レシピ 野菜のおかず かぼちゃ しょうが お肉のおかず 鶏ひき肉 冷蔵5日 時間がたってもおいしい 和風

ほくほくとろとろ かぼちゃのそぼろ煮

更新日:

冷蔵5日

かぼちゃのそぼろ煮
今回は、薄味、ノンオイル、だしいらず、お鍋ひとつで簡単に仕上がる、かぼちゃのそぼろ煮のレシピをご紹介します。

かぼちゃのそぼろ煮や、そぼろあんかけのレシピは色々ありますが、今回ご紹介するレシピは、子供たちが小さかった頃に、離乳食用として使用していたレシピを元に、味付けを大人向きにしたものです。

離乳食用に、かなり薄味に仕立てたはずのかぼちゃの煮物が、味見をしてみたら、あっさりしていて、とてもおいしかったので、これはそのままいけるんとちゃうか……と、しょうがを加えて大人用にアレンジしたら、あらおいしい。それ以来、ずっと作っています。

かぼちゃそのものが、とても素朴な甘味を持っていますので、それを活かし、そぼろの旨味をかぼちゃにたっぷりと吸わせて仕上げています。

作り置きしておけば、コロッケやグラタンなどにもアレンジ出来る、とても便利な一品です。ぜひ、お試しくださいませ。

スポンサーリンク

レシピについて

甘さ控え目の、あっさり薄味に仕上げたレシピです。

材料

4人分
かぼちゃ 種・皮付きで600g程度(1/2個目安)
鶏ひき肉(豚ひき肉でもOK) 100g
しょうが 1/2片(3~4cm)
 200~250cc目安
■合わせ調味料
 大さじ2
砂糖 大さじ1
しょうゆ 大さじ2
■とろみ用
片栗粉 小さじ1
 小さじ1
8人分
かぼちゃ 種・皮付きで1200g程度(1個目安)
鶏ひき肉(豚ひき肉でもOK) 200g
しょうが 1片(5~6cm)
 250~300cc目安
■合わせ調味料
 大さじ3
砂糖 大さじ1+1/2
しょうゆ 大さじ3
■とろみ用
片栗粉 小さじ2
 小さじ2

具材 4人分 8人分
かぼちゃ 種・皮付きで600g程度(1/2個目安) 種・皮付きで1200g程度(1個目安)
鶏ひき肉(豚ひき肉でもOK) 100g 200g
しょうが 1/2片(3~4cm) 1片(5~6cm)
200~250cc目安 250~300cc目安
■合わせ調味料
大さじ2 大さじ3
砂糖 大さじ1 大さじ1+1/2
しょうゆ 大さじ2 大さじ3
■とろみ用
片栗粉 小さじ1 小さじ2
小さじ1 小さじ2

作り方

1 かぼちゃは一口大に切りますかぼちゃは一口大、3cm角程度の大きさに切ります。
2 しょうがはみじん切りにしますしょうがはみじん切りにします。皮付きのままで構いません。
3 合わせ調味料で鶏ひき肉をほぐします煮込み用鍋に、合わせ調味料、しょうが、ひき肉を入れて、弱めの中火にかけます。
菜箸4~5本を使うなどして、ひき肉をよくほぐしながら、ひき肉の色が変わるまで火を通します。
4 かぼちゃとひたひたの水を加えますひき肉の色が変わり、充分にほぐれたら、かぼちゃを加え、ひたひたの量の水(水からかぼちゃが少し頭を出す程度の量・分量の目安は「材料」記載の通り、4人分200~250cc、8人分250~300cc目安です。)を注ぎます。
5 中火で煮込みます火加減を中火にします。煮立つまでにアクが出てきますので、アクを取り除きます。

ふたをして煮込みます。煮立ったら、ふたを少しだけずらし、7~10分ほど煮込みます。ふたのゴトゴトを防ぎ、そして、余分な水分を飛ばしましょう。

仕上がりの目安は、煮汁が1/3~半分くらいにの量になるまで煮た状態です。
煮立っている状態ですと、倍以上に煮汁が多いように見えますので、7~10分ほど煮込んで、竹串を刺してスッと通るようなら、火を止め、煮立ちを静かにした状態で確認しましょう。また、かぼちゃは冷めると煮汁を吸いますので、少し多いかな?という程度で問題ありません。

もし、かぼちゃが柔らかくなる前に、煮汁が少なすぎる状態になってしまったら、適宜水を足しましょう。

6 とろみ用の片栗粉を水で溶きますとろみ用の片栗粉を水で溶きます。
7 水溶き片栗粉を加え、ざっと混ぜ合わせますかぼちゃがやわらかくなったら、水溶き片栗粉を加え、軽くざっと全体を混ぜ合わせて、出来上がりです。

水溶き片栗粉を加える際に、水が少なすぎるようなら、お好みの量の水を加えてひと煮立ちさせてから、水溶き片栗粉を加えれば、問題なく仕上がります。

作り置きのコツ

  • 煮込みの仕上がりの目安は、煮汁が1/3~半分くらいにの量になるまで煮た状態です。煮立っている状態ですと、倍以上に煮汁が多いように見えますので、7~10分ほど煮込んで、竹串を刺してスッと通るようなら、火を止め、煮立ちを静かにした状態で確認しましょう。また、かぼちゃは冷めると煮汁を吸いますので、少し多いかな?という程度で問題ありません。もし、かぼちゃが柔らかくなる前に、煮汁が少なすぎる状態になってしまったら、適宜水を足しましょう。
  • 手順7で水溶き片栗粉を加える際に、水が少なすぎるようなら、お好みの量の水を加えてひと煮立ちさせてから、水溶き片栗粉を加えれば、問題なく仕上がります。
  • 煮込み鍋のまま常温保存する場合は、1日1回、弱火で満遍なく火を通しましょう。保存容器に移し変えて冷蔵庫で保存する場合は、保存容器はしっかり消毒してから使いましょう。
アレンジのヒント

  • 鶏ひき肉であっさりと仕上げていますが、豚ひき肉でもコクがありおいしく仕上がります。
  • グラタン:グラタン皿に敷き、チーズをかけてとろけるまでオーブントースターなどで焼きます。
  • コロッケ:火にかけて水分を飛ばし、粗熱が取れたら成型し、小麦粉、卵、パン粉を付けて油で揚げます。
  • お弁当にもよく合います。よく冷ましてから詰めましょう。
おすすめ食材、ツール
愛用品です。これ一つで、つぶす、なめらかにする、混ぜる、和える、食卓の取り分けスプーンにと大活躍します。
耐熱温度が200℃ですので、今回のような、ひき肉をそぼろ状に煮る場合も、手早く、ダマにならずに仕上げることが出来ます。また、鍋料理などの穴あきお玉としてはもちろん、揚げ物をすくう際や、炒める際にも充分に使え、食洗機でもきれいに洗える、優秀キッチンツールです。

最新刊「しみこむ作り置き」詳細ご紹介

「近所の書店にない」「なかなか書店に行けない」という方々も多くいらっしゃると思います。全ページご紹介動画を作りましたので、立ち読み感覚でご覧ください。

最新刊
しみこむ作り置き

詳しくはこちら

-レシピ, 野菜のおかず, かぼちゃ, しょうが, お肉のおかず, 鶏ひき肉, 冷蔵5日, 時間がたってもおいしい, 和風

Copyright© 週末の作り置きレシピ , 2018 All Rights Reserved.