えっ何これ柔らかっ!鶏むね肉で作る、秘密のやわらかチキン

冷蔵5日

秘密のやわらかチキン
今回は、簡単に鶏むね肉が驚くほど柔らかくなり、和風であっさり、なのにジューシーに仕上がる、スゴいレシピをご紹介します。

この一品は、これまでの作り置きメニューアーカイブには、あまり登場しませんでした。
なぜなら、結構な回数を作ってはいるのですが、週末の夜、作り置きを兼ねて大量に作っても、子どもたちがむさぼるように即効で食べて無くなってしまうため、なかなか作り置きにならないのです。

鶏むね肉が、簡単な手順で、本当に柔らかく仕上がり、あっさり上品なしょうゆ味が美味しいこの一品は、さすがクックパッドつくれぽ4,500件超え(2014年10月現在)。
簡単に出来て、高タンパクかつ油控え目でヘルシー、ご飯にもアルコールにも合います。
そして、冷めても美味しくお弁当にも、もちろん作り置きにもぴったりなこの一品、ぜひ、お試しくださいませ。

レシピについて

Cpicon 秘密のやわらかチキン☆.。.:*・゚ by たうんびー
このレシピを参考に作っています。写真は8人分です。

スポンサーリンク

材料

4人分
鶏むね肉 2枚
■漬け汁
玉ねぎのすり下ろし 小1/2個分
にんにくのすり下ろし 1~2片分
しょうゆ 大さじ3
みりん 大さじ1.5
 大さじ1.5
はちみつ※ 大さじ1.5
こしょう 少々(5振りくらい)
■焼き上げ
片栗粉 適量(大さじ3~5目安)
サラダ油 適量(大さじ1目安)
■仕上げ
パセリ お好みで

※今回、はちみつを砂糖で代用する場合の目安は、砂糖大さじ3~4目安です。

8人分
鶏むね肉 4枚
■漬け汁
玉ねぎのすり下ろし 小1個分
にんにくのすり下ろし 2~3片分
しょうゆ 大さじ4
みりん 大さじ2
 大さじ2
はちみつ※ 大さじ2
こしょう 小さじ1/2
■焼き上げ
片栗粉 適量(大さじ5~7目安)
サラダ油 適量(大さじ2目安)
■仕上げ
パセリ お好みで

※今回、はちみつを砂糖で代用する場合の目安は、砂糖大さじ4~5です。

作り方

1 鶏むね肉は観音開きにします鶏むね肉の下ごしらえをします。

むね肉は、観音開きにします。
観音開きとは、肉に切り込みを入れて、中央から左右に開くことをいいます。お肉で三面鏡を作るイメージですね。
写真のように、皮を下にして、肉を縦長に置き、中央から斜め左、斜め右に包丁で肉に切り込みを入れます。
この時、真下に包丁を入れず、斜め左側、斜め右側に、そぐように包丁を入れると、きれいに左右に開き、平らな薄めのむね肉になります。ロールチキンなども、この方法で下ごしらえをすると、まんべんなく火が通り、きれいに仕上がりますよ。

2 フォークで穴を開けます観音開きにした鶏むね肉は、両面にフォークでプスプスと穴を開けます。特に皮の面は念入りに穴を開けておきましょう。
こうすることで、焼き縮みや、焼いた後に固くなることを防ぐ手助けになります。
3 漬け汁に1時間程度漬け込みます漬け汁の材料を保存袋やボウル、保存容器に入れ、下ごしらえをした鶏むね肉を入れ、よく揉み込み、そのまま冷蔵庫に入れて、1時間漬け込みます。

4人分までなら保存袋で充分ですが、大量に作る際は、大きめの保存容器に漬け込むほうが良いです。

この状態で冷蔵保存することが出来ます。
私は最長4日間漬け込んだことがありまして、2015年5月2日の作り置きでは、5/2に漬け込み、5/6に焼きました。味が濃くなり過ぎることもなく、とても柔らかくいただけました。
中途半端に凍ったり、保存時の温度変化を避けるため、チルド室(というのでしょうか、冷蔵庫内の別部屋のあるところ)などで保存されることをおすすめします。

4 漬け汁の水分を拭います漬け込みが終わったら、むね肉だけを取り出し、キッチンペーパーなどで水分をよく拭き取ります。
拭き取りが甘いと、焼く際に焦げ付きますので、丁寧に拭き取りましょう。

漬け汁は、後で使いますので、取っておきましょう。

5 片栗粉をまぶします漬け汁を拭ったむね肉に、片栗粉をまぶします。余分な粉は、はたき落としましょう。

この写真はNG例です。手抜きして、漬け汁を拭ったキッチンペーパーをひいたまま片栗粉をまぶしたら、ほとんどの片栗粉がキッチンペーパーにくっつき、片栗粉をだいぶムダにしてしまいました。。。
できれば、きれいなビニール袋やボウル、バットなどに片栗粉を入れて、そこに水分を拭き取ったむね肉を入れて片栗粉をまぶすと、ムダにならず、きれいにまんべんなくまぶすことができますよ。

6 焼きます焼きます。

フライパンを熱し、サラダ油をひき、弱めの中火にして、皮目を下にして、むね肉を乗せます。

7 ふたをして焼きますふたをして、弱めの中火で、ゆっくり焼きます。焦げやすいので、弱めの火加減が良いです。
8 ひっくり返して、両面こんがりと焼きます見えている面が白くなってきたら、皮目がいい感じに焼けてきています。
ひっくり返してさらに焼き、まんべんなく両面焼きます。適宜ひっくり返しながら焼き、両面がこんがりと焼けたら、余計な油が出ていますので、キッチンペーパーで拭き取ります。
9 漬け汁を加え、水分を飛ばすように照り焼きにします取っておいた漬け汁を回しかけ、水分を飛ばすように照り焼きにします。

これまでの手順より、多少火を強めにしても構いませんが、焦げ付きやすいですので、むね肉を時々ひっくり返しながら、焦げ付かないように仕上げていきましょう。

10 食べやすい大きさに切りますこれで出来上がりです。
キッチンバサミなどで、食べやすい大きさに切ります。いただく際、お好みでパセリを散らしましょう。
作り置きのコツ

  • 玉ねぎのすり下ろしに漬け込むと、むね肉がとても柔らかくなります。むね肉は観音開きにして厚さを均一にし、フォークでまんべんなく穴を開けることで、いっそう柔らかく、また、焼き縮みも防ぐことが出来ます。
  • しょうゆベースでみりん、はちみつが入っているため、焦げやすいです。手順4でしっかり水分を拭き取り、その後片栗粉をまんべんなくまぶし、焼く時はふたをして、弱めの火加減で熱していきましょう。また、鶏肉はゆっくりと熱するほうが柔らかく仕上がりますので、弱めの火加減を心がけることが、おいしい仕上がりのコツです。
  • むね肉を柔らかくするため、漬け汁には1時間程度漬け込みましょう。むね肉が特価の日に買って、焼くタイミングまで漬け込んでおいても良いですね。
  • 保存容器は充分に消毒してから使いましょう。
アレンジのヒント

  • 参考レシピの生い立ちが、「いつも唐揚げでする方法を、照り焼き風にしてみた」ということですので、手順6以降を油で揚げても、もちろん美味しかったです。私は、溶き卵+片栗粉と上新粉を4:1でよく溶き、衣からねっとりとした細い糸が引く程度の粉の配合にしたものにくぐらせ、180度より少し高めの油で20~30秒揚げ、網に上げて20~30秒休ませて、さらに20~30秒揚げ、20~30秒休ませて……を、3~4回ほど繰り返し、高温、かつ休める時間を入れてゆっくりと揚げ、最後に高温でざっと仕上げています。絶品の唐揚げをいただくことができますよ。
  • 丼にも合います。漬け汁ごと熱し、卵を半熟でとじたものを、ご飯に乗せていただきます。あっさりなのに、たっぷりコクがあって、おいしいですよ。
  • 作り置きを温める際は、オーブントースターやフライパンでゆっくりと熱すると、とても柔らかくいただけます。
おすすめ食材、ツール
愛用品のキッチンバサミです。皮やスジ付き、調理済みの肉、骨付きの魚、ヌルヌルのイカも、皮ごと滑ることなくスパッと切れます。カーブがあるので、まな板、バットやお皿に乗っているままの食材も切りやすく、また、野菜などはこれでスパスパ切っています。錆びないのも嬉しいですね。

コツは、大きく刃を開いて一気に切ることです。面白いように切れます。紙を切ったり、刃先だけで切るのは不得意ですので、完全に調理用専用バサミとして使用しています。

↓↓感謝!好評発売中!!↓↓
ぜんぜん おしゃれじゃない
Instagramやってます @sgmy

こちらのレシピもどうぞ

切干大根と大豆のサラダ

体においしい!切干大根と大豆のサラダ

冷蔵1週間 食物繊維たっぷり、日持ちする優秀な和風サラダです。しょうがの風味、ごまの香りと

レシピをみる

おせち料理 重箱への詰め方

おせち料理 重箱への詰め方

リクエストをいただいていました、おせち料理の重箱への詰め方をご紹介します。 大晦日の公開と

レシピをみる

ツナとキャベツのサラダ

キャベツの千切りでカロリーオフな作り置き ツナとキャベツのサラダ

冷蔵5日 キャベツの千切りとツナを和えると、こんなにおいしい! マヨネーズいらずでカロリ

レシピをみる

山形のだし

夏野菜たっぷり!山形のだし

冷蔵5日 今回は、山形のだしのレシピをご紹介します。 私は関西人ですが、ここ近年、毎年夏

レシピをみる

ハレの日のおもてなし えびのうま煮

ハレの日のおもてなし えびの旨煮

冷蔵4日 今回は、ハレの日にぴったりの、えびの旨煮のレシピをご紹介します。 ハレの日は、

レシピをみる

うどの酢味噌和え

歯ざわりと香りを堪能 うどの酢味噌和え

冷蔵4日 今回は、うどの酢味噌和えのレシピをご紹介します。 酢味噌和えのレシピと具材のバ

レシピをみる

お雑煮にも 野菜たっぷり根菜汁

お雑煮にも 野菜たっぷり根菜汁

冷蔵5日 今回は、うちのお雑煮のレシピをご紹介します。 お雑煮といいつつ、毎年11月頃か

レシピをみる

大豆と野菜のシンプルマリネ

基本の豆マリネ 大豆と野菜のシンプルマリネ

冷蔵1週間 豆を使った基本のマリネです。乾燥大豆を戻し、大豆の甘みを活かして、たっぷり作り

レシピをみる

たたきごぼう

おせち料理にもどうぞ 食物繊維たっぷり たたきごぼう

冷蔵1週間 今回は、だしの風味とほんのりした甘味が染み渡る、歯ごたえがおいしい、たたきごぼうの

レシピをみる

若竹煮

春の酒満喫王道レシピ 若竹煮 筍(たけのこ)のあく抜きもご紹介

冷蔵1週間/冷凍1か月 今回は、若竹煮のレシピを、たけのこのあく抜きとあわせてご紹介します。

レシピをみる


Comment

  1. ロビン より:

    いつも作り置きレシピお世話になってます( ´ ▽ ` )ノ
    先日は鶏の照り焼き作ってみましたが、胸肉とは思えないくらい柔らかくて感激でした!

    次はこちらも試してみたいとおもったのですが、調味液に漬け込んだ状態で数日間冷蔵保存とかできるんでしょうか?

  2. スガ より:

    ロビンさん
    スガです(´∀`)ノ とても嬉しいコメントをいただきまして、ありがとうございます!!

    鶏むね肉の照り焼き、柔らかく仕上がったとのこと、よかったです~(´∀`人)
    私もとても嬉しいです!!

    さて、こちらの「秘密のやわらかチキン」は、漬け込みで冷蔵できますか?の件、
    できます!!(´∀`)ノ

    手順3で、私は最長4日間漬け込んだことがあります。
    ↓こちらは、5/2に漬け込み、5/6に焼きました。
    http://mayukitchen.com/20150502cook-ahead/

    味が濃くなり過ぎることもなく、とても柔らかくいただけましたよ(´∀`)
    中途半端に凍ったり、保存時の温度変化を避けるため、チルド室(というのでしょうか、冷蔵庫の別部屋のあるところ)などで保存されることをおすすめしますが、私は冷蔵庫の一番上に4日入れておきまして、大丈夫でした(´∀`)b

    ご参考になれば幸いです。
    では、よろしくお願いします(´∀`)ノ

  3. ロビン より:

    丁寧なご返信ありがとうございました!

    照り焼きは、鶏肉大好きだけど胸肉とササミは嫌といううちの夫が喜んでモリモリ食べてくれました( ´ ▽ ` )ノ
    こちらのレシピも早速試してみますね!楽しみ〜♪

    • スガ より:

      ロビンさん
      スガです(´∀`)ノ こちらこそ、ご丁寧&嬉しいご返信をいただきまして、ありがとうございます!!

      むね&ささみがお嫌いなご主人にも美味しく召し上がっていただけたとのこと、よかったです!!(*´∀`人)
      こちらのレシピも、きっとお気に召していただけると思います。
      弱めの火加減で、焦げ付きをお気を付けていただければ、特に問題なく仕上がると思いますよー(´∀`)

      ありがとうございました
      ではまた(´∀`)ノ

  4. さとう より:

    スガさん、はじめまして
    こんばんは
    秘密のやわらかチキン、ほんとうにやわらかくて美味しかったです
    鶏胸肉がこんなにやわらかく頂けるなんて…大げさかもしれませんが感動です
    美味しすぎて作りおきにならないのがわかる一品でした
    レシピの公開、ありがとうございました
    もやしのナムルもお気に入りで何回も作っています
    次は玉ねぎのドレッシングを作る予定です
    料理がそんなに得意でない私ですが
    これをしている間にあれをしてみたいなことはとても性に合っていると思います
    スガさんのレシピは普段の買い物で手に入る食材が多いのも魅力のひとつだと思います
    材料の繰越など冷蔵庫にあるものを把握しやすいですね
    たいへん参考になりました
    買った材料を腐らせないようにを心がけたいと思います
    近日中に本も購入予定です
    こちらも楽しみ♫

    • スガ より:

      さとうさん
      はじめまして(´∀`)ノ スガです!ものすごく素敵なコメントをいただきまして、ありがとうございます!なのに、ご返信がものすごーーーく遅くなりまして、ごめんなさい!!(´Д` )

      やわらかチキン、お気に召していただき嬉しいです!ご紹介してよかったです(´∀`人)
      また、もやしのナムルは何度も作っていただいているとのこと、そして玉ねぎドレッシングにも挑戦されるとのこと、すごくすごく嬉しいです!!

      さとうさんは、「これをしている間にあれをして」が性に合っておられるとのこと!
      それ、すごく素敵なことです(´∀`*)
      私、今でこそ、段取りとか順序立てて考えるとか、そういったことが割と出来るようになってきましたが、もう20数年前なんてしっちゃかめっちゃかで(ノ∀`)
      電子レンジの前で何もせずにただ待っているとか、そのくせ鍋は放置して焦がすとか、なんか根本的にイケてなかったです(汗
      料理は嫌いではなかったはずが、毎回ツラかったです……(ノ∀`)
      さとうさんは料理がそんなに得意ではない、とおっしゃっていますが、これから速攻でぐんぐん上手になりますよ!!(´∀`)b

      最近新しいレシピが全然書けておらず申し訳ない限りです。。
      これからも、いつもの食材で、いつもの調味料で、美味しくできるレシピをご紹介していきますね(´∀`)

      ありがとうございました!!
      ではまた(´∀`)ノ

      • さとう より:

        スガさん こんにちは

        さとうです
        ご返信をありがとうございました
        お友達の訃報、、、私も同年代ですたいへんショックでした
        なかなかお声がけの言葉も浮かびませんで…
        スガさんが先週も作り置きのお料理をして公開してくださっていること
        「さぁ。しっかり食べよう。そして、生きよう」
        の言葉に、読者に対するご配慮とスガさんご自身を奮い立たせていらっしゃるようなお気持ちと生命力の強さのようなものを感じました

        食べることは生きること
        時にそれが哀しくもあるのですがそれもひっくるめて生きるということなのかな、なんて思ったりします…

        長くなってしまいました
        ここからはお料理の話を…
        玉ねぎのドレッシング、まだ作れていません
        実は先に、わけぎのぬた、筍とわかめ、ブロッコリーとゆで卵のサラダ、チキンナゲットに取り掛かってしまいました
        はじめて作るメニューばかりでしたが
        スガさんのレシピは作業工程がわかりやすく、そのお料理が美味しくなるために必要なポイントをきちんと教えてくださっているので本当に助かります
        自分の一品にするにはまだまだですが新しい味が食卓に増えるということはとても豊かな気持ちになりますね
        また食べたいレシピがいっぱいです

        私は料理上手が多い環境で育ち、食べることと片付け専門でした
        恵まれていた反面、自分は料理が出来ないと思いこんでいました
        長きにわたってそれがコンプレックスでした
        実家を出てから、外食お酒タバコお菓子とやっていたら身体を壊しまして〈当たり前ですね…〉
        今は食事と運動でなんとかなっていますが
        本格的な自炊をはじめて数年、、美味しいものが食べたいと欲が出てきまして
        そこで出会ったのがスガさんのブログでした
        スガさんのレシピで料理をしていて楽しいと感じていることに気がつきました
        楽しくて夢中になれる時間がグンと増えました
        本も見やすくて気に入っています
        はじめに の結びの一文
        スガさんのお子さんへ込められているおもいが控えめな言葉で綴られているのになんだかとても印象に残りました

        連休も後半ですね
        こちらは風が吹き荒れています
        最新の作り置きにありました、ローストビーフが気になっています

        • スガ より:

          さとうさん
          スガです(´∀`)ノ とーっても温かいコメントをいただきまして、ありがとうございます!!なのに、ご返信がものすごーーーーく遅くなりまして、本当にごめんなさい!!(´Д` )

          そうですねぇ
          あの週はほんま「やめとこかな」というか、なんというか何も手につかなかったんですが、いやーあかんあかん、そういうのはあかん、前向きな彼女に失礼やわあかんあかん、せやけどほんっま何もできてへんし、いやーもう、
          ……という、なんかくちゃくちゃな感じでしたね。。
          そうなんですよね。食べることは生きること、ほんまそうやと思います。悲しかったり辛かったりして食べられへんことがあったら、心身が確実にしんどくなってくるし。でも、そして、ちょっと落ち着くと、お腹がちゃんと減るんですよね。あれ、すごい不思議ですよね。ものすんんごく悲しいのに、すごい音でお腹が鳴ったり、なんか、ヤケ食いとかではなく、すごくちゃんとしたものが食べたくというか摂りたくなったり、なんか本当に、ふわふわした、そして不思議な感じの期間でした。

          あっ!お料理
          ものすごくたくさん、作っていただいているんですね(´∀`人) ありがとうございます!!
          わけぎ、たけのこ、まさに旬なので、美味しく召し上がることに少しでもお役に立てれば幸いです!あーたけのこはそろそろ終わりかな、、
          玉ねぎドレッシングはいつでも作れますよ~!これ、加熱するので、新玉ねぎやなくて、茶色な玉ねぎでも味が馴染みやすいので、ほんまオールシーズンいけます(´∀`)b ので、さとうさんの良いタイミングでお試しいただければと思います!

          さとうさんは、お料理上手な環境で育たれたんですね。
          料理が出来ないかもコンプレックス、私は、これすごい大事やと思うんです。
          コンプレックスとは少し違うのかもしれませんが、理由はどうあれ、料理に限らず、「自分は周りより100歩後ろからスタートしている」と自覚することって、大切なことやと私はいつも思っているんです。
          実はそれがまったく後ろやなかったり、もしかすると100歩先からのスタートやったかもしれないんですけど、
          でも、スタートした時って、そしてスタートして走り始めて調子良い時って、一番、自分が見えてない時なんですよね。っていう自覚を私すごく持たないと「外す」んで(ノ∀`)、いつもそういうふうに自戒するようにしているんです。

          さとうさんは運動と食事に気をつけられているとのこと、素晴らしいです(´∀`人)
          「美味しいものが食べたい」、さとうさんは「欲」と仰っていますが、きっとそれは「とても正しい欲」やと思うんです。
          美味しい、って、色んな意味が込められていると思うんです。味覚の表現ではあるんですが、私は、「自分の心身が欲しているものを正しく摂ることが出来た」これが「美味しい」の最高級やと思うているんです。
          たとえば、結構好きなジャンクフードをたくさん食べたり、焼き肉をアホほど食べたりすると、それはそれで美味しいですし、そんな時は脳から分泌物も出ているようですので(特に牛肉)、もう化学的にも美味しさを堪能していることになるんですが、だいたい、後悔するんですよね……(ノ∀`) あー食べ過ぎたうわー吹き出物がうわーなんか肥えた、というような感じで。
          なので、自分が今ほんまに欲しいものは何やろう?って思った時に、「手軽やから」「美味しいから」だけにいくんやなくて、「自分の心身が欲しているものを正しく摂る」、これ大切やと思うてるんです。
          ……とはいえ、たまに焼き鳥やホルモン串を数十本くらい食べたり、梅酒を焼酎で割ったのを愛飲する私なので、なんの説得力もないんですけどね(ノ∀`)

          話が飛びました(ノ∀`)
          さとうさんのコメントを拝読していて、すごく嬉しかったことの一つが、「料理をしていて楽しいと感じること、楽しくて夢中になれることが増えた」旨のことです(´∀`人)
          コンプレックスがおありやと仰っていたのに、美味しいもの作って食べたい、そして、料理が楽しいと思えるようにお感じになっているとのこと、なんかもう、自分のことのように嬉しいです!!

          ローストビーフ、安価な塊でも美味しくできますので、ぜひ機会があればお試しいただければ幸いです!
          え?というくらいに胡椒が多いですが、臭みなく、少量でも美味しく仕上がりますよ(´∀`)b

          ありがとうございました!
          ではまた(´∀`)ノ

  5. […] ほっとけばできる鶏ハム by 真さん ┣2枚 やわらかチキン ┃レシピ:えっ何これ柔らかっ!鶏むね肉で作る、秘密のやわらかチキン ┗残り […]

  6. さとう より:

    スガさん、こんにちは
    お返事がたいへん遅くなりごめんなさい
    ご返信をありがとうございます
    頷きながら何度も拝読しました
    スガさんに伝わってほしいように届いてほしいように私の気持ちが伝わっていたこと、スガさんの…私とは違った角度からの物の見方というか捉え方がすんなりと私の心に入ってきました
    とても嬉しかったです^ ^
    コンプレックスについてと、とても正しい欲について
    体感していてもなかなか言葉にするのに時間がかかったり鈍感だったりする私のおもいをすぅっとすくい上げてくださったような気がします

    先週は興奮しながらスガさんのレシピにチャレンジしていました
    玉ねぎのドレッシング、炒り高野、鶏の南蛮漬け、緑豆はるさめの酢の物、です
    新玉ねぎ好きの私は玉ねぎドレッシングを楽しみにしていました
    出来上がってサラダにかけると味見のものより数段美味しくてびっくりでした
    人気メニューの炒り高野、味見の段階であまりの美味しさに感動しました
    コンニャクのあく抜き、コンニャクがピューピュー鳴くなんて私は知らなかったのです
    スガさんのレシピを見ながら、ほんとうだとつぶやきながら料理をしました
    緑豆はるさめも初チャレンジでしたが食卓の一品として欠かしたくないくらい美味しいものだと知りました
    鶏の南蛮漬けも漬け汁がいい塩梅ですでに2回作りましたよ〜
    弱火でじっくり鶏を焼いていくのは、ふだん火に遊ばれてしまう私〈笑〉が落ち着いて構えていられました
    スガさんのレシピには火の強さの詳細まで示してくださっているのは有難いです
    経験を重ねて目の前のお料理を見ながら覚えていくことだとは思うのですが火が怖いと思っているうちはそれがなかなか難しくて…

    たくさんの感情が一気に私の中でスパークして文章にまとめられずにモヤモヤ過ごしておりました…恥
    書けたものもまとまらずにスパークしておりますがお許しくださいませ…〈笑〉

    そして、ご本の増刷おめでとうございます
    すごい反響なのですね
    これは第2弾も…なんてちょっと期待しています♡

    スガさんは梅酒を漬けたりはなさるのですか?
    梅酒の焼酎割りをいま急に思い出しました
    スガさんのお酒♡が伝わる一杯ですね

    • スガ より:

      さとうさん
      スガです(´∀`)ノとても嬉しいコメントをいただきまして、ありがとうございます!なのに、ご返信がものすごーーーく遅くなりまして、本当にごめんなさい!!

      さとうさんからいただいたコメント、何度も拝読してしまいました。
      いろいろ作っていただいたんですね~(´∀`人)
      すんごい嬉しいです!!

      私のレシピは、火加減もそうですし、なんでここでこうなるとか、結構細かく書いているので、一見手順がすごく多く見えますので、「うわーむつかしそう作るのめんどくさそう、こんなに丁寧にできない」と言う感想を持たれる方は多いと思うんですが、それでも書いてます(ノ∀`)
      さとうさんが仰るように「経験を重ねて目の前のお料理を見ながら覚えていくこと」も、全然悪くはないんですが、私は、こういう時代やからこそ、少しでも多くの方に共有できたらいいなーと、すごく思うんです。
      必ずしも正解ではないかもしれませんが、一つの目安として役立てば本当に嬉しいです(´∀`)

      書籍はおかげさまで4刷までいきました。。。(´Д` )
      なんかもう、こわいです><

      梅仕事
      そうですねー今年はやろうかなーどうしようかなーと迷い中です。きっと今週末あたり、やるような気もしますが(ノ∀`)
      梅酒も漬けていますよ。私は青梅やなくて、完熟した黄色い梅でいつも漬けています。これもレシピ公開したいところですが、なかなか追いついていませんね(ノ∀`)

      ありがとうございました!
      ではまた(´∀`)ノ

  7. さとう より:

    スガさん、こんばんは
    お返事をありがとうございます
    アップして下さった時間を見てビックリ…朝ですね
    (返信をしてしまうとスガさんのご負担になると思い書くのを一瞬迷いましたがやっぱり書きます)
    ご本、4刷なんですね
    すごい!おめでとうございます
    スガさんのこわいというのは、
    スガさんの本が、スガさんの知らないところで意志とかコントロールのきかないところにある…のかなぁと勝手にイメージしてしまいました
    すみません^^;
    スガさんのおっしゃるところの共有、が多くの方に伝わっているから反響が増刷に繋がるのだと私は思いました
    あたたかな気持ちを感じられるもの、真摯に取り組んでいるもの…どんなに時代が流れても人が求めるものは実はあまり変わっていないのかもしれないですね…

    さて、梅仕事ですが
    梅酒と梅干しに初挑戦しました
    ちょうどスガさんの梅干しの記事を拝見する前にしてしまったので、あ〜〜〜〜と唸りました(ー ー;)
    なので今回は赤紫蘇のところを参考にいたしました
    来年はスガさんのレシピに挑戦します
    梅酒、青梅でなく完熟梅で漬けるのですか?
    たしかに、絵面を考えても完熟梅のほうが美味しそうですよね
    またいつか教えてくださいね〜
    梅仕事をして思ったのですが、
    すぐに出来上がらない、作る季節がある、出来上がってみないとわからない…私はここにすごく惹かれました
    勢いで手作り味噌キットを買ってしまって(笑)ただいま仕込み中です
    (冬仕込みがベストだということですがこの時期でもできるというので)

    あとですね、お出汁のレシピ…ドスンと心にきました
    私は粉末だしを使っているのですがお料理の味の中でそれが浮いてしまっているとずっと気になっていました
    面倒だとずっと避けていました
    避けてちゃ改善できないなとやっと観念しました…
    料理って奥深いのですね、、今更ながら感じています
    そうそう、スガさんのレシピで食事をして運動するようになってなんと基礎代謝が10上がっていました
    自分が欲する食事を摂っていると毎日落ち着いた気持ちでいられるんですね
    自分の身体は自分でつくるってそういうことなんだなと遅ればせながら実感しています

    長くなりました
    それではまた〜〜
    (^O^)/

    • スガ より:

      さとうさん
      スガです(´∀`)ノとってもご丁寧なご返信をいただきまして、ありがとうございます!なのに、相変わらずご返信がものすごーーーく遅くなりまして、ごめんなさい!!(´Д` )

      あーアップの時間は気になさらないでくださいませ
      私、すごく朝型でして、早起きなんです(ノ∀`)

      梅仕事、さとうさんの周りでは、結構早めに梅が出回っていたんですね。
      記事UPが間に合わなかったようで恐縮です(´Д` )
      赤紫蘇まで漬けられたとのこと、一段落ですね(´∀`人)

      梅酒は青梅でも漬けます。
      青梅ではすっきり、完熟梅では少しまろやかな(好みによっては「くどい」かもです)仕上がりになります。
      今年は青梅、完熟梅の両方を漬けましたので、また来年、レシピに起こせればと思います(´∀`)

      そうなんです梅って、時間がすごくかかるんですよね。
      旬の季節はごく短くて、そのままでは食べられず、塩やら酒やら砂糖に漬け込んで、しかも他の果実等よりも漬ける時間を要する、でも仕込んでおくと、いつでも何年でもいただくことが出来る、なんか、すごく特別な、尊い食材やと思うんです。
      ありがたみが年々わかるといいますか、楽しみも年々深まるような気がします。
      流通している梅の品質がとても安定しているのも、一般家庭で手軽に作れる要因やと思うんです。
      これが梅の品質が年々バラバラやったり、漬け方によってクセが出たりしたら、たとえばきっと梅酒は、ワイン並みに難しく扱いづらいお酒になっていたことやと思います……(ノ∀`)

      さとうさんはお味噌を仕込まれたんですね!!(´∀`人)
      楽しいですよね~お味噌
      梅もそうなんですけど、日に日に、ゆっくりと様子が変わっていく、育っていくのって、すごく感動しますよね~
      私もまた作ってみたくなってきました……(´∀`人)

      だしレシピ、お読みいただきまして、ありがとうございます!!
      あー、でも粉末だしも上手に使うと全然えぇんですよ。和え物、炒め物の隠し味なんかに重宝しますし、粉末の昆布だしは浅漬けにも使えたりしますし、結構えぇ感じに使えるんです。
      でも確かに、さとうさんが仰る「浮く」っていうのは、すごく私もわかります。和食でだしを使うレシピは、結局だしをひくことに戻りますね……。
      水だしはとてもお手軽ですので、私はもっぱら水だしです。

      あと、基礎代謝が10上がられたとのこと、素晴らしいです!!(´∀`人)
      さとうさんは食事に気を付けるだけではなく、運動をされているのが、絶対えぇと思いますよ。食はもちろん大切ですが、運動、大事です!!歳を重ねるほど、すごく実感しています……(ノ∀`)

      ありがとうございました!
      ではまた(´∀`)ノ

  8. […] むね肉 2kg ┣4枚 塩鶏 ┣2枚 やわらかチキン ┃レシピ:えっ何これ柔らかっ!鶏むね肉で作る、秘密のやわらかチキン ┗2枚 あっさり照り焼きチキン  レシピ:冷めてもコクうま柔ら […]

  9. […] 出典: えっ何これ柔らかっ!鶏むね肉で作る、秘密のやわらかチキン | 週末の作り置きレシピ […]

Message

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。*は必須項目です。

本当にたくさんのコメントをいただいており、現在、コメントへのご返信に2~3か月ほどお時間をいただいております。コメントへの返信が書きあがりましたら、ご記入いただいたメールアドレス宛にもご連絡いたします。

2017年12月10日の作り置き(10品)
2017年12月10日の作り置き(10品)

週末は関西に行ってました。土曜日は冷蔵庫のように冷えてました。

2017年12月2日の作り置き(15品)
2017年12月2日の作り置き(15品)

これからしばらく野暮用対応なので、先に仕込みました。 今

2017年11月27日の作り置き(13品)
2017年11月27日の作り置き(13品)

怒涛の11月もあともう少し 今週末からは怒涛の12月

2017年11月20日の作り置き(12品)
2017年11月20日の作り置き(12品)

週末は関西に行ってました。 移動が多いと、新幹線のどの辺

2017年11月13日の作り置き(14品)
2017年11月13日の作り置き(14品)

もう11月も半ばです。 この時点で忘年会の予定が4本入ってお

→もっとみる

  • にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へTop Food Blog