何このドレッシング美味しい!ほうれん草とコーンのサラダ

冷蔵4日

ほうれん草とコーンのサラダ
今回は、初めて作った時、味見で止まらなくなり、うっかり完食した、ほうれん草サラダのレシピをご紹介します。

味の決め手は、簡単ドレッシング。
あーその組み合わせでこうなりますかーと、思わず唸った、素敵な組み合わせです。
もちろん、ほうれん草の他の野菜などにも応用出来ます。

いつもとひと味違う、ほうれん草のレシピ、ぜひ、お試しくださいませ。

レシピについて

Cpicon ドレッシングが決め手~ほうれん草サラダ by じょうじょうちゃん
こちらのつくれぽ1,090件(2014年12月現在)の、とても美味しい&簡単レシピを参考に、作り置き用にアレンジしています。

材料

4人分
ほうれん草 1把(約200g)
コーン 大さじ4(190g缶なら1/2缶程度)
ハム 4枚(1パック)
■ほうれん草をゆでる時に使用
水 2カップ(400cc)
塩 小さじ1
■ドレッシング
ポン酢 大さじ2
マヨネーズ 大さじ2
ごま油 大さじ1
砂糖 大さじ1
塩こしょう 少々(親指と人さし指でつまんだ量 一振り~二振り程度)
8人分
ほうれん草 2把(約400g)
コーン 大さじ8(190g缶なら1缶程度)
ハム 8枚(2パック)
■ほうれん草をゆでる時に使用
水 4カップ(800cc)
塩 小さじ2
■ドレッシング
ポン酢 大さじ4
マヨネーズ 大さじ4
ごま油 大さじ2
砂糖 大さじ2
塩こしょう 少々(親指と人さし指でつまんだ量 一振り~二振り程度)

具材 4人分 8人分
ほうれん草 1把(約200g) 2把(約400g)
コーン 大さじ4(190g缶なら1/2缶程度) 大さじ8(190g缶なら1缶程度)
ハム 4枚(1パック) 8枚(2パック)
■ほうれん草をゆでる時に使用
2カップ(400cc) 4カップ(800cc)
小さじ1 小さじ2
■ドレッシング
ポン酢 大さじ2 大さじ4
マヨネーズ 大さじ2 大さじ4
ごま油 大さじ1 大さじ2
砂糖 大さじ1 大さじ2
塩こしょう 少々(親指と人さし指でつまんだ量 一振り~二振り程度) 少々(親指と人さし指でつまんだ量 一振り~二振り程度)

作り方

1 ほうれん草は茎と葉の真ん中で半分に切っておきますほうれん草をゆでます。

ほうれん草は茎と葉の真ん中で、半分に切っておきましょう。こうすると、とてもゆでやすいです。

2 ふたをして、火にかけますフライパンに水を入れて沸騰させ、塩を加えます。
ほうれん草を茎の部分から入れ、ふたをして火にかけます。

水の量は少ないように感じるかもしれませんが、フライパンを利用し、ふたをしてゆでることで、少な目の水の量で、短時間でしっかりとゆでることが出来ます。
塩の量は、なめてしっかりと味がする量です。青菜をゆでる際は、この程度の塩の量でゆでることで、色よくゆで上がりますよ。

3 30秒ほど茹でたら、少ししんなりしてきます30秒ほど茹でたら、少ししんなりしてきます。
4 葉の部分を入れてふたをします葉の部分を入れてふたをします。時々、菜箸でざっと混ぜ、まんべんなくお湯がほうれん草に行き渡るようにすると、むらなく仕上がります。
5 全体がしんなりしてきますので、火を止めますあと30秒くらいすると、全体がしんなりしてきますので、火を止めます。
6 たっぷりの冷水に放ちますたっぷりの冷水にとってさらします。

ほうれん草はアクが強く、アク抜きが弱いと味にえぐみが出てしまいます。たっぷりの冷水によくさらして、えぐみを残さないようにしましょう。

7 ほうれん草の水気をしっかり絞り、3~4cm幅に切りそろえますほうれん草の水気をしっかり絞り、3~4cm幅に切りそろえます。
8 3~4cm幅に切りそろえたら、さらにぎゅっと絞ります3~4cm幅に切りそろえたら、さらにぎゅっと絞ります。

絞り方がゆるいと、仕上がりの味がぼけて残念な感じになり、また、余分な水分を含んでしまうことから、作り置きにも向きません。

9 コーンは水切りをしますほうれん草以外の具材を用意します。
コーンは水切りをしておきます。
10 ハムは半分に切り、さらに1cm幅に切りますハムは短冊切りにします。半分に切り、さらに1cm幅に切ります。

ハムは、重ねて切っても、加熱するのであれば、加熱時にバラバラにほぐれますが、生のまま使う場合は、パックから出して重なったまま切ると、くっついてはがれにくく、和える際に苦労します。
私は、1枚1枚はがして、1枚ずつ切っています。1~2パック程度なら、このほうが後々楽に調理出来ること、それほど手間ではないので、このようにして切っています。

単身赴任前、中華サラダなどで大量に切る必要があった際は、まず1枚1枚をはがしてから、再度重ねて、包丁を上から押すのではなく、カッターで切るようなイメージで切っていました。こうすることで、まだ少しはがれやすかったです。暑い時期や、暖房のきいたキッチンでは、冷蔵保存時との温度差で、すぐ水分が付きやすいせいか、はがれにくくなりますので、手早く切りましょう。

11 ドレッシングの材料を混ぜ合わせますドレッシングを作ります。
ボウルに、ドレッシングの材料をよく混ぜ合わせます。
12 具材とドレッシングを良く混ぜ合わせます具材と、ドレッシングを良く混ぜ合わせて、出来上がりです。
13 よく消毒した容器に入れ保存します容器に移して冷蔵庫で保存します。保存容器はしっかり消毒してから使いましょう。

具材のバリエーション

ドレッシングはとても美味しく、他のサラダにも利用できますので、ドレッシングのみ別容器に保存しておき、いただく際に和えたり、他のサラダなどに利用すると、とても役立ちます。

コクがあるのに、あっさりした後味が、色々な具材をおいしくまとめてくれます。また、組み合わせ次第で、カラフルにも、ヘルシーにも、ボリューム満点おかずサラダにも仕上げることが出来るのが嬉しいです。

以下は私が試しておいしかった具材をメモしておきます。ぜひ、お気に入りの組み合わせを見つけてみてくださいませ。

野菜、豆など たんぱく質
ほうれん草
コーン
じゃがいも(ゆでたもの)
さつまいも(棒状にしてゆでたもの)
パプリカ(薄切り)
ピーマン(薄切り)
玉ねぎ(薄切りにして水に放ってから水分を切る)
オリーブ(半分にカットまたは薄切り)
レタス
きゅうり
トマト
大根(千切りにして水に放ってから水分を切る)
にんじん(千切りもしくはゆでたもの)
アスパラガス
ブロッコリー(ゆで方はこちらをご参照くださいませ
さやいんげん
水菜
かいわれ大根
グレープフルーツ
アボカド
ミックスビーンズ
大豆
ひよこ豆
枝豆
ハム
かにかまぼこ
ゆで卵(カットまたはつぶす)
シュレッドチーズ
鶏もも肉(照り焼きまたは塩こしょうでソテーかグリル焼きにしてカット)
鶏むね肉(蒸してほぐす)
豚肉(さっとゆでる)
ひき肉(炒めてほぐす)
ゆでだこ
いか(輪切りにしてさっとボイル)
えび(さっとボイル)
ツナ缶
サーモン
まぐろ
ほたて

※いろいろな組み合わせが本当に合います!が、トマトとわかめを組み合わせると、撃沈する残念なものとなりました。

作り置きのコツ

  • ほうれん草は、1)調味料が染み込んでも柔らかくなり過ぎないよう、ゆで過ぎないこと、2)水にしっかりさらしてアクを抜くこと、3)水分をぎゅっと絞ること、この3つのポイントを守ると、おいしく仕上がります。
  • ドレッシングの材料をよく混ぜ合わせてから、具材と和えましょう。また、保存後にいただく際は、ドレッシングが沈殿していることがありますので、底から全体をよくかき混ぜてから器によそうと、おいしくいただけます。
  • ドレッシングはとても美味しく、他のサラダにも利用できますので、ドレッシングのみ別容器に保存しておき、いただく際に和えたり、他のサラダなどに利用すると良いです。その場合の保存期間は、2週間は問題ありませんでした。いただく際はよく振ってから使用しましょう。
  • オリジナルのレシピは、砂糖大さじ1ではなく、はちみつ小さじ1を使用しています。もちろんオリジナルも美味しいですが、作り置きとして具材を和えて保存する際は、分離を防ぐため、はちみつ小さじ1と同様の甘さになる砂糖大さじ1を使用すると無難です。
アレンジのヒント

  • 出来上がったサラダは、パンや肉料理の付け合せにもよく合います。バケットに挟んでいただいても、とてもおいしいです。
  • お弁当にもよく合います。水気を軽く切ってから、詰めましょう。
おすすめ食材、ツール
愛用品です。これ一つで、つぶす、なめらかにする、混ぜる、和える、食卓の取り分けスプーンにと大活躍します。また、耐熱温度が200℃ですので、穴あきお玉としてはもちろん、揚げ物をすくう際や、炒める際の木べらとしても充分に使え、食洗機でもきれいに洗える、優秀キッチンツールです。

会社員、料理家、リコーダー奏者、ランナーです。娘二人、孫一人のシングルです。詳しくはこちらからどうぞ。

本日公開レシピ

関連するレシピ