【野菜ひとつ】キャベツの酢の物

レシピ 野菜のおかず キャベツ 冷蔵5日 おつまみ お弁当のおかず ねかせておいしい 和風

【野菜ひとつ】キャベツの酢の物

冷蔵5日

キャベツの酢の物

今日は、キャベツを酢の物でいただくレシピをご紹介します。

ノンオイルで、あっさり、さっぱりとした口当たりです。箸休めにはもちろん、暑い日や、食欲の無い時にも、野菜がたっぷりと摂れる一品です。

作りやすいキャベツのみでのご紹介です。お好みで、わかめやきゅうり、かにかまぼこなどの具材や、しょうがや練り辛子を加えてもおいしくいただけます。

刻んだキャベツを塩もみし、熱湯にさらしてから作ります。このひと手間で、余分な水分が抜けてカサが減るとともに、キャベツ独特の苦味や臭いが抜けますので、より味がしみ込みやすく、たっぷり食べやすく仕上がります。また、殺菌もできますので、作り置きとしての日持ちも良くなります。

レシピについて

粗めの千切りにしたキャベツを塩もみし、熱湯に浸してから、水にさらして冷やし、調味料と和えて出来上がりです。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • キャベツ 1/2個(600~900g目安 巻きのゆるい春キャベツなら1個)
  • 塩 大さじ1
  • ■合わせ調味料
  • 酢 大さじ2(30ml)
  • しょうゆ※ 大さじ1(15ml)
  • 砂糖 小さじ1+1/2
  • 和風顆粒だしの素 小さじ1

※あればぜひ、「うすくちしょうゆ」を使いましょう。きりっとした味わい、薄くきれいな色に仕上がります。

8人分

  • キャベツ 1個(1200~1800g目安 巻きのゆるい春キャベツなら2個)
  • 塩 大さじ2
  • ■合わせ調味料
  • 酢 大さじ4(60ml)
  • しょうゆ※ 大さじ2(30ml)
  • 砂糖 大さじ1
  • 和風顆粒だしの素 小さじ2

※あればぜひ、「うすくちしょうゆ」を使いましょう。きりっとした味わい、薄くきれいな色に仕上がります。

作り方

step
1
キャベツの芯は取り除きます。キャベツの芯は、使用しません。芯の形に沿って、包丁の先で深く切れ目を入れると、うまくくり抜くことが出来ます。

キャベツの芯キャベツの芯
キャベツの芯キャベツの芯

step
2
芯に近い固い部分は、そぎ切りにしていただきます。包丁の刃を右側に寝かせるように当てて、手前に引くようにして切ります。

「そぎ切り」とは、厚みのある材料を、そぐように切って、厚みをそろえる切り方のことです。
今回のようなキャベツの芯に近い固い部分や、同様に白菜の芯に近い白い部分、また、鶏むね肉をカットする際は、ぜひ、この「そぎ切り」をおすすめします。

そぎ切り

step
3
7mm幅程度(人差し指の半分の幅目安)の、粗めの千切りにします。

キャベツ1/2個を半分または4つに切り、90度回転させ、端から切っていくとよいです。

キャベツキャベツ
キャベツキャベツ

step
4
キャベツを大きめのボウルか鍋に入れ、塩をふりかけ、もみ込むようにして、塩をキャベツ全体に行き渡らせます。このまま10分ほど置きます。

ギュンギュンにもみ込む必要はありません。塩が全体に行き渡ればよいです。あとはほったらかしておきましょう。その間にお湯を沸かし、洗い物でもしておきましょう。
芯に近い部分は、よくほぐしておきましょう。固まったままですと、味のしみ込んでいない塊が出来てしまい、キャベツ嫌いを生む要因のひとつになります。

キャベツキャベツ
キャベツキャベツ
キャベツキャベツ

step
5
キャベツを浸ける熱湯(4人分1.5リットル、8人分3リットル目安)を沸かします。

8人分を作る場合は、4リットル以上の大鍋を用意し、鍋にキャベツを浸す想定で進めましょう。

熱湯

step
6
手順4のキャベツを熱湯に放ち、底から全体をよくかき混ぜて、さらに10数えます。

やけどをしないよう、熱湯の取扱には充分に注意しましょう。
8人分を作る際は、キャベツを鍋の熱湯に入れましょう。
写真では鍋が小さいためキャベツに熱湯をかけていますが、キャベツを熱湯に入れても構いません。やけどをしない安全な方法を取りましょう。

熱湯キャベツ
キャベツキャベツ

step
7
ざるに上げ、水にさらして冷やします。

暑い時期や、暖房がきいた場所であれば、水は2~3回替え、手早くしっかりと冷やしましょう。氷水を使っても構いません。栄養価が流れ出ないように、水にさらす時間は2分以内にしましょう。

キャベツキャベツ
キャベツキャベツ
キャベツキャベツ

step
8
ボウルに、合わせ調味料の材料をよく混ぜ合わせます。

合わせ調味料

step
9
手順7のキャベツの水気をぎゅっと絞り、

かなりの水分が出ます。写真は、撮影の都合から片手ですが、両手を使ってしっかりと絞りましょう。

ぎゅっと絞ります

step
10
手順8のボウルにほぐしながら入れ、よく和えます。

ゴムベラでボウルの底からしっかりと混ぜ合わせましょう。

よく和えますよく和えます

step
11
保存します。

できたてでもおいしいですが、冷蔵庫で1時間以上冷やすと、さっぱりと口当たりよく、よりおいしくいただけます。
保存する際は、充分に消毒した保存容器に入れて保存しましょう。

保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • キャベツに塩をする際は、ギュンギュンにもみ込む必要はありません。全体に行き渡ればよいです。あとはほったらかしておきましょう。その間にお湯を沸かし、洗い物でもしておきましょう。
  • 芯に近い部分は、よくほぐしておきましょう。固まったままですと、味のしみ込んでいない塊が出来てしまい、キャベツ嫌いを生む要因のひとつになります。
  • やけどをしないよう、熱湯の取扱には充分に注意しましょう。
  • 8人分を作る際は、キャベツを鍋の熱湯に入れましょう。写真では鍋が小さいためキャベツに熱湯をかけていますが、キャベツを熱湯に入れても構いません。やけどをしない安全な方法を取りましょう。
  • 下ごしらえをしたキャベツからは、かなりの水分が出ますので、両手を使ってしっかりと絞りましょう。
  • 保存の際は、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。
  • できたてでもおいしいですが、冷蔵庫で1時間以上冷やすと、さっぱりと口当たりよく、よりおいしくいただけます。

アレンジのヒント

  • 一緒に加えておいしい具材:わかめ/きゅうり(薄切り)/かにかまぼこ/にんじん(千切り)/しょうが(千切り・すりおろし)/練り辛子/いりごま/すりごま/刻み昆布
  • いただく際、添えておいしい香辛料・調味料:かつお節/きざみのり/粗挽き黒こしょう
  • 酢の半量をお好みの柑橘果汁に差し替えても。
  • カレーやソーセージ、ワンプレートの付け合わせにも。
  • サンドイッチの具材としても。
  • お弁当に詰める際は、水気をよく切ってからにしましょう。

おすすめ食材、ツール

内堀醸造の米酢は、酸味が強すぎず、まろやかで、優しいのにコクがある味ですので、口当たりがやわらかく、酢が苦手な方でも食べやすいと思います。酢の物、ドレッシングや煮物などにも、たっぷり使っても尖った味にならず、とてもまろやかな仕上がりとなります。


うすくちしょうゆはヒガシマルさんを使っています。東京にはうすくちしょうゆがなかなか売っていないので、amazonが重宝しています。


いわゆる「顆粒和風だしの素」は、味の素さんのほんだしを使っています。味の素やほんだしに対して「悪いもの」「甘え」「使ってはダメ」「手抜き」「これをおいしいと感じるのは味覚がおかしい」と、自分自身に呪いをかけている方が何と多いことか。素直に甘えれば良いのです。おいしいですよ。

ワンルームでも、きちんと作る梅干し

単身赴任のワンルーム住まいなので、もちろん家もベランダも狭いのですが、昔ながらの王道の作り方で作っています。長年作ってきた失敗&成功の経験や、狭いなりの工夫を交えてご説明いたします。

梅干し
ワンルームでも、きちんと作る梅干し

続きを見る

-レシピ, 野菜のおかず, キャベツ, , 冷蔵5日, おつまみ, お弁当のおかず, ねかせておいしい, 和風

© 2020 スガ