レシピ 野菜のおかず ほうれん草 しょうが 魚介のおかず ツナ いりごま 冷蔵5日 冷凍1か月 時間がたってもおいしい 和風

ごはんに、お酒にぴったり!ほうれん草のツナごま和え

更新日:

冷蔵5日/冷凍1か月

ほうれん草のツナごま和え
今回は、ほうれん草が美味しくたっぷりいただける、ヘルシーな一品をご紹介します。

おひたしやごま和えが苦手な方にも、ツナと和えたマイルドで甘辛い味付けが好評です。ご飯にももちろん、お酒にもよく合います。

ゆでたほうれん草とツナを、合わせ調味料で和えれば出来上がりです。ぜひ、お試しくださいませ。

スポンサーリンク

レシピについて

「味が濃い!」というご意見をたくさんいただいていましたので、見直しました。
ツナの塩気を活かしますので、調味料は香りづけ程度に控えています。

材料

4人分
ほうれん草(または小松菜) 1把(約200g)
ツナ 小1缶(80g)
■ほうれん草をゆでる時に使用
2カップ(400cc)
小さじ1
■合わせ調味料
いりごま 大さじ1
しょうゆ 小さじ1
砂糖 小さじ1
しょうがすり下ろし 1/4かけ分(2~3cmをすり下ろす/チューブなら2cm)
8人分
ほうれん草(または小松菜) 2把(約400g)
ツナ 小2缶(160g)
■ほうれん草をゆでる時に使用
4カップ(800cc)
小さじ2
■合わせ調味料
いりごま 大さじ2
しょうゆ 小さじ2
砂糖 小さじ2
しょうがすり下ろし 1/2かけ分(3~4cmをすり下ろす/チューブなら4cm)

具材 4人分 8人分
ほうれん草(または小松菜) 1把(約200g) 2把(約400g)
ツナ 小1缶(80g) 小2缶(160g)
■ほうれん草をゆでる時に使用
2カップ(400cc) 4カップ(800cc)
小さじ1 小さじ2
■合わせ調味料
いりごま 大さじ1 大さじ2
しょうゆ 小さじ1 小さじ2
砂糖 小さじ1 小さじ2
しょうがすり下ろし 1/4かけ分(2~3cmをすり下ろす/チューブなら2cm) 1/2かけ分(3~4cmをすり下ろす/チューブなら4cm)

作り方

1 ほうれん草は、ゆでて水気をしっかり絞り、3~4cm幅に切りそろえてから、さらに水気をしっかり絞りますほうれん草は、ゆでて水気をしっかり絞り、3~4cm幅に切りそろえてから、さらに水気をしっかり絞ります。

絞り方がゆるいと、仕上がりの味がぼけて残念な感じになり、また、余分な水分を含んでしまうことから、作り置きにも向きません。

2 ツナと合わせ調味料をよく和えますツナと合わせ調味料をよく和えます。
ツナはぜひ油も加えましょう。コクと旨味がふんだんに加わり、とても美味しい仕上がりになりますよ。

3 手順1のほうれん草を加えて、よく和えて出来上がりです手順1のほうれん草を加えて、よく和えて出来上がりです。

ほうれん草のゆで方

1 ほうれん草は茎と葉の真ん中で半分に切っておきますほうれん草をゆでます。

ほうれん草は茎と葉の真ん中で、半分に切っておきましょう。こうすると、とてもゆでやすいです。

2 ほうれん草を茎の部分から入れ、ふたをして火にかけますフライパンに水を入れて沸騰させ、塩を加えます。
ほうれん草を茎の部分から入れ、ふたをして火にかけます。

水の量は少ないように感じるかもしれませんが、フライパンを利用し、ふたをしてゆでることで、少な目の水の量で、短時間でしっかりとゆでることが出来ます。
塩の量は、なめてしっかりと味がする量です。青菜をゆでる際は、この程度の塩の量でゆでることで、色よくゆで上がりますよ。

3 30秒ほどゆでたら、少ししんなりしてきます30秒ほどゆでたら、少ししんなりしてきます。

4 葉の部分を入れてふたをします葉の部分を入れてふたをします。時々、菜箸でざっと混ぜ、まんべんなくお湯がほうれん草に行き渡るようにすると、むらなく仕上がります。

5 あと30秒くらいすると、全体がしんなりしてきますので、火を止めますあと30秒くらいすると、全体がしんなりしてきますので、火を止めます。

6 たっぷりの冷水にとってさらしますたっぷりの冷水にとってさらします。

ほうれん草はアクが強く、アク抜きが弱いと味にえぐみが出てしまいます。たっぷりの冷水によくさらして、えぐみを残さないようにしましょう。

7 ほうれん草の水気をしっかり絞り、3~4cm幅に切りそろえますほうれん草の水気をしっかり絞り、3~4cm幅に切りそろえます。

8 3~4cm幅に切りそろえたら、さらにぎゅっと絞ります3~4cm幅に切りそろえたら、さらにぎゅっと絞ります。

絞り方がゆるいと、仕上がりの味がぼけて残念な感じになり、また、余分な水分を含んでしまうことから、作り置きにも向きません。

作り置きのコツ

  • ほうれん草は、1)調味料が染み込んでも柔らかくなり過ぎないよう、茹で過ぎないこと、2)水にしっかりさらしてアクを抜くこと、3)水分をぎゅっと絞ること、この3つのポイントを守るとおいしく仕上がります。
  • 冷凍する場合は、1食分ずつアルミカップかシリコンカップに小分けして冷凍すると、そのままお弁当に使えます。
  • 保存する際は、粗熱が取れてから、よく消毒した保存容器に入れて保存しましょう。
アレンジのヒント

  • ほうれん草の他に、小松菜、菜の花でも美味しく出来ます。
  • 卵とよく混ぜて、200度のオーブンか、フライパンを中火にかけてふたをして10分で、簡単キッシュが出来上がります。
  • 混ぜご飯、おにぎりにもよく合います。
おすすめ食材、ツール
最近、いりごまは、こちらの商品を使っています。結構、香りが強く、粒もしっかりしていて、とても良いお品です。
現在一人暮らしですが、相変わらずごまは1kg買いです。少しずつ購入するよりも経済的で、日々たっぷりと摂ることができ、特にこのごまは、安価なのに大粒で、香りとプチプチ具合がおいしく、定期おトク便でいただいています。

おせち料理特集

それぞれのレシピはもちろん、事前の段取りから、飾り切りの方法、重箱への詰め方、2日目以降のおせち料理のいただき方などもご紹介しています。

おせち料理特集

詳しくはこちら

他のレシピをさがす

-レシピ, 野菜のおかず, ほうれん草, しょうが, 魚介のおかず, ツナ, いりごま, 冷蔵5日, 冷凍1か月, 時間がたってもおいしい, 和風

Copyright© 週末の作り置きレシピ , 2018 All Rights Reserved.