人気検索ワードめんつゆなすピーマン

レシピ 常備菜 野菜のおかず パプリカ 玉ねぎ 梅干し 魚介のおかず ツナ 海藻・乾物 ひじき 冷蔵5日 冷凍1か月 ねかせておいしい

パプリカとひじきの梅ツナマリネ キンキンに冷やしてどうぞ

投稿日:

冷蔵5日/冷凍1か月

パプリカとひじきのツナ梅マリネ

今日は、パプリカとひじきを使ったレシピをご紹介します。

パプリカ、玉ねぎ、ひじき、この一見バラバラな組み合わせを、ツナと梅でまとめます。
梅を加え、しっかりと火を通していますので、お弁当のすき間にもOKです。

スポンサーリンク

レシピについて

材料を切って火にかけたら、あとはほったらかしで出来ます。
パプリカと玉ねぎから出る水分も、良い旨味になります。

材料

4人分
パプリカ 2個
玉ねぎ 1/2個
ひじきドライパック 1袋(50g)
ツナ缶 小1缶(75g~80g×1)
梅肉 大さじ1(梅干し大2個分)
砂糖 小さじ1
しょうゆ 小さじ1
8人分
パプリカ 4個
玉ねぎ 1個
ひじきドライパック 2袋(50g×2、または110g缶1個)
ツナ缶 小2缶(75g~80g×2)
梅肉 大さじ2(梅干し大4個分)
砂糖 小さじ2
しょうゆ 小さじ2

作り方

step
1
パプリカは縦半分に切ります。


パプリカは1色でも構いません。パプリカは縦半分に切ります

step
2
ヘタと種を取り除きます。


指でヘタを持って、ぐっと力を入れると、パキッと取れます。ヘタと種を取り除きます

step
3
5mm幅に切ります。


人差し指の1/3程度の幅が目安です。5mm幅に切ります。

step
4
玉ねぎはスライスします。


スライサーを使うとラクです。玉ねぎはスライスします。

step
5
フライパンにすべての材料を入れ、よく混ぜ合わせます。


お箸でほぐすようにして和えるとよいです。まだ火はつけません。よく混ぜ合わせます

step
6
ふたをして、弱めの中火にかけます。


蒸し煮の状態にします。ふたをして、弱めの中火にかけます。

step
7
弱めの中火です。


弱めの中火は、炎が、フライパンの底よりも少し下くらいです。弱めの中火

step
8
全体から湯気が立ったら、一度ざっと全体を混ぜます。


あまりさわらず、ざっと混ぜる程度です。すぐにふたをしましょう。
全体から湯気が立ったら、一度ざっと全体を混ぜます。

step
9
ふたをしてさらに5~6分ほど加熱します。


パプリカ、玉ねぎにしっかりと火を通します。
ふたをしてさらに5~6分ほど加熱します。

step
10
全体がしんなりとしたら火を止めます。


パプリカ、玉ねぎから水分が出ています。この旨味ごといただきます。
全体がしんなりとしたら火を止めます。

step
11
よく冷やします。


よく冷やしてからいただきます。粗熱が取れたら、充分に消毒した保存容器に入れて、冷蔵庫で保存します。保存します。

作り置きのコツ・ポイント

アレンジのヒント

  • いただく際、きゅうり、ベビーリーフ、かいわれ大根などの各種スプラウトを和えて、レタスを敷いた上にたっぷりと乗せると、食べごたえがあるのにヘルシーな具だくさんサラダになります。
  • アボカド、ゆで卵も合います。半分つぶしたものを混ぜ込むとよいです。
  • サンドイッチの具材にもどうぞ。

おすすめ食材、ツール


S&Bさんから、梅肉と塩だけの練り梅が出ています。混ざり物がないので、とてもおいしく使いやすいです。

ソース、ドレッシングなどの保存は、WECK(ウェック)の、TULIP SHAPEという型を使っています。
東急ハンズで見つけて、かわいいから1つ衝動買いしたという、まぁかなり私らしくない出会いですが、かなり気に入って、今では3つ持っています。
広口で、消毒しやすく、別売りのパッキンを付ければ、さらに長期保存が可能ですので、すっかり愛用しています。
フタは木製やプラスチックもあり、とてもおしゃれなんですが、まぁきりがないので、手は出していません。今のところは。

-レシピ, 常備菜, 野菜のおかず, パプリカ, 玉ねぎ, 梅干し, 魚介のおかず, ツナ, 海藻・乾物, ひじき, 冷蔵5日, 冷凍1か月, ねかせておいしい

Copyright© 週末の作り置きレシピ , 2018 All Rights Reserved.