大好評!れんこんとひじきのマスタードツナサラダ

冷蔵5日

れんこんとひじきのマスタードツナサラダ
今回は、れんこんとひじきを、ツナとたっぷりの粒マスタードで和えたサラダのレシピをご紹介します。

れんこん、ひじきは和食の味付けでいただくと、もちろんとてもおいしいのですが、粒マスタードをたっぷりと加えて和えると、デリ(デリカデッセン───洋風・欧風のお惣菜)のような仕上がりになり、ひと味違った、とてもおいしいお惣菜が出来ますよ。

ひじきは戻す手間が……と思われるかもしれませんが、ひじきを戻している間に、れんこんの下ごしらえや、調味料の準備をしているうちに戻ったひじきを和えるだけで完成しますので、忙しくても手軽にさっと作ることができます。

また、調味料のベースはツナ、その他は1:1:2ですので、失敗なく味が決まります。とはいえ、分量をご覧になって「えっ」と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
このレシピは、粒マスタードをメインに使うのです。

れんこんのシャキッとした歯ざわりと、粒マスタードの風味と酸味がとてもおいしいこのレシピは、持て余している粒マスタードの救済にもきっとお役立ちいただけると思います。ぜひ、お試しくださいませ。

スポンサーリンク

レシピについて

ひじきとミックスビーンズのサラダの応用です。
マヨネーズや、めんつゆの量が控え目で薄味ですが、とてもコクのある、そして、さっぱりとした仕上がりになります。

材料

具材 4人分 8人分
れんこん 300~400g 600~700g
乾燥ひじき 10g 20g
ツナ缶 1缶(70~80g) 2缶(140~160g)
■合わせ調味料
マヨネーズ 大さじ1 大さじ2
めんつゆ(3倍濃縮) 大さじ1 大さじ2
粒マスタード 大さじ2(より酸味をお好みの方は大さじ3) 大さじ4(より酸味をお好みの方は大さじ5)
いりごま 大さじ1 大さじ2
■仕上げ
刻みパセリ(お好みで) 小さじ1 小さじ2

作り方

1 ひじきは戻して水気を切りますひじきはたっぷりの水に20~30分間浸けて戻します。

戻した後の手順は、上のほうからすくうようにしてざるに取り、ざるに入れたまま2~3度水をかえて軽くすすぎます。砂などがついていることがあるので、砂を落とすように、ひじきをすくって取り出します。

熱湯で1分間さっとゆでて、ざるにあけて、よく水気を切って冷ましておきます。

2 れんこん約400gひじきを戻している間に、れんこんの準備をしましょう。

写真の大きさで、特価れんこん387gです。結構な量があります。

このレシピでは、れんこんそのままの形は活かしませんので、形が不ぞろいでも、まったく問題ありません。

3 れんこんを縦半分に切りますれんこんは、ある程度(10~15cm程度)の長さに切ってから、縦半分に切ります。

私は、正月などの「ハレ」の日以外の、普段の料理では、れんこんの皮はむかずに、そのまま使用しています。ただしその場合、れんこんの節など、土の汚れがこびりついて黒くなっている箇所は、包丁で削るようにして、取り除いています。

4 れんこんは2~3mm厚さに切りますれんこんは2~3mm程度の厚さの、薄切りにします。

このレシピは、れんこんのシャキッとした歯ごたえを活かしますので、スライサーを使った薄切りではなく、包丁を使って、ある程度の厚みを持たせて切っていきましょう。

仕上がりの「黒ずみ」が気になる場合は、切ったそばから、水に放ちましょう。
今回はひじきと和えるため、ひじきの黒色がれんこんの黒ずみをカバーすることから、私は水に放さず、次の手順に進んでいます。

5 れんこんをゆでますよく沸騰したお湯に、切ったれんこんを入れます。

再び沸騰したら、1~2分ほど中火でゆでます。

6 水にさらしますゆでたれんこんは、ざるにあけてから、たっぷりの水に放ち、アクを洗います。

水にはあまりさらさず、5分以内を目処にしましょう。
それ以上さらすと、水っぽい仕上がりになってしまいます。

7 ざるにあけますざるにあけて、余分な水分を切っておきます。
8 ボウルに調味料を混ぜ合わせます大きめのボウルに、ツナ、いりごま、合わせ調味料の材料を入れて混ぜ合わせます。

ツナの油は、ぜひ加えましょう。とても良いコクが出ます。苦手な方は、ツナの油を切ってから、オリーブオイル大さじ1(分量外)を加えると良いです。

パセリは、このタイミングで加えても構いません。
この写真では、あらかじめ冷凍しておいたパセリを、くしゃっと手でつぶして、粗みじん切りのようにした状態のものを混ぜ込んでいます。

9 れんこん、ひじきを加えてよく混ぜ合わせますれんこん、ひじきを加えてよく混ぜ合わせます。

いずれも、よく水気を切ってから加えましょう。
水気を含んだままですと、水っぽく残念な仕上がりになり、また、作り置きにも向きません。

10 れんこん、ひじきを加えてよく混ぜ合わせます保存する際は、しっかり消毒した保存容器に入れて保存しましょう。
11 いただく際に、お好みでパセリを散らしますいただく際に、お好みでパセリを散らします。
作り置きのコツ

  • れんこんのシャキッとした歯ごたえを活かすため、れんこんを切る際はスライサーを使わず包丁で2~3mmの厚さに切り、下ゆでの際は沸騰後1~2分火を通す程度にしましょう。
  • 仕上がりのれんこんの黒ずみが気になる場合は、れんこんを切ったそばから、水に放つと良いです。
  • ひじき、れんこんの水気はよく切ってから調味料と和えましょう。水気が多いまま調味料と和えると、水っぽく残念な仕上がりになり、作り置きにも向きません。
  • 3倍濃縮のめんつゆを使っています。ストレートや2倍濃縮、白だしでもおいしく出来ます。このレシピの分量で味見をし、塩気と甘みが足らないようなら、小さじ1/4ずつ、少しずつ加えてみましょう。
  • 粒マスタードを多めに加えるほど、酸味がきき、とてもさっぱりといただけます。しかしその場合、塩分も追加されますので、ほどほどにしましょう。
  • 保存容器はしっかり消毒してから使いましょう。
アレンジのヒント

  • さやいんげん、きぬさやを加えても、とても彩り良く、見た目にもおいしくいただけます。いずれもさっと塩ゆでして、水に放って色止めし、長さ2~3cm程度、幅3mm程度の斜め切りにしたものを使用すると良いです。
  • パンに乗せて、はさんで。サンドイッチはもちろん、バケットを切った上に乗せるだけのオープンサンド、おつまみのクラッカーにも良く合います。食物繊維と鉄分、たんぱく質たっぷりのヘルシーなおかずです。
  • 繊維質やミネラルがたっぷりのサラダですので、唐揚げやコロッケ、ハンバーグなど、肉料理の付け合わせにも、ぜひどうぞ。
  • 意外とさっぱりとした仕上がりですので、ワンプレートの付け合わせにもどうぞ。
  • 作り置きした後、水分が出にくいサラダですので、お弁当の具にも合います。他のおかずが冷めてから詰めましょう。
おすすめ食材、ツール
1升パックとの比較
この芽ひじきは、コストパフォーマンス、品質とも、とても気に入りましたので、2袋目を購入しました。中国産、1kgで1,725円という破格値です。

国産よりは少し小ぶりかな?とは思いますが、味、使いやすさ、量に惚れ込みました。なんせ1kgですから、炒り高野はもちろん、サラダ、混ぜご飯に、遠慮なくガンガン使えます。小ぶりなのがかえって使いやすいです。

私は週末の作り置きで、ひじき料理を2~3品作りますので、1回に40~50gほど使いますが、それでも半年ほど持ちます。

海草やミネラルを、惜しみなくたっぷりといただけるのが、何より嬉しいです。上記写真は料理酒1升パックとの比較です。

国産のひじきなら、有明産のこちらがおすすめです。130gで1,080円というお得用サイズが出来たのが嬉しいです。
国産ですので、ちょっとお高めですが、スーパーで購入するよりは安価かと思います。

一つひとつが、肉厚でしっかりしたひじきです。ひじきそのものの歯ごたえ、味、香りを存分に堪能することが出来ますので、私はハレの日のおもてなし用として購入しています。

ファンであり、愛用品のめんつゆです。かつお風味たっぷりの濃厚つゆです。今回のようなサラダドレッシングのような洋風にも活用できますし、ざるそば、そうめんのつけつゆにはもちろん、和え物、冷奴、鍋物、丼物、たまごがけごはんなど、あらゆる和風料理がおいしく仕上がります。この1リットルサイズは、牛乳パックより少し太め+背が低めの容器です。

こちらのレシピもどうぞ

きんぴらごぼうレシピ ささがき・細切り・こんにゃく入り

きんぴらごぼうレシピ ささがき・細切り・こんにゃく入り

冷蔵1週間/冷凍1か月 今回は、3種類のきんぴらごぼうのレシピをご紹介します。 作り置き

レシピをみる

こんにゃくの甘辛煮とバリエーションいろいろ

冷蔵1週間 今回は、こんにゃくの甘辛煮のレシピを、いろいろなバリエーション付きでご紹介します。

レシピをみる

かつお風味たっぷり 基本の数の子 

かつお風味たっぷり 基本の数の子 

冷蔵5日 今回は、基本の数の子のレシピを、より簡単な皮のむき方、苦くならないコツと併せてご紹介

レシピをみる

もっとお手軽 切干大根の煮物

もっとお手軽 切干大根の煮物

冷蔵5日 今回は、切干大根の煮物のレシピをご紹介します。 何を作ろうかな、そろそろ涼しく

レシピをみる

お手軽簡単おうちナン

お手軽簡単おうちナン。冷凍OK、ピザ生地にも!

冷凍1か月 インドカレーとナンがあれば、おうちでもおいしいインド料理店気分が楽しめます。

レシピをみる

ひじきたっぷり炒り高野

優秀作り置きおかず ひじきたっぷり炒り高野

冷蔵1週間 今回は、ひじきをたっぷりと使った、炒り高野のレシピをご紹介します。 作っておけば

レシピをみる

筑前煮

筑前煮 たっぷりの根菜を、鶏もも肉の旨味で煮含めます

冷蔵4日 今回は、筑前煮のレシピをご紹介します。 たっぷりの根菜を、鶏もも肉の旨味で煮含

レシピをみる

最強飯

主食はこれで決まり!「最強飯」

冷蔵2日/冷凍1か月 今回は、私の主食をご紹介します。 それは、酒です。 ……と言いたいと

レシピをみる

本格ハッシュドビーフ

休日に作る本格ハッシュドビーフ(ハヤシライス)

冷蔵5日/冷凍1か月 ハインツのデミグラスソース1缶+赤ワイン1/2カップで、炒めた玉ねぎ、き

レシピをみる

夏野菜たっぷりラタトゥイユ

お手軽に本場の味!夏野菜たっぷりラタトゥイユ

冷蔵1週間/冷凍1か月 汗ばむ陽気が続いたら、そろそろラタトゥイユの季節到来です。 なす

レシピをみる

Comment

  1. うみやん より:

    こんばんは。
    いつも作り置きレシピ楽しみに拝見しています。

    さて、作り置きの仕方についていくつかご質問がさせて頂きます。
    我が家の家族構成は、夫、子供、夫の両親なのですが、何度か作り置きを実践したら義母が作った物を冷蔵庫の中に何日か置いてから食べるのは食中毒が心配で食べるのが怖いと言われました。
    しかしつい先日から転職をしフルタイムの仕事で帰ってから作る選択もあるのですが、食事は先に両親がすませるので残業があれば間に合わず、かと言って毎日義母に作ってもらうにはレパートリーが少ないので働き盛りの私たちにはもの足りないのです。
    ちなみに食材も献立も全て私が決め購入して私が作る日義母が作る日を考えてます。
    前置きがかなり長くなりましたが、すがさんがアップしているメニューの中で冷凍保存に的してる物時々お見かけしますが、冷凍保存出来るメニューは他にもありますか?
    また冷凍保存をした物はどのように解凍して食してますか?
    ご多忙の事と思いますが、解答頂けると幸いです^_^

  2. うみやん より:

    うみやんです。追記です。
    冷蔵保存が怖いと言われたのに何故に冷凍保存を選択したかですが、ただ単に冷凍保存の方が何となく安心かな?という単純な発想です。

    • スガ より:

      うみやんさん
      スガです(´∀`)ノ コメントありがとうございます。ご返信が遅くなってごめんなさい!

      冷凍保存できるおかず、私も結構書き忘れていますね(ノ∀`)
      こんな感じです(´∀`)つ

      ■冷凍可能なおかず
      いずれも1食分ずつに小分けにしてジップロックなどの冷凍保存袋に入れ、なるべく薄く伸ばした状態で、できるだけ急速冷凍しましょう。保存袋は熱伝導の良いステンレストレーなどの上に置き、もしあれば、保存袋の上から、保冷材などを置くと良いです。

      ・おひたし全般(青菜全般、もやしナムルもOK)
      ・ひじきたっぷり炒り高野など、ひじき煮物全般 ※ただし、こんにゃくは加えず作り、温める際にお好みで加えましょう
      ・肉料理(つくね、ナゲット、タンドリーチキン、鶏肉の●●焼き/●●煮、南蛮漬け、鶏皮の甘辛しょうが焼き、豚の角煮 など。蒸し鶏は割いてから冷凍します)
      ・青魚の煮物全般(さば、ぶりなど)
      ・野菜主体の煮物、炒め物(かぼちゃ、さつまいも、ごぼう、卯の花、たけのこ、大根、かぶ) 
      ・シチュー、カレー、トマト缶を使用した煮物全般(私のレシピはエスニックが多いですがOKです) ※ただし、じゃがいもは加えずに作り、温める際にお好みで加えると良いです。

      解凍方法は、できれば前日の晩、もしくは当日の朝に冷蔵庫に移しておき、いただく際に温めます。
      急ぐ場合や、解凍が進んでいない場合は、パックごと流水をかけて、ある程度柔らかくしてから加熱しています。
      ちなみに、おひたしは、お弁当用には、小さいカップに入れて冷凍し、朝、カップごとお弁当に詰めて、昼にはちょうど解凍完了ということも出来ます。保冷材の役割も担います。

      ■冷凍保存は避けたほうが良いおかず
      ・生野菜のサラダはおすすめしません(ノ∀`)
      冷凍→解凍で細胞がある程度壊れますので、まるで火を通したようになり、水分がだいぶ多く出て、歯ざわりがフニャっとするためです。

      ・こんにゃくは冷凍→解凍すると水分が抜け出て中身がスッカスカになり、スポンジのような食感に変化してしまいますので、煮物を作る際には加えず作ることをおすすめします。このスポンジこんにゃくの食感が何か別の料理に活かせないかなーと現在試行錯誤中です。

      ・じゃがいもも、こんにゃくと同様、冷凍→解凍すると水分が抜け出て、スカスカというかフカフカ(←良い意味ではない)になるので、加えず作ったものを冷凍し、温める際に加えることをおすすめします。ポテトサラダは冷凍可能とも言われますが、私の紹介しているレシピでは、生の玉ねぎ・にんじん・きゅうりや、ゆで卵を加えて作っていることから、どうしても水分が出てしまうため、おすすめしません。

      ・ゆで卵は冷凍すると、白身がスッカスカになります。ただ、マッシャーなどでよくつぶして、マヨネーズベースのドレッシングで和えて、保存袋に入れてぺったんこにして急速冷凍したものは、サラダのトッピングなどに活用できます。

      ■ご注意点など
      うみやんさんのお義母さまは、食中毒がご心配ということですので……(´∀`)

      ・再冷凍は絶対にやめましょう。
      冷凍では雑菌が死滅するわけではなく、低温で活動が弱まっているだけです。冷凍→解凍で細胞が壊れて水分が出る→雑菌が増える→さらに冷凍・解凍をすると……、ということです。

      また、「思わぬ再冷凍」にも注意です。昔、冷凍食材でよくやってしまったのですが、食材を冷凍庫から取り出す際に、余分に取ってしまい解凍されてしまうことです。
      1回分ずつを小分けにすることは、その防止にもなりますよ。

      ・解凍したら、すぐにいただきましょう。
      先述のように、解凍時にどうしても水分が出ます。その際に一気に雑菌が増えます。
      ですので、解凍したら、すぐにいただきましょう。
      極端かもしれませんが、私は「水分が多く出てしまったらNG」程度に考えています。とはいえ、もったいないのでいただいていますが(ノ∀`)、なんというか、「冷凍庫の味」がします。。。これがいわゆる冷凍焼けなのかなーと思ったりしています。

      以上、長くなりましたが、お役に立てれば幸いです。

      転職されて、生活環境がいろいろ変わられたようですので、あまりご無理のないよう、
      過渡期の今は、たくさんおいしいものを召し上がって、乗り越えられると良いですね。
      微力ながら、応援しています!!

      では、また(´∀`)ノ

      • うみやん より:

        すがさん、お忙しいなか回答頂きありがとうございます。
        前回の質問の時もそうでしたが、親身になってとても分かりやすく教えて頂けるので、とても助かります。
        おかげ様で冷凍出来るレシピの幅が広がりました。
        それと再冷凍やりがちです。
        気をつけます。
        これからもすがさんの作りおき楽しみにしています。
        すがさんもどうぞご自愛くださいませ。

        • スガ より:

          うみやんさん
          スガです(´∀`)ノ 素敵なご返信をいただいておきながら、見るのが遅くなってしまいました……すみませんです!!

          再冷凍、
          私は昔、冷凍食材を、ほんとよく使っていたのですが、手の熱で溶けるんですよね……(´Д` )
          袋を手で持った熱で。
          なので、最後のほうは、なんかもう、霜だらけの、変色したやつばっかりで……(ノ∀`)
          幸い、食中毒にはなりませんでしたが、マズい!
          これがまだ、調理するからマシにはなるんですが、調理したものだと、もうなんか……^_^;

          うみやんさんは、ぜひそのようなことがないようにお祈りしています。
          不可抗力もあるかもしれませんので……(ノ∀`)

          また、お困りのことがありましたら、ご一報いただければと思います。
          今後とも、どうぞよろしくお願いします(´∀`)ノ

  3. 矢田@医療職兼業トレーダー より:

    便秘気味な自分には良いメニューです。
    ありがとうございます。

    応援しておきました。ポチッ
    http://fx-mental.info/

    • スガ より:

      ありがとうございますー(´∀`)!
      便秘には確かに良いかもしれませんねー!

  4. koo より:

    こんばんは!
    もうすぐ育休から復帰するので、レシピをものすごく活用させていただいています。
    スガさんの豪快エピソードも楽しみにしてます^^

    私も質問なのですが、主人がマヨネーズ苦手で、つくれずにいるレシピがいくつかあります。
    マヨ抜きにしようかとも思うのですが、これに置き換えられる、などありますか?

    • スガ より:

      kooさん
      スガです(´∀`)ノ コメントありがとうございます!お返事がすごく遅くなってごめんなさい(´Д` )

      ご主人がマヨネーズ苦手とのことですね。
      私もマヨ苦手でして(ノ∀`)、マヨ使用でもできるだけ苦手ラインOK!のものをピックアップしたつもりでしたが、あかんかったですか(ノ∀`)

      私の場合、マヨ代用は、次のようなことを行っています。
      ・しょうゆベースの味:マヨを抜いて、ねりごま(マヨ量の1/3くらいから試しましょう)、塩(ひとつまみから試しましょう)を加えます。さつまいもサラダ、かぼちゃサラダ、白菜サラダは割りといけました。
      ・マヨネーズベースの味:マヨを抜いて、水切りしたヨーグルトと塩(小さじ1/4から試しましょう)を加えます。水切りヨーグルトはマヨと同量でOK、ポテトサラダはおいしくいただけました。
      ・マヨネーズ+卵ベースの味:マヨを抜いて、いずれも多めのゆで卵をつぶしたもの+粒マスタードを和えたものを加えます。ブロッコリーのサラダは、かなりおいしかったです。
      ・アボカドで代用:マヨを抜いて、アボカドをペースト状にして加えます。塩味はしょうゆ(小さじ1/3から試しましょう)で。豆や根菜、鶏肉を使ったサラダなどと相性が良いです。
      ・シュレッドチーズで代用:ポテトサラダ、おからサラダはおいしくいただけました。ただ、チーズの種類によっては塩分がキツいですので、味見をしながら加えるとよいです。
      ・ツナベース:ツナが入っているレシピは、思い切ってマヨ抜きのみでもOKです。その際、塩(ひとつまみから試しましょう)、そしてオリーブオイルを4人分大さじ1程度加えると、コクが出ます。

      マヨを使って炒める料理は、ぜひ、代用せず、マヨ嫌いの方にこそ、マヨで炒めることをおすすめします。
      加熱することで、マヨのイメージの味とはガラリと変わり、全体にすごくコクが出ます!
      ただ、これもあかんかった場合は、サラダ油を使用したほうが良いですね……(ノ∀`)

      ご参考になれば幸いです(´∀`)

      育休からの復帰、応援しています!!
      では、今後ともよろしくお願いします(´∀`)ノ

      • koo より:

        とっても詳しくありがとうございました!
        今回のレシピでもいろいろ試してみます^^

        • スガ より:

          kooさん
          スガです(´∀`)ノ ご丁寧なご返信をいただいておきながら、すっかり見るのが遅くなってしまいました……(´Д` )ごめんなさいです!

          マヨ抜きは、今も私も試行錯誤でして。
          ご紹介しているレシピの中には、いくつか、もともとマヨ入りで作っていたのに、抜いて完成させたものとかがあるんですよ。
          たとえば、蒸し鶏のアボカド和え http://mayukitchen.com/tossed-avocado-chicken-steamed/ なんかは代表格ですね。
          蒸し鶏…の、アレンジのヒントに書いているように、マヨを大さじ4~5とか、たっぷり添えると、もうめちゃくちゃ美味しいんですが、あえて抜いて、調味料とアボカドの量で調整すると、あらいけるやん!といういきさつなのです。

          kooさんも、ぜひ、マヨ嫌いのご主人がおられることを「ラッキー」、として、色々なアレンジをお楽しみいただければ幸いです(´∀`)
          そのときは、私にもすこーし教えていただけると、すごく嬉しいです(ノ∀`)

          ありがとうございました。
          今後とも、よろしくお願いします(´∀`)ノ

  5. ぺんた より:

    こんにちは、スガさん。

    このサラダ、とってもおいしいですね。
    なので作り置きなんてできません。
    一度になくならないようにするように気を付けなければならないほどです。

    近所の輸入食料品店にちょっと変わった粒マスタードが置いてありまして、ふつう粒マスタードって、マスタード種子に醸造酢塩を加えて作ってありますよね。そこで売っているある粒マスタードはシナモンやコリアンダーなどのハーブや香辛料が入っているのです。ちょっとクセがありますが、なかなか病みつきになっております。

    あと、薄切りの玉ねぎを塩もみして入れてます。(ちょっとでもかさまししないとすぐなくなるので)

    また、これからの更新も楽しみにしています。

    • スガ より:

      ぺんたさん
      スガです。とてもうれしいコメントをいただきまして、ありがとうごさいます(´∀`人) 相変わらずご返信が遅くなりましてごめんなさい(´Д` )

      わぁお(*´∀`人)
      こんなにもお気に召していただき、めっさ嬉しいです~!!
      れんこん、だいぶ安価になってきましたね~!私もそろそろ作ってみようかな~(´∀`) どうも、投げ売り状態になるまで待ってしまっています(ノ∀`)

      塩もみ玉ねぎのアイデア、いいですね~(´∀`人)
      私いつやったか作ったとき、ひじきをうっかりドバッと入れてしまいましてですね(ノ∀`)
      おいしいことはおいしいんですが、なんといいますか、これじゃない感満載でした(´Д` )
      玉ねぎいいですね!もっとも、れんこんがたっぷりあるといいんですけどね(ノ∀`) 東京に来てからは、なかなかたっぷりれんこんに出会えていません。。

      ぺんたさんの仰る粒マスタード、すごい惹かれます!マスタードに香辛料、よさげですね~!!
      そういえば最近ぜんぜん、カルディはじめ、輸入食料品店に行けていません。。
      本当にしばらく行ってない(半年以上??)ので、今度行ったら、全然知らない食材や調味料がありそうで、すごく楽しみです(´∀`人)

      更新なかなかできていなく、ごめんなさいなのです(´Д` )
      今、特集記事を書いているのですが、思ったより、えんんらい時間がかかっていてですね(´Д` )
      11月上旬公開を目指しています。ってもう11月はそこまで来ていますね(ノ∀`)

      ありがとうございました!
      ではまた(´∀`)ノ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

身につく作り置き
新刊「身につく作り置き」出版のお知らせ

新刊「身につく作り置き」出版のお知らせです。 発売予定日

2017年1月22日の作り置き(12品)
2017年1月22日の作り置き(12品)

めずらしく炊き込みご飯を作りました。 うまく仕上がったのです

簡単!すぐ完成 大根の皮の漬物
簡単!食感よし、香りよし!大根の皮の漬物

冷蔵1週間 今回は、たくさんの方々からリクエストをいただいていた

2017年1月14日の作り置き(12品)
2017年1月14日の作り置き(12品)

寒いですね。 風邪やインフルエンザが流行っていますが、み

2017年1月9日の作り置き(11品)
2017年1月9日の作り置き(11品)

昨日やっと年賀状を投函しました。 年末年始がもう半年くら

→もっとみる

スポンサーリンク
ぜんぜん おしゃれじゃない
Instagramやってます @sgmy