人気検索ワードめんつゆなすピーマン

レシピ 常備菜 野菜のおかず ピーマン パプリカ 冷蔵5日 冷凍1か月 時間がたってもおいしい 和風

あとひく旨味 パプリカとピーマンの味噌チーズ炒め

更新日:

冷蔵5日/冷凍1か月

パプリカとピーマンの味噌チーズ炒め
今日は、パプリカとピーマンに味噌とチーズを絡めたレシピをご紹介します。

パプリカは、素材そのものに甘味と水分を持っているため、味が絡みにくい上、味付けが単調になりがちです。
甘味調味料は控えめに、少しの酢で味を引き締め、そして、すりごまとチーズを加えることでコクを出し、みそをベースに味を絡みやすくしています。

とか言うとそれっぽいですが、要は、みそとチーズの組み合わせは、もっと評価されてもえぇと思うんです。

スポンサーリンク

レシピについて

パプリカとピーマンを焼いて、合わせ調味料で絡めます。

材料

4人分
パプリカ 2個
ピーマン 4個
サラダ油 大さじ1
■合わせ調味料
みそ 大さじ1
 大さじ1
粉チーズ 大さじ1
すりごま 大さじ1
 小さじ1
砂糖 小さじ1
8人分
パプリカ 4個
ピーマン 8個
サラダ油 大さじ2
■合わせ調味料
みそ 大さじ2
 大さじ2
粉チーズ 大さじ2
すりごま 大さじ2
 小さじ2
砂糖 小さじ2

作り方

1 パプリカは半分に切り、パプリカは半分に切り、

2 ヘタと種を取り除きます。ヘタと種を取り除き、

3 3~4cm角に切ります。3~4cm角に切ります。

4 ピーマンも同様に半分に切り、ピーマンも同様に半分に切り、

5 ヘタと種を取り除きます。ヘタと種を取り除き、

6 3~4cm角に切ります。3~4cm角に切ります。

7 合わせ調味料を混ぜ合わせておきます。合わせ調味料を混ぜ合わせておきます。

8 全体を混ぜ合わせて、フライパンにパプリカ、ピーマン、サラダ油を入れ、全体を混ぜ合わせて、弱めの中火にかけます。ふたはしません。

9 ふたをして弱火にします。弱めの中火は、炎が、フライパンの底よりも少し下くらいです。

10 うっすらと水分4~5分ほどすると、パプリカの表面にうっすらと水分がにじんできますので、

11 火を通しますざっと混ぜ合わせ、あと3~4分ほど加熱し、パプリカとピーマンに溶けたようなツヤが出るまで火を通します。

12 合わせ調味料を入れ合わせ調味料を入れ、すぐに火を止めて、全体が絡むように、よく混ぜ合わせます。

13 合わせ調味料を入れ具材に調味料がしっかりなじむまで、ヘラで底からこそげるように、よく混ぜ合わせます。
火を止めても、予熱でしっかりと火が通ります。

14 保存 title=保存の際は、粗熱が取れてから、充分に消毒した保存容器に入れて、冷蔵庫で保存します。

作り置きのコツ

  • 合わせ調味料を入れたらすぐに火を止めましょう。焦げ付きやすい材料を使っていますので、予熱で火を通します。
  • 保存容器は充分に消毒して使いましょう。
アレンジのヒント

  • 具材を足してもおいしいです。ししとう/オクラ/ほうれん草/じゃがいも/鶏もも肉/豚こま切れ肉が合います。具材100g追加ごとに、みそ・酒・みりん・粉チーズ各小さじ1、砂糖小さじ1/3ずつ追加するとよいです。
  • 耐熱皿に入れて溶けるチーズを混ぜ込み、オーブンで焼いてもおいしいです。冷蔵保存していたものを使う場合は、レンジで少し(600W20~30秒程度)温めてから調理すると良いです。
おすすめ食材、ツール
愛用品です。みそに差して、くるっと回して抜き取るだけで、簡単に軽量ができます。計量は2つあり、大さじ1、大さじ2を確実に計ることができ、そのまま溶くことが出来るので、とても便利です。
みそだけでなく、練りごまやコチジャンなどの粘性の強い調味料を計る際や、合わせ調味料を混ぜる際にも大活躍しています。

こちらは、愛用品のゴムべらです。スケッパーの刃先のような薄さ、弾力性としなやかさがあり、また、耐熱温度が200℃なので、木ベラ代わりに炒め・かき混ぜに使え、また、こびりつきがちな調味料も、熱いうちに根こそぎ残らずいただくことができる、素晴らしい逸品です。

-レシピ, 常備菜, 野菜のおかず, ピーマン, パプリカ, 冷蔵5日, 冷凍1か月, 時間がたってもおいしい, 和風

Copyright© 週末の作り置きレシピ , 2018 All Rights Reserved.