大根大根

step
6
再びふたをして、6~7分ほど加熱します。

火加減はずっと弱めの中火のままです。

大根大根

step
7
ざっと全体をかき混ぜて煮汁を全体に絡め、煮汁が少し残る程度で火を止めます。

煮物は冷める際に煮汁がしみ込みますので、煮汁を少し残る程度で火を止めるとよいです。

大根大根
大根大根

step
8
保存の際は、

粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて冷蔵庫で保存します。
温めても、冷めても、どちらでもおいしくいただけます。

保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • 加熱している間は放置しましょう。むやみにいじると、火の通りが悪くなります。洗い物でもしておきましょう。
  • 合わせ調味料を加える際は、砂糖が残らないように、ヘラでかき出しましょう。
  • 煮物は冷める際に煮汁がしみ込みますので、煮汁を少し残る程度で火を止めるとよいです。
  • 保存の際は、粗熱を取ってから、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。

アレンジのヒント

  • 一緒に加えておいしい具材:にんじん/ごぼう/れんこん/さやいんげん
  • 一緒に加えておいしい香味野菜・香辛料:しょうが(すりおろし/千切り)/粗挽き黒こしょう/にんにく(すりおろし)
  • いただく際に添えておいしい具材:青ねぎ小口切り/しょうが千切り/いりごま
  • 混ぜご飯の具材としても。

おすすめ食材、ツール

しょうゆはここ2年ほどで、「ヤマサ醤油 鮮度生活 特選丸大豆しょうゆ」に落ち着きました。使い終わりまでずっとしょうゆの色が、おろしたての淡く赤い色、旨味と香りを保つのが、とてもうれしいです。


みりんは、タカラの本みりんを愛用しています。スーパーで安価に入手できて、まろやかな甘味や照りが付くので、ずーっと使用しています。


料理酒はタカラ「料理のための清酒」を愛用、1.8リットルパックで購入しています。塩分が含まれていないこと、また、飲むお酒では抑えられている雑味の中に含まれている、調理には有効な旨味成分を引き出すよう、独自の酵母で造られた清酒ですので、味のバランスが崩れず、ふんわり、まろやかに仕上がります。

料理に使う酒は、ぜひ、アルコール入り、食塩無添加の酒を使いましょう。
酒は、材料の臭みを消したり、材料を柔らかくしたり、さっぱりとした甘味を付けたり、野菜の煮物にコクを付けたりと、その役割はとても大きいです。

大根のレシピはこちらもどうぞ


【野菜ひとつ】大根の煮物
【野菜ひとつ】大根の煮物

2021/11/24

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、大根の煮物のレシピをご紹介します。 コトコト煮込んで大根の甘味を引き出し、出汁の旨味としょ ...

大根とツナの甘辛煮
大根とツナの甘辛煮

2021/11/14

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、大根とツナを使ったレシピをご紹介します。 大根にツナの旨味をたっぷりとしみ込ませて、ご飯を ...

【野菜ひとつ】大根のゆかり和え
【野菜ひとつ】大根のゆかり和え

2021/10/17

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、大根の浅漬けのレシピをご紹介します。 ゆかりふりかけのさっぱりとした味と、ポリポリとした大 ...

【野菜ひとつ】大根の梅おかか漬け
【野菜ひとつ】大根の梅おかか漬け

2021/9/30

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、大根の浅漬けのレシピをご紹介します。 ポリポリ薄切り大根に、梅のさっぱり味と、たっぷりと加 ...

【野菜ひとつ】大根の豆板醤漬け
【野菜ひとつ】大根の豆板醤漬け

2021/9/30

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、大根の浅漬けのレシピをご紹介します。 甘辛酸っぱい味付けと、ポリポリとした大根の歯ごたえで ...


もっと見る