レシピ 野菜のおかず 小松菜 しょうが 豚肉 豚ひき肉 ひき肉 冷蔵5日 冷凍1か月 時間がたってもおいしい 和風

小松菜の肉みそ炒め

更新日:

冷蔵5日/冷凍1か月


小松菜の肉みそ炒め

今日は、小松菜と豚ひき肉を使った、メインおかずのレシピをご紹介します。

小松菜は意外と水分が出ますので、ベタッと仕上がりがちです。ですので、最初に水分を出してから調理します。作り置きにも適した仕上がりになります。

小松菜、豚肉、どちらにも相性の良い、しょうがをきかせ、ひき肉の旨味をたっぷりと小松菜にしみ込ませます。

ひき肉がポロポロこぼれにくく、食べやすい仕上がりにしていますので、お弁当のおかずにも詰めやすいです。

レシピについて

小松菜だけを最初にサッと蒸し煮にし、水気を切ります。
豚ひき肉を色が変わるまで炒め、小松菜を加え、調味料で味付けします。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • 小松菜 2把(200g目安×2)
  • 豚ひき肉 300g
  • 片栗粉 大さじ3
  • ごま油 小さじ2
  • ■小松菜の下ごしらえ用
  • 酒 大さじ2
  • 塩 小さじ1/4
  • ■合わせ調味料
  • みそ 大さじ2
  • しょうゆ 大さじ1
  • 酒 大さじ1
  • 砂糖 大さじ1
  • みりん 大さじ1
  • 片栗粉 小さじ2

8人分

  • 小松菜 4把(200g目安×4)
  • 豚ひき肉 600g
  • 片栗粉 大さじ6
  • ごま油 小さじ4
  • ■小松菜の下ごしらえ用
  • 酒 大さじ4
  • 塩 小さじ1/2
  • ■合わせ調味料
  • みそ 大さじ4
  • しょうゆ 大さじ2
  • 酒 大さじ2
  • 砂糖 大さじ2
  • みりん 大さじ2
  • 片栗粉 小さじ4

作り方

step
1
小松菜は根元を切り落として、


根元を切り落として

step
2
土などが付いていることがあるので、特に根元をよく洗います。


よく洗います

step
3
4~5cm程度の長さに切ります。指3本分の幅が目安です。


4~5cm程度の長さ
4~5cm程度の長さ

step
4
合わせ調味料の材料を混ぜ合わせます。

この作業は、手順7で小松菜を蒸し煮にしている間か、手順11で豚肉を炒めている間に行うと効率が良いですが、無理しない程度に対応しましょう。
みそがダマにならないように、しっかりと溶いておきましょう。

合わせ調味料

step
5
フライパンに手順3の小松菜と、小松菜の下ごしらえ用の調味料を入れ、ざっと全体を混ぜ、

焦げ付きが心配なら、ごま油小さじ1(分量外)をひくと良いですが、ざるを洗うのが厄介です。

調味料を入れ
ざっと全体を混ぜ

step
6
ふたをして、中火にかけます。


ふたをして、中火にかけます。

step
7
1~2分ほどして蒸気が立ったら、ふたを開けます。小松菜から水分が出ていますので、1回ざっと混ぜて、さらに水分を出します。


蒸気が立ったら
水分が出ています
ざっと混ぜて

step
8
ざるに上げ、水気を切ります。

絞る必要はありません。このまま冷まし、余熱でどんどん水分を出しておきます。

ざるに上げ

step
9
フライパンを拭いてきれいにし、ごま油、しょうがすりおろしを広げ入れ、弱火にかけます。ふつふつとして、香りが出るまで熱します。

ずっとかき混ぜる必要はありません。広げ入れたら、さわらずそのまま放置しましょう。

広げ入れ
広げ入れ
ふつふつ

step
10
豚ひき肉をほぐし入れます。

ずっとほぐしている必要はありません。「ジューッ……」という音がするまで放置、周りの色が変わったら、ざっとかき混ぜて2~3分放置、ざっとかき混ぜて切るようにほぐす、平らになじませて放置、くらいで構いません。

豚ひき肉
豚ひき肉
豚ひき肉
豚ひき肉

step
11
豚ひき肉の色がすべて変わり火が通ったら、手順9の小松菜をすべて加え、ざっと全体を混ぜ合わせて油を回し、


豚肉
小松菜
小松菜

step
12
手順4の合わせ調味料を加えて全体に絡め、フライパンの底がヘラでなぞれるまで、1分ほど、しっかりと炒りつけます。

合わせ調味料は、片栗粉が固まっている場合がありますので、必ず再度混ぜ合わせてから加えましょう。
片栗粉にしっかりと火を通すことで、しっかりととろみがつきます。

合わせ調味料
汁気を飛ばします
汁気を飛ばします

step
13
保存の際は、

粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて冷蔵庫で保存します。

保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • 小松菜は根元に土などが付いていることがあるので、特に根元をよく洗いましょう。
  • 小松菜をざるに上げたあとは、絞る必要はありません。このまま冷まし、余熱でどんどん水分を出しておきます。
  • 豚ひき肉を炒める際には、ずっとほぐしている必要はありません。「ジューッ……」という音がするまで放置、周りの色が変わったら、ざっとかき混ぜて2~3分放置、ざっとかき混ぜて切るようにほぐす、平らになじませて放置、くらいで構いません。
  • 合わせ調味料は焦げ付きやすいため、いったん火を止めてから加えましょう。
  • 合わせ調味料は、片栗粉が固まっている場合がありますので、必ず再度混ぜ合わせてから加えましょう。
  • 片栗粉にしっかりと火を通すことで、しっかりととろみがつきます。
  • 保存の際は、粗熱を取ってから、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。

アレンジのヒント

  • 一緒に加えておいしい具材:にんにく(薄切り、またはすりおろし)/輪切り唐辛子/にんじん/厚揚げ/豆類/きのこ類
  • 鶏ひき肉で作っても。合い挽き肉はギットギトになるのでおすすめしません。
  • ご飯の上にたっぷりと乗せて、丼飯にも。
  • かた焼きそば、あんかけ焼きそばの具材としても。
  • 卵とじ、オープンオムレツの具材としても。卵2個あたり1/2~1カップ目安を混ぜ合わせ、フライパンでゆっくりと焼きます。

おすすめ食材、ツール

しょうゆはここ2年ほどで、「ヤマサ 鮮度生活 特選丸大豆しょうゆ」に落ち着きました。使い終わりまでずっとしょうゆの色が、おろしたての淡く赤い色、旨味と香りを保つのが、とてもうれしいです。

みりんは、タカラの本みりんを愛用しています。スーパーで安価に入手できて、まろやかな甘味や照りが付くので、ずーっと使用しています。

料理をする際の酒はタカラ「料理のための清酒」を愛用しています。塩分が含まれていないこと、また、飲むお酒では抑えられている雑味の中に含まれている、調理には有効な旨味成分を引き出すよう、独自の酵母で造られた清酒ですので、味のバランスが崩れず、ふんわり、まろやかに仕上がります。

料理に使う酒は、ぜひ、アルコール入り、食塩無添加の酒を使いましょう。
酒は、材料の臭みを消したり、材料を柔らかくしたり、さっぱりとした甘味を付けたり、野菜の煮物にコクを付けたりと、その役割はとても大きいです。

小松菜のレシピはこちらもどうぞ


小松菜とかまぼこの胡麻味噌和え
小松菜とかまぼこの胡麻味噌和え

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、小松菜とかまぼこを使ったレシピをご紹介します。 さっとゆでた小松菜と、ごま油で焼いたかまぼ ...

【野菜ひとつ】小松菜のカレーマヨ和え
【野菜ひとつ】小松菜のカレーマヨ和え

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、小松菜を、カレーマヨ味でいただくレシピをご紹介します。 カレーマヨ味は、一般的にはカレー粉 ...

【野菜ひとつ】小松菜のわさび風味おひたし
【野菜ひとつ】小松菜のわさび風味おひたし

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、小松菜を、わさび風味をきかせた、旨味たっぷりのおひたしでいただくレシピをご紹介します。 小 ...

【野菜ひとつ】小松菜の練りごま和え
【野菜ひとつ】小松菜の練りごま和え

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、小松菜を練りごまで和えるレシピをご紹介します。 練りごまとだし汁を合わせて作りますので、と ...

ひじきと小松菜のツナごま和え
ひじきと小松菜のツナごま和え

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、ひじきと小松菜を使ったレシピをご紹介します。 ひじきと小松菜を、ツナと、たっぷりのごまで和 ...


もっと見る

\ たちまち増刷 / 新刊「やさしい作り置き」ご紹介動画

全ページご紹介動画を作りましたので、立ち読み感覚でご覧いただけますと幸いです。

最新刊
やさしい作り置き

詳しくはこちら

他のレシピをさがす

-レシピ, 野菜のおかず, 小松菜, しょうが, 豚肉, 豚ひき肉, ひき肉, 冷蔵5日, 冷凍1か月, 時間がたってもおいしい, 和風

Copyright© 週末の作り置きレシピ , 2019 All Rights Reserved.