「たいめいけん」のコールスローを、きちんと美味しくいただきます

公開日: : 最終更新日:2015/09/23 ねかせておいしい, レシピ, 洋風, 野菜のおかず , , , ,

冷蔵5日

たいめいけんのコールスロー
今回は、昭和6年創業の洋食屋 東京日本橋「たいめいけん」のコールスローのレシピをご紹介します。

このコールスローは、マヨネーズが入っていません。
千切りではなく広めの幅にカットされたキャベツと、薄切りの玉ねぎ、千切りのにんじんが、酢、油、砂糖、塩でシンプルに味付けされています。

コールスローといえば、ごく千切りで、味付けはマヨネーズと思い込んでいた私にとっては、革命的なコールスローです。

ひと口食べてみると、野菜の甘味がまるでフルーツのような味わいで、とてもさっぱりとしているのに、コクと歯ごたえがあります。

たいめいけんのコールスローは、オフィシャルサイトで太っ腹にレシピが公開されています。野菜を刻んで調味料と和えるだけの、ごくシンプルなレシピですが、なんというか、いい加減に作ると、わりと台無しになります。

この至福のコールスローを、ちゃんと再現できるよう、ポイントをおさえてみました。
美味しく、たっぷりといただけますよ。

※ とはいえ、店内ではわずか50円で堪能できますし、何よりも、お料理がとんでもなく美味しいので、東京日本橋にお立ち寄りの際は、ぜひ、実店舗でお召し上がりになることを、強くおすすめします!

スポンサーリンク

レシピについて

たいめいけん 看板料理のレシピ コールスロー
こちらのレシピを元に作っています。

材料

具材 8人分
キャベツ 1/2個
玉ねぎ 1/2個
にんじん 1/3個
■下ごしらえ用
小さじ1/2
■味付け用調味料
小さじ1/2
砂糖 大さじ1
大さじ4
サラダ油 大さじ6

作り方

1 キャベツの芯をくり抜きますキャベツを刻みます。ここでは、半分に切ったキャベツでの手順をご説明します。

まず、キャベツの芯を取り除きます。キャベツの芯は、使用しません。
芯の形に沿って、包丁の先で深く切れ目を入れると、うまくくり抜くことが出来ます。

2 3~4mm程度の幅に切ります7~8mm程度の幅に、ザクザクと切ります。長さはカットしなくてOKです。

元レシピには3~4mmとありますが、たいめいけんさんで実際にいただいた幅を思い出してみたり、また、実際に作ると、多少太いくらいが美味しく仕上がりますので、幅7~8mm程度くらいまでがベストだと思います。しかし、それ以上太い幅になると、この後の工程での玉ねぎ、にんじん、調味料が混ざりにくく、雑な仕上がりとなります。

「キャベツを包丁で刻むと幅が太くなりがちになる」という方は、あくまで、3~4mm幅程度に切るという気持ちで切りましょう。

3 カットしたキャベツは、大きめのボウルに入れておきますカットしたキャベツは、大きめのボウルに入れておきます。
4 玉ねぎは薄切りにします玉ねぎは、繊維の方向に沿って薄切りにします。

スライサーを使うと、簡単にとても薄くスライスすることが出来ますよ。

写真では赤玉ねぎを使用していますが、もちろん普通の玉ねぎでも美味しく出来ます。

5 にんじんは千切りにしますにんじんは千切りにします。

キャベツとは違い、ごく細い千切りにします。
千切り用のスライサーを使うと、簡単に細い千切りにすることが出来ます。

6 玉ねぎとにんじんに塩をふりかけてもみます玉ねぎとにんじんは、小さめのボウルに入れ、下ごしらえ用の塩を入れて、水分がにじみ出てくるまで、手でもみます。
7 玉ねぎとにんじんをぎゅっと絞ります塩でもんだ玉ねぎとにんじんの水分を、ぎゅっと絞ります。
この水分は、アクや余分な辛味・苦味が出ていますので、よく絞って水気を切り、
8 よく水気をしぼった玉ねぎとにんじん、味付け用調味料を加えます手順3のキャベツの入ったボウルに入れ、味付け用調味料を加えます
9 底からすくい上げるように、全体をよくなじませます底からすくい上げるようにしてかき混ぜて、全体をよくなじませます。

撮影の都合上、片手で行っていますが、ぜひ両手で行いましょう。全体をよくなじませることが出来ます。

ここでは、もむのではなく、あくまで「全体をかき混ぜて、よくなじませる」ようにします。
ギュッともんでしまうと、せっかく幅広にカットしたキャベツの歯ざわりが無くなってしまいます。

10 全体が混ざったらラップをします全体が混ざったら、表面をラップで覆い、
11 ラップの上から皿を乗せますラップの上から皿を乗せます。

写真ような厚手の盛り付け皿なら1枚、食卓用の薄い皿なら2枚程度を乗せます。

12 冷蔵庫で1時間ほど寝かせます冷蔵庫で1時間ほど寝かせて、出来上がりです。
13 しっかり消毒した保存容器に入れて保存します保存の際は、しっかり消毒した保存容器に入れて密閉し、冷蔵庫で保存しましょう。

補足その1:キャベツ1/2個なら、半分に切るのではなく、外側から使いたい

1 キャベツは葉を1枚1枚はぎ取りますもちろん、外側から葉を1枚ずつはぎ取っても、おいしくいただけました。その手順をご紹介します。

キャベツは、葉を外側から1枚1枚はぎ取ります。葉の大きさは切らず、切った際の「長さ」として、そのまま活かしましょう。

2 芯に近い固い部分はそぎ切りにします芯に近い固い部分は、そぎ切りにします。

「そぎ切り」とは、厚みのある材料を、そぐように切って、厚みをそろえる切り方のことです。材料の左端から、包丁の刃を右側に寝かせるように当てて、手前に引くようにして切ると、うまく、そぎ切りに出来ますよ。

今回のようなキャベツの芯に近い固い部分や、同様に白菜の芯に近い白い部分、また、鶏むね肉をカットする際は、ぜひ、この「そぎ切り」をおすすめします。

3 3~4mm幅に切りそろえますはぎ取った葉と、手順2でそぎ切りにした固い部分も一緒に重ねて、7~8mm幅に切りそろえます。あとは、上記作り方の手順3以降と同様にします。

補足その2:キャベツを切る幅と長さ

1 キャベツの幅この写真くらいの幅が、約7~8mm、おいしい幅の最大幅です。なるべく、これ以上太い幅にならないように心がけます。

また、キャベツの長さは、この、だらんと長いままで使います。短く切る必要はありません。

2 人差し指の幅計り方は、1回1回定規で計るわけにはいきませんので、自分の「人差し指の幅」を覚えておくと、何かと便利です。

たとえば、私の人差し指の幅はだいたい15mmですので、その半分の幅くらいが、7~8mmに該当する、というように覚えています。3~4mm幅なら1/3くらいの幅、1cm幅なら2/3くらいの幅というわけです。

キャベツ=千切りのイメージがあるせいか、7~8mmという幅は、すごく太い幅に思えるかもしれませんが、意外に細いです。

3 これは幅が太すぎですので、この写真の切り方では、幅が太過ぎます。

「7~8mmの太さにザクザク切る」というレシピを見ると、とてもざっくりと幅太めに切りたくなるかもしれませんが、そんなに太くありません。

補足その3:キャベツの重さ

半分にして、芯を取った重さで約680gでした。目安になれば幸いです。
キャベツ半分の重さ

補足その4:ボウルが冷蔵庫に入らない><

1 ビニール袋に入れますチャック式のビニール袋に入れて、平らにしてから重しをしても、おいしくいただけました。

上記「作り方」の手順9まで完了したら、チャック式のビニール袋に入れて、なるべく空気を抜いて、しっかりと封をします。

2 お皿で重しをします冷蔵庫に寝かせて置き、その上からお皿で重しをします。

1時間経ったら、お皿は取り除いておきましょう。
もちろん、このビニール袋のまま保存してもOKです。

補足その5:千切りはダメ?コールスローは千切りでしょう?あと、どうせ水気を切るんだから全部一気に混ぜたら?

1 キャベツを千切りにして作ったもの結論から述べますとNGです。

おいしいことはおいしいのですが、違う料理です。まず、歯ざわりが全く違うこと、雑味を感じる上に無駄に野菜の水分が抜け出てしまうこと、そして、かさが無くなってしまいます。

2 すべて千切りにして一気に混ぜたものビニール袋に、下ごしらえ用の塩も含め、調味料をすべて入れておき、キャベツ、玉ねぎ、にんじんを千切りにしたものを一気に入れて、よく混ぜ合わせてから密閉し、同様に重しをして1時間置いたものです。

野菜の水分が、とてもたくさん、抜け出てしまっています。

3 7~8mm幅切りと千切りの比較1個のキャベツをちょうど半分にして、向かって左半分はレシピ通り、右半分は千切りにしたものです。

千切りのほうは、かさがとても少なくなっています。また、時間が経つほど、さらにどんどん、水分が抜けていきました。さようなら、愛しのビタミンたち。

補足その6:酢と油について

酢と油たち
私の家に常備している、サラダ油、オリーブオイル、米酢、白ワインビネガーで、「サラダ油×米酢」、「オリーブオイル×白ワインビネガー」の2通りの組み合わせを試してみました。
結果、「サラダ油×米酢」の組み合わせが、とても「たいめいけん」の味で、もちろん、すごく美味しくいただけました。

作る前の予想では、「オリーブオイル×白ワインビネガー」に軍配が上がると思っていたのですが、「サラダ油×米酢」は、とてもすっきりとし、まったくクセがなくいただけました。
サラダ油は、油切れが良いという性質があるせいなのかもしれません。

「オリーブオイル×白ワインビネガー」も、とても美味しいのですが、エクストラバージンオイルを使ったせいでしょうか、オイルの香りと味が強く、なんといいますか、たいめいけんコールスローではないんです。
オリーブオイルが、しっかりと具材になじんでしまうこと、また、白ワインビネガーも、独特の酸味と香りがありますので、ちょっと違う味わいになってしまいました。おいしいけど、これじゃない、という感じです。

あと、サラダ油の量は、減らしたりせず、必ずレシピそのままの量を使いましょう。
大さじ6=90ccですので、とても多く感じるかもしれませんが、先述のように、サラダ油はとても油切れが良いので、さっぱりとした食感でいただくことが出来ます。加えて、キャベツの甘味と旨味がとても引き出され、まるでフルーツのような甘さで、たっぷりの野菜を味わうことが出来ますよ。

作り置きのコツ

  • 手順9では、もむのではなく、あくまで「全体をかき混ぜて、よくなじませる」ようにします。ギュッともんでしまうと、せっかく幅広にカットしたキャベツの歯ざわりが無くなってしまいます。
  • ボウルが冷蔵庫に入らない場合は、「補足その4」のように、チャック式のビニール袋に入れて、平らにしてから重しをしましょう。
  • 重しは、1時間経ったら、外しましょう。
  • 倍量作る場合は、分量はすべて倍量でOK、作る際は、ボウルを2つ(もしくは一つは鍋)を用意して、「並行して同じものを2つ」作るとうまく出来ます。
    玉ねぎとにんじんを塩もみするのは、2つ分を一気に行ってもOKですが、そのあと、よく水分を切ってから、半量ずつ、それぞれのキャベツ&調味料ボウルに入れて、両方とも底から全体をかき混ぜて、それぞれジッパー付きの袋に入れたら、冷蔵庫に入れて重しをすると良いです。
  • 保存の際は、しっかり消毒した保存容器に入れて密閉し、冷蔵庫で保存しましょう。
アレンジのヒント

  • さっぱりといただけますので、シチュー、カレー、スープ、肉料理の付け合せなどに大活躍します!
  • 作り置きをしておけば、すぐにいただくことが出来ますので、食事の支度時、レストランのように、まず前菜としてこのコールスローを提供しておき、その間にメインのおかずを用意する、ということが出来ます。
  • もちろん、お弁当のおかずとしても活躍します。他のおかずが冷めてから、軽く水気を切って詰めましょう。
  • サンドイッチの具材としても活躍します。薄くマーガリンを塗ったパンやバケットに挟んでどうぞ。クセがないので、チーズやピカタ、フライなどとも良く合います。
おすすめ食材、ツール
愛用品です。きゅうり、にんじん、しょうがなどの千切りが、即効で美しく出来るスライサーです。セラミック製ですので、錆びずに、まるごと漂白消毒できるのでありがたいです。

玉ねぎスライスや、キャベツの千切りには、こちらがおすすめです。
スライサーとしては、和田商店さんの復刻版プロピーラーを愛用していたのですが、単身赴任で転居する際、好評のため元の家に置いてきたので、プロピーラーより価格が安い、このスライサーを購入しました。結果、ほとんど力を入れなくても、薄くスライスが出来るので、とても気に入っています。使い方のコツは、力を入れ過ぎずに具材を前後に動かすことです。大は小を兼ねる、こちらも、本当に買って良かった一品です。

こちらのレシピもどうぞ

白菜が丸ごと食べたくなる簡単サラダ

白菜大量消費レシピの決定版!白菜が丸ごと食べたくなる簡単サラダ

冷蔵5日 今回は、クックパッドのつくれぽ13,020件超え(2015年1月8日時点)という、白

レシピをみる

休日に作る本格スパゲティ・ボロネーゼ (ミートソース)

休日に作る本格スパゲティ・ボロネーゼ (ミートソース)

冷蔵5日/冷凍1か月 ガツンと焼いた挽き肉の旨味を、じっくり炒めたソフリット、トマトと赤ワイン

レシピをみる

酢れんこん

やさしい味の酢れんこん

冷蔵10日 今回は、酢れんこんのレシピをご紹介します。 いやー、子供の頃は本当にダメでし

レシピをみる

鮭あらの旨煮

骨までほろっほろ 臭みなし 鮭あらの旨煮

冷蔵5日/冷凍1か月 今回は、安価な鮭のあらを、ほろほろに柔らかく煮付けたレシピをご紹介します

レシピをみる

秋刀魚(さんま)の梅煮

骨までおいしい!秋刀魚(さんま)・いわしの梅煮

冷蔵1週間 今回は、圧力鍋を使って、さんま、いわしが骨まで柔らかくおいしく食べられる、ご飯にお

レシピをみる

キャベツとトマトの浅漬け風マリネサラダ

キャベツとトマトの浅漬け風マリネサラダ 生野菜がたっぷりいただけます

冷蔵5日 今回は、キャベツとトマトを使ったマリネのレシピをご紹介します。 このレシピは、

レシピをみる

休日に作るローストビーフ

休日に作るローストビーフ 肉汁とソースの旨味を閉じ込めます

冷蔵4日 今回は、ローストビーフのレシピ、そして、お問い合わせをいただいていた、肉の色や肉汁に

レシピをみる

ホットもやし

一風堂の「ホットもやし」再現レシピをたっぷり作り置き

冷蔵2週間 たくさん食べても財布にも体にも優しい食材、もやし。 その中でも、大豆もやしは

レシピをみる

海藻ときゅうりと春雨の酢の物

あっさりノンオイル 海藻ときゅうりと春雨の酢の物

冷蔵1週間 今回は、ミネラルたっぷりの酢の物のレシピをご紹介します。 酢の物を一品作り置

レシピをみる

鶏むね肉で照り焼きチキン

鶏むね肉で!柔らか・ふっくら・縮まない照り焼きチキン

冷蔵5日/冷凍1か月 今回は、鶏むね肉を使って、柔らかく、そして縮まずふっくら大判で出来上がる

レシピをみる

Comment

  1. yummmmmikan より:

    いつもこのサイトを愛読しています。こちらを拝見したのはほんの数か月前なのですが、感動して端からレシピを真似して作っています!!私も仕事を持っていますので作り置きがあるだけで日々の食事の支度がこんなに楽になって良いのかとなんだか不思議なくらいです。しかもお野菜メニューが豊富なのでダイエットにも貢献してくれています。
    これからもいろんなメニュー教えて下さい。更新楽しみにしています。

    • スガ より:

      yummmmmikanさん
      スガです(´∀`)ノ とっても嬉しいコメント、ありがとうございます!!

      数ヶ月も前からご覧いただいているとのこと、めっさめさ嬉しいです!
      また、端からレシピを真似していただいているなんて、なんか嬉しいやら恐縮やらです(ノ∀`) ありがとうございます!

      yummmmmikanさんもお仕事されているとのこと、
      作り置きがあると、めっさ楽ですよね~(´∀`)
      私も最初、ごっつい感動しました!今も感動していますが(ノ∀`)

      野菜がすごく好きなのと、あと酒飲みなので、
      なんか肴なレシピのラインナップになりがちですが(ノ∀`)、
      お気に召していただき、すごく嬉しいです!
      遅筆ですが、これからも書いていきますね(´∀`)ノ

      ありがとうございました。
      今後ともどうぞよろしくお願いします(´∀`)ノ

  2. kuroneko より:

    初めまして。いつもブログ拝見しております。

    新米主婦で、義理の親と自分たちの分と毎日2回食事を作っていたのですが(別居してます)、大変な思いをして食事を作っていました。ですが、このブログに出会って、作りおきのレシピを覚え、私の家事(料理)がガラリと代わり大変感動しました!このブログのおかげです。本当にありがとうございます。

    作りおきおかずの中で一番のお気に入りは「たいめいけんのコールスロー」です。私もコールスローといえばマヨネーズもしくはレモン汁だったので、作り方にビックリしました。彩りもいいので、毎日食卓に出ています。

    最期に厚かましいお願いですが‥お時間のあります時にスガさんのお使いになっている調味料や調理道具を教えていただけるとありがたいです。おたまと米酢は真似して買ってみました(笑)

    またの更新を楽しみにしていますね♪

    • スガ より:

      kuronekoさん
      はじめまして(´∀`)ノ スガです。
      素敵なコメントありがとうございます!

      別居宅にも食事を作っておられるとのこと、私もやっておりましたので、ご苦労が、よーーーくわかります(´Д` )
      もう毎日、戦争だったかと思います(´Д` )
      作り置きをうまく取り入れられたようで、本当によかったと思います!
      かげながらお役に立てたようで、私も本当に嬉しいです・(つД`)・゚

      コールスロー、お気に召していただき、とても嬉しいです!
      これ、彩りもきれいですよね~!私も大好きです(´∀`)
      これからキャベツがどんどん出回るので、さらにおいしくいただけると思いますよ~!

      調味料と調理器具のご紹介、考えておきます(ノ∀`)
      今は単身赴任なので、ちょーっとだいぶ最低限になっていますが、
      それはそれで、面白いかもしれないですね(´∀`)
      あ、お酢とお玉、真似していただいているとのこと、なんかとてもうれしいです(ノ∀`)

      ありがとうございました。
      今後とも、どうぞよろしくお願いします(´∀`)ノ

  3. kuroneko より:

    ご丁寧にお返事いただきまして、ありがとうございます。

    本当にレシピのことばかり考え、料理ってこんなに大変な思いでするものなんだ‥と少し気落ちしたこともありました。こちらのブログは見やすいですし、分量も4人分、8人分と別れていますし、写真もたくさんついているので、とても参考にしやすいです。
    感謝してもしきれないくらい、ありがとうございます(・∀・)

    あと、無理なお願いご考慮いただいて‥すみません。新米なので、まだまだ料理の手際がわるくて‥上達するには先輩方の郷里器具とか調味料とか真似してみればいいんだ!と思った次第です。

    本当にお時間のある時で構いませんので。また。ブログでレシピとか色々ご教授くださいませ。よろしくお願いいたします。

    • スガ より:

      kuronekoさん
      スガです(´∀`)ノ こちらこそご丁寧なコメント、ありがとうございます!

      レシピのことばっかり考えて気落ちする……(´Д` )私も昔、そうでしたよー。
      本に書いていることが、その通りに再現できない、手順●と手順■が、「どうしてこうなった???」ってことがよくありました。
      なんか常にリカバリしたり、結局同じメニューになったりとか、もう!!って感じでしたねー(ノ∀`)
      その頃のヤーな経験があるためか、手順や分量が細かいのかもしれませんね(ノ∀`)
      お役に立てたようで、本当に嬉しいです!

      調理器具&調味料、ちょーっとお時間くださいませ(´∀`)
      時間かかりますが、上げますねー!

      ではまた(´∀`)ノ

  4. たんと より:

    日頃からお世話になっているんですが、コメント欄があるのにずーっと気づいてませんでした。

    生野菜系があまり得意じゃないんですが
    マヨネーズなしで興味がわいて作ってみたら感動しました。
    この調味料でこの味はびっくり。

    さらにサラダうどん風にコールスローうどんにしてみたんですが
    予想通りの美味さで笑いがこみ上げてきます。

    ほんとありがとうございました。

    • スガ より:

      たんとさん
      スガです(´∀`)ノ 素敵なコメント、ありがとうございます!!

      日ごろからご覧いただいているとのこと、こちらこそ大変お世話になります!!
      また、コールスローをサラダうどん風にアレンジされたとのこと、とても素敵なアレンジですね(*´∀`人)
      その発想はなかったです!
      私もぜひ、やってみます(´∀`)ノ すんごい美味しそうですね~!

      こちらこそ、本当にありがとうございます(´∀`*)
      今後とも、どうぞよろしくお願いします(´∀`)ノ

  5. ちはる より:

    はじめまして

    美味しそうな春キャベツと新たまねぎと新人参が手に入ったので作ってみました

    これは絶対好きな味だと思って作ったのですが
    一口食べてやっぱり倍量作れば良かったー!と後悔しました(笑)
    美味しかったです
    是非たいめいけんでも食べてみたいです

    • スガ より:

      ちはるさん
      はじめまして(´∀`)ノ スガです。素敵なコメントをいただきまして、ありがとうございます!

      わぁ(´∀`人)
      春キャベツ&新たまねぎ&新にんじん
      最 っ 強 ですよね!!

      そう、このレシピ、
      できたカサが多いので、つい躊躇して、すこーし少なめで作りがちなんですが、1食いただいて後悔するんですよね……(ノ∀`) わー足りないって。

      特に春キャベツは、他の時期と違って、巻きがふんわりしたのが美味しかったりするので、私も仕込みの分量をみる際に、何も考えずに作って、あ゛ーーーとなることがあります(ノ∀`)

      たいめいけんさん、日本橋に立ち寄られた際は、ぜひです!
      夜はお高いのですがものすごーーーーく美味でして、
      50円コールスローはランチ時がいい感じです!そのときはぜひ、ボルシチ(同じく50円)もあわせてどうぞなのです!それらを頼んで、先にいただいていると、メインディッシュのとんでもなく美味しいランチが来ます!(*´∀`人)

      ありがとうございました
      では、今後ともよろしくお願いします(´∀`)ノ

  6. 道産子 より:

    はじめまして。
    いつも参考にしています。
    たいめいけんのホームページを見て作った時に失敗したのですが、こちらのポイント見ながらリベンジしたら大成功!歯応えもあって甘くてさっぱり。
    ありがとうございます。何度も作ってます。

    で、先日東京出張の際に、本家たいめいけん参りしてきました。
    本家の旨さ別格でびっくりしました。
    また、ご高齢のご婦人がお一人でワインを嗜みながら分厚いステーキを召し上がっていたのにもびっくり仰天しました。
    東京の方はお元気なのですね〜

    今後とも素敵な記事楽しみにしております。

    • スガ より:

      道産子さん
      はじめまして(´∀`)ノ スガです!とっても嬉しいコメントをいただきまして、ありがとうございます~!!

      たいめいけんコールスロー、うまく出来たとのこと、また、何度も作っていただいているとのこと、良かったです!(´∀`) ものすんっっごい、嬉しいです!!(*´Д` 人)

      これ、私は、飲み過ぎの翌日とか、食前とかに、特に好んでいただいています!
      サラダ油をあんっなに加えたのに、ものすごくさっぱりして、甘味があって、食欲がわいて、何だか胃が元気になるような気がするんですよね~(´∀`人 )
      肉料理と一緒にいただくと、いくらでも入る気がするのも嬉しい点です(お財布と作り置き的には嬉しくないですが……(ノ∀`)

      あっ
      たいめいけん、行かれたんですね!(*´∀`人)
      と~んでもなく美味しいですよね~!!
      私はランチに1度だけ(ノ∀`)行っただけなのですが、んもう!めちゃくちゃ感動しました!!

      仰るように、別格ですよね~!!また、雰囲気もとても良いんですよね~(´Д` )
      あぁぁあ、また行きたくなって来ました。。職場から割と近いのに、なかなか行けてなくてですね、おこづかいを貯めて、ちょっと贅沢ランチ日を、また設けたいものです!……ただすごく、強烈にワインが欲しくなるので、行っていないというのも否めません(ノ∀`)

      ご高齢のご婦人の、ワイン&分厚いステーキ。
      ス、ステーキもワインも、かっ身体に良いですもんねワインはアントシアニンたっぷりでステーキは低カロリー高タンパクで(震え声)

      お元気というのも、もちろんうなずけますが、道産子さんのその描写を拝読して、「か!かっこえぇ~~!!!(゚д゚)」と、心の底から思いました!!
      そういう意味では、私もまだまだ若いのに、肉や脂が苦手とか言うとる場合やないですね(`・ω・´)
      私もその女性のように歳を重ねるように、精進します!(……何を?)

      どうもありがとうございました。
      拝読してて、すごく楽しかったです!
      今後とも、どうぞよろしくお願いします(´∀`)ノ

  7. ちょびん より:

    はじめまして。

    今年の3月に結婚した新米嫁です。
    これまでは実家を出たこともなく料理は母に任せきりでしたので、結婚してからは毎日が修業でした…( ;∀;)
    加えて帰宅が23時を回ってしまう仕事も続けているため、何を作ったらよいやら途方に暮れているところ、こちらのブログに出会いました。

    休みの日や出勤前に作りおきをするようになって本当に楽になりましたし、共働きでも副菜たっぷりで華やかな食卓をなんとか維持できるようになりました(^◇^)

    こちらの「たいめいけんのサラダ」も美味しいのでよく作ります。…が、すぐに食べきってしまうので「よーし、キャベツ1玉分作っちゃおう」と挑戦したところ、調味料の量がわからず、美味しくない仕上がりに…( ゚Д゚)
    たくさん作った時に限ってよく失敗するので落ち込みます…。

    お時間がある時で構いませんので、もし倍量で作ったことがありましたら、調味料の分量を教えて頂けると大変参考になります。

    これからも楽しみに拝見させて頂きます(*´▽`*)

    • スガ より:

      ちょびんさん
      はじめまして(´∀`)ノ スガです!素敵なコメントをいただきまして、ありがとうございます~(´∀`人)

      まずは3月にご結婚されたとのこと、おめでとうございます!ヽ(´∀`)ノ
      慣れないこともたくさんあると思いますし、日が変わる前後のご帰宅とのこと、色々な、本当に日々あれこれなご苦労がおありかと思います(´Д` )

      でも、その中で、きっと、懸命に様々なことに、日々前向きにチャレンジされているんやろうなぁということが、コメントを拝読して、まず思ったことです(´∀`)
      もしかすると「失敗した」「無駄やったかも」「わー!」と思われることも、今はたくさんあるかもしれませんが、一つひとつすべてが今後の糧になりますので(断言します!!)、どんどん、色々なことをされるのが良いですよ(´∀`)ノ

      さてご質問いただいた、「たいめいけんのコールスローを倍量でうまく作る調味料は?」につきまして、回答いたします(´∀`)

      【分量】
      私も実際に作りましたが、単純に倍量でOKでした。
      ■具材
      キャベツ 1個
      玉ねぎ 1個
      にんじん 1本弱(小なら1本)
      ■下ごしらえ用
      塩 小さじ1
      ■味付け用調味料
      塩 小さじ1
      砂糖 大さじ2
      酢 大さじ8(120cc)
      サラダ油 大さじ6(90cc)

      【作り方】
      まったく同じで大丈夫でした。が、以下補足します。

      もし、「そのように倍量にしたのに、うまくいかない(つД`)」
      という場合は、ボウルを2つ(もしくは一つは鍋)を用意して、「並行して同じものを2つ」作ってみることを、強くおすすめします(´∀`)ノ

      私は、多く作る際は、「同じものを2つ」の作り方が多いです。
      重しをして寝かすのに、かさが多すぎてボウルや袋に入りきらないことが多く、結局、元レシピの量で、きっちり2つ作って、そしてそれぞれを冷蔵庫で寝かします。

      玉ねぎとにんじんを塩もみするのは、2つ分、一気に行っても大丈夫ですが、そのあと、よーく水分を切ってから、ほぼ半分ずつ、それぞれのキャベツ&調味料ボウルに入れて、両方とも底から全体をかきまぜて、それぞれジッパー付きの袋に入れたら、冷蔵庫に入れて重しをする、これで失敗無く、たくさん出来ますよ(´∀`)
      一度、お試しいただければ幸いです。

      もしわかりづらいことがあったり、「いや、そうしてるんですが、、、」ということがありましたら、どうぞご遠慮なくお申し付けいただければ幸いです(´∀`)

      ではまた(´∀`)ノ

      • ちょびん より:

        お忙しいところご丁寧なお返事を頂きありがとうございます!!

        調味料は倍量で良いのですね。
        そして「並行して同じものを二つ作る」なるほどです!
        キャベツ1玉はさすがに家の最大のボウルで混ぜてもこぼれてテンヤワンヤでした(>_<)
        二つに分ければこの問題も解決しますね!

        こちらの方法で再チャレンジしてみます♪

        合わせて温かいお言葉もありがとうございます。とても励みになりました(´▽`*)本当に日々失敗の連続ですが、今後の糧になると思って前向きに頑張ります!

        これからもブログ更新を日々楽しみにしていますね。
        本当にありがとうございました(*´▽`*)

        • スガ より:

          ちょびんさん
          スガです(´∀`)ノ ご丁寧にご返信をいただきまして、ありがとうございます~(´∀`人)

          そうなんです、2つに分けると、ちゃんと出来ました(´∀`)
          ちなみに1回でやろうとした場合は、5.5リットルサイズの鍋をボウル代わりにするとちょうど良いです。ただし、「重しタイム」が、冷蔵庫の棚を2段ほど抜いて……とする必要がありますので、あまりおすすめしません^_^;

          新婚は楽しいですが、本当に毎日が失敗と発見の繰り返しですね。。
          と、私も今になって思えますが、いやー、ほんま、20余年前の自分自身に、「ちゃんと失敗を受け止めなさいよ」と、言うてやりたいです(ノ∀`) よく、「見なかったこと・無かったこと」にしていましたので……^_^; あれは良くないです(ノ∀`)
          ちょびんさん、陰ながら応援しています!!ヽ(´∀`)ノ

          こちらこそありがとうございました
          ではまた(´∀`)ノ

  8. sachy より:

    初めまして!いつも楽しく拝見してます。
    昨年子供ができてなかなか料理の時間ができないのですが、今年から仕事に復帰するので時間を決めて週末に一気に作り置きをしたいなと考えていて、参考にしてます。
    たいめいけんはいつも昼前でも行列がすごくてなかなか行けませんが、こちらのコールスローは50円なのにとても美味しくて感動して家で作れないかなー(笑)と思っていたのでこちらで丁寧に作り方を載せていただいて嬉しかったです。
    何度も作ってますが、かなりお酢を使っていますが砂糖がけっこう入っているので酸味がマイルドでフルーティ
    で美味しいですね。
    またキャベツの美味しい時期になってきましたので常備菜にしたいと思います。
    いつも応援してます〜(^-^)/

    • スガ より:

      sachyさん
      はじめまして(´∀`)ノ スガです!とても嬉しいコメントをいただきまして、ありがとうございます!!なのに、ご返信がすごく遅くなりまして、ごめんなさい!!(´Д` )

      おぉぉお
      昨年ご出産&今年から仕事に復帰されるとのこと、いっぱい、おめでとうございますヽ(´∀`)ノ
      それに、新しいことや、初めてのことも、これからいっぱいですね!

      また、たいめいけんコールスローを何度も作っていただいているとのこと、ありがとうございます!(´∀`人)
      そうなんですコレ、ごっついマイルドでフルーティなんです。このフルーティさが、これでこうなるんか~と、ほんま驚きです。
      あーでも、たいめいけん、また行きたいですわ~(´∀`) 職場から近いんですが、なかなか行けていません(ノ∀`)

      職場復帰、大変なことも色々あると思いますが、sachyさん応援します!!(´∀`)ノ
      ちなみに、「大変大変ってきくけど、確かに大変やけど、言うほど、そうでもないやん……」やった私は、子どもの年齢が上がるほど、なんや大変になっていきました(ノ∀`)
      毎日、定時まで仕事→保育所帰りに買い物して、ご飯作って食べさせて、フロ入れて、ってやってたんですよ。2人いますので、下の子だけ別に離乳食用意したりとか(ノ∀`)
      あーその頃に作り置きを知っていたら、その発想があったらなぁもう!と、今でも思います。。(ノ∀`)

      ありがとうございました!
      素敵な仕事復帰の門出になりますように!!
      ではまた(´∀`)ノ

  9. 志保 より:

    スガさん、はじめまして。
    いつも参考にさせていただいています。
    たいめいけんは行ったことはないのですが、このコールスローはよく作ります。
    コールスローを作り置いておくと、野菜から水分がたくさん出ますが、水分はその都度捨てていらっしゃるのでしょうか?
    スガさんのレシピで、マリネなど酢を使った料理が美味しくてよく作ります。さっぱり味のものはサラダしか頭になかったので、作りおきも出来てアレンジも教えていただいて献立の品数が増えました。

Message

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。*は必須項目です。

本当にたくさんのコメントをいただいており、現在、コメントへのご返信に2~3か月ほどお時間をいただいております。コメントへの返信が書きあがりましたら、ご記入いただいたメールアドレス宛にもご連絡いたします。

←←前のレシピ
2015年3月29日の作り置き
次のレシピ→→
2015年4月5日の作り置き
2017年12月10日の作り置き(10品)
2017年12月10日の作り置き(10品)

週末は関西に行ってました。土曜日は冷蔵庫のように冷えてました。

2017年12月2日の作り置き(15品)
2017年12月2日の作り置き(15品)

これからしばらく野暮用対応なので、先に仕込みました。 今

2017年11月27日の作り置き(13品)
2017年11月27日の作り置き(13品)

怒涛の11月もあともう少し 今週末からは怒涛の12月

2017年11月20日の作り置き(12品)
2017年11月20日の作り置き(12品)

週末は関西に行ってました。 移動が多いと、新幹線のどの辺

2017年11月13日の作り置き(14品)
2017年11月13日の作り置き(14品)

もう11月も半ばです。 この時点で忘年会の予定が4本入ってお

→もっとみる

↓↓感謝!好評発売中!!↓↓
スポンサーリンク
ぜんぜん おしゃれじゃない
Instagramやってます @sgmy
  • にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へTop Food Blog