キャベツとトマトの浅漬け風マリネサラダ 生野菜がたっぷりいただけます

冷蔵5日

キャベツとトマトの浅漬け風マリネサラダ
今回は、キャベツとトマトを使ったマリネのレシピをご紹介します。

このレシピは、火を使いません。
ざくざく切った生野菜を、浅漬けのようにしっかりともみ込むことで、野菜のかさがうんと減ります。

野菜の旨味と甘味が溶け込んだ、ドレッシングのようなマリネ液で、たっぷりの野菜をいくらでも食べたくなります。

厳しい暑さなどで、料理なんかしたくない時、これ1品を仕込んでおくと、とても助かりますよ。
ぜひ、お試しくださいませ。

スポンサーリンク

レシピについて

生野菜をざく切りにして、塩と砂糖でもみ込んでから、マリネします。
火を使いませんが、たっぷりめの油と酢に漬け込みますので、作り置きとしての日持ちも問題ありません。

材料

具材 4~5人分 8~9人分
キャベツ 1/2個 1個
玉ねぎ 1/2個 1個
ピーマン 2個 4個
きゅうり 1本 2本
トマト 1個 2個
■もみ込み用調味料
小さじ1 小さじ2
砂糖 小さじ2 小さじ4
■漬け込み用調味料
大さじ4(60cc) 120cc
サラダ油 大さじ6(90cc) 180cc
黒こしょう 1振り(小さじ1/3程度) 2振り(小さじ2/3程度)

作り方

1 キャベツは葉をはがしますこのレシピは、1)トマト以外の野菜をざく切りにし、2)塩と砂糖でもみ込んでから、3)トマトを加えマリネ液に漬け込んでねかせる、という大きく3つの手順で出来上がりますが、それぞれの手順を少し詳しくご説明いたします。

まず、トマト以外の野菜をざく切りにしていきます。

キャベツは葉を1枚ずつ芯からはがしていきましょう。

2 そぎ切りにしますキャベツの芯は使いませんので、芯に沿って斜めに包丁を入れて取り除きます。

葉についている、芯に近い固い部分は、ぜひ使いましょう。ここは、そぎ切りにします。
「そぎ切り」とは、厚みのある材料を、そぐように切って、厚みをそろえる切り方のことです。材料の左端から、包丁の刃を右側に寝かせるように当てて、手前に引くようにして切ると、うまく、そぎ切りに出来ますよ。

3 3~4cm幅に切りそろえますはがした葉と、手順2でそぎ切りにした固い部分も一緒に重ねて、3~4cm幅に切りそろえます。

4 3~4cm幅に切りそろえますところで、このレシピでは、「3~4cm幅」「7~8mm幅」「3~4mm幅」という大きさがよく出てきます。

計り方は、1回1回定規で計るわけにはいきませんので、自分の「人差し指の幅」を覚えておくと、何かと便利です。
たとえば、私の人差し指の幅はだいたい15mmですので、その倍の幅が3cm、半分の幅くらいが7~8mm、3~4mmは1/3くらいの幅、というように覚えています。

5 ピーマンは、半分に切ってからピーマンは、半分に切ってから、

6 手でへたを折るようにして、種ごとへたを手で取ります手でへたを折るようにして、種ごとへたを手で取ります。
包丁を使うよりも簡単で、むだなく使えます。

7 3~4cm幅に切りそろえます3~4cm幅に切りそろえます。

8 玉ねぎは、繊維に直角に、7~8mm幅程度の少し厚めの薄切りにします玉ねぎは、繊維に直角に、7~8mm幅程度の少し厚めの薄切りにします。

9 きゅうりはへたを取り、3~4mm程度の幅に、斜めに切っていきますきゅうりはへたを取り、3~4mm程度の幅に、斜めに切っていきます。

10 丈夫な袋に、切った野菜と、塩と砂糖を入れます丈夫な袋に、切った野菜と、塩と砂糖を入れます。
袋がない場合は、大きめのボウルでも構いません。また、8~9人分を作る際は、袋を2枚使って4人分ずつ2セットにするか、大きめ(5リットル前後)の鍋を使うと良いです。

11 空気抜きとして、袋の口は1/4ほど開けておきます空気抜きとして、袋の口は1/4ほど開けておきます。

12 袋の上から、全体をよくもみます袋の上から、全体をよくもみます。

13 時々、底をポンポンとたたいて、全体が混ざるようにしながら時々、底をポンポンとたたいて、全体が混ざるようにしながら、

14 袋の上から、全体をよくもみます袋の上から、こねるような気持ちで、全体をよくもみ込んで、

15 3分の2くらいのかさになるくらいまで、もみます3分の2くらいのかさになるくらいまで、もみます。

16 トマトを切りますトマトを切ります。
へたを包丁の先でぐるりとくり抜いてから、7~8mm程度の幅に切ります。

17 さらに縦横に包丁を入れ、4つに切りますさらに縦横に包丁を入れ、4つに切ります。

18 手順15の袋に、トマト、漬け込み用調味料を加えて手順15の袋を軽く絞るようにして、出てきた水分を捨ててから、トマト、漬け込み用調味料を加えます。

漬け込み用調味料のサラダ油の量は、減らしたりせず、必ずレシピそのままの量を使いましょう。
とても多く感じるかもしれませんが、1)漬け込み用として使うため、この分量を全て飲むわけではないこと、2)油、そして酢をたっぷりとマリネ液に使うことで保存性を高めること、3)サラダ油はとても油切れが良いので、さっぱりとした食感でいただくことができ、キャベツの甘味と旨味がとても引き出され、まるでフルーツのような甘さで、たっぷりの野菜を味わうことが出来ますよ。

19 底をポンポンとたたいて、全体が混ざるようにし底をポンポンとたたいて、全体が混ざるようにし、

20 できるだけ空気を抜いてからできるだけ空気を抜いてから封をして、

21 冷蔵庫で最低2時間以上、半日から1日ねかせてからいただきましょう冷蔵庫でねかせます。
ボウルを使って調理した場合は、よく消毒した保存容器に移し替えてから、冷蔵庫でねかせます。

冷蔵庫で最低2時間以上、半日から1日ねかせてからいただきましょう。
全体の味がなじんで落ち着き、とても美味しくいただけます。

22 冷蔵庫で最低2時間以上、半日から1日ねかせてからいただきましょう「袋の開閉後にマリネ液が漏れた」などの思わぬ事故を防ぐため、また、取り出しやすいように、1日経ったら、よく消毒した保存容器に移し替えておきましょう。

具材のバリエーション

この浅漬け風マリネサラダは、色々な具材がよく合います。
上記でご紹介した具材の他に、私が試しておいしかった具材をメモしておきます。ご参考になれば幸いです。

パプリカ へたと種を取り除き、3~4cm幅に切ります。分量は、ピーマンと同量が目安です。
セロリの茎 気になるようなら筋を取り、3~4mm程度の幅に、斜めに切ります。分量は、きゅうりと同量が目安です。
ズッキーニ へたを取り除き、3~4mm程度の幅に輪切りにします。分量は、きゅうりと同量が目安です。
かぶ 葉を取り除き、半分に切ってから、3~4mm程度の幅に薄切りにします。分量は、4~5人分で1/2個、8~9人分で1個目安です。
にんじん スライサーで薄切りにします。分量は、きゅうりと同量の重さが目安です。
グレープフルーツ 皮を包丁で切り落とし、2cm角程度の大きさに切ります。分量は、4~5人分で1/2個、8~9人分で1個目安です。

作り置きのコツ
  • 生野菜は、塩と砂糖で3分の2くらいのかさになるくらいまでもみましょう。よく味がなじみます。
  • 作りたてではなく、ぜひ、最低2時間以上、半日から1日ねかせてからいただきましょう。
アレンジのヒント
  • 保存性が高いので、お弁当にもよく合います。マリネ液をよく切ってから詰めましょう。
  • レタスやオニオンスライスの上から、マリネ液ごとたっぷりと添えていただいても美味しいです。
  • ソテーしたじゃがいも、肉や魚介類ともよく合います。マリネ液ごと添えても良いですし、マリネ液を切って、サンドイッチとして一緒に具材として挟んでもOKです。

おすすめ食材、ツール
愛用品の、ジップロックのイージージッパーです。
ジップロックに限らず、こういう類の袋って、開閉は端からぴっちり指で押しながら……というものが一般的ですが、この、ジップロックのイージージッパーは、そうですね、イージーすぎてヤバいです。

台所仕事では、今回ご紹介したような、「下漬け→絞る→漬け込み」のような「2回以上開け閉めする調理・保存」が、本当に快適です。
そして、しょっちゅう東京・関西間を行き来するスーツケースには、いつもこのイージージッパーがいくつか入っています。モバイル電源・ケーブル、着替え、書類、小物たち……。

少しお高い!と思われるかもしれませんが、しっかりと元を取れるくらい、本っ当に便利ですよ。
amazonのリンクをはっていますが、お近くにホームセンターがあれば、そちらのほうが安価かもしれませんので、ご購入の際には、ぜひご確認いただけますと幸いです。
今回ご紹介したレシピでは、「大」のサイズを使用しています。

こちらのレシピもどうぞ

炒土豆絲(じゃがいもの細切り炒め)

じゃがいも嫌いの方におすすめ!炒土豆丝(じゃがいもの細切り炒め)

冷蔵4日 今回は、じゃがいも嫌いの私が、これならむしゃむしゃ食べてしまう、じゃがいもの細切り炒

レシピをみる

【特別編】鍋料理 お手軽野菜たっぷりスンドゥブチゲ

【特別編】鍋料理 お手軽野菜たっぷりスンドゥブチゲ

食べ切り 今回は、特別編「鍋料理のレシピ」です。 本当にたくさんのリクエストをいただいていま

レシピをみる

さつまいものわさマヨサラダ

わさびがツーン!でも甘い?さつまいものわさマヨサラダ

冷蔵1週間 今回は、さつまいもが、わさび風味でツーンと美味しくいただけるサラダのレシピのご紹介

レシピをみる

さば(鯖)の味噌煮

圧力鍋で骨までホロホロに美味しい!さば(鯖)の味噌煮

冷蔵4日 今回は、圧力鍋を使い、骨までおいしくいただける、さば(鯖)の味噌煮のレシピをご紹介し

レシピをみる

本格インドのチキンカレー

スパイスを使って体においしい!本格インド料理のチキンカレー

冷蔵1週間 暑くなってくると、何だかスパイシーな料理がおいしく感じられます。 疲労回復、

レシピをみる

きゅうりの豆板醤漬け

ピリ辛!きゅうりの豆板醤漬け

冷蔵10日間 今回は、豆板醤の辛味とごま油の香りがおいしい、きゅうりの豆板醤漬けのレシピをご紹

レシピをみる

だしの取り方&だしがらの活用法

だしの取り方&だしがらの活用法

冷蔵1週間 今回は、以前からたくさんのリクエストをいただいていた、だしの取り方&だしがらの

レシピをみる

わらびと薄揚げの煮物 わらびのアク抜きの方法もご紹介

わらびと薄揚げの煮物 わらびのアク抜きの方法もご紹介

冷蔵4日 今回は、わらびと薄揚げの煮物のレシピを、わらびのアク抜きの方法もあわせてご紹介します

レシピをみる

伊達巻き

甘さ控えめ 簡単ふわふわ伊達巻き

冷蔵4日 今回は、甘さ控えめで、簡単にふわふわに仕上がる伊達巻きのレシピをご紹介します。

レシピをみる

大粒苺の濃厚アイスクリーム

果肉ごろごろ!大粒苺の濃厚アイスクリーム

冷凍1週間 たっぷりの苺がごろごろ入ったアイスクリームのレシピです。 アイスクリームメー

レシピをみる

Comment

  1. とと より:

    すがさん こんにちは。
    こちらのレシピですがほんっっとにおいしくて我が家的ランキングではたいめいけんを超えました。
    キャベツは値が比較的安定してますし野菜の値段が高い時期でも作りやすいとてもためになるレシピをありがとうございます。

    ひとつ、お聞きしたいのですが最初に塩と砂糖で野菜を揉んだ時に出る水は捨てるのですか?
    かなりな水がでますのでマリネ液を薄めるのと水分は保存向きでないのでは?と思いながら作っております。

    イージージッパーの説明をされているところで「下漬け→絞る→漬け込み」とお書きですので捨てるのかな?と予想して軽く捨てております。
    もしよろしければすがさんはどうなさっているかお教え願えますでしょうか?

    よろしくお願いします。

    あと、休日に召し上がってらっしゃる鍋レシピもお時間あるときに詳しくお教え頂けましたらこれからどんどん寒くなりますので嬉しいです。
    いろいろお聞きしてすみません。どうぞよろしくお願いします。

    • スガ より:

      ととさん
      スガです(´∀`)ノ とっても素敵なコメント&ご質問、ありがとうございます!

      まずは、いただいたご質問につきましてです(´Д` )
      ご指摘、本当にありがとうございます!!(´Д` ) 私としたことが、肝心なことが書き漏れていましたね……(‘A`)
      ととさんご推察のように、「下漬け→絞る→漬け込み」が正解です!でも肝心のレシピに反映できていませんでした(´Д` )
      水気を絞る旨、手順18に加筆いたしました!

      仰るように、味が薄まること、むだな水分は不衛生なこと、あと、実はそれに加えて野菜のアクも含まれていることから、下漬けで水分は捨てたほうが賢明です。
      ちなみに検証の際、下漬けの水分そのままで仕上げたほうは、でもこれはこれで、特に雑味もなく、おいしかったんです(味は少し薄いです)。あれ?おや?アクは?みたいな感覚でして。
      それですっかり反映を失念───最後に反映させよう→えっとなんだっけ?───という状態ですね(´Д` )

      あと、鍋料理ですよね!
      こちら、作り置きレシピではないので……という理由で上げていないのですが、もーのーすごーくたくさんのリクエストをいただいていますので(ノ∀`)、こちら、上げる方向で検討中です!
      11月くらいまでを目標に、上げるように段取り中です。もうしばらく(だいぶですね……)お時間いただけますようお願いいたします(´Д` )

      最後になりましたが、ととさん家のランキングでは、あの、あのたいめいけんコールスローを超えたとのこと!!
      。・゚・(つД`)・゚・。
      恐縮すぎますし、いやーもうなんといいますか、めちゃくちゃ嬉しいですね…… (つ∀`)
      たいめいけん。東京に出てきて、たいめいけんでいただいて、あのおいしさを味わったことがあるから余計に嬉しいのかもしれません。逆に私はうまく伝えられてるのかなーと心配に……(ノ∀`)アチャー

      ありがとうございました!!
      ではまた(´∀`)ノ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2016年12月4日の作り置き(9品)
2016年12月4日の作り置き(9品)

えーと 下の娘が嫁ぐことになってですね。 そんなわけで

2016年11月27日の作り置き(13品)
2016年11月27日の作り置き(13品)

先週は、地震があったり、一気に寒くなったり、大変な週でしたが、

【特別編】鍋料理 お手軽野菜たっぷりスンドゥブチゲ
【特別編】鍋料理 お手軽野菜たっぷりスンドゥブチゲ

食べ切り 今回は、特別編「鍋料理のレシピ」です。 本当にたくさ

2016年11月20日の作り置き(15品)
2016年11月20日の作り置き(15品)

野菜の値段が少し落ち着いてきましたので、うれしくて、いろいろ買

2016年11月15日の作り置き(9品)
2016年11月15日の作り置き(9品)

11/13は演奏会本番、無事終わりました。 お越しいただいた

→もっとみる

↓↓5万部突破!電子書籍も出ました!↓↓
スポンサーリンク
ぜんぜん おしゃれじゃない
Instagramやってます @sgmy